国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/08/11

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年) 8月12日(金曜日)
        通巻1210号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国の農民暴動の一部が武装を開始した
 公安部が異例の報告。「小康」も「和解」もあり得ないのでは?
****************************************

 地方政府がデベロッパーと組んだ土地強制収容に反発する農民暴動の頻発は、いまや常識となったが、ついで反公害闘争、炭坑の待遇改善要求などが日増しに激増、昨年の抗議行動は74000件、参加人員376万人と国務院公安部から公式に報告された。(公安部長は周永康)。

 公式統計でもそれくらいだから、実際はこの数字の三倍と考えれば良いだろう。

 周永康「公安部」部長によれば「組織された抗議行動が、最近の傾向であり、庶民と警察の散発的、非組織的な対立構造を越えて、一党独裁への反対というより、特殊経済問題に特化された抗議が組織されているケースが多い」と分析。

 「しかも農具(鎌、鍬、梳きなど)での武装から、先般は本格的武器で武装した抗議行動が見られる」(ワシントンポスト、05年8月10日付け)。

 公安部は暴動が発生する前に解決策を見いだすため、オリンピック委員会のなかで小委員会の設置を呼びかけ、原因を多角的に究明するとしている。

 2008年の北京オリンピックまであと三年、中国に小康社会が訪れる気配さえない。
          ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は14日から27日まで海外および国内連続講演旅行のため休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○ ○ ○
<<宮崎正弘の新刊>>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-2614512-0490730
(下記二冊は大型書店でも品薄、メールでの注文は上記へ)。
『中国よ、“反日”ありがとう』(清流出版刊、1400円+税)
『瀕死の中国』(阪急コミュニケーションズ刊、1600円+税) 

◎黄文雄、藤岡信勝、宮崎正弘、秦郁彦ほか『中国・韓国の歴史教科書』(イーストプレス刊、952円+税)。このなかに宮崎の拙論を収録

◎西尾幹二責任編集『新・地球日本史2』(扶桑社、1800円+税)
このなかに宮崎の拙論「孫文に裏切られた日本人」が収録されています。
   △
<<宮崎正弘のロングセラーズ>>
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
         ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記でご友人・知己・メル友の代理登録もできます。
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄。過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能です)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2005◎転送自由(転載は出典を明記してください)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。