国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/04/20

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)4月21日(木曜日) 
通巻第1098号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
上海「反日デモ」当日のための公安当局の指示書が発覚
 当局が高校、大学、各種学校を巡回してデモの参加を要請していた
***************************************

 上海での「反日デモ」は4月16日だった。
 事前に当局が周到に作戦を立てて、動員を大学、高校および各種学校に要請していた事実が判明した。

 まず集合場所として「?人民英雄記念碑前と?「人民広場」に集合と書かれている。コースは?南京路へ向かい?の人民広場で合流し、延安路から日本領事館へ。」

 延安路は人通りの少ない、クルマ専用道路といってよく、平行しての銀座通り(ハイファイチュンルー)、江沢民別邸(衛山路)を大きく迂回している。多国籍企業が蝟集し、外国人が多いためである。
 これが「自発的」の実態である。

 さらに当日の「注意事項」がちゃんと指示されていたこともわかった。

 それによると「?飲料水など各自が用意し、?日本製品を携帯しないこと。?貴重品も持参せず、?排便を済ませておくこと。?とくに日本製デジカメ、形態、パソコン、ラジカセ、ウォークマンを携帯するな。?出席をとるので筆記用具を持参しなさい。?領事館前では投石をしてはいけない。?小泉のポスターを踏みつけ、国旗を焼くライターなどを持参しなさい。
 ?シュプレヒコールは「日本製品を買うな」「歴史教科書改竄抗議」「日本製品排斥、国産品愛用」「日本の国連常任理事国参加反対」「釣魚島を取り返そう」など」。

くわえて細心の注意事項が追加添付されており、それらは「?日本の右翼を支持する友人を呼ばない?付近の日本商店やレストランに投石するな?国旗を焼くときは自分の衣服に燃え移らないように気をつけよう。?警備の警察の指示にしたがえ?上海の国際都市イメージを保持するため、リーダーの指示に従って整然とデモ行進を?以上を踏まえ広く友人の参加を呼びかけてくれたまえ!」
 などと詳細にインストラクションがなされていた。

4月9日の広東省深センでのデモは「武装警官が市民に変装しての行進」だったことがすっぱ抜かれたが(『大紀元』、4月10日付け)、上海も基本の動員が巧妙になされていたことが判明したのである。
     ◇   ◇   ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「反日」破壊活動を糾弾する「反中国」大デモ行進の開催

集合場所 新宿大久保公園
集合日時 4月23日(土)13時30分(決議文等の朗読あり。デモ出発14時)
主 催   國民新聞社(03−3311−1001)、自由チベット協議会、歴史基本講座研究会、「もう我慢できない中国の横暴!」東京大デモ行進実行委委員会
実行委員長 酒井信彦(東京大学歴史編纂所教授)  
連絡事務局 國民新聞・西村修平 090−2756−8794
 (今や日中関係はシナ事変前夜を彷彿とさせる臨戦状態、政治家や一般国民はこの喫緊の事態をほとんど理解していない。それほどシナ・中共による日本人への精神侵略は半ば完成している。事態が如何なるものであろうが、心ある日本人はこの屈辱の現実を傍観して座視するわけにはいかない。4月23日は、日本人の誇りと魂を発露させる日にしたい。)   
 
◎手ぶらでも結構ですが、シナ・中共の横暴を糾弾・アピールするプラカードを各自ご用意ください。
           ▲
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)貴誌1097号、日本大使館の惨状をあのまま記念館に、という宮崎さんと同様、あの汚い惨状をそのままおいておいたらと僕も思っていたのです。わが意をえたり、でした。
     (NO生、平河町)


(宮崎正弘のコメント)NOさんと同じ賛同の意見をたくさん頂きました。中国は焦って修理を申し出ているのも、あれを何時までも外国カメラに晒すのはまずいと判断しているからでしょう。そういう感覚だけは常識的ですが(笑い)。


   ♪
(読者の声2)本質とまったく関係のない質問で恐縮ですが、ときどき貴誌のメルマガにオークションなどの広告が入っております。先生のメルマガは広告を入れないと伺っておりましたので。
    (YI生、山口)


(宮崎正弘のコメント)小誌は拙著以外の広告を掲載しておりません。広告代理店からのお誘いもすべてお断りしております。で、ご質問の意味が分からなかったので配信メルマガを点検したところ、最終章あたりに配信元が自動的に挿入しているADがあることがわかりました。こればかりは、当方でどうしようもありませんので、この点をお含みおきください。
       ◎ ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◇◇
<<今月の拙論>>
?「中国海洋戦略の二律背反」(『日本文化』春号)
?「中国トンデモ裏事情最前線」(『新潮45』5月号)
?「李登輝さんの武士道とミシマ」(『月刊日本』、4月22日発売)
?「こんな中国へ進出した日本企業の命運」(『WILL』、4月26日発売)
?「混迷する台湾政局と反国家分裂法」(『エルネオス』、4月30日発売)
?「台湾有力議員会見記」(『自由』6月号、5月10日発売)
       ◇  ◇  ◇  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      
     <<宮崎正弘のロングセラーズ>>
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円) 
 (宅配便による注文は下記サイトでも取り扱っています)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/ref=s_b_rs/250-2645852-0546630
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓もちろん無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (C)有限会社・宮崎正弘事務所 2001〜2005 転送自由 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。