国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/04/08

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)4月8日(金曜日) 
通巻第1088号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
中共宣伝部、中国各紙に「反日報道を控えろ」だって?
  いよいよ反日運動が反政府暴動に拡大するシナリオが目前になった
*************************************

 香港の有力紙「明報」が4月5日付けで「中国共産党宣伝部は国内メディアに対し反日活動を抑制的に報道するように通知した」と報道した。
 
 謀略機関が仕組んだとされる成都での暴力デモが、まかり間違えると反政府デモに発展しかねないとする危惧の表明にもとれる。

 中国共産党宣伝部の通知は「日本の国連安保理常任理事国入りに反対する署名活動は抑制的に報道し、日本製品の不買や撤去は報道するな」としたそうな。
 
 「?」と思っていると今度は正反対の報道がある。
 
 日本の歴史教科書改訂について中国の主要メディアは大きな見出しを踊らせて、日本文部科学省の検定結果を伝えた。
 「日本の教科書が侵略の手柄を吹聴」「白黒をさかさまにし、権力が南京大虐殺を否定」など、『人民日報』は準トップ記事で「日本の検定が右翼の歴史教科書を承認」と伝えた。

 扶桑社版教科書をまったく読んでいない証拠である。

 中国外交部は「日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りに反対する行動が起きたこと」について、
「日本側が対中交渉で絶えず中国の人民の感情を傷つける行動を取っていることで、中国の人民に強い不満を引き起こしている。われわれは日本側が中国の人民の関心事に真摯に対応し、歴史など中国人民の感情に関連するデリケートな問題を適切に処理するよう望んでいる」ですとさ。 

 この発言は「日本側」と「中国」を入れ替えるとよく分かる。
 少なくとも我が外務省は「中国の反日言いがかりは、歴史を改竄した自らの失政を日本にすり替えてきた中国の責任であり、まじめに対応すべき北京側が依然として日本人を侮蔑し憎悪を掻きたてている。日本人は絶望的なほど傷ついた」と表明すべきである。

 町村外務大臣、イスラマバードで李肇星に会ったら最初にそう言いなさい。
  ◇ ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●小誌総発行部数220万部突破! 登録読者4700名突破!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       ♪
<<国体観なき「憲法改正」を駁す>>大演説会

[演題・弁士]
「中曽根・自民党案、ここが問題だ」森清氏(元自民党憲法調査会副会長)
祖国再生にむけて「憲法改正」を  西村眞悟氏(衆議院議員・民主党)
          記
[日時]4月19日(火)午後7時開演(6時30分開場)
[会場]文京シビックセンター・小ホール 電話03-5803-1100(アクセス「後楽園」0分/「春日」1分/「水道橋」8分)
[入場料]1000円
[主催]展転社 電話03-3815-0721
          ○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(今月の拙論)
?「@の時代へ変質するM&Aへの危惧」(『正論』、5月号)
?「揺れ続ける日韓、竹島領土問題のゆくえ」(『デーリータイムズ』、5月号)
?「中国トンデモ裏事情最前線」(『新潮45』、4月18日発売)
?「李登輝さんの武士道とミシマ」(『月刊日本』、4月22日発売)
?「反日暴動、日本企業は大丈夫?」(仮題、『WILL』、4月26日発売)
?「混迷する台湾政局と反国家分裂法」(『エルネオス』、4月30日発売)
?「ジンギスカン鍋と内蒙古」(『共同ウィークリー』、4月下旬号)
?「台湾有力議員会見記」(『自由』6月号、5月10日発売)
      ◇  ◇  ◇  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(櫻チャンネル出演のお知らせ)4月14日(金曜日)午後10時、櫻チャンネルの遠藤浩一さん「解体新書21」に宮崎正弘がゲスト出演します。テーマは「反国家分裂法と台湾の近未来」。一時間のトーク番組です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)韓国・中国のあまりの理不尽な態度が、一般国民をして「これでは付き合いきれない」という感覚を急速に抱かしめているように感じます。TV/ラジオのコメンテーターも風向きが変わってきたように思うが、いかがでしょう?
  連休の海外旅行の予約は、韓国・中国は伸びていない。危険で行けないよ、ね。ある期間 交流縮小がいいでしょう。
 インデラ・ガンジーが暗殺されたときニューデリーにいましたが、もしあの犯人がシーク族でなく日本の赤軍派であったとしたら、デリー駐在の日本人はほとんど殺されていたでしょう。インドは基本的に虫も殺さぬ宗教感覚がある国です。
 それでも何かの些細な引き金で 通州事件のようなことが起こりかねない。ユーラシア大陸の住民の「血の気」は日本人の「想定外」です。日本企業が、こうした「踏み絵」的な迫害にどう対応するか? 当分見物(みもの)ですね。
     (TK生、世田谷)


(宮崎正弘のコメント)ロッド空港で赤軍派が無辜の人々を機関銃で撃ち殺し(72年)、犠牲の殆どがプエルトリコからの巡礼でした。直後にプエルトリコへはいった藤島泰輔さんが、「日本人と分かると、プエルトリコ人から何時殺されるか分からない。そういう目をみた。恐ろしかった」と言っていました。そのことを急に思い出しました。


   ♪
(読者の声2)教科書検定にからむ韓国の度外れた(想定済み)抗議行動を報じる中で、テレビ朝日は以下のような(想定済み)暴言をコメンテーターに吐かせたため、テレビ朝日に抗議するべく電話を入れましたが(想定どおり)不通です。 公表電話はいつもこうなのですよ。小宮悦子の「J-チャンネル」6日17:30頃の時間。
コメンテーターの大谷昭宏が「ジャーナリズム同様教科書も事実を淡々と書くべき。竹島を韓国が不法占拠と書くべきではない」と。「韓国の不法占拠と書かずして何が真実なのだ」と抗議しようにも電話は不通です。
以下に抗議先番号です。
 NHK   03−3465−1111
日本テレビ 03−6215−1111
TBS   03−3746−1111
フジテレビ 03−5500−8888
テレビ朝日 03−6406−2222
テレビ東京 03−3432−1212
       (MK生、練馬)


   ♪
(読者の声3)或る商社では新人研修において、中国語の基礎を学んでもらうことにした由です。
どうして某商社は、かくも頓珍漢なのでございましょうか?
シナの現状が分析されておらず、シナの面積と人口が莫大であるというだけで有効需要が多くシナこそが最も重要な市場であると、小学生の知能程度のお考えで拠点政索の位置つけされたのでございましょうか?
宮崎先生が指摘されているように、シナが近未来分裂するとか、シナにはこれっぽっちも無い商道徳はもとよりシナ野蛮政府が恣意的に進出企業にイチャモンをつけて工場ごと強奪したりする代わりに当該企業に日本政府を非難せよという反日を脅迫により強制する可能性などにいささかの配慮もないのでございましょうか!
まさに自らがシナ首脳と握手しているお写真のみが、サラリーマン社長として一生のお望みなのでしょうか?株主に対するご責任など何もお感じにならないのでしょうか?かかる経済と政治の連関問題について、本日の産経の岡崎久彦氏も上手に書いておられるのでございます。かように熱に浮かされたように、か、あるいは何のほかの生き残りの方策がこの会社にはございませんのか、全社員にシナ語習得させシナに入れ込む姿勢につき、日本の代表的老舗として、田舎にいながら極めてあやういものを感じるのでございます。
(駅弁大学助教授)


(宮崎正弘のコメント)取締役会を英語でおこなう日本企業があります。これも素っ頓狂ですよ。英語が喋れてもビジネスに無能の人が多い。試験が旨くできても世の中の役に立たないエリート大学卒業生が多い。価値観の錯綜ぶりを著していますね。


   ♪
(読者の声4)古賀潤一郎の学歴詐称から 空席の福岡の選挙。新潟はまだ仮設住宅が行き渡っていません。まだまだ回復が遅れています。玄海島はもう仮説住宅も完成して 島民全員纏まって帰島。
この違いは一目遼全です。山崎可愛いエコヒイキ作戦が小泉ライオンの見え見えですねー。
  山古志村の緋鯉が金澤市の市所前の用水に30数匹買い取りました。市内を流れる辰巳用水を流れる桜並木もある市内の観光スっポットです。兼六園下を廻るように流れています。従来は兼六園内もこの用水も真っ黒の真鯉だけだったのですが、素敵な事です。こういう鯉の混交、在来は歓迎ですが・・・・
  今日今、HNKで中国人夫婦が その間に出来た立派な中国人の子供を 市役所の馬鹿な緩い 目を盗み 親子関係を偽装認知して つまり中国女性が日本男性との間に生まれた子供と偽り届を出したのです、30万円で偽装認知されてしまっているのです。パスポートも児童手当も 選挙権も全て 日本人、おまけにその中国夫婦は (在留特別許可が貰えます)。
 もう一つは胎児認知の法律を使う。体内に子供が居る間に お腹の子供が日本人との間に生まれた子供と言う日本男性の認知さえあれば 母親も堂々と日本に来て子供を生む事が出来るのです。
DNA認知の鑑定の添付も無い。続々と 偽者の中国人が生まれるこういう法律を 即刻廃案する緊急事態です。人権擁護法案などふざけた法案で遊んでいる状態は許せません。
  今度の郵政改革も怪しいものです。早く解散選挙するべきです。
        (YK生)
         ○ ◎ ◎ ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は4月9日から12日まで宮崎が地方講演のため休刊です。●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     <<宮崎正弘のロングセラーズ>>
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円) 
   (御注文と宅配便発送は下記アマゾンでも取り扱っています)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/ref=s_b_rs/250-2645852-0546630
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓もちろん無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (C)有限会社・宮崎正弘事務所 2001〜2005 転送自由 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。