国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/03/31

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)4月1日(金曜日) 貳
通巻第1078号 増刊
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 韓国の反日カルト、個人攻撃に過激路線を転換か?
 知日派韓国人教授を悪辣に攻撃し、罵詈雑言と恐喝文の数々
****************************************

 “ヨン様”ブームはこれで完全に終息するだろう。
 韓国への日本人の幻想が吹き飛ぶ事件がまた起きたのだ。

 つい二週間前、「日本に占領されてよかった。ソ連に占領されていたら韓国はどうなっていたか」とする論文を『正論』4月号に寄稿した高麗大学名誉教授の韓昇助氏のもとへ廬武玄大統領を囲む反日カルトが絡んだと思われる”反日テロリスト”たちからの脅迫が相次ぎ、漢氏は「名誉教授」を返上したばかりか、「共同議長」として名を連ねた保守系知識人組織の役員辞任に追い込まれた。

 今回、あらたに狙い撃ちされたのは知日派論客の呉善花・拓殖大学教授である。
 彼女の新作『反日親北韓国の暴走』(小学館)が唐突に槍玉にあげられた。

 呉女史は著作のなかで「日帝の植民統治が朝鮮の経済と教育の発展に大きく寄与したうえ、日本が資本技術を投入したことによって大規模工業が北朝鮮にも構築された」云々と主張した。正論である。また日本は朝鮮の文化を踏みにじっていなかった事実を例証し、「韓国国内の親日派一掃と親北統一が現政権の最大政治課題」と分析している。
 
 この報道を意図的に掲載したのは「韓国日報」(3月29日付け)。
 同紙ホームページは、直後からこの記事に寄せられた「反応」というかたちの歪んだ意見で溢れた。
 
 次のような凄まじさである。
 「このきちがい女め、拉致して凄まじい拷問をあたえ、三時間だけ寝かせてまた拷問しろ。彼女にはいってくるカネ(印税)はおれが貰う」
 「呉善花、この野郎を捕まえて市庁舎前の広場で公開処刑にせよ」
 「父母、子供、呉善花三代を滅ばさなければならない。学者だって?無知なきちがいだ」
 「あんな犬のような奴をぶっ殺す方法はないのか?」

 下品な意見も掲載されている。
 「お前達はチンチンの味が分かっていて(韓国を)けなしているのか。ウエノム(倭奴)のチンチンの味を一度見て言え。それも分からないで何を分かっているつもりでけなしているのか。本当に息苦しい。チンチンの味はなんといってもウエノムが最高」。

 脅迫のトーンはさらにエスカレートして、次のような意見も並ぶ。
 「自決しなさい。お前のような人間がこの世に存在することが間違っているようだ。お前は生きている価値がないのだ」 
 「サンヨン、死ね。日本で」
 「呉教授は既に我が土地で骨を受けた娘ではなく、日産エンジンをつけた日本産。我が土地を二度と踏もうという考えを起こすな。危険だ!」

 こうした暴言の数々が「韓国日報」のホームページに並んだことが異常なのである。
 韓国版2チャンネルではなく、新聞社のページは意見欄が管理され、しかも韓国のインターネットはウェッブへのアクセスに登録番号が必要である。

 いくら朝日新聞の投書欄でも、こういう脅迫まがい、いや堂々として恐喝意見を管理者、編集者は平気で並べることはないだろう。

 韓国の反日カルトがウェッブ上に伝播した。中国の反日論壇と酷似してきて、今後は歴史教科書問題での「共闘」が予測される。おそらくこの反日カルトによる馬鹿騒ぎは九月ごろまで続くであろう。
      ◎  ◎  ◎  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       ♪
 <<宮崎正弘のロングセラーズ>>
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円) 
   (御注文と宅配便発送は下記アマゾンでも取り扱っています)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/ref=s_b_rs/250-2645852-0546630
        ◇ ◇ ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓もちろん無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (C)有限会社・宮崎正弘事務所 2001〜2005 転送自由 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。