国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/08/28

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年) 8月29日(月曜日)
        通巻1215号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●小誌総発行部数290万部突破! ●登録読者6300名を突破!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

台湾侵攻プランの軍事演習が行われたというのに
 最前線(金門、馬祖、東沙諸島など)の軍事配置を激減させる台湾
****************************************

 1950年代から80年代まで、台湾にとって、中国との軍事対立の最前線は金門島であった。金門諸島は15の島々からなるが、半分近くが無人島、一番近い島から対岸のアモイまで3キロ強。泳いでもわたれる。
 金門小島からは大陸へフェリーが開通している。

筆者が最初に金門へ行ったのは十数年前だが、台湾の軍人、およそ10万が駐屯しており、厳しい検問が島内あらゆるところに張り巡らされていた。町は軍人で溢れかえっていた。

 3年前に金門を再訪したおり、以前に軍服などを購入した店がないのに驚いて、そういえば軍人相手のスナックも、スマートボールの店も閉店の憂き目。おそらく2万人の軍人しかおるまい、と説明された。
かわって観光客相手の土産屋とレストランがやけに目に付いた。名物の白酒、こうりゃん酒、金門そーめん等が名物である。
緊張緩和? 台湾軍は金門駐在兵力を数年以内に5000人の配備まで減らすという。(『自由時報』、8月25日付け)。

 金門島の住民は対岸アモイのマンションを3000棟も購入し、金門島の知事にあったとき、ここからアモイまで大橋を架けると言っていた。
「中国がミサイルを配備して台湾を攻めると言っているのに?」と聞くと、新党(統一派、中華思想組)の知事は笑い出して、
「そんなこと、ありえない」と否定した。

 もう一つの最前線は馬祖諸島。
やはり冷戦時代には、5万の台湾兵が駐屯していたが、何時しか7000名、それも近未来には3000名まで台湾の兵力は激減する。

 膨胡諸島も往時二万の海軍、いま6000名。
東沙群島には400名から、間もなく海洋巡回署の管轄となる。東沙最南端の太平島には200名の陸軍が駐在しているが、これも海洋巡回署(日本の海上保安庁に相当)となる。

 台湾侵攻を前提として中国とロシアは、山東半島を台湾に見立てての上陸作戦を展開した。「台湾を軍事的に制圧する軍事能力を三年以内に保有する」(ペンタゴン予測)とさわがれているのに、台湾は共産主義全体勢力と対峙してきた軍事力を、激減させる方針である。
      ★ ★ ★ ★ ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○ ○ ○
<<宮崎正弘のロングセラーズ>>
『中国よ、“反日”ありがとう』(清流出版刊、1400円+税)
『瀕死の中国』(阪急コミュニケーションズ刊、1600円+税) 
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円プラス税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
         ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記でご友人・知己・メル友の代理登録もできます。
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄。過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能です)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2005 ◎転送自由(転載は出典を明記)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • Zhina2005/08/30

    (素人考えですが)台湾がシナ大陸から縁を切るという見地からは、金門-馬祖からの国府軍の撤退はむしろ望ましい事では?