国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/02/23

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)2月23日(水曜日)
通巻 第1044号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
海賊が津波以来ゼロのマラッカ海峡だが
 インド洋から南シナ海の隘路を海賊とアルカィーダが共闘したら?
****************************************

 世界の貿易の90%は船で物資が運ばれる。
 パナマ運河、スエズ運河、喜望峰、マラッカ海峡などと世界には幾つかの戦略的海路があり(これをチョーク・ポイントという)、海賊船が蔓延る。

 昨年、世界的には前年比で大幅に被害が減ったが、犯罪は悪質化しており、死傷者は400人を越えている。行方不明も夥しい。
 マラッカ海峡を航行する貨物船、タンカーほかは年間50000隻。世界貿易の三分の一を占める。しかも昨年は三十七件の海賊行為がマラッカ海峡であった。

ところが十二月の津波被害以来、今年の海賊は現在までにゼロ。おそらくアチェを拠点としていた海賊が壊滅したと考えられている。ただし、マラッカの海賊の一部はアルカィーダと結んだテロリストが軍資金稼ぎをしている可能性があり、米軍の警戒が終われば、復活する懼れがあるとされる。
         ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(お知らせ)本日(2月23日)の「日本文化チャンネル・櫻」。午後10時から一時間。宮崎正弘が渡部昇一氏との対談番組「大道無門」に出演します。中国の海洋戦略、資源問題、対日外交など60分の対談番組です。
なお再放送、再々放送は2月24日(木)朝4時、2月24日(木)昼1時、2月26日(土)夜12時、2月27日(日)夜9時の予定です。
http://www.ch-sakura.jp/
(申し込み方法など櫻チャンネルの詳細↑)
        ◆ ◇ ◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(サイト情報1)2月19日の日米安保協議委員会(2プラス2)の「共通戦略目標」。
"Joint Statement of the U.S.-Japan Security Consultative Committee," February 19, 2005. http://www.state.gov/r/pa/prs/ps/2005/42490.htm
同町村外相、大野国防長官、ラムズフェルド長官の声明
Remarks With Defense Secretary Rumsfeld and Japan's Foreign Minister  Machimura and Defense Minister Ohno 
http://www.state.gov/secretary/rm/2005/42492.htm

(サイト情報2)ブッシュ大統領のベルギー、ドイツ、スロバキア訪問。ブッシュ大統領の発言や各国首脳との会談。
President Bush's Trip to Europe, February 21-24
http://usinfo.state.gov/eur/europe_eurasia/bush_trip_feb21.html

(サイト情報3)「CSIS」 "Bush Trip to Europe: President Must Build Personal Relationships to  Manage Policy Rifts," February 17, 2005. (PDF 1ページ)
http://www.csis.org/press/pr05_04.pdf
「ブルッキングス研究所」 "Bush's Trip to Europe: Mending Fences or More of the Same?" February 17, 2005. (PDF 23ページ)
http://www.brook.edu/comm/events/20050217.pdf
「議会調査局報告書」: "U.S.-EU Cooperation Against Terrorism," updated January 19, 2005.  http://www.fas.org/man/crs/RS22030.pdf
     ◎
ˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆ
     ◎
<<公開講座のお知らせ>>
日時 :2月25日(金)午後7時〜
「反日の構造と三島由紀夫の檄文」
 講師:西村幸祐氏(評論家) 
 中国・韓国・北朝鮮は執拗な反日キャンペーンに狂奔しています。その殆どは根拠のないデマの類ですが、何故かくも彼らはデマ・キャンペーンに狂奔するのか?
  その背景を剔抉すると同時に、それによってもたらされた深刻な日本のアイデンティティー危機を分析し、併せて三島由紀夫が訴えた「最後の檄文」の今日的意義を明らかにします。
 場所 :高田馬場「大正セントラルホテル」三階会議室
 会場分担金   おひとり 2000円
 問い合わせ 三島研究会 東京都新宿区高田馬場2-5-23-1205
 TEL 03-3200-2295 e-mail:miura@nippon-nn.net
 HP  :http://www.nippon-nn.net/mishima/
        ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◇  ◇
◎宮崎正弘のロングセラー◎
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)ほか 
         ◇ ◇ ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓もちろん無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (C)有限会社・宮崎正弘事務所 2001〜2005 転送自由 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。