国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/11/18

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)11月18日(木曜日)?
       第966号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 温州商人の地下ファンドのネットワークが華南全域に増殖中
  国有銀行から預金者が大量に「グレィ・ゾーン」逃げ出している
****************************************

 中国の金融犯罪の捜査当局は、2004年九月までに「地下銀行」といわれる闇の金融業者86行を摘発した(「北京娯楽報」、11月3日)。

 とくに当局が目を光らせたのは違法な外貨売買行為、摘発された不正金額は数十億人民元に達し、捜索に際しては五千万元のキャッシュと、290もの「通帳」(その記載総額は三千万元)を押収、すべての口座を凍結して合計194名を逮捕したという。

  しかし右の数字は氷山の一角にしても少なすぎないか。

 当局は「せっ江省だけで、二月から今日までにおおよそ十二億ドルに匹敵するカネが引き下ろされたとしている」(『TIME』、11月22日号)。
 せっ江省と福建省の二省を眺めても、昨年秋口から数百万の口座が解約され、民間の地下銀行へ流れ出した。地下銀行と言っても日本のようにマフィア絡み、暴力団金融ではなく、中国ではいまのところ禁止されている私設銀行という意味である。

 民衆は不良債権が肥大化する一方の四大銀行をまったく信用しておらず、闇の“銀行”、各地の伝統的な「講」、海外への不法送金が中心の地下銀行、そして昨今流行の「私募債ファンド」へカネを移し替えている。
 後節にのべる「プライベートバンク」も店開きしている(四大銀行とは中国銀行、中国工商銀行、中国建設銀行、中国農業銀行である)。

 いまのところ表面的に禁止されている「私募債ファンド」がひょっとして近いうちに中国では認可されそうと人々が騒ぎ出している。
 
 人が都市へ流れ込むのは「民工潮」。それならばカネが国有銀行から私設銀行へ流れ込むのを新造語であてれば、「民銭潮」?

 なぜなら銀行より地下銀行のほうが預金利息が良いからで、単純明快。銀行は2%しか利息が付かないが、町の銀行では6%からの利息がつく。

 地下銀行の貸し出しレートは14%−15%の間で変動している。インフレが4・5%。ちなみに政府系銀行の貸出金利は6%内外。インフレ率より利息が高くなければ庶民は銀行にカネを預けはしない。
 民間企業は、こうした灰色ゾーンの銀行を気楽に利用する。

 中国ではどのみち、ベンチャーも民間企業も国有銀行からカネの貸し出しを受けられない。庶民から集めた預金はごっそりと赤字の国有企業への貸し付けにまわされ、不良債権は次々と膨らんでいく。
 だからレストラン開店資金、工場の運転資金、はては屋台の開業資金にいたるまで、庶民はこうした講が発展したような「私設銀行」を利用する。政府もほぼ黙認するのは、カネが流れなければバブル経済の破綻が目に見えているからである。
 まさに中国的智慧の「上に政策あれば、下に対策あり」だ。

 十年ほど前まで、これほど地下銀行がおおっぴらなことはなかった。今や、どれだけの規模なのか、民衆の末端まで気軽に地下銀行を利用するので実態はつかみにくい。

 中国には古来より「講」の伝統がある。
 庶民は住宅の修繕費用とか、子供の入学資金とかを銀行でローンを組むのが難しいために近所の人をあつめて「講」を組織する。日本でも戦後しばらく向こう三軒両隣の時代に全国津々浦々にあった。
中国では、日本流の「消費者金融」はまだ本格化していない。
 
 マンション購入、クルマの購入は三年ほど前までローン制度が普及していなかったので、一括キャッシュ買いが常識だった。親戚中から借りてくるのだ。
 そうした要因が重なって地下銀行が大繁盛を極め。その元締めが不動産投機で稼ぐ新興財閥の温州集団である。

 中国各地、どこの都市へ行ってもせっこう省商人のアーケードやショッピングセンターがある。「せっ江財閥」は嘗て蒋介石利権の代名詞ともなったが、そのイメージを付帯させるため、全土では嫌われ者だが商売のうまさには誰もが脱帽する。温州商人はその代表格である。

 もっと大がかりなのが新冨人を対象としてプライベートバンク。アラファトや世界の独裁者専用ではなく、かなり公然と行われている。

 上海、北京、広州などではバンカメもシティバンクが店開き、外貨預金を取り扱っている。北京、上海では金持ちを対象に秘密の金融セミナーが開催され、米国から専門家がやってきて講座を開催している。
豪邸にくらし、ベンツを乗り回し、毎晩ナイトクラブへ通う超リッチな種族を相手にプライベートバンクを紹介しているというから驚きである。
 
 三月から六月までの三ヶ月間、中国は「外貨準備高」を発表しなかった。膨大な外貨が海外へキャピタル・フライトを続けていた。

 それさえ叶わぬ庶民のカネは銀行を嫌って私設ファンド、地下銀行へ一斉に流しているのである。
 中国の不良債権問題、表面的な数字を鵜呑みにしてはいけないだろう。
● ○ ● ◎ ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(お知らせ)小誌は明日19日付けより24日まで海外取材のため休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(読者の声1)中国潜水艦事件は一応 遺憾の意の表明で 一件落着(?) となりましたが、事件発覚後後、駐日中国大使王毅は「朋友」二階議員のグループに所属する某議員主催の和歌山の勉強会に行っていた・・・。
この問題を語るときは、以下の 江沢民記念碑建設批判のサイトをリンクして記憶に残すようにしたいですね。本当にこの人なにを考えているのでしょうかね。
 http://www.tamanegiya.com/nikai.html
           TK生、世田谷)


(宮崎正弘のコメント)江沢民は上海の豪邸で優雅な半隠退生活ですが、サピオが今週号か先週号で、この江沢民豪邸の写真撮影に成功しています。中国の民衆から完全に浮き上がった存在、まもなく粗大ゴミ。そういう中国の厄介者を検証するって、アホとしか言いようがないんじゃありませんか?

   ♪
(読者の声2)日本政府は中国の遺憾の意を表明だけで、幕引きするのでしょうか?「謝罪」はどうなってしまうのでしょうか?
         (YK生、秋田)


(宮崎正弘のコメント)瀋陽総領事館の脱北家族事件のときは、日本が「主権侵害」をされてもうやむや、北京は遺憾の意を表すどころが、「日中友好に亀裂がはいるのは如何なモノか」と強弁の限りをつくし、挙げ句に中国人の日本の観光ビザを撤廃せよとか、好き勝手なことを言いだした。
 外務省は曖昧模糊とした着地点を設定し、時間稼ぎに挙げ句に幕引き、日本の主権侵害を正面から問うことをしませんでした。
 今回も日本は北京のいった「遺憾の意」(それも誠意のかけらもない態度で)だけで、目の前のAPECでの首脳会談を演出したいが為の外務省の説得にまけて幕引きです。おりしも村山富市は北京で唐家旋胡組員と会見していました。売国奴的な「謝罪」をしたら、北京では国賓待遇を受ける?
 やはり「敵は内部にあり」ですよ。
 ちなみに中国語の「謝罪」と「遺憾」は日本のニュアンス同様で、決して「謝罪」ではありません。


   ♪
(読者の声3)はじめまして、いつも興味深く拝見しております。読むたびに「そうだったのか」と思い知ることが多く、大変勉強になります。先生の世界を見る目が幅広いことにただ驚くばかりで、これからもずっと読み続けたいと思います。
 さて世の中知らずの私ごときが甚だ失礼な物言いであるとは十分承知の上これを書いておりますが、18日付965号のアイリス・チャンの記事において、気になる箇所がありましたので指摘させて頂きます。
 アイリス・チャンが死亡していた場所はサンディエゴ郊外ではありません。サンディエゴはカリフォルニアでも南の端の方に位置しております。彼女の車があった場所はサンタクララ・カウンティ(郡)で、北カリフォルニアと呼ばれている地域ですシリコンバレーですね。どこの郊外かと言えば、しいて言えばサンノゼ郊外ということになりますが、正確にはロスガトスという町です。サンノゼの南に位置します。彼女はサンノゼに夫と子供と暮らしていたそうですね。地元の大学などから呼ばれて講演をしたこともあるが、あんないんちきジャーナリストを連れてきたのは誰だと後で非難轟々だったとか。
 カリフォルニア全体に言えることだと思いますが、特にシリコンバレー周辺、サンフランシスコなどは中華系民族が一大勢力を築いていることは先生もよくご存知だと思います。私もこの春まで何年か暮らしておりましたので彼らを観察する機会にも多く恵まれましたが、中国人は何事もはっきりと自己主張します。多少論理が破綻していても。
ここだけを見てもアメリカと言う国は中国人にとっては生活し易い国なのではないか。いかにも日本人的な自分は多少うらやましく思ったこともありました。
       (FI生)


(宮崎正弘のコメント)場所を読み飛ばしました。頭の中にサンノゼとあるのに、ついうっかりサンディエゴと打ってしまった単純ミスですが、危ないところでした。
 工藤雪枝さんも、この近くで講演したところ逆にアイリスチャン支持の中国人留学生に取り囲まれ、一時は身の危険さえ感じた、と言っていました。小生は何年かまえにUCLAバークレー校舎へ或る作家を訪ねたことがありますが、いやはや、ここは左翼のメッカ、リベラル過激派の巣窟でした。ご指摘有り難う御座います。


   ♪
(読者の声4)ご存じと思いますが、貴誌の書評が、西尾幹二先生のHPに転載されております。
 http://blog.livedoor.jp/nishio_nitiroku/
             ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(お知らせ)小誌は明日19日付けより24日まで海外取材のため休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
◎宮崎正弘の新刊本◎
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
 ご予約を頂いた皆さん、有り難う御座います。サイン入りの拙著は11月20日から22日までに佐川急便にてお手元に届く予定です。
    ♪
◎宮崎正弘のロングセラー◎
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円)
http://www.m2j.co.jp/market/books.php(←同書の書評があります)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『ネオコンの標的』(二見書房、1600円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)ほか
http://www.bk1.jp/author/110000964320000.html
↑このサイトからも上記の本の注文が可能です(1500円以上は送料無料)。
         △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘のホームページ
 http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。