国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/06/14

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)6月15日(水曜日) 
第1153号 小誌登録読者5800名を突破!
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
日本と台湾の「72年体制」見直しを期待
  冷戦以後の基本構造激変に対応すべき、と許世楷大使が熱弁
****************************************

 台湾大使に相当する「台北駐日経済文化代表処」代表の許世楷氏が、13日夕、都内で講演し、日本に72年体制の見直し期待を語った。

 72年体制?
 日華断交以後の日本と台湾の関係のことである。
 当時、台湾行政院院長(首相)だった蒋経国は「断腸の思い」と心情を『文藝春秋』に綴った。
 
 まず許代表は台湾にとっての三つの”変数”として米国と中国、日本をあげた。
 
 米国は?超大国であり、ソ連崩壊後は唯一の大国?しかも「台湾関係法」を維持し、台湾への武器供与と、96年ミサイル危機に際しての空母派遣のように時に台湾防衛のためには出兵もする?社会的価値観(自由民主人権自由貿易)を共有しており、これを基礎にした政治体制が共通している。

 一方、中国は?アジアの大国であり、過去16年間は国防費を二桁の拡大。公表300億ドルだが、米国筋は中国の軍事費を900億ドルと見積もっている?武力によってでも台湾を併合すると公言し、実際に700基ものミサイルを台湾向けに実戦配備している?三月には「反国家分裂法」を制定し?社会の基本的価値観が日本、米国、台湾と異なって一党独裁政治である。

 さて日本は?新防衛大綱で戦後初めて「中国の軍事的脅威」という文言を使ったうえ、?米国との”2+2会談”では「共通戦略目標」を設定して(イ)台湾海峡の平和維持に日米は重大な関心をもち(ロ)中国の軍事力には透明性がない(軍拡目的は防衛から海洋国家覇権へ)と指摘した。?EUの対中国武器輸出再開に日本は明確に反対を表明し、?さらに町村外相はNYの講演で、台湾は日本の防衛範囲に入ると明言した。従来は曖昧に定義して「防衛範囲」だが、こうした日本の姿勢の変化は(a)中国の軍拡と装備の近代化(b)ミサイルを日本を射程としている(c)靖国問題で露骨な干渉をし、(e)中国原潜は白昼堂々と日本領海を侵犯し、(d)ガス田を一方的に開発し、(f)最近は反日デモで暴力行為におよんだなどが原因である。

 台湾政治は連戦、宋楚諭訪中が続いたが、台湾の62%が賛成としたのは「行って話し合う」ことに意義ありと認めただけで、決して統一ではない。

 政府間の対話チャンネルが存在しないで状況なのに台湾企業が1000億ドルも投資している現状は不都合が多くなってきている。
 
 しかし連戦訪中では国民党は台湾の主権に触れず「中華民族万歳」と言って帰ってきたため、連戦に失望、直後の国民代表大会選挙は与党圧勝となった。
 同時に宋訪中も成果が上がらず、かえって宋帰国後、親民党から国会議員が脱党し国民党へ走り出した。

 台湾国会は2007年改選で定数が半減、小選挙区制が導入されるため、宋楚諭氏の政党は激減してゆく運命だろう。
 それでも現在の政局で陳水扁政権は、宋楚諭と合意したが、この目的は米国からの武器購入予算を国会で成立させんがためである。

 かように見てくれば、日華断行以来33年、冷戦構造はなくなり、台湾は民主化し、日本が経済大国から政治大国を目指し、改憲が日程ののぼっている。

 これほど基本構造が変化し、日米安保強化を謳っている以上、いまのように日台間に情報の交換制度もない、という異常な「72年体制」は見直されるべきではないか?

 本来なら国交正常化が望ましいが、前段階として日本も「台湾関係法」が必要ではないか、と許世楷代表は熱弁を振るった。
         ◇ ◆ ◇ ◆ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<宮崎正弘の最新刊>>  
『中国よ、“反日”ありがとう』(清流出版刊、1400円+税)
  (理性を失った反日暴動。あの一連の反日騒ぎの恩恵(?)を受けて日本は憲法改正を政治日程にのせることが出来た。日米共同戦略目標と新防衛大綱は明確に中国を軍事的脅威と認定し、さらに国内世論はアンチ中国一辺倒となった! これで日本はよう やく普通の国」になれそう?!)
http://www.seiryupub.co.jp/

     ♪ ♪
宮崎正弘著 
『瀕死の中国』(阪急コミュニケーションズ刊、1600円+税)
日本のマスコミが伝える繁栄中国の裏側に廻ると、その暗部にある真実は?
http://www.hankyu-com.co.jp/books/_ISBNfolder/ISBN_05200/05208_hinshi/hinshi.html#pagetop
(ネット注文はここに↑)
  
     ♪ ♪ ♪ 
<宮崎正弘のロングセラーズ>
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『本当は中国で何が起きているのか』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円) 
『風紀紊乱たる中国』(清流出版、1500円)
『胡錦濤・中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ、1480円)
 (ほか宮崎の全著作目録は下記のサイトに。↓)
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/tyosyo/index.html
         ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記でご友人知己の代理登録もできます(↓無料)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2005 ◎転送自由(ただし転載は出典明記)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。