国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/12/07

●祝! ●小誌総発行部数172万部突破!  登録読者4165名!
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)12月7日(火曜日)
       第985号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△ 
この異常な外為政策を日銀・財務省はいつまで続けるのか?
 米国のドル陥落から日本が逃げる手段は、もはやないも同然だ
***************************************

 たびたび指摘してきたが、日本の外貨準備高は世界一。その86%は、しかしながら米国の赤字国債を保有し、ドルが陥没したときに一緒に心中する決意(?)だ。

 最新のデータを使って、下記の試算表を筆者(宮崎)が作成してみた。ビジュアルに比較すれば、日本の異常さがいたいほどよくわかるだろう。
 輸出を殆ど米国に依存して世界第二位の外貨準備高をほこるようになった中国も、全体の三分の一しか保有しておらず、あとは「ユーロ」と「ゴールド」に振り向けた模様である。

〔図表〕米国債権をいくらアジア諸国が保有しているか
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

国名      米国債保有額(A)    外貨準備高(B)    A―B
        ========     ========   =====
日本      7204億ドル      8379億ドル*   86%
中国      1744         5145       34%
韓国       666         1783       37%
台湾       574         2350       24%
香港       495         1195       41%
シンガポール   241         1058       23%
タイ       137          437       31%
インド      126         1157       11%
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(注 数字の出典は(A)がビジネスウィーク、12月13日号で九月末米国財務省発表。(B)は*印のみ「日本経済新聞」12月6日付け、10月末。ほかは『エコノミスト』11月20日号によるため九月末、十月末がバラバラである。)

 この異常ともいえる外国為替ならびに外貨準備運用政策を日銀と財務省の「エリート」に本当に任せっぱなしにしておいていいのか? もし彼らが「エリート」ではなく徳川末期の幕閣のごとき無能の人たちだったら?
       ◎ ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)台湾総選挙取材のため12月9日から14日まで休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)最近、貴誌を購読し始めたのですが(といっても無料なので登録し配信を受けている、と書くべきかも知れませんが)非常に面白く、かつ有益で、日本の新聞がかかない世界情勢の裏側がわかります。バックナンバーを過去4年分、全部印刷しなおし、ファイルして保存版を個人的につくりました。
それに関連しての質問なのですが、バックナンバーにない、それ以前の貴誌を読む場合はどうすればよいのでしょうか?
         (WT生、山形)


(編集部より)何人かの熱心な読者のかたが、WTさんと同様にファイルをお作りのようですが、メルマガ配信以前の小誌は残念ながらコピィをとっておりません。そもそも、これほど長く続くとは考えておりませんでしたから。


   ♪
(読者の声2)私は現在、アメリカの大学で歴史を勉強しておりますが、ここでは、アメリカ史を、教える先生は、愛国心というよりも、むしろ「アメリカ人としての誇り」を持たせる歴史教育というのを、きちんと教えています。
 先生とは少し見方が違うと思いますが、アメリカでは、保守、リベラルに関わらずに、生徒に、誇りを持たせる歴史教育をほどこしているように思います。(大学の左傾化は、著しいようですが。) 私は、いくらか、この連中と、不十分ながら、話をしましたが、やはり、彼等の歴史教育の根底には、「愛国心」と「アメリカ人としての誇りを語り継ぐ」という考え方があります。
 私が日本の教育機関で、小学校から大学までの間に受けた歴史教育でこんな考えを、持った先生は2人の例外を除いておりませんでした。
あったのは日本がいかに悪い事を近代にしてきたか、またはいかに庶民が権力者に、搾取されてきたかということだけでした。 歴史教育というものは本来、過去の祖先達を、不当に貶めるものではなく、過去の栄光と失敗の両方を、暖かい眼差しをもって、教えるべきものではないか?というのが、私の考え方ですが、我々の国では、祖先と現在の政権を、断罪するための道具に成りさがっているのが、現状ではないでしょうか?
 この動きは教育現場だけではなく、巷にも見られるように想えてなりません。
 ご存知かどうかはわかりませんが、例えば一時期、一部で話題になった副島隆彦氏の、「属国日本論」という書籍が、ございますが、この副島氏は、明治の元勲の1人である副島種臣の御子孫だそうですが、氏なぞは、日本史に、愛着よりはむしろ憎しみをもっておられるかのような描写が、「東アジアの土人」という言葉に見られるように、非常に多く見受けられるのです。
私の読解力不足だと良いのですが、氏の書いたいくらかの著作を読んでおりました時に、日本と、その過去の歴史に対する蔑みと憎しみが、行間からひしひしと伝わってきます。
 この、副島氏の御著書を御読みになられたかどうか存じませんが、このように日本人、また日本の歴史を見下した書き方をした歴史本が、話題になったということが、現在の我々が共有する歴史教育の酷さを物語っているように感じられてなりません。
 海外では中国人や韓国人による反日キャンペーンが巧みに行われており、またそれを利用する勢力もいるというのに、(このような日本の現状には)暗澹たる思いがいたします。
以前、元青山学院大学の先生と歴史教育についてお話した折りに、「歴史を教育するといっても、誰が正しい歴史を教えるのか? 教育できる先生が、いないのではないか?」と言われました。
我々は保守系論客による民間の歴史教師養成機関でも創って少しずつやっていく以外に方法はないのでしょうか? 最近の若い世代は、一切、歴史なんぞに興味無しという連中が、多い中、我々は、どうすればいいのか?という事を考えると、なんともやりきれない気分になります。


(宮崎正弘のコメント)おっしゃる通りですね。ところで副島さん、学生時代は左翼の活動家。著作は一度も読んだことはありません。二回ほどお目にかかっていますが、狷介な感じを受けました。著作は読む価値があるとは考えにくい。
 若いひとの歴史知らずは、それはそれで仕方のないことでしょう。いつの時代でも、カルタゴの末期のローマの衰退期も同様でした。日本が異なったのは、幕末に爆発的なナショナリズム運動がおき、それが数百年前の国学や伝統を甦らせたことです。そういう意味で小生は若いひとに期待しております。
          ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(サイト情報)「ウクライナ研究会」↓
http://www.std.mii.kurume-u.ac.jp/~abe/
「孫文再来」というHP ↓
http://www.thinkjapan.gr.jp/~sunwen/
         ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
◎宮崎正弘の新刊本◎
忽ち再版! 
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
http://www.namiki-shobo.co.jp/
〔↑ 並木書房のHP〕
    ◇
◎宮崎正弘のロングセラー◎
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)ほか
http://www.bk1.jp/author/110000964320000.html
↑このサイトからも上記の本の注文が可能です(1500円以上は送料無料)。
         △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘のホームページ ↓
 http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。