国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/05/14

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)5月14日(土曜日)
通巻第1124号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 宋楚諭(台湾・親民党主席)と胡錦濤(中国共産党総書記)の「二党合意」に新語
 「ひとつの中国、海峡の両側」関係? 
****************************************

 連戦国民党主席の訪中はパンダ二頭のお返しだった。
 台湾の有力紙「自由時報」は、これは「トロイの木馬ではないか?」と疑義を差し挟んだ。

 連戦は北京大学で講演し「自由」「民主」のタームを連発、聴いていた学生から拍手が湧いたという。手放しで喜ぶマスコミがあったが、学生は選ばれての参加であり、「さくら」の可能性は否定できない。

 宋楚諭も大学で記念講演をしたが、「そのなかで『中華民国』をことさらに連発し、テレビ中継の音声は都合の悪い箇所は消されて放映された」(台湾各紙)。

 さて『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』によれば、「北京と台湾は中間の着地点を模索した」(05年5月13日)とある。

 なかでも注目されたのは新しいボキャブラリーである。
 「TWO SIDES OF THE STRAIT,ONE CHINA」(ひとつの中国、海峡の両側)。これは92年の合意を超えた新解釈?
これは従来の「二つの国家」(李登輝)、「一国一辺」(陳水扁)の立場からは大きく後退である。

 いずれにしても野党と中国共産党との合意は外交のレジテマシーはないが、中間のプロセスとしての両党合意に新タームが登場した事実は記憶に値するだろう。

(注 宋楚諭の「諭」は王編です)
◎ □ ◎ ● ◎ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●小誌登録読者5500名を突破! ●総発行部数235萬部を突破
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<< 新刊のおしらせ >>
宮崎正弘の新刊が月末(5月27日)に二冊でます。
?『瀕死の中国(ドラゴン)』(阪急コミュニケーションズ刊)。
 強気の繁栄、高度成長とは裏腹の経済実態を克明に追求
?『中国よ、“反日”ありがとう(これで日本は普通の国になれる)』(清流出版刊)。
 反日暴動に隠された中国外交の狙いと、その挫折を通して近未来の日中関係を見通す
         ○ ○○ ○ ○○ ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪   ♪   ♪
     <<宮崎正弘のロングセラーズ>>
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円) 
 (宅配便による注文は下記サイトでも取り扱っています)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/ref=s_b_rs/250-2645852-0546630
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2005 ◎転送自由(ただし転載は出典明記)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。