国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/12/01

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)12月1日(水曜日)
       第979号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△ 
 台湾一家四人、トンカン(東完)で惨殺される
   日本における中国人凶悪犯罪なんて目じゃないって
****************************************

 中国に進出した台湾企業は六万社、おそらく100万人のエンジニア、マネージャーが中国大陸各地に駐在(退役軍人を含める)している。

 台湾企業がとくに多いのは対岸の福建省と、広東省一帯。就中、広州市を中心とした東完(「完」は草冠)、虎門、中山、珠海は台湾企業のメッカで、同東完市内には台湾人学校もある。

 これまでに誘拐事件数百。身代金を取られた上で虐殺された台湾人ビジネスマンのケースは数十件におよぶ。

 張簡栄伸はアクセサリー製造業を営み、虎門、江蘇省などで工場を経営、従業員八百名の大世帯で、現地でも注目されていた(張簡という珍しい姓は広州近辺の虎門近郊に多い)。

 事件が起きたのは11月25日未明。
 財産をねらった強盗が張簡家に押し入り、寝ていた家族八人を殺傷。
犠牲となって死亡したのは張簡栄伸夫妻(夫人は「妊娠中」だった)と女児およびお手伝いさんの四人。台湾の新聞は妊娠中の胎児を含め「四屍五命」が「遇害」と書いて、各紙は一面トップで報じている。

 犯人の一人は同家のインテリア工事をしていた修理工。
ともかく治安悪化を物語る象徴的な一端である。
          ○  ○  ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)一般論として、ヒラリーが民主党候補になると中道・保守票を吸収できず、民主党は勝つのが難しくなるやうな気がします。とすると、右の票を取れる候補者を立てるといふ気運が民主党内に高まつて来る可能性もあるのでは?
 やはり問題は共和党の候補者ですね。ちやんとしたタマを立てることができれば、ヒラリーではヤバイといふことになるだらうし、共和党が候補者発掘に失敗すれば、「ま、ヒラリーでもいいか」といふことになるでせう。敵失次第といふ点では、民主党といふ政党、日米同じです。共和党は、?強力な候補者を立てる、?民主党がヒラリーを立てるといふ二つの条件を整へることができたなら勝機がでてきますね。
          (KE生、神奈川)


(宮崎正弘のコメント)たとえば2008年にジェフ・ブッシュ(現フロリダ州知事、大統領の弟)が共和党候補になったとすれば、どちらが勝ちそうですか?
 今回の大統領選でも明らかなように、候補者が誰であれ、新聞とテレビは民主党を支援します。これも共和党は計算に入れて対応をとるでしょうね。


    ♪
(読者の声2)日中関係が外交戦争とも言える事態に陥っていますが、江沢民来日時における『週刊新潮』の桜井よし子さんの記事を思い出します。桜井女史が、中国の外交関係者への匿名を条件にインタビューをしているのですが、その外交関係者は「結局、中国人にとって日本人というのがよくわからないのです。世界で一番おとなしい国民、何をいっても反応が無い、南京虐殺が嘘だいうのなら、堂々と反論すればいいのです。実はそういう議論は中国人も好むところなのです」と答えていたのが印象的でした。
  この外交関係者の言葉は中国人だけではなく、世界中の人間が思っていることではないのでしょうか? 
2chといった匿名掲示板で対中国強硬論を吐くだけではどうにもならないということでしょうね。
  (MK生)


(宮崎正弘のコメント)それはそうですよ。「沈黙は金」という価値観は日本以外通用しませんし、「男は黙ってxxビール」などと言っても、寡黙は馬鹿扱いされるのが日本以外のくにの常識ですから。ともかく日本人は国内にあっては周囲は殆どが日本人ですから、べつに自己主張しなくても、価値観がわかりあえる独創的な、和を持って尊しとなす国家です。
国内的にはそれでいいのですが、海外へ向かっては自己主張を力強くつづけていかないと、日本人が何を考えているか、世界の人達にはわからないと思います。
          ◇ ○ △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(お知らせ)拙論「孫文に裏切られた日本人たち」を産経新聞に好評連載中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
◎宮崎正弘の新刊本◎
 本日発売!
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
   ♪
◎宮崎正弘のロングセラー◎
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)ほか
http://www.bk1.jp/author/110000964320000.html
↑このサイトからも上記の本の注文が可能です(1500円以上は送料無料)。
         △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘のホームページ
 http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。