国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/09/07

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)9月8日(木曜日)
        通巻1225号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ハリケーン「カトリーナ」が中国に裨益する?
 「風が吹けば桶屋が儲かる」のレベルのたとえ話だが、事象はその通りなのだ
***************************************

 ニューオーリンズを壊滅させてしまった史上空前の台風災禍。
 今週の『TIME』には精密な被害地図が合計四ページのカラーでえがかれていて一読に値する。

 ともかく世界最大の経済力をほこる、あの文明国=アメリカで、被災地では略奪、強盗、放火が跡を絶たず、人々を不安と恐怖の陥れた。なんと我が国の震災時と景観が異なることか! 神戸ではヤクザ集団までが炊き出し、ボランティア活動。略奪は一件も報告されなかった。
 
経済的被害とはメキシコ湾の海洋リグ、海底パイプラインが甚大な被害を受け、また北米東海岸へつながる石油パイプラインが壊滅、その復旧工事は容易ならざる事態で、ブッシュ政権は戦略備蓄から6000万バーレルの放出売却を決める。
 
 国際政治も新しい展開への修正を余儀なくされた。
第一に石油価格の暴騰はおさまらない展望となった。
 第二にテロ対策に目を奪われたため、災害復旧支援が遅れ、ブッシュ政権の人気に致命的悪影響をもたらした。
 第三にミシシッピー川流域は穀物の集積地であり、ニューオーリンズはその輸出物流拠点。これが壊滅すれば商品価格の暴騰は避けられないだろう。
 
ところで中国。
ヘラルド・トリビューン(05年9月6日付け)の解説によれば、中国は輸出増加がつづくというのだ。
 
ことし上半期の貿易額は前年に32%増の3580億ドルを更新した。七月だけを単独で見ても前年比29%の輸出増。
 
7月に人民元を僅か2・1%だけの切り上げをやってのけ、その急場を凌いだが、ハリケーンのおかげで、欧米の中国脱出ブームが休憩しつつある。
原因は急激な石油価格および戦略物資、穀物など商品の高騰と諸物価暴騰である。
 欧米企業は中国での人件費高騰の余波で、もはや中国進出より、カンボジア、ベトナムなどに方向舵を変えようとしていた矢先、依然として中国での生産が有利になったからである。

 とはいえ中国でも急発展してきたエネルギー消費関連の航空などは減益。原油精製、ペトロケミカル産業も甚大な価格被害、ガソリンは逆ざやとなっている。そう、絵に描いた餅のようにはなるまい。
      ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今週、土曜日です! 

<<拓殖大学日本文化研究所 シンポジウム>>

◎入場無料!  どなたでも参加できます!
◎乃木代将は本当に愚将だったのか?
◎日中戦争への疑問、シベリア出兵、ノモンハン事件の現代的解釈は間違ってはいないのか。司馬遼太郎らの史観は正しいのか?
          記
 とき       9月10日(土曜日) 午後2時→5時(1330開場)。
 ところ      文京区小日向 拓殖大学キャンパスS館401大教室
(地下鉄丸の内線茗荷谷駅3分)
 テーマ      「近現代史の総点検」
 パネラー     井尻千男、遠藤浩一、黄文雄、福井雄三、藤岡信勝、宮崎正弘
 お問い合わせ   拓殖大学オープン・カレッジ(電話03−3947−7166)
 特記       先着300名 予約の必要はありません。
            ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<< 9・29 反中共ディ デモ行進のお知らせ>>

「日中国交断絶」「打倒中国共産党」「まもれ!尖閣諸島」「中華覇権主義排撃」を旗印にして、今年も9・29反中共デー闘争を展開します。
今年から従来の方式を改め、東京大会(野外集会と徒歩行進)と神奈川大会(車両行進)と拡大して、同時に開催します。
東京大会の概要は下記の通りです。
         記
[日時]9月29日(木) 午前11時集会開始/正午行進出発
[場所]三河台公園(港区六本木4の2の27(六本木通り/俳優座横)
 [主催]9・29反中共デー東京大会共闘委員会
      ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆
宮崎正弘の新刊予告!
 『朝鮮半島・台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 十月上旬刊行! 予価1500円
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<宮崎正弘のロングセラーズ>>
『中国よ、“反日”ありがとう』(清流出版刊、1400円+税)
『瀕死の中国』(阪急コミュニケーションズ刊、1600円+税) 
http://deserveit.jp/am/asin/4484052083.html
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
http://deserveit.jp/am/asin/4890631704.html
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円プラス税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
      ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記でご友人・知己・メル友の代理登録もできます。
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄。過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能です)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2005 ◎転送自由(転載は出典を明記)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。