国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/10/13

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
  平成16年(2004)10月13日(水曜日)
        通巻 第929号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 「西気東輸」プロジェクトに大きな疑問符
    4200キロのパイプライン工事は完成したが、買い手が不在
****************************************
 
 新彊ウィグル自治区の採掘現場から上海まで4200キロのパイプラインで天然ガスを運ぶ「西気東輸」の大プロジェクトは工事がついに完成、実験的な送輸にも成功した。

 このプロジェクトの総投資額は1400億元、パイプライン部分の工事だけでも540億元が注入された。

 ところが西側メジャー三社がこれから撤退して世界を驚かせた。「商業コスト」に合わない、というのが撤退の理由だった。

 それもその筈である。
 長距離運送コストが伴うのははじめから予想されていたわけで、輸送費平均が1立方メートルあたり0・88元もかかる(ちなみに現場コルラでの引き渡し価格は僅か0・48元(1立方メートル)、長慶天然ガス田では1立方メートル当たり0・66元だ)。
 平均輸送費が0・88元というのは東シナ海のガスそのものの値段に等しい。

 しかし共産党中央が決定した国家プロジェクトであるがゆえに、国有企業などには強制的に割り当てる。

 いまのところ正式に中国石油(プロジェクトの主体)とガス供給契約を締結した中国の企業は二十七社に過ぎない。予定よりはるかに少ないのはいかに国家プロジェクトとはいえ、コストが高すぎるからだ。
 
 中国石油の見積もりでは契約した二十七社へのガス供給量は毎年80億立方メートルで、プロジェクト全体の年間供給量は120億立方メートルある。

 契約を渋っているのは上海天然気管網公司、揚子―巴斯夫公司、浙江天然気開発公司など。
 なにしろ上海での販売価格は1立方メートルあたり1・32元、都市ガスが1・46元にもなるからだ。

 それというのも4200キロのパイプライン工事代金が距離別に課金されるため、西気東輸の販売形態は省毎に異なり、新彊ウィグルから一番遠い上海は輸送コストがそのまま上乗せされる。上海のユーザーが悲鳴をあげるのは当然であろう。

 現在、上海における、ほかの供給源からの価格は、発電用が1立方メートル当たり1・15元、工業用が1立方メートル当たり1・28元、都市ガスは1立方メートル当たり1・46元となっている。
 
 また東シナ海(尖閣諸島のものではない)で開発された天然ガスは供給地点で1立方メートル当たり0・88元。だから西気東輸のガスを買うはずがない。

 ましてやオーストラリアから長期契約で中国が輸入しているLNG(石油液化ガス)も遙かに安い。
 
 しかし当初から西側のメジャーが懸念した通り、これは軍事戦略目的のエネルギー確保であって、商業的採算を度外視したものだったのだ。
 上海など大消費都市は目の前の東シナ海で開発中のガスや諸外国からの輸入ガスより高いものを義務感からでも購入する義務はない、と言うわけだ。

 上海は都市ガスが普及した都市だ。
 これからもガスが必要だが、LNG基地の建設が進んでいるうえ、周辺の広東、福建、浙江、山東でもLNG基地建設プロジェクトが進捗、西気東輸プロジェクトに瀬を向けている。
 また火力発電へのガス供給も、価格面でまったく折り合っていない。

 嗚呼、鳴り物入りの世紀のプロジェクトは完成したのに!
          ◎ ○ ○ ○ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(おしらせ)地方講演のため明日10月14日付けの小誌は休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(サイト情報)10月6日に米議会に提出された旧フセイン政権時の大量破壊兵器(WMD)有無に関する調査団(チャールズ・ドルファー団長)の最終報告書とそれに関する米国務長官のインタビュー。
 1.WMD米調査団の最終報告書:"Comprehensive Report of the Special Advisor to the DCI on Iraq’s WMD,"30 September 2004:
http://www.odci.gov/cia/reports/iraq_wmd_2004/index.html
 2.Powell国務長官へのインタビュー:"INTERVIEW:Secretary of State Colin L. Powell By Warren Strobel of Knight-Ridder," October 7, 2004
http://www.state.gov/secretary/rm/36930.htm
        ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<PR>>
◎宮崎正弘のロングセラーズ◎
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円税込み)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1500円+税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)ほか。
      □ ◎ □ ◎ □ ◎ □ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘のホームページ
 http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。