国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/04/04

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)4月4日(月曜日)貳 
通巻第1083号 号外
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
なぜイトーヨーカ堂が襲撃されたか
 中国反日カルト、ついに日本企業を襲撃
****************************************

 四川省成都といえば、山梨県甲府市と姉妹都市。甲府はただちに姉妹都市関係を返上しなければなるまい。

さらに四川省と言えば麻婆豆腐の発祥の地であり、劉備玄徳、諸葛孔明の墓(武功祠)がある。日本人観光客も最近は増えた。

この繁華街のど真ん中にイトーヨーカ堂は静かに営業している。高層のビルでもなく、派手な飾り付けもなく、それでいて店内はいつも超満員。日本製品に溢れかえっており、庶民はウィンドーショッピングにやってくる(じつは、この店を数年前に取材したことがある)。

 これほど安直な襲撃目標はないだろう。反日デモが通行中の市民を巻き込んで警備陣をかわし、イトーヨーカ堂を襲撃したほか、数人が店内を荒らした(四月三日)。
イトーヨーカ堂は、中国政府に呼ばれ、懇請されての出店だった筈だ。ただちに中国政府に厳重に抗議したんでしょうね。
 
 他に深センなどでも反日デモ、小泉首相の顔写真を踏みつける運動、日本国旗にNOのポスター行進など、諸外国のマスコミ受けを狙った反日行為が続いた。

 率直に言って、いよいよ凶暴共産主義の本質が暴露され、日本人の心証をいたく傷つけてくれた。中国の本質を目撃できた意味で、おおいに歓迎である。
もっと凶暴に、もっと派手に! 反日カルトがあばれれば暴れるほどに、日本は中国の嘘に目覚め、日本企業は進出をやめ、すでに進出したところはこれを口実に撤退が可能だ!
       ◎  ◎  ◎  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声)反日活動家らのイトー・ヨーカ堂襲撃事件に付き、海外メディアの写真です。抗議デモと一体なので、抗議デモにまつわる報道写真を含みます。
◎襲撃されるイトーヨーカ堂
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578886&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578910&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578907&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578889&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578919&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578914&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578912&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578942&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52579041&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578976&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578975&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52579046&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52579430&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52579185&cdi=0

http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578182&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578181&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578179&cdi=0

 ◎英語のメッセージや、ナチスマークは英語圏への「配信」が目的でしょう。
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578203&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578202&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578184&cdi=0

http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578206&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578209&cdi=0

http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52579044&cdi=0

http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578946&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52578944&cdi=0

 ◎悲しいことに、これら抗議活動の次に出てくる(新しい順に表示される)記事は男性器が神体の祭りやヤクザの刺青画像でした…。
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52582778&cdi=0

http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52582756&cdi=0

http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=52582777&cdi=0

いずれも4月3日の記事でした。
       (KT生)
         ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        ◆
 <<宮崎正弘のロングセラーズ>>
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円) 
   (御注文と宅配便発送は下記アマゾンでも取り扱っています)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/ref=s_b_rs/250-2645852-0546630
        ◇ ◇ ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓もちろん無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (C)有限会社・宮崎正弘事務所 2001〜2005 転送自由 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。