国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/11/25

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)11月25日(木曜日)
       第969号  特大号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
香港で撤退した筈の日本企業が静かに復活している
   やっぱり金融と企業統括、中央管理を中国で行うのは無理
****************************************

 一年ぶりに香港に二日ほど滞在した。

 97年の香港返還後、香港の主要産業であった不動産価格の暴落と国際金融資本の撤退により、失業率が高騰、香港経済は「暗闇に沈没した」とまで言われた。

 イギリスは返還直前に数多くのプロジェクトを発注し、ジャデーン、スワイアなどの英国企業がふんだんに潤った。
 
 新空港、ハイウエィ、地下鉄の新線など一度に建設し始め、イギリス政庁は、香港の予算を使うだけ使って97年7月1日に逃げた。
 HSBC(香港上海銀行)は、はるか以前にシンガポールへ上場先を移し、ついで英国大手ミッドランド銀行を合併し、イギリス本国企業へ衣替えしていた。
 啓徳空港は廃墟、周辺の工業地区はミシン音も聞かれない幽霊地区と激変した。

 香港経済の劇的な後退は邦銀および日本の証券会社の撤退にも象徴され、あまつさえマスコミも半分が香港を去った。産経も日本テレビも香港支局を閉じた。香港情報は株式中心の日経をのぞいて、報道価値が薄くなった、とされた。

 その香港が甦ったのだ。

 第一は中国本土からの夥しい観光客の襲来だ。
 来年九月にはランタオ島にディズニーランドが開園するため、観光客は倍加するだろう、と予測されている。
 すでに交通アクセスは完備、付近には高層マンションが建ち並び、新都市ができている。驚き桃の木山椒の木。

都心の繁華街のホテル。小生の定宿が、いつもの値引きをしてくれないので理由を尋ねると、中国人の宿泊で満員、強気一点張りだった。
 
 第二に人民元の地域カレンシー化だ。前述の年間一千万人を越える中国人が落とすホテル、食事、土産代など。香港では自由に人民元が使える。
 人民元106対香港ドル100というレートで、どのホテルもレストランも土産店も人民元圏入りしている事実が物語る。
 一説には大挙中国から売春婦も流れ込んでいるという。

 第三はマネー・ロンダリング機能がある香港市場の利用価値である。
 従前より中国国有企業は香港に上場して荒稼ぎをした。

 中国からの企業投資、怪しげな中国のペーパーカンパニーは、急発展の深センより、香港のように古くから国際金融に慣れ親しみ、ベテランの証券、銀行マンが豊富にいて、しかも取引が電子化されたタックス・へブンは便利このうえない拠点たりうるからである。

 機を見るに敏なHSBCは、すぅーと上海に復活し、森ビルの広告塔、壁面をすべてHSBCで飾り立てた。香港ドルの新券は美しい印刷バージョンを出した。

 香港の経済蘇生ぶりはフィリピンからのアマさん達が、じつに18万人となった事実からも類推できる。
香港では中産階級でもマンション部屋の管理、掃除・洗濯・炊事・買い物にフィリピンのアマさんを雇う。ついで言えば香港の中産階級は家で朝飯をとらない。たいがいが屋台で簡素な食事だが、アマを雇う家庭は食事をとって子供を保育園や小学校にも送迎させる。

 返還前、フィリピンからの出稼ぎ女は五、六万人、日曜日となるとあらゆる広場、公園がフィリピーンノで溢れた。いまも携帯電話で国元とはなしたり、日がな一日お喋りに熱中している。彼女たち専門の金貸しは、日曜日が一番の稼ぎ時だった。それが18万人と言うことは、確実に香港経済が成長している証拠なのである。

 そして日本企業が静かに甦っていた。
 領事館が把握している香港在留日本人は18000人だが、おそらく24000人が常時滞在しているだろう、と推定されている(或る晩、チムサチョイ(=香港の新宿)で食事を摂ったが、たまたま入った広東料理のレストラン、九割が日本人だった)。
 
 香港は日本人に対して90日間、ビザが不要。89日目にひょいとフェリーでマカオへ行って博打をして帰って来ても、また90日滞在できる(72年に筆者が初めて香港へ行ったとき、一週間以内ビザ不要。翌年一ヶ月ほど香港で滞在したが、わざわざイギリス領事館へ出向いて面談のうえ、ビザをもらった)。
 
 広州、深セン駐在組も似たようなもので、現在、中国は日本人に対して15日間ビザ不要措置をとっている。
 すると、ちょいと香港へでて、その日のうちに帰ってくれば15日延長が可能、短期商談、エンジニアなどは皆、そうしているのである。広州と九龍は鉄道の特急で一時間40分である(ちなみに筆者は往路を地下鉄、九龍鉄道を乗り継いで羅府まで。そこから香港を出国し、深センへ入国、駅から特急で広州東駅まで。合計三時間でした)。

 なによりも香港の有用性はアジア拠点としての国際金融上の利用価値なのである。
 それは広州、深センなどに工場をおいている日本企業でさえ送金、仕入れ、流通在庫管理、財務など税制上からも便利なことこのうえない香港に集中させてビジネスの一元管理的な処理ができるからである。

 日本企業は広州を中心にして珠海デルタ工業ベルト地域におよそ一万社以上が進出している。

 広州は本多、豊田という日本を代表する巨大自動車メーカーが進出したため、電装、ハーネス、塗装、自動車部品、ディーラー、金融など関連会社は一斉に進出。
 隣の東完、虎門、厚門、中山、順徳、恵州などにはソニー、東芝、シャープ、三洋など数え切れない日本企業。

 しかしなぜかくも日本企業は広州ベルト地帯が好きなのか?

 香港ほどビジネスライクでもなく、多少は情緒も通じるうえ、基本的に日本人と広東人とウマが合うからである。

 それらの拠点と化す香港、一昔前の重要度より、今日的価値において、香港の役割も急速に変貌しているようである。
     ○ ○ ○ ○ ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
きょう! 11月25日
 
◎ 三島由紀夫氏追悼「憂国忌」のお知らせ 
http://www.nippon-nn.net/mishima/
 今日は三島由紀夫氏の34回目の命日です。今夕、三島先生を追悼する「憂国忌」が開催されます。危機に瀕する日本、三島由紀夫氏の訴えを通して祖国の未来を熟慮する機会にしたいものです。

          <<開催要項>>
 とき         11月25日(木) 午後5時半開場 6時開会
 ところ        九段会館・真珠の間(地下鉄九段下駅下車1分)
 記念講演       井川一久(元朝日ジャーナル副編集長)「三島由紀夫と保田輿重郎」
 会場分担金      2000円
  ?どなたでもご自由に参加できます。
  ?追悼会終了後、同階館三階「翡翠の間」において直会があります。こちらは別途会費3000円。
  ?お問い合わせ TEL/FAX 03-3200-2295 miura@nippon-nn.ne
             ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)アイリス・チャンが死んで2週間。宮崎先生が、このメルマガの11月18日号でご指摘の「TIME」(11/22)に続いて、24日の「読者の声3」でABCテレビ等の論調が紹介されて、アメリカの”ホンネ”がより明確になってきました。
TIMEに限らず、彼ら米マスコミ人の深層心理には(戦争の早期終結を目指しての投下という自国政府の公式見解を含め)当然のことながら広島、長崎への原爆投下に対する後味の悪さがあり、アイリス・チャンの「ザ・レイプ・オブ・南京」はこの心情に乗って米マスコミが宣伝し、売れたのでしょう。
そして彼女の不可解な自殺とともにこの世紀の偽書を”確定”させ、真相が暴かれるのを防ぐためにも早期終止符を打とうとするイメージが浮かんできます。
おりしも南京人民法院では「南京虐殺の徹底検証」の著者東中野修道教授らを被告とする損害賠償・謝罪要求の裁判が23日から始まったと報じられています。中華教カルトの支那人はともかく米マスコミ諸氏には、米外交界長老ジョージ・ケナンが『アメリカ外交50年』で米外交政策を回顧して、第一次大戦から第二次大戦の間、「われわれは十年一日のごとく日本の立場に向かっていやがらせをやってきた」と述べている反省を彼らに読ませたいと思う気持ちが起こります。
        (HS生、豊橋)


(宮崎正弘のコメント)弱いものを徹底的にいじめ、奴隷とみるや絞るだけ絞るのが、あの国の遣り方。反対に強いものには徹底的に媚びます。曲学阿世、阿諛追従など、中国が原産地の語彙ですから。これ以上、日本が貶められ、いじめられない為には、日本が強くなる。それ以外、生き延びる道はありません。


   ♪
(読者の声2)貴誌の966号の「(読者の声2)日本政府は中国の遺憾の意を表明だけで、幕引きするのでしょうか?「謝罪」はどうなってしまうのでしょうか?」        (YK生、秋田)という質問に対して先生は「(宮崎正弘のコメント)瀋陽総領事館の脱北家族事件のときは、日本が「主権侵害」をされてもうやむや、北京は遺憾の意を表すどころが、「日中友好に亀裂がはいるのは如何なモノか」と強弁の限りをつくし、挙げ句に中国人の日本の観光ビザを撤廃せよとか、好き勝手なことを言いだした。外務省は曖昧模糊とした着地点を設定し、時間稼ぎに挙げ句に幕引き、日本の主権侵害を正面から問うことをしませんでした。今回も日本は北京のいった「遺憾の意」(それも誠意のかけらもない態度で)だけで、目の前のAPECでの首脳会談を演出したいが為の外務省の説得にまけて幕引きです。おりしも村山富市は北京で唐家旋胡組員と会見していました。売国奴的な「謝罪」をしたら、北京では国賓待遇を受ける?やはり「敵は内部にあり」ですよ。ちなみに中国語の「謝罪」と「遺憾」は日本のニュアンス同様で、決して「謝罪」ではありません」と回答されています。
 そこでもうすこし突っ込んで質問したいのです。
「遺憾」と「謝罪」は中国語ではどのように違うのですか。
          (WT生、香川)


(宮崎正弘のコメント)これは意外に簡単です。「遺憾」は言葉だけ。「謝罪」は金銭の補償を伴います。日本は気軽に「謝罪」したので(村山談話)、チチハルや敦化(吉林省)の毒ガス化学兵器は遺棄兵器として、日本が「他の国」(殆どの化学兵器はロシア製らしい)の兵器の始末まで、日本の費用でやらされています。中国は「謝罪」はしないのです。面子の問題以上にカネをびた一文、日本には補償しないのです。
          ○○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(読者から番外編) AEIの北朝鮮研究専門家でニコラス エバースタット (Nicholas Eberstadt)が、次の論文を発表しています。
 以下の節約は直訳と意訳の混合ですが、趣旨は正確に伝えている筈です。

「ブッシュの北朝鮮政策はかくあれ」

 今の米国の対北朝鮮政策は欠陥だらけだ、しかもこれでは危険極まりない。
 ブッシュは大統領を四年間やってきたが、北朝鮮の体制をどうするのか、その戦略が見えてこない。今やっているのは小手先の対応だけである。
 ブッシュ政権は 金正日を軽蔑や不信感や嫌悪感で見ているが、そうならそうで、それに基づいて、具体的にどうするのかという対応策が必要ではないか。単に好きだ嫌いだと言っているのではなく、その見方を具体的に戦略化する必要がある。「悪の枢軸」といくら口で言っていても埒はあかない。

ブッシュの北朝鮮政策は、5つのモードに分析可能である。

l        発生する事態にその都度当惑する "shocked by events" mode
l        そしてその都度それに反応する "reactive" mode
l        もう一つ腰が引けてる "passive-aggressive" mode
l        内部の意見がバラバラで政府としては麻痺状態とでもいうべき"paralyzed by infighting" mode.を見せ付けられてきた。
l        そしてまだこれからも、重大な問題を矮小化してしまう "making bigger problems into smaller ones" mode.
 見たくもないモードをこれからも見せられつけるのか。

 ブッシュ政権は第二期に入って、次の二つの戦略的規範を持って事に当たるべきである。

 規範(1) 北朝鮮の核問題を対話によって解決するのは無理である。援助をやるから核兵器を持たないでくれという”talk and bribe” 方式の交渉は、口では妥結しても、陰に隠れて核計画を進め来た相手であるから、約束や妥結はナンセンスである。この”talk and bribe” 方式でやってきた過去15年間の努力とは一体なんだったのか。まさにぶざまな失敗以外の何物でもないではないか。 核放棄の約束の対価として援助するというやり方は1990年代だったらまだ有効だったかもしれない。その時期、北朝鮮は食糧不足で体制維持の可能性には大きな疑問があったからだ。その時期のクリントンの非核化戦略とやらは、結局はゼニだけ取られて金正日の核武装の野心の肥やしになっただけである。だから”talk and bribe” 政策は北朝鮮のようなゴロツキには裏切られるのみであるということをとくと認識しておかねばならない

 規範(2) 北朝鮮核危機は北朝鮮政府そのものであり、北朝鮮政府そのものが核危機なのである。同じ独裁者といってもせめてもっとましな独裁者が北朝鮮国家を運営することになるならいざ知らず、金正日体制の下では、北朝鮮核危機の問題は改善どころか悪化の一途をたどるであろう。頬かむりして、この現実を避けて他の鵺(ヌエ)的な対応に現を抜かすなら、事態はさらに悪化するであろう。この教訓規範をシッカリと胸に叩き込めば、アメリカの北朝鮮政策などというものは簡単に立案できるのだ。政策を成功に導くいくつかの条件を挙げてみよう。

 国務省内の組織・人事の再構築

 北朝鮮は今日アメリカが直面する最重要問題の一つであることを国務省の連中が再
認識せよ

 対北朝鮮政策評価の確立と公表

北朝鮮政策はその都度、それが成功だったのか失敗だったのか、明確の総括していくことが必要である。
 北朝鮮非核化のための六カ国協議は対話路線を進めいてきた。その間北朝鮮は核兵器計画を進めていた。この歪んだ構造は絶対に受け入れられない。次回交渉においては、国務省は六カ国協議の目的、最終結論はこうあるべきであり、それが達せられれば成功、そうでなければ失敗であると明確に定義する必要がある。その内容は事前に先方にも伝えておく必要がある。その結果交渉が失敗なら失敗で、国務省は恥と思わずその旨をきちんと公表すべきである。

 六カ国協議は取り仕切る中国に責任の自覚を求める

 北京はこれまでたいへんうまく取り込んできた。あるときは問題解決に貢献する面もあったが、あるときは問題解決の障害にもなってきた。アメリカ国務省はこのような中国の無原則かつ曖昧な対応を批判せず、それをよしとして満足してきたのである。いまの対話による北朝鮮非核化交渉が失敗すれば、結果的に中国は大きな代償を払うことになるであろう。またもし北朝鮮が完全核装備国になったとすれば、中国はさらにはるかに大きな危険を抱え込むことになるであろう。このことを理解して初めて、中国に対する米国の協力がよりいい結果をもたらすもに鬼なりうるであろう。中国が北朝鮮による核の脅威を軽減することが自国の利益であるとはっきりと認識すれば、中国は金正日体制を残しておいていいのかどうかという問題にも、強力かつブレないようになると期待できる。
 
 韓国政府の宥和政策に惑わされていないか?

 アメリカの北朝鮮政策は重大な交代を余儀なくされた。それは2002年の韓国大統領選挙である。その結果韓国では新サヨクの学者および活動家が韓国の安全保障政策に多大な影響を与えた。韓国国防大臣は「もはや北朝鮮は主要な敵国ではない」という驚愕すべき声明を発している。
 韓国は既にアメリカの同盟国離脱の過程にある。韓国をほど星統一を図らんとする北朝鮮と国境を接し、リベラル和平理論の政策遂行をしながら、自己の安全は安保条約で前線防衛は米軍に任せている・・・・。なんという不自然な関係であろうか。これこそ「朝鮮半島第二の危機」と呼んで言いすぎでない由々しき事態である。
 アメリカとは安保条約を維持しながら、一方では北の脅威はないと宥和政策を進める韓国と付き合っていくのは並大抵なことではない。しかしそれはどうにもならないという課題ではない。

 北朝鮮問題に対する、韓国の世論の激しく二極化している。しかも数の上でも世論はまさに真っ二つに割れている。しかも現政権の評価はけっして高くない。韓国の南北融和派との融和を図るのではなく、彼らの頭越しに韓国国民に訴えて韓国の親米派との連帯を強化して行くほうがいい。そのほうがおかしな連中をまともにするために有効である。

 北朝鮮の核脅威減には外交交渉以外の戦略も用意すべき

 北朝鮮との外交交渉による核問題の解決は成功しなくてもけっしておかしいことではない。その場合に備えて別の戦略を用意しなければならない。まことに逆説説的な話ではあるが、外交交渉によらぬ解決を模索すればするほど、外交交渉の成功の確率が高まるというのが対北朝鮮交渉の特徴である。

 北朝鮮に非共産主義政権を擁立する計画を準備しておくこと

 あまりにも長い間米国だけでなく、他の諸国も金正日政権が消滅したら現実にどうなるか・・・そんなことはあるはずがないという前提出行動してきた。そうではなく、北朝鮮のポスト金正日への体制移行にアメリカは積極的に関与するのだという考えでアメリカの政策は策定されるべきである。このことは同盟国、関係国と協調して成功の可能性を高めリスクを軽減を図らなければならない。これはたいへん微妙かつ危険な要素を含む問題なのである。自由な民主的な非核の統一朝鮮への道は不確定要素だらけである。しかしいくら難しいとはいえ、この道筋は朝鮮半島の人民のためでなく近隣諸国にとっても最善のものであることにまったく疑義はない。

 ブッシュは後世に政治的遺産を残せるのか?

 第二期目に入るブッシュ大統領が対北朝鮮政策を考えるとき、彼の業績評価を高めるより落とす可能性が十分にある。ケリーは選挙の争点の一つとしていい点を突いてきた。北朝鮮問題はブッシュの四年間はその前に比べ悪化しているという点である。ケリーの言うことは正しい。ブッシュ政権の要人はみな、クリントン政権は国際テロの脅威を拡大したとして激しく非難する。それは正しい指摘ではあるが、いまの北朝鮮の脅威が四年前の北朝鮮の脅威より大きいとすれば、それはほかならぬブッシュ政権が残した政治遺産(負債)にほかならない。歴史は悪い遺産に対して甘い評価をすることはないであろう。ブッシュよ、自覚するがよい。」

 以上が趣旨ですが、この論文、これからの米国の北朝鮮政策に大きな影響をもつものと考えられます。       
(TK生、世田谷)


(宮崎正弘のコメント)貴重なご労作、御翻訳ありがたく、しかも、この論文は大変参考になります。AEI(アメリカン・エンタプライズ・インスティチュート)はなんと言っても「ヘリティジ財団」(保守最大のシンクタンク)とならんで、ブッシュ政権へ高官を多数送り込んでいるシンクタンクでもあり、その発言力も強大です。
           ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
◎宮崎正弘の新刊本◎
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html
    ♪
◎宮崎正弘のロングセラー◎
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
http://www.m2j.co.jp/market/books.php(←同書の書評があります)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)ほか
http://www.bk1.jp/author/110000964320000.html
↑このサイトからも上記の本の注文が可能です(1500円以上は送料無料)。
         △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
●これからの拙論
 ?「フランスと中国の急接近――孫子とマキャベリの失楽園」(『月刊日本』12月号。発売中)
 ?「中国経済、五つの暗部」(『WILL』創刊号、26日発売)
 ?「中国で頻発する農民暴動の本質」(『自由』正月号、12月10日発売)
 ?「孫文に裏切られた日本人たち」(『産経新聞』11月29日より六回連載)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘のホームページ
 http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。