国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/08/09

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年) 8月10日(水曜日)
        通巻1208号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
たとえユノカル買収に失敗しても、中国の資源あさりは世界の驚異
 ワシントンポスト紙は「つぎはスーダンとアンゴラ」と異例の指摘
****************************************

 スーダンの独裁暴力政権を梃子入れしているのは中国である。
 この非人道的政権に武器をわたし、かわりにスーダンの石油鉱区を手に入れて、早くも日量50万バーレルとなった模様。
 その周囲を「国連PKO」と称する中国の軍隊が護衛している。

 ジンバブエはムガベの独裁が十年を越えたが、中国との結びつきは深い。またアンゴラへの異常接近も要注意であろう、とワシントンポスト紙(8月8日付け)が異例の論評をしている。

 「ユノカル買収では米国の資源安全保障が脅かされるとして、中国の買収に反対した。ならばスーダンもアンゴラも、『世界の資源安全保障が脅かされている』」と。
         ☆ ☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)昨日の貴信に基づきますが、「元寇」の足跡は対馬にあります。こういう神社もあります。
私たちここで、対馬領主宗助国一族の慰霊をさせていただきました。
http://www.yado.co.jp/kankou/nagasaki/tushima/komodahj/komodahj.htm
-     (HT生、大田区)


(宮崎正弘のコメント)ご指摘の神社へ小生も、もちろん行きました。元寇の錦絵がはずされていました。この錦絵はご承知のように「かれら」が、対馬住民をどういう風に虐殺したか、克明に書かれていたものです。名越二荒之助先生が、雑誌かなにかに特集記事を書かれたことを思い出します。あれが撤去されております。
小生の滞在時間は二時間近くですが、当該神社への観光客ゼロ、帰りのバスが三時間待ち。結局、近くのJAまで歩いてタクシーを呼んでもらい、ようやく厳原まで戻りました。山猫の焼酎を買って帰りました。


   ♪
(読者の声2)杉並区の教科書採択の騒動は、ご存知と思いますが、ぜひ、お力を貸して下さい。杉並区には、5人の教育委員がおります。教育委員は、杉並区長が推薦し、杉並区議会で承認した良識ある委員です。
 ところが採択のための教育委員会の日の、扶桑社の歴史教科書反対派の行動は、異常でした。教育委員会室の前の座り込み、区庁舎を取り囲む様子は、異常です。民主主義の崩壊です。この状態で、公平公正な採択が出来るのでしょうか。
  毎日、区庁舎前で騒いでいた方は、多くは、杉並区民ではありません。それは、彼らの幟を見ればわかります。
  今、ここで黙っていれば、杉並区は、扶桑社の歴史教科書に反対する人が多いのだ・・・、一般の区民は思ってしまうでしょう。そこで、静かな環境で採択をして頂きたいと願う良識派が立ち上がりました。ぜひ、一緒に行動していただけませんか?
  扶桑社の歴史教科書に対しては・・・・
町村外務大臣は、「普通の人が読めば、あ、こういう内容ならば何も問題ないねとわかっていただけると思います」(4・25参院決算特別委員会にて)。
中山文科大臣は、「扶桑社の歴史教科書は、結構バランスがとれている・・・日本は日本の教科書で日本の子供達を教えるべきだと思っております」・・・・・と評価しています。普通の人でない過激な一部の人達が、騒いでいるのです。
  お力を貸してください。
       (YM生、杉並区)

<行動予定>
8.10(水) JR阿佐ヶ谷駅南口16:00(集合) 街頭宣伝ならびにビラ撒き  〜17:30
        JR高円寺駅南口18:00〜18:30 街頭宣伝 18:40〜ミーティング(高円寺会館3F集会室)


8.11(木) JR阿佐ヶ谷駅南口16:00(集合)
        街頭宣伝ならびにビラ撒き  〜17:30
        JR高円寺駅南口18:00〜18:30 街頭宣伝
        18:40〜ミーティング(高円寺会館3F集会室)


8.12(金) 08:30〜傍聴券獲得(区議会第3委員会室前=区役所中棟5階)
       09:30 抽選       10:00 教育委員会開始
       ーーー  教育委員会閉会後、報告集会・記者会見(区役所前にて、その後ビラ撒き)


(宮崎正弘のコメント)杉並を決戦場にしているのは中核派の筈です。外人部隊がかきあらしにきている事態は予想の範囲内でしたが、この暴力を排除して、扶桑社を採用できるか、どうかは住民の良識にもかかっているでしょう。
◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○ ○ ○ ○ ○
<<宮崎正弘の新刊>>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-2614512-0490730
(下記二冊は大型書店でも品薄、メールでの注文は上記へ)。
『中国よ、“反日”ありがとう』(清流出版刊、1400円+税)
『瀕死の中国』(阪急コミュニケーションズ刊、1600円+税) 
   △
<<宮崎正弘のロングセラーズ>>
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
         ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記でご友人・知己・メル友の代理登録もできます。
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄。過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能です)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2005◎転送自由(転載は出典を明記してください)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。