国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/11/26

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)11月26日(金曜日)
       第970号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 経済繁栄を謳歌する広州で「反日感情」は希薄
  若者には”日本ブーム”の兆候も窺える
****************************************

 ともかく中国は広い。奥地で暴動、沿岸部の大都市では先進国なみの消費生活。

「四川省や重慶、河南省で暴動があったのを、あなたは知っていますか?」
 広州の目抜き通り、夥しいブティック、デパート、屋台、レストランが並ぶ北京路で、若者に聞いてみた。

 付近には回転寿司レストランが幾つもあって、家族連れで賑わっている(一年前の倍以上に増えた気がする)。
 商店街で目立つのは日本語の看板。とくに「代官山」「六本木」「渋谷」など東京の有名な盛り場名を冠して、商魂たくましく客引きの目玉にしたり、商品名でも「の」が入っている食品やらブティックが多い(ためしに買ってみたスナックには「味なべ」「味のい出逢」「北海のとつきゆう」「食品の時代の流行」などとある。いずれも意味が通じない。「味比べ」「味の良い出逢い」「特級」という意味だろうが、いや、日本だった”ナウい”とか”ボデコン”とか意味不明の英語をならべたコマーシャルの氾濫をみれば納得もいく)。

 町をそぞろ歩きする若者の身なりは日本と変わらない。ラフなズボン、スポーツ・シューズ。革ジャンも高級品を羽織っている青年がいる(また脱線だが、高級衣料は日本の十分の一の価格)。

 アベックは腕をしっかりと組み、指をからめ、串刺しの焼き肉やアイスクリームの立ち食い、携帯電話が唸り、安売り衣料スーパーには凄い人だかり。大声をあげて呼び込む売り子のスタイルも日本と同じ。下品でもある。

 「ユニクロ」ではなく「ジョルダーノ」(GIORDANO)が中国ではもっとも有名だが、ちょうど冬物セールの最中だった。値段は日本と変わらないか、すこし安い。やはり若者がたかっている。結構、高い商品が売れている。

「暴動だって?」
「この繁栄を見てくれよ、誰も人生をエンジョイしているって感じを受けませんか?」
  ひとりだけ重慶出身の若者が教えてくれた。「重慶暴動の萬州区って、あそこは三峡ダムで水没するため立ち退かされて流れ込んだ住民が殆ど。知り合いからの携帯電話で暴動のことは知ってるけど、多くの重慶市民は関心がないっ」。

 広州は昔から国際都市として発展してきた。
 アヘン戦争の舞台は、この広州を中心として虎門、厚街、順徳、番寓、東完、中山などに砲台をしつらえ、後に孫文は黄補(広州郊外)にエリート軍人を養成する軍事学校を開く。

第一次国共合作では国民党も共産党もともに机を並べて抗日の軍事訓練を行った。その拠点が広州である。革命後、文革までの鎖国時代にも広州だけは「広東交易会」でにぎわい、多くの日本の商社も商談に駆けつけた。

 広州を中心とする広東人の誇りは「先進性」「革命の先駆者」、だから途中から革命の成果をごっそりもぎ取って政権を握るや広東の革命家を冷遇した毛沢東や周恩来を広東人はあまり高く評価していない(その代替作用なのかどうか、中山記念堂では孫文夫人宋慶齢の映画やら写真が陳列されていて売店でも孫文と並んで切手やらバッジを販売している。でも、宋慶齢は海南島生まれ、せっこう財閥出身だけど。。)。
 
 そもそも孫文が生まれたのは広東の中山県であり、革命の導火線となる恵州蜂起も広東の革命家たちが先走ったフライングという位置付け。ともかく孫文の評価は意外に高く、その分、湖南省出身の毛沢東、劉少奇や天津閥の周恩来を嫌うのだ。

 したがって広東における歴史記念館や烈士霊園なるものは、率直に言って反日色が薄い。
 反日感情よりも、広東人は「反北京」「反中央」である。しかも露骨に態度にでるのは「反上海」なのだ。

 それはたとえば観光客どころか中国人も滅多にいかない「広州起義記念館」の庭園に建立されている十人の革命家の銅像は全員が広東人。飾られている写真パネルも葉剣英、澎湃など。
 
 広州のど真ん中にある烈士記念公園のなかに歴史博物館に対面して葉剣英の巨大な墓がある。
 
 この葉剣英こそは広東にとっての「革命元勲」、かつて四大将軍の一人として林彪、澎徳懐、朱徳と並んだ。別名「広東覇王」。
  かの文革中もトウ小平は、広東に逃れて、葉剣英に庇護されて生き延びた。だから息子の葉選平はながらく広東を治めてこの地に君臨し、中央に反旗を翻した。
 
 烈士公園の園内には中ソ友好記念堂が残り、大きな石碑には中ソ永遠の有効を記念する云々と書かれている。
 だが、いまとなってはその由来を知る若者も少なく、葉剣英の墓は訪れる人が稀になった。日曜の公園にはバトミントン、太極拳、歌声喫茶のごとき歌謡教室、ぶらぶらと散歩する夫婦。池には遊覧船、ボートが浮かび、傍らの四阿では、京劇のセリフを唱える老人のグループ。まさに天下太平である。

 すぐ南に隣接する順徳市は国連から、「世界で最も豊かな地区の一つ」と認定された。
 FAO基準で「エンゲル係数が30%以下が「最も豊かな層」と規定されているが、順徳のそれは27%。住民一人あたりの可処分所得は15099元となり、2004年第三四半期までの給与所得平均が24338元となった。

 順徳は香港の不動産王のひとり、ヘンダーソンランドの李兆基や、ブルースリーの生まれ故郷としても知られる。

「暴動? 知りませんねぇ」という市民の反応は嘘ではないようだ。
      ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(お知らせ)拙著『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』)(並木書房)の全国一斉発売日が12月1日に遅延されました。年末の荷物急増のためです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(御礼)昨日の「憂国忌」は天候に恵まれ、満員盛況でした。紙面を借りて御礼を申し上げます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)福岡憂国忌も、23日に西村真悟代議士を記念講演の講師にお招きし、御陰をもちまして無事、終了致しております。
 西村先生は、正に全身全霊を傾けられて話され、最初から最後まで力がこもり、会場から自然と拍手喝采の渦が沸き起こるものでありました。
 かっての中野正剛の演説もかくなるものであったのではないかと思わせるような本当に熱のこもった御講演で、終盤では乃木さんと西郷さんの話になり、先生は思わず涙され、300人程の会場の皆が感動の雰囲気に包まれました。
 西村先生の御陰で福岡黎明社の拙い進行もあまり目立たず、西村先生と(秘書の)佐々木氏には誠に感謝しております。
 また21日(日)には大分の護国寺で第3回「大分憂国忌」が開催されました。この大分憂国忌の規模は福岡憂国忌より少し小さいものの、100名程の方々が来られました。大分憂国忌も感銘深いものでありました。        (TM生、福岡)


(宮崎正弘のコメント)中野正剛、内田良平など民族派の伝統がある福岡ならでは、の情景が浮かびます。昨年はたしか村松英子さんが講演されたと思いますが? 英子さんからも福岡の憂国忌は、熱情がこまった、あたたかい、愛国者の集まりだと伺っていました。大分も林房雄先生の故郷、愛国者が多いと存じます。このほか、各地で三島・森田両烈士を追悼する催しが開催されました。


   ♪
(読者の声2)宮崎さんの新刊『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』。(サイン入りを先に申し込んだので)さっそく読みました。世界は大組換えの時代に突入したみたいですね。日本も「全日本」の陣立てで乗り切らなければダメでしょう。「フランス病勝手連」とは、ズバリです。「いい鴨」にされています。
       (桃太郎)


   ♪
(読者の声3)北朝鮮では囚人に毒ガス兵器の実験をしていた、とワシントンタイムズが報じています。
http://www.washtimes.com/world/20041124-121316-5086r.htm
        (YU生、和歌山)


(宮崎正弘のコメント)この記事は小生も読みましたが、なんともおぞましき限り。中国吉林省での、日本軍が遺棄したとされる毒ガス、化学兵器処理作業にしても、先般の作業で掘り起こされ処理された2000発のうち、日本製は79発だけでした。敦化の郊外に処理場を建設しますが、日本が全額、費用を負担します。これだけで3000億円です。そして処理する兵器の九割が、もしソ連製(それを供与されて使用したのは中共軍ですが。。)だとしたら?
             ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
◎宮崎正弘の新刊本◎
 全国の書店で12月1日発売!
 ○
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
   
 ♪
◎宮崎正弘のロングセラー◎
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)ほか
http://www.bk1.jp/author/110000964320000.html
↑このサイトからも上記の本の注文が可能です(1500円以上は送料無料)。
         △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘のホームページ
 http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。