国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/03/08

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)3月8日(火曜日)
通巻第1058号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
さようならSONY、日本的経営の死
 ゴーン・ウィズ・ゴーンの二の舞になりませんように
****************************************

 ソニーの出井伸之会長(CEO)と安藤国威社長が退任、新たにハワード・ストリンガー副会長が会長兼CEOに、中鉢良治副社長が後任社長となる。このニュースは産業界に大きな衝撃をもって迎えられた。

 出井体制の十年間、SONYは業績が低迷したうえ、デジタル家電への取り組みに決定的に乗り遅れ、また創業の精神を忘れたかのように「コンテンツ重視」などと訳の分からない事業の多角展開のため、投資家の人気が冷え込んだ。

 外国人のトップはソニーの創業以来、初めてである。まさか、日産を追随ですか?
 「風とともに去りぬ」は”GONE WITH THE WIND”。
 ならば日産はいずれ”GONE・WITH・GONE”?

 しがらみのないゴーンを呼び寄せて資産売却、子会社孫会社を無慈悲に見捨て、大幅なリストラを図って「再生」した日産の真似をしようというわけだ。

 ストリンガー新会長は米国CBSを経て、97年5月にソニーの米国法人社長になった。とくに音楽、映画のソフト部門を手がけ、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)を買収した立て役者。おそらくリストラに容赦はないだろう。嘗て日本経済を牽引したSONYの時代は終わったようだ。
       ◇ ◇ ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
台湾で『反国家分裂法』は「台湾併呑」の陰謀として反対集会とデモ
http://www.sankei.co.jp/news/050306/kok069.htm
↑ 当日の写真が多い記事です。
        ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(読者の声1)最近、貴誌が配信にならないので、不思議に思っているのですが、バックナンバーのサイトで、一日遅れで読んでいます。登録のメカニズムに支障がでていますか? ウィルスに攻撃されていませんか?
      (BOX生)


(宮崎正弘のコメント)小生のみならず西村真吾代議士のHPも西尾幹二先生のところも「台湾の声」も、「李登輝友の会」も、保守系で台湾擁護派で中国批判派のHP、メルマガ。ほぼすべてが日夜、攻撃されています。これは二年、三年と続いています。
誰が?
組織的に「業務」としてやっているところでしょうね。
ともかく防御をとっていないパソコンは、文字化け、アダルトサイトへの連結、ウィルスなど、ありとあらゆる妨害がされています。当方は、毎週、ウィルス退治をしてますが。
メルマガは一日でごっそり60名ほどが脱落したり、登録を何回しても退会扱いになっていたり、「最近メルマガの配信がありませんが」と知人友人からも、何十回も言われていますが、「根気よく登録し直してください」あるいは「バックナンバー」で読んでください」と返答するしかありません。
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000869.html
(↑ここから過去4年分のバックナンバーを閲覧できます)。
思想戦争に物理的な、あるいは隠微な妨害はつきもの。日本のあらゆる官庁のHPが改竄されても手が打てない。この日本のひ弱さ!
いったい何処がハイテク大国でしょうかね。


   ♪
(読者の声2)貴誌昨日付け、中南米における中国の進出ぶり、たまさか田中宇氏が南米情勢を詳しく解説したメルマガを昨日配信しています。田中氏はかなり米に批判的で、それを割り引いて私は読んでいますが、米のやりたい放題ぶりが窺えます。
田中氏論稿と貴誌を併せ読み、南米の国同士が連衡し、中国と南米が合縱して共通の敵の米に中たるさまがよく見えます。田中ファンの若者たちは嫌米・反米・非米になりゆき、貴誌読者は確固たる中国警戒派になりゆき。。。。
     (HN生、丸の内)


(宮崎正弘のコメント)田中宇氏のメルマガを、ときどき転送してくれる読者がいるので小生も読みました。視点のいくつかに狭窄症状がみられますね。或る大學教授が「あれは猟奇的スポットに光をあてて書くが、大局観がない」と言っていました。急にそのことを思い出しました。


   ♪
(読者の声3)ライブドアのニッポン放送株買占めに関連して。 
 二階堂ドットコム(http://www.nikaidou.com/index.html)と云うホームページはご存知でしたでしょうか。このホームページの2月3日の記事を紹介致します。
 
 (以下引用)「フジテレビ騒動に乗じて村上がまた出てくる 」
 近々、フジテレビをめぐってある件が騒ぎになる。それに乗じて、村上ファンドの村上がまたチョロチョロ動き回るだろう。御同朋で、サンケイビジネスアイでこれまた同朋のドンキホーテの安社長をコンサルティング費をもらってヨイショする木村とかいう銀行の親玉も一枚噛んでくるだろう。このニュースにはそんな意味も隠されている。
  さてフジテレビと言えば乗っ取りと裏切りの歴史だ。鹿内一族が乗っ取り、次はクーデターで日枝が・・・という具合に、ご存知の方も多いように結構胡散臭い奴がいたりするのもフジテレビの経営陣だ。記憶が定かではないのだが、たしか鹿内の娘婿の一人に、小指第一関節を欠損している男がいる。その男は4,5年前、「不昧会」という、財界でもそれなりの御仁が集まる会に潜り込み、主宰として名刺を配っていた。その後不昧会は不名誉会になってしまい、有力者たちは次々に退会していったという。そんな男が鹿内一族にいる。当時の第二電電、KDDIの部長をクビになった纐纈という男を使ってあれこれいやらしいことをやっていたようだ。詳しくは書けないが、フジテレビ、いやフジサンケイグループに激震が来るか?今月中は注意して見ていたい。 (引用以上)
 
 ところで、テレビでライブドアの堀江氏を見ていて大変気になる事があります。
 それは彼が、相手の目をはっきり見ながら話すことです。 普通ならそれで結構な事なのですが、今回の様な法律スレスレの事をして、全く何の引け目も感じていないと見えます。東大中退だそうですが、現代若者気質と云うものなのでしょうか、世間が見えていない様です。 頭の中はアメリカ人の間でも評価の低い「敵対的買収」などの知識で一杯になり、「人の道に反していないのか」、「人にどう見られているのか」など想像する余力も失っているのでしょう。秀才、成功者、大金持ち・・・現代日本では賞賛の的、と云う事になるのでしょうが、「倫理」「道徳」などの素養が全く感じられません。このような人物が幅をきかし、マスコミで言いたい放題できる社会とは誠に情けないものです。歴史教育だけでなく、道徳教育再生も急がれます。
         (奈良の四十郎)
 
 
(宮崎正弘のコメント)引用されたサイトの意見は「異見」だと思います。鹿内ジュニアまではまとまりのある会社で、それから女婿体制となって、すこしおかしなことになったので社内の有志が立ち上げってクーデタを起こしたと解釈すべきでしょうから。
 つぎに「ほりえもん」ですが、小生らの世代は、こういう新人類の立ち居振る舞いは、いかに同調的に解釈しようとしても、最後は理解に苦しみます。日本人としての伝統的な倫理観が希薄ですから。
三島由紀夫『青の時代』をもじってNHさんが『@の時代』と比喩されたように、“IT時代のアプレゲール”でしょうね。問題は堀江氏だけではなく、かれを煽る一部のマスコミと褒めそやす風潮です。
        ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(お知らせ)小誌3月9日付けは臨時休刊の予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
◎宮崎正弘のロングセラー◎
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円) 
           ◇ ◇ ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓もちろん無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (C)有限会社・宮崎正弘事務所 2001〜2005 転送自由 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。