国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/11/12

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)11月13日(土曜日)
        第954号  臨時増刊 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 並木書房からのお知らせ
 ***********
 宮崎正弘の新刊!
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
11月27日発売!

 ♪ 予約購読者には“三大特典”つき
 (1)著者サイン入り
 (2)送料無料、発売前日までに佐川急便でお手元に届きます
 (3)振込手数料不要(送金は到着後、なかに挿入された振込用紙で郵便局から送金)

<<内容の一部>>

●ブッシュ大統領再選で、アメリカの世界戦略は変わるかーー米軍の世界的な再編・変革(トランスフォーメーション)は北朝鮮の危機にまにあうのか?

○イスラムテロは何時まで続くのかーー世界は「イスラム・ブロック」で鮮やかに二分される?

◎ 日本は国連の常任理事国になれるのか? モンゴル、印度、ミャンマー、フィリピンなどに異常な梃子入れを始めた中国はインドの常任理事国入りを本気で支援

◎金正日独裁はいつごと潰えるのか? そのとき中国はどうでるのか?

○ドル陥落、円暴落の日が近いーー史上空前の暴挙=「双子の赤字」をファイナンスする日本の愚かさ

◎イラク戦争と石油戦略の誤算
◎ロシアから日本へのパイプラインは信憑性があるはなしか
◎“禿鷹ファンド”は中国企業も買収中
○ヘッジファンド化する銀行業界の近未来
◎人民元の切り上げはあるか、それは何時か?
○サイバー・テロと超限戦の実態――ビンラディンは核兵器を入手した
◎「9・11テロ事件」から国際政治のパラダイムがかわった
◎ 十年後、イスラエルは存在しているか?
    ▲  ▲

 申し込み方法は簡単です!
 ?「宮崎新刊」と書かれ、お名前とご住所、電話番号のみを下記へメールしてください
  eigyo@namiki-shobo.co.jp
 ?それだけで手続きはおわり。本が到着後、挿入されている振込用紙でお振り込み下さい(振込手数料無料)。
           ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。