国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/11/01

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)11月1日(月曜日)
      臨時増刊 号外
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 中国の山奥で十万人の大暴動が発生
 四川省のダム建設現場で死傷無数、通信が途絶中
***************************************

四川省の漢源県で10月27日から29日にかけて、中国共産党が権力を握ってから「史上最大」の暴動が発生したもよう。

現場は33萬キロワットの水力発電所を建設中で、農地を耕す地元農民にくわえ、10萬人前後の移住労働者がいる。
最初は、地元の共産党幹部が強制収用した土地の補償に不満を抱いた数万の農民が「強制収容反対」「腐敗幹部追放」「毛沢東万歳」を叫んで政府ビル前に座り込み、これに暴力的鎮圧で警官が対応したため、一人が死亡し、多数が負傷した。

農民側は犠牲者を追悼し、翌日、翌々日と連続で「汚職役人打倒」と叫んでデモ行進を展開した。

これに地元の学生数万人が加わり、政府ビル、学校、商店が閉鎖された。 警官隊と衝突が繰り返され、数十名が死傷(大紀元、11月1日付け)、地方政府は近くの軍にも応援を頼んだ。病院は負傷者で溢れかえっている、という。

農民の生活は絶望的で、くわえて地方政府は農民から吸血鬼のように税金を搾り取るため、つねにささくれだった雰囲気に包まれていた。
ダムの建築現場では労働賃金の不払い、三ヶ月延期払いが状態のため、建設現場の不満も充満していたという。

現在、地域の学校は休校となり、商店は全部閉店している。通信網が切断され、水道、電機も止まっているため、これ以上の詳しい情勢は11月1日午後三時現在、入っていない。
 ○ ◎ ○ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎三島由紀夫氏追悼「憂国忌」◎
http://www.nippon-nn.net/mishima/
(↑このサイトに詳細があります)。
とき   11月25日 午後6時(五時半開場)
ところ  九段会館三階「真珠の間」(地下鉄九段下下車徒歩2分)
記念講演 井川一久氏(元『朝日ジャーナル』副編集長)
演題   「三島と保田興重郎――日本浪漫派をめぐって」
どなたでも参加できます。 
会場分担金 おひとり2000円。
     ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◎宮崎正弘のロングセラーズ◎
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円税込み)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1500円+税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)ほか
http://www.bk1.jp/author/110000964320000.html
↑このサイトからも上記の本は注文が可能です(1500円以上は送料無料)。
         
◎宮崎正弘の近刊予告◎
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房から11月下旬発売)
近く予約読者への特典をこの欄で発表します!
         △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘のホームページ
 http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。