国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/05/09

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)5月10(火曜日)
通巻第1119号   
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
中国の経済危機の本質はGDPの150%という債務残高
 もはやバブル崩壊は回避する路がなくなった
****************************************

 北京がいまさら強がりを言っても間に合わなくなった。
 中国への投資が減速傾向にあることは周知の事実だが、とくに台湾からの投資が「反国家分裂法」と許文龍氏の「奇美実業」グループへのいじめが祟って半減した。
 連戦をにこにこ顔で迎え赤絨毯を敷いて、南京の孫文陵に数千の「市民」を動員して歓迎し、あまつさえパンダ二頭で誤魔化そうとしたって無理だって。
 
 日本からの投資も確実に下落傾向になるだろう。
当然、「反日暴動」が影響しているが、そのうえに「チャイナ・リスク」があまねく知られるようになった。合弁解消、投資中断が陸続とつづいている事態は、日本経済新聞があまり伝えないので知られていないが、相当深刻である。
 過日、京王プラザにおける江蘇省の日本企業誘致セミナーがガラガラだった異常事態を看ても、日本企業の中国進出ブームが去りつつあることがわかる。
 江蘇省と言えば、上海から無錫、蘇州、常州、鎮江、陽州、南京へといたる大工業ベルト地帯、日本企業はすでに一万社以上がここに蝟集している。その江蘇省も日本企業に見切りをつけられた?

 上海への海外企業からの投資は2001年が73億ドル、2004年は116億ドル、中国全体で2004年は606億ドルの投資に恵まれた。
 上海の金融機関は内外銀行と支店を含めて2988店舗。外貨資産は日本円換算で34兆円。貯蓄は26兆円。貸し付け総額は19兆円余。要するに中国全体の六分の一は上海に集中しているのである。

 さらに高層ビルの乱立は地盤沈下を産んでおり、いずれ摩天楼の多くは海に沈む(?)。
 上海市内で16階建て以上の高層ビルは、ついに4000棟。NYを抜いて世界一となったのはよいにしても、バブル崩壊により無人ビル、幽霊マンションが目立ち、金融センターとなった陸家嘴地区は毎年60ミリから一センチの地盤沈下が進行中だ。


 経済が本当に「高度成長」なら、上海の株式指数も上昇し続けるはずである。
 上海の株価指数は絶頂期から40%の崩落(人民元建て)、上海B株は67%の墜落。くわえてここに米国の金利高が追い打ちをかける。人民元はドルにリンクしているため、米国の金利に中国の金利が連動するからである。金利が上がれば経済成長は減速する。

 人民元の米ドルへのペッグは予期せぬ事態を産んだ。
 原油高がじわり、中国経済に甚大なパンチとなって跳ね返ってきたことである。なぜなら変動相場制度ではない人民元をドルになおして石油を輸入する関係上、一バーレル50ドル台は悲鳴に近い工業レベルのインフレをもたらしたからだ。
 日本は一ドル360円時代の一バーレル20ドルも、いまの一ドル100円台の一バーレル55ドルも、それほどの悪影響を受けていない。加えて日本のハイブリッドカーが象徴する省エネへの努力は、消費効率で中国の八分の一の低コストを実現している。

 中国のエネルギーの無駄使いは、漏電、漏水のうえに燃費効率の悪さ、公害無対策などにより、日本との競争力がまるでないのである。
 さらに石炭輸送中の盗難、ガス輸送管からの盗難、電力の盗用など中国人のモラルのなさからくる経済全体の損出は、惨状といっても良いだろう。

他人事ではない。中国経済の崩壊に備えよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●小誌総発行部数233萬部突破! 登録読者数5400名を突破“
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<今週の書棚>>

  ♪
萩野貞樹『ほんとうの敬語』(PHP新書)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 副題が「美しい日本語を話そう」となっていて、この「萩野式敬語使用法」をマスターすれば、たちまち敬語を使用する際の混乱はなくなるという。国語学者荻野さんの面目躍如たる本である。
 いきなり話が飛ぶが、韓国では自分が努める会社の社長のことを、たとえば電話不在時に「社長様はお出かけになっておられます」と表現する。日本人が腰を抜かすほどのカルチャーショック!
 一般的に日本の企業なら身内はたとえ社長でも呼び捨てで、たとえば「宮崎はでかけております」が当然の表現となる。お客さんより自分の会社の幹部が大事、なかには来客用エレベータがなくとも、社長専用のエレベータがある。
 萩野式理論では「韓国語というものはなく朝鮮語であり、それは絶対主義が基本にあるからだ」とばっさり。
 いつぞや加瀬英明氏から聞いた話だが、浪人時代の金大中氏と面会したおり、彼の座だけは応接間でも一段高くなっていた。これが韓国流の接し方。もうひとつ思い出したことがある。韓国の或る教授の出版記念会を東京で催したとき、主役だけが前方で椅子席、出席者は全員立っていた。
 これが儒教的であるとすれば韓国は、いや朝鮮半島は、絶対主義であるわけだ。
 さて本書は「日本語は敬語である」という前提から議論がやさしく始まる。
 英語世界に敬語はないか? キングス・イングリッシュにはちゃんと存在する。閣下、猊下、名誉、権威を著すときなど。「貴国」は「Esteemed Contry」と言うように。中国語にもあるが、それは名詞をかえるくらいで、動詞が丁寧に変化しない。
 本書ではさらに議論は発展して、大国語学者といわれた金田一春彦も、司馬遼太郎の敬語設定も批判の対象となる。NHK大河ドラマの時代考証のなさ、敬語のデタラメぶりをばっさばっさと切り捨ててゆく。読んでいて爽快、婆娑羅の気分になる。
 かたい本ではなく、タモリも仲居もでてくる。ヒデとロザンナという夫婦で歌手の、ロザンナはイタリアからやってきた。敬語がわからなくて「夜分すいません」と言うところを「夜分」に「お」をつけた。「親分、すいません」。
 笑いながら読んだが、読後感はと言えば、本書が俎上にのせている現代日本語の乱れに改めて慄然となった。


 ♪
ニーチェ・適菜収訳『キリスト教は邪教です』(講談社α文庫)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ニーチェが精神に異常をきたす直前まで書いていた哲学書だが、発表は死の直前、執筆から六年後だった。原題は「アンチ・キリスト」である。
 つまりキリスト教を根底から懐疑し、本来の宗教の在り方、人間の在り方を問うという偉業なのだが、これすべて現代語への新訳、それも大胆すぎるほどの翻訳で、解説をかいた松原隆一郎教授は「超訳」と言っている。
 評者(宮崎)は、この本を海外旅行へ持参して、ホテルの部屋で時間があるときに読もうと思い、いや、いつもそうするのだが、この本は文体の軽さとは百八十度も異なって中身の重さにエリをただして読む必要があると思い直した。
だからミャンマー旅行に携帯しながら、読まなかった。
 もう一つの理由はキリスト教と対比的ではあれ、敬虔な宗教信者のかたまりのような国で宗教を否定するような本を読むのも、ちぐはぐな気がしたからである。
 ニーチェはキリスト教もユダヤ教もイスラム教も徹底的に批判するが、仏教を批判していない。
その重要な点に気付いたのはミャンマーからの帰国後だった。
 キリストは凡人でしかなかったが、かれの十字架の物語にめをつけ、これを改竄して世界宗教に高めた詐欺師はパウロだ、とはげしいのなんのって。ニーチェの激越さは、なんぴとも真似ができないだろう。
 キリスト教の問題点は(1)神、霊魂、自我、精神、自由意思などといったありもしないものに対して本当に存在するかのような言葉を与えた(2)罪、救い、神の恵み、罰、罪の許し、などと言った空想的な物語をつくった(3)神、生霊、霊魂、などありもしないものをでっちあげ(4)自然科学をゆがめた(5)悔い改め、良心の呵責、悪魔の誘惑、最後の審判といったお芝居の世界の話を現実の世界に持ち込んで心理学をゆがめた等。
 対して仏教は、キリスト教とおなじくニヒリズムの宗教という点では同じだが、仏教は現実を重んじ、問題は何か、客観的に考える伝統があるとニーチェは言う。
「それも何百年とつづいて哲学運動のあとにあらわれたからだ」と言い切るあたり、また仏教は上流階層、知識人からうまれたのに対して、キリスト教は最下層民の宗教であり、とくに「新訳聖書の世界は殆ど病気、社会のくずや神経病患者、智慧遅れが、こっそり皆であつまったような、まるでロシアの小説のような世界」だと比喩するあたり、この本、キリスト教の信者が読んだらどういう反応をおこすんでしょうか。
 それにしても、この「超訳」は、よくよくニーチェを読みこなしての現代語訳だろうと、ドイツ語を読めない小生は、内容の要約力の見事さから憶測するのだった。
     ● ● ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(おしらせ)小誌、5月10日付けを休刊します。◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)町村外相が、靖国神社にある「北関大捷碑」の韓国への返還実現のための仲介をすると発表した。
よい事だと思う。過去にも、日本の国立博物館にある韓国の古美術品を韓国の要請により返還した例がある。日本としては、全て古美術商からの買い取り証明があり、略奪したものではないので、当初は断ったが、韓国の強い要請で、日韓の文化交流発展のためという理由を付けて返還に応じた。
それもまあまあ良い事だと思う。しかし、日本側からも返還を要請するものがないだろうか?
例えば、川口慧海がチベットから持ち帰り、長く朝鮮総督府に展示していた仏教遺跡、研究のために韓国に持ち込んでいた対馬藩の朝鮮通信使の交流記録等等。日本が要請すれば韓国は返還に応じるのだろうか? 言ってみたら面白い。イギリスはエジプトの返還要請には絶対に応じていない。国際常識ではそうだろう。韓国人の交渉がうまいのか、日本人がお人よしなのか。
日本は韓国に、返還の要請を言ってみるべきだ。
  (KC生)


(宮崎正弘のコメント)メトロポリタンなど米国に飾ってある浮世絵や日本刀も、是非とも返還要求したいところです。


   ♪
(読者の声2)毎号貴誌を拝見し、新知識を得ること多く感謝しています。ただ小泉首相に対する評価がいたって厳しいのに違和感を持っています。5月9日付け1118号につき所感以下の通り。
 1.オペラ好きの暗愚の首相、それでも愚民の支持あり。と。
 2.愚民の一人として一言。
   今日中国に対しいうべきことを言っている首相はこの10年で彼が初めてである。 
   西欧のマスコミが中国に対する日本の態度変化を評価している。
   北朝鮮に拉致を認めさせた意味の評価は,歴史上大きいものあり。
   朝日新聞の反日的記事は有名で、今日の中国、韓国の反日態度は、一面日日問題といわれている。
   貴誌の反小泉論調は、中国宣伝部、王毅大使とも喜んでいると思う。 
  (大阪府 81才 会社役員)


(宮崎正弘のコメント)「愚民」は比喩とお受け取りください。小泉さんは反「経世会」の怨念がすべての政治動機、おやりになったことは中国コネのつよい旧橋本派弱体化にあり、それは靖国をカードに実現した(というのが或るアメリカ人学者の解説で、片岡先生の分析もややこれに近い)。小泉さんが政治哲学の人でないことは公約を守らず8月15日に靖国神社へ行かなかったこと。ポピュリズムに酔うあまり田中真紀子のみか、竹中などというアメリカ経済思想の奴隷のような男に経済政策を委ね、たちなおりつつあった日本経済をもういちど奈落へ落とし込んだ等いろいろありますよ。


   ♪
(読者の声3)5月9日の産経新聞によりますと 日本の外務省はインドの基礎科学研究者の来日をインドが核不拡散条約に批准してないことを理由に却下したといいます。 
日本の態度は単に腰抜けといいますか、やくざ国家にはぺこぺこして、そうでない比較的民主的な国には非常に冷淡に事務的にでている気がします、むずかしそうな理論をこねくりまわしていますが 文脈はつねにこれです。 
子供社会のいじめ問題とおなじであり 日本社会にこのやりかたが蔓延しているのではないでしょうか。 むかしの日本人はそうではない といわれます。ほんとうにそうかどうか小生は非常に疑問に思ってきています。ひょっとすると日本人ってそういう処世術をもともと保有していたかもしれない。 
また 冷戦構造が崩壊してから久しいのですがロシア 中国 朝鮮 韓国 ベトナム などの日本に謝罪をしつこく要求するくにとそうでない国  がありこれはひとつのリトマス試験紙となるのではないでしょうか、おそらく謝罪要求国家は日本がどのような謝罪対応をとっても満足はえられないと思います。本当に怒っているというよりは 戦略的にそういう態度にでていると思います。 
北朝鮮は核保有=過激かもしれないのですが 結構でないですか すでに中国なども保有しており、日本は60年前に落とされています。
これによって日本人はいろいろ考えると思います。また左翼の人たちの言説もいよいよ矛盾にみちてきて 日本人もいまよりはすこし利口になるのではないでしょうか。 
日本が本当に頑張れば ハイテクと高精度な技術はお家芸ですのでアメリカが考える以上の防御技術ができそれの輸出もできるかもしれません。 車や家電とちがい はるかな高額で日本の産業界にも貢献できるのではないでしょうか。まったくの防衛技術ですから問題ないとおもいます。 
  (MS生)


(宮崎正弘のコメント)37年ほど前、朝日新聞に岸田純之助という科学記者がいました。技術から安全保障議論にはいってきたジャーナリストで、それなりの説得力があった。彼に、当時大学生だった小生、質問したことがあります。「日本が核武装するとすれば、一体どれほどかかるか(時間)」。岸田さん曰く。「半年でできます」。


   ♪
(読者の声4)貴誌のミャンマー紀行を拝読しながら無性にミャンマーに行きたくなりました。食べ物やローカルのビールは美味でしたか?
今、行けば中国華僑に荒らされてしまった部分、荒らされつつある土地、手付かずの風情が一挙に観察できる訳ですから。行くなら一週間は掛けたいです。しかし宮仕えの身で、時間がとれません。
「ミャンマーの人々が貧困に喘いでいても、人間性が豊かで、哲学的な人生への取り組みが比較的どっしりとして見えるのは仏教を基礎とする伝統文化を尊ぶ民族の精神である。」「仏教原理がまつりごとの求心力にある」。
仏教への深い思いや帰依が、ビルマ人の心のティシューに血肉となりしみ込みんでいることが、これらで感得できました。「ミャンマーにおける政治行政の空間は、近代政治学で解析不能ではないのか。」という貴観察の鋭さには思わず唸りました。
   (HN生、丸の内)


(宮崎正弘のコメント)ミャンマー人の心の優しさはバングラの強桿(きょうかん)さと比べると対比的ですし、タイ人の老獪さとも対比できます。ただし、ミャンマーが抱える少数民族問題は、人工的国境ゆえにながく尾を引くだろう、と思います。
        ◎  ◎  ◎  ◎  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
<< 公開講座のお知らせ >>
 五月の三島研究会公開講座は「三島由紀夫と特攻隊」。富岡幸一郎氏(文芸評論家・関東学院大学教授)をお招きします。
ことしは三島由紀夫の生誕80念、没後35年。特攻隊の青年たちが後世の日本人に遺した魂のメッセージを改めて受け止め、「散華世代」の一員だった三島由紀夫の文学と思想と行動の意味を考えます。
       記
 日  時  :  5月25日(水)午後7時〜
 場  所  :  JR・地下鉄 市ヶ谷駅前
          「アルカディア市ヶ谷(私学会館)」4F 鳳凰の間
http://www.arcadia-jp.org/
会場分担金 :   おひとり2,000円
  (会場が今回から市ヶ谷に変更されております。ご注意ください)。
お問い合わせ: 三島由紀夫研究会TEL03-3200-2295 e-mail:miura@nippon-nn.net
HP  :http://www.nippon-nn.net/mishima/
       △  △  △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪   ♪   ♪
     <<宮崎正弘のロングセラーズ>>
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円) 
 (宅配便による注文は下記サイトでも取り扱っています)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/ref=s_b_rs/250-2645852-0546630
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(新刊予告)宮崎正弘の新刊が月末に二冊でます。
?『瀕死の中国(ドラゴン)』(阪急コミュニケーションズ刊)は5月25日
?『中国よ、“反日”ありがとうーーこれで日本は普通の国になれる』(清流出版刊)は、5月28日、全国一斉発売。
         ○ ○○ ○ ○○ ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2005 ◎転送自由(ただし転載は出典明記)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。