国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/11/12

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)11月13日(土曜日)
          第955号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
テロリスト元祖=アラファトを礼賛するのは異常ではないのか?
  アラブの本当の関心はスイスに隠した40億ドルの資産の行方だが。。。
****************************************

 アラファトが死んだ。スイスに隠した40億ドルと見積もられる資産は、海外の援助をアラファトが独占したもので、本来はパレスチナ民衆のものである。

 それを攻撃できないのでパリへ逃げて豪勢な生活に明け暮れたサーハ夫人を批判する流れとなっているが、アラファト個人への非難は、いまのところない。

 口座番号を夫人にも明かさず、アラファトが逝ったとすれば、一番喜んでいるのはスイスの銀行家?

 米国は90年代初頭までアラファトを「テロリスト」と呼んでいた。ちなみに南アフリカのマンデラも前夫人はテロリストの黒幕だった。

 アラファトは「集金」目的で何回か日本にも来たが、羽田へ降り立ったときにピストルを預かると言った日本の警備当局におこり、空に二発、ぶっ放してからピストルを渡した。これは日本の法律違反であり、逮捕も可能だったのに、あろうことか、それからアラファトは天皇陛下に拝謁したのである。

 チャイナ・スクール同様に外務省にはアラブ(油)ロビィが暗躍しているのである。
      
 さてPLO議長の後継は、アッバス前首相が暫定的に就任したが、かれは穏健派であり、こんご主流のファタハ、過激派のハマス、ヒズボラ、イスラム聖戦機構(ジハード)、ここに加えてマルクス主義セクトやらアルカィーダの秘密細胞やらをなだめ、統一してゆくのはたいそう困難をともなうであろう。
 
 当面予想されるのは激しい内ゲバであろう。
       ○◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
<<宮崎正弘の近況>>

(某月某日)毎日、愉しく読んでいるユニークな新聞『フジ・サンケイ・ビジネス・アイ』だが、その日の朝、浜田和幸氏の論文が掲載されていて、なかに「ヴァーチャル兵士」に言及した箇所を読んで思い出したことがあった。
 世界的再編をめざす米国のペンタゴンの予算は5000億ドル近いが、そのなかの研究開発費とプロジェクトの内容を詳述しながら、浜田さんは遺伝子など個人の健康データを記憶するハイテク肌着やら、完全にロボット化する兵士の研究にペンタゴンは余念がないという。
82年に拙著『軍事ロボット戦争』(ダイヤモンド社、絶版)を上梓したときのこと。要するに日本は近未来の戦争がロボット化していくとすれば、ハイテクに優れる日本は兵器の無人化、精密化などにより比較優位に立てるとした防衛論だった。
23年後の今日、この議論は珍奇でも新奇でもない。
当時、拙著は「軍事評論家」の多くから「漫画の世界だ」と言われて、あまり芳しき評価がいただけなかったのだが、「宮崎さん、あれは面白い」と言ってくださったのが永野茂門氏(直前まで陸幕長、のちに参議院議員、法務大臣)だった。
一週間ほど前に加瀬俊一氏のお別れ会でばったり永野氏に邂逅したので、「北京の人民抗日戦争記念館へ行かれた、と聞きましたが?」と水を差すと「あそこの展示はデタラメばかりで、連れて行った日本の議員らにどこがどういう風に間違っているが、展示を見ながらずぅーと説明した」と相変わらず意気軒昂だった。売れっ子評論家の浜田氏は嘗て永野さんの政策秘書を務めた英語の達人でもある。


(某月某日)久しぶりに新宿で所用があり、職安通りのコリアン・ストリートを歩く。
 嗚呼、外国にいるような独特の異国の街角を歩いている雰囲気。驚くことばっか。韓国流のレストラン、食材店、ハングルの新聞雑誌。おや、冬のソナタの主演男優なんとかのポスターも幾種類か売っている。団体観光客がバスを連ねて見学と食事に来ている。
(どうも新名所となったらしい)。
以前、この場所の一等地にあって、呉善花さんが招待してくれた「大使館」という焼き肉バーベキュー料亭の二階はバルコニーになっている。夕刻、そこで友人らと食事。骨付きカルビを七輪で焼く。辛いキムチ、原始的な葉っぱ、まるごとのニンニク、唐辛子ミソ。食べながら汗が噴き出してくる。客は日本人が多いのもエキゾチックな雰囲気を愉しみたいからか、意外に若い女性のコンパも、幾組か見受けられた。
 韓流、意想外の場所でも大ブームというわけか。

(某月某日)多士済々のつどう平河サロン。元三菱商事NYにいた奥山篤信氏の主催する会だが、その日は元三菱常務横瀬一郎氏が講師で呑みながら石油の話を聞く。
 随分と資源戦略で日本のふがいなさがわかる。小生は遅れて駆けつけたのだが、レジメをみてびっくり。単行本一冊分くらいの分量があった!
参加者28名のうち、どういうわけか9名も女性がいる。元総理秘書、議員秘書、元議員、学校経営者など。浜田麻記子、工藤雪枝女史らの顔もあった。


(某月某日)亡父三回忌、生まれ故郷の金沢へ。新潟中越地震のため越後湯沢から直江津へ繋がる「ほくほく線」はながらく運転休止だった。小生が行く前日に運良く再開した。途中、十日町あたりで、広告塔がひしゃげている。被害がこのあたりまで及んでいる事実が分かる。
 越後湯沢から長岡へは新幹線が止まっているため、臨時バスで繋がっているが片道二時間半となると、長岡へいくのも考えこんでしまう。親戚の一軒は長岡で被災し、収容所暮らしだったが、ようやく自宅へ戻れたようだ。配偶者も所属する新潟県人会は連日、駅頭で見舞金募集義捐活動を行ったが、町を行く人の理解と同情心は深かった、と聞いた。
 小生の故郷・金沢は小春日和に恵まれ、東京より天気が良い。防寒コートが不要だった。息子夫妻は奥能登を廻って合流し、金沢名物の近江町市場で蟹をかってきた。夕方、老いた母親、弟一家と合流し、合計十人で賑やかに食事。
翌日昼前からの法要のあと、小生一家はすぐに小松空港へ。わぁっ。夕方の東京行きANAは満員。もちろん、早めに予約していたから我々は搭乗できたけれど、日曜夜に学生、出張帰り、単身赴任組などの帰京組が集中している事実がわかる。
今回も慌ただしき帰郷だった。
        ◇ ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)アイリス・チャンが自殺しました。 
今年は日本の対中謝罪外交の終わりの始まりの年だと思うのですが、その時期に起きた彼女の突然の自殺は、何か一つの潮流の終わりを意味しているのかもしれないと思うのですが。 
         (MK生)


(宮崎正弘のコメント)良い方向への転換点をなればいいのですが、第二、第三のアイリス・チャンがでてくる可能性のほうが大きいでしょう。在米チャイナタウンにおける反日教育も民主党リベラルと組んで、議会への影響力を狙っていますから、楽観的状況にはありません。


   ♪
(読者の声2)冷え込んだ日中会談があるから、事を荒立てず国籍を特定することなくうやまやにするとは、これでも日本は国家でしょうか?
まさに暴力団に蹂躙されてもヘコヘコする飲み屋街の卑屈さと変わらない日本政府。一体日中が冷え込んだのは誰のせいなのか、不当な靖国干渉、不当な反日運動、不当なEMZ盗掘全て中国側である!その上領海を侵犯され、諂うとは、三人の侍の農民根性を思い出す。ますます今後中国の横暴を許すことになる。橋本が北京でうろうろしているようだが、また陰で脅迫されているのではないのか? これでは私たちは日本を国家として誇りに思うことはできません。中国の朝貢国家としての属国と変わりません。     
        (愛国者)


(宮崎正弘のコメント)政治冷却経済熱気(政冷経熱)、財界代表団は重ねて訪中し、新幹線プロジェクトをもぎ取ろうと、とうとう「小泉は靖国へ行くな」と大合唱を始めました。代表は小林陽太郎氏。心理的に日本を操作しようと財界と文化人、マスコミの浅はかな連中を「第五列」に駆使しているわけですから、北京の高等戦術は舌を巻くほどです。
 愛国者は少なくなりましたね。
          ○◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 △  △  △
  宮崎正弘の新刊! 『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
11月27日発売! (税込み1575円)
 
 予約購読者には“三大特典”つき
   *************
 (1)著者サイン入り
 (2)送料無料、発売前日までに佐川急便でお手元に届きます
 (3)振込手数料不要(送金は到着後、なかに挿入された振込用紙で郵便局から送金)

<<内容の一部>>
○ブッシュ大統領再選で、アメリカの世界戦略は変わるかーー米軍の世界的な再編・変革(トランスフォーメーション)は北朝鮮の危機にまにあうのか?
○イスラムテロは何時まで続くのかーー世界は「イスラム・ブロック」で鮮やかに二分される?
◎ 日本は国連の常任理事国になれるのか? モンゴル、印度、ミャンマー、フィリピンなどに異常な梃子入れを始めた中国はインドの常任理事国入りを本気で支援
◎金正日独裁はいつごと潰えるのか? そのとき中国はどうでるのか?
○ドル陥落、円暴落の日が近いーー史上空前の暴挙=「双子の赤字」をファイナンスする日本の愚かさ
◎イラク戦争と石油戦略の誤算
◎ロシアから日本へのパイプラインは信憑性があるはなしか
○ヘッジファンド化する銀行業界の近未
◎「9・11テロ事件」から国際政治のパラダイムがかわった
    ▲  ▲
 申し込み方法は簡単です!
 @@@@@@@@@@@
 ?「宮崎新刊」と書かれ、お名前とご住所(郵便番号も併記)、お電話番号を下記へメールしてください
  eigyo@namiki-shobo.co.jp
 ?それだけで手続きはおわり。本が到着後、挿入されている振込用紙でお振り込み下さい(振込手数料無料)。
           ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       ♪
◎三島由紀夫氏追悼「憂国忌」◎
http://www.nippon-nn.net/mishima/
 今年も11月25日、三島由紀夫氏追悼会「憂国忌」を下記要領にて開催します。三島由紀夫氏の訴えを通して祖国の未来を熟慮する機会にしたいと存じます。
         <<開催要項>>
とき         11月25日(木) 午後5時半開場 6時開会
ところ        九段会館・真珠の間(地下鉄九段下駅下車1分)
記念講演       井川一久氏(元朝日ジャーナル副編集長)「三島由紀夫と保田輿重郎」
会場分担金      2000円
 ?事前のお申し込みや予約、チケット等は必要ありません。当日、直接会場までお越し下さい。どなたでも参加できます。
?追悼会終了後、午後7時40分ごろより同階館三階「翡翠の間」において発起人の先生方を囲んでの直会を予定しています。別途会費3000円となりますが、こちらの方にも是非ご参加ください。
?なお憂国忌実行委員会では当日、お手伝いして下さるボランテァを募集しております。志望の方は下記までご連絡を下さい。
TEL/FAX 03-3200-2295 miura@nippon-nn.ne
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<PR>>
◎宮崎正弘のロングセラーズ◎
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円税込み)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1500円+税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)ほか
http://www.bk1.jp/author/110000964320000.html
↑このサイトからも上記の本は注文が可能です(1500円以上は送料無料)。
         △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘のホームページ
 http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。