国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/10/06

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成17年(2005年)10月7日(金曜日) 
       通巻1246号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
胡錦濤が主導権を確保、次期後継に李克強を指名か
 旧江沢民残党のボス、曾慶紅は胡主流派におもねりを始めた
***************************************

 10月9日から中国共産党中央委員会が四日間開催される見通しだが、観測筋は、この会議で江沢民(前国家主席)の右腕といわれた「曾慶紅(現在国家副主席、序列第五位)の影響力失墜があきらかになる」としており、「場合によっては次期後継に李克強の指名もありうるだろう」とロイターがつたえた。

 江沢民の「三つの代表論」をいつの間にか雲散霧消させた胡錦濤は、最近チームを編成し、「みずからのドクトリン成立に躍起となっており、新たにイデオロギー的キャンペーンを始める様相」(ロサンジェルス・タイムズ)、10がつ6日付)
            △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(トピックス)今週の『週刊新潮』(10月13日号)の高山正之氏のコラムは絶品です。
 家永三郎は戦前「ペンをもって皇国の楯とならん」と書いていた。敗戦となるや、するりと転向し、こんどは自虐史観の固まりとなってGHQの仰せの通りと南京大虐殺などの歴史教科書を執筆し、検定不合格となるや、三十年におよぶ裁判。
 これで日本の教育界を滅茶苦茶にした。
「史実など糞食らえ、時流に乗れればそれでいいという曲学阿世の見本」と高山さんは最初からアッパーカット。
 家永が死んだとき朝日新聞は一面から社会面まで家永を讃えるのだが、後藤田正晴が死んだとき、朝日は同様に褒め称えた。
 しかし、後藤田は一体、何をしたのか。
 現代政治に災禍を残しただけではないのか。
 後藤田はその警察庁長官時代に、「浅間山荘事件」で銃撃してくるテロリストに「機動隊を丸裸でたちむかわ」させ、最後まで「警官の増員を拒否し」、オウムに「破防法を適用することを断固拒否した」。
後藤田は中曽根政治の中枢に陣取りながら、治安攪乱の元凶になったのではないか。
「憲法改正も反対なら」、「東京裁判も正しい」とする後藤田の最後の肩書きは「日中友好会館の名誉館長」。
(なぁんだ、北京と朝日の代理人かぁ)
 本来は左翼政党へ行くべき人物が保守政治を長年に亘って壟断した。まさに犯罪的政治家だが、これを讃えて止まない朝日って、本当に“売国奴”ですね。
卓越にして簡潔なコラム、是非書店で立ち読みされたし。
       ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)、昨年の前半までは先生のメルマガなどに共感していた私と世間の認識とのギャップが大きすぎ、しばしば深い絶望に襲われていたものです。
サッカーのアジアカップ、竹島問題、反日デモ、ガス田問題と相次いだおかげで、日本がようやく目覚めて来始めたことに昨今は多少の安堵を覚えています。まったく先生のおっしゃるように「反日ありがとう」ですね。
 ところで、私つねづね先生の顰みにならい、胆大心小を旨として、鬱陶しい現実に押しひしがれることなく直視できるだけの精神の闊達さを身につけたいものだと心がけているのですが、そんな心がけに役立つかどうかはともかく、ちょっと笑える韓国ネタを見つけましたので、粗品としてお届けします。
韓国の民度の低さ、ジャーナリズムのいい加減さが、ほどよい脱力感を伴う笑いとともに実感できるリストです。はぁ〜やれやれ、と心底思います。暴走族と同じく、ようは子供なんだと思って(それでも腕力と悪知恵だけはありますから気を抜くことなく)つきあえばいいんだな、と納得がいきます。
「朝鮮カンサツ日記http://ameblo.jp/8oa/」というサイトに載っていました。題して「一目でわかる韓国捏造報道一覧」。
 【2005/2/19】「ソウルにディズニーランド建設 11年オープン目指す」 
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/02/19/20050219000000.html 
               ↓ 
わずか2日後【2005/2/21】「ウォルトディズニーがソウルディズニーランド構想を否定」 
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/02/21/20050221000008.html 
【2005/06/02】 【韓国】独自の新交通システム開発、世界で4番目 
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1117682211/ 
                 ↓ 
【2005/09/29】【韓国】新交通システム、「安全認証を取得済」はウソ、「韓国独自」も疑問符 
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1128009715/ 
【2005/7/20】 ヒディンク監督「韓国代表を指揮したい、どうか呼んでくれ!」 
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/07/20/20050720000075.html 
               ↓ 
翌日…【2005/7/21】 ヒディンク「韓国の監督になりたいという要望を出したことはない」 - 豪州代表監督に 
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050721-00000012-spnavi-spo 
【2005/09/06 AM7:00】 大韓サッカー協会技術委員長「後任監督、名誉をかけて秘密交渉」 
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/09/06/20050906000007.html 
               ↓ 
【2005/09/06 PM7:00】 <サッカー>代表監督候補リストが流出 
ttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=67402&servcode=600§code=610 
【2005/09/14】現代・起亜自動車副会長「ハイブリッドカーは独自開発、2〜3年以内にトヨタ等に追い付く」 
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=032005091400100 
               ↓ 
【2005/09/26】 【韓国】次世代10大産業、先進国との技術格差縮まらず 燃料電池車、ハイブリッドカーなどhttp://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=062005092401200 
【2005/09/27】 「ソウルにもディズニーランドが」 来年はじめ公式発表 
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/09/27/20050927000042.html 
               ↓ 
【2005/09/30】ウォルト・ディズニー「韓国誘致は決定していない」 
ttp://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=712005093000400 
【2005/10/01】 【韓国】 韓国「で」米軍「の」核査察受け入れの用意 
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1128127743/ 
                 ↓ 
【2005/10/04】 【米韓】在韓米軍、「核視察受け入れ発言」を否定 
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1128433841/ 
【2005/10/03】ちばてつや、嫌韓流騒動について日本作家を代表して謝罪 
ttp://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2005100398098 
               ↓ 
翌日…【2005/10/04】 漫画家のちばてつや、嫌韓流について謝罪したとする東亜日報の報道を否定 
ttp://chibapro.co.jp/toanippo.html 
   (かろかろ 熊本)


(宮崎正弘のコメント)いただいた、この「粗品」。粗末にはできませんね。
         ◎◎◎    ◎◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <<平河総合戦略研究所の講演会>>

日時  11月13日(日曜日)午後12時半より3時まで
テーマ 石油戦争の舞台裏―石油暴騰の元凶は中国のパラノイア的資源戦略―
場所  学士会館(神田錦町)
    http://www.gakushikaikan.co.jp/
会費  一般 3000円 学生 2000円 
講師  評論家 宮崎正弘 
定員  80名 申し込み先着順(info@hirakawa-i.org) 
         ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆ ☆
<<宮崎正弘の最新刊>>
『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』
(並木書房、1575円)
 10月12日全国一斉発売!

<<宮崎正弘のロングセラーズ>>
『中国よ、“反日”ありがとう』(清流出版刊、1400円+税)
『瀕死の中国』(阪急コミュニケーションズ刊、1600円+税) 
http://deserveit.jp/am/asin/4484052083.html
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
http://deserveit.jp/am/asin/4890631704.html
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円プラス税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
           ☆★ ☆★ ☆★ ☆★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記でご友人・知己・メル友の代理登録もできます。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
(↑この左欄。過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能です)。
        ☆ ☆ ☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2005 ◎転送自由(転載は出典を明記のこと)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。