国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/10/21

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)10月21日(木曜日)
     通巻 第934号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
中国から巨額の不正資金が海外へ逃げ出している
   四大銀行は中国人の金持ちからも見向きもされなくなった
****************************************

 中国人民銀行営業管理部編纂の「北京の内外商業銀行競争力比較調査研究報告」という機密文書が、いま北京の銀行業界トップに閲覧されているという。
このレポートは「外国資本が騰勢をみせる一方で、国有四大銀行が明確に劣勢にある」事実を克明に詳述しているというのだ。

 総合競争力ランキングで、はやくも中国資本の銀行が上位から姿を消している。

直近の調査で北京におけるエクサレント・バンクの筆頭はチャータード銀行北京支店、二位はクレディリヨネ銀行北京支店、三位は華僑系の匯豊銀行北京支店、四位も同系、東亜銀行北京支店、五位がチェ−スマンハッタン北京支店、そして六位はシティバンク北京支店だった。

 中国資本でトップは、ランキング13位につけた「招商銀行北京支店」、つぎに中国資本で顔をだすのは20位にでてくる「民生銀行北京管理部」。

なんと四大国有銀行は34位から37位までの最下位に並んだ。中国工商銀行、中国銀行、中国建設銀行、中国農業銀行の順だった。

四大銀行の貸し付けは全土で82%、北京でのシェアでも70%。
国際的競争力、経営ノウハウと蓄積、顧客の質、取締役の透明性と健全性などで、明らかに国有銀行は見劣りがする事実が浮かぶ。

一方で「闇金融」の実態と海外へのキャピタルフライトの一端が明るみにでた。
日本同様に、ここでも「中国版」の禿げたかファンド、投機グループの存在がある。

口コミや幇(マフィア)のコネクションを通じて、米国から投資顧問が北京に派遣され、金持ちを集めた秘密のセミナーが開講されている。

 とくに膨大な「裏収入」の共産党幹部、政府高官、国有企業トップらが、これらの顧客で、推薦される金融商品は「外国為替関連」、「米国株」

無許可の「プライベートバンキング」も猖獗を極める。富裕層を顧客にして、最低投資額は50万ドル。
業務範囲は顧客の巨大な資産管理、買収合併の提案や指示、さらには顧客にかわって骨董品をオークションにかける。

中国はWTO加盟により、2006年末に外資金融機関に個人銀行の業務を開放することになる。その合法化が待てないのである。

 中国国民の個人財産は蓄積されており、2003年第3四半期末時点で個人金融資産は35億元に達したとする統計もあるが、マッケンシー社によれば「10万ドル以上の預金がある中国家庭は120万戸」という。

また「The Asian Banker」(02年8月)によれば大都市居住の約25万人が185億ドルの外貨を保有し、北京、上海、広州、深セン在住の資産家で、全中国の外貨預金総額の60%を保有しているそうな。
拝金主義のつけは、こういう形でたまっていた。
           ◎ ○ □ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)一体どういう手段でキム・ジョンイルが韓国政界を壟断したのか知りたいところです。まさに韓国版文化大革命ですね。だが韓国人のDNAから必ず振り子はまた逆に大きく振れるときが来るのでしょう。極端から極端ですからこの人種は!
 パク・チョンヒの娘もだらしないですな。あれじゃ親爺の面汚し。
朝鮮やシナとはbenign neglectの付き合いが一番です。だから僕は大アジア主義を唱える現代の右派、頭山の流れ、など絶対反対なのです。明治のころの岡倉天心の時代とは時代の背景がことなる。福澤先生の脱亜ですよ日本は!徹底的に欧米と一体化するのが日本の道と思うのです。三島由紀夫先生にどつかれるかもしれませんが(笑い)。
黄文雄先生の『華禍』(ワック出版)も読みましたが、勿論先生のご主張も含めてですが、シナ人が結局環境面、悪徳面でこの世界の人間を滅亡させるのではないでしょうか?ゴキブリが一番繁殖強い虫であるように,まさにゴキブリがシナ人のこと。犯罪人浮浪者など恥を知らないゴキブリ人海戦術で日本はおろかヨーロッパアメリカも数の力で圧倒しますよ。インド人と異なり宗教がない倫理のないシナ人は結局家畜と同じ動物でしかないのでは?
ヨーロッパのルペンやオーストリアのあの美男子がシナ人排斥で大声を上げてくれたらよいのですが。
日本もゴキブリ、不良外人の徹底的防疫体制を敷くべきです。スパイ防止法国家反逆罪を制定せねばなりません。この期に及んで、いまだ外国人参政権を唱える政治家諸君はどんな頭の構造なのでしょう?
   (AO生、世田谷)


  ♪
(読者の声2)20日付けの『読売新聞』の記事を見ていると、中国も(庶民の不満が)爆発寸前なのかと思われますがいかがでしょうか?
 「路上口論、1人のウソが発端…重慶で数万人が大騒乱」とした「読売新聞」の記事を以下を引用します。
「【香港=関泰晴】20日付の香港紙「明報」によると中国中部の重慶市で今月18日「市民が政府当局者に殴られた」とのうわさが広まり、市民数万人が政府庁舎前を包囲して抗議したうえ、警察車両を焼くなどする騒乱が起きた。
    警察当局はゴム弾や催涙弾で鎮圧し、騒乱は19日未明に収まったという。
    同紙などによると地元の労働者同士が路上で口論となり、一方が相手を殴ったことが発端。殴った方は市場で働く労働者だったが、その場を逃れようとして「私は(地元政府の)局長だ」とウソをついた。これが市民の間で誤って広がったようだ。
   庁舎前を包囲した市民と鎮圧に当たった警官隊の双方に負傷者が出たうえ、少なくとも数十人が警察当局に拘束されたという。汚職のまん延など政府に対する市民の不信感が騒乱の根底にあると見られている。重慶の日本大使館出張駐在官事務所によると放火や略奪もあった模様だが、日本人の負傷者はいない」。(読売新聞10月20日19時51分更新)
         (TO生、平塚)


(宮崎正弘のコメント)やっぱり、そうか。「反日」は「反政府」の記号か、ってことが、いよいよ歴然となってきた事件です。不満の対象は深ければ深いほど怨念も深いのでしょうね。重慶には昼間から何も職がなくて、坂が多いので天秤棒一本で荷物はこびの手伝いをする「棒棒軍」を言われる事実上の失業者が20万人ほどおります。
 重慶はサッカーで「反日ブーイング」最初の地点。要するに相手が「日本」だと数百人のブーイングぐらいで矛を収めて終っても、汚職、腐敗となると市民数万人が騒ぐというポイントが重要だと思いました。
             ●▲●▲●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ◎
  三島由紀夫研究会「公開講座」の御案内
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@

中東・イラク、ロシア・チェチェンそして東南アジアでもイスラムのテロが荒れ狂っています。世界を震撼させるイスラムのテロですが、どうも欧米では「9・11事件」以来、無辜の民を無慈悲に巻き込むイスラムの自爆テロと我が国のかつての「神風特攻隊」を同一視する論調が目立ちます。そこで今回は、『特攻のレクレィム』で論壇に衝撃を与えた工藤雪枝さんをお招きし、三島由紀夫が「神風特攻隊」をどう精神史的に位置付けていたかを背景に、イスラムのテロリズムと日本の特攻精神の違い等々について。
                    記

日時    10月25日(月曜日) 午後6時半開場/7時開演
場所    大正セントラルホテル・3階大会議室【高田馬場駅前・ビッグボックス前】  
      http://www.taisho-central-hotel.com/
講師    工藤雪枝氏(ジャーナリスト・拓殖大学客員教授)
演題    「特攻のレクレェム−−無私の犠牲的精神について」
会場分担金 二千円
問い合わせ 3200-2295/ miura@nippon-nn.netまで
◇ ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<<PR>>>
◎宮崎正弘の近刊予告◎
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(仮題、並木書房から11月下旬発売)
   ♪
◎宮崎正弘のロングセラーズ◎
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円税込み)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1500円+税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)ほか。
       ◎ □ ◎ □ ◎ □ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘のホームページ
 http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。