国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/08/25

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
     平成16年(2004)8月25日(水曜日)
           通巻 第895号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 ミサイル関連輸出を「ならず者国家にはしない」という米中の約束は反故
       イランへ大量のミサイル輸出を北京が続行中
****************************************

 嘗て中国がNORINCO(軍のダミー武器輸出企業)などを通じて「ならず者国家」へ大量破壊兵器、および関連部品、技術を輸出していた。
 ことし五月にワシントンは中国企業五社を制裁した。

 911テロ事件以降、北京は米中関係緊密化、テロリズム対策への協同を約束した。ミサイル関連、とくに外装および誘導装置の「ならず者国家」への供与はしないとワシントンに誓約した(昨年12月)。

 23日付け「ワシントン・タイムズ」に拠れば、或る中国企業は最近もイランとパキスタンへミサイル関連物資の輸出を行った有力な証拠がでて、と報じた。

 CIAは企業名、部品の詳細の公表を控えたが、中国の約束破り、違反輸出行為そのものは複数の情報機関が確認した。

 米国下院の「米中経済および安全保障検討委員会」は「(中国による)ミサイル拡散、化学兵器減量など大量破壊兵器拡散の状況は深刻である」とした。
 
 同委員会のカロライン・バーソロミュー女史は、六月の公聴会で「中国は約束事をいつも反故にしてきた。武器の拡散、技術供与、人権蹂躙はいまも続いている」と証言。

 とくに過去に中国が約束を破って供与した武器にはCSSー8,DFー15などの長距離ミサイル、HYー1,HAYー2などの巡航ミサイル。シルクワーム、Cー201,Cー601,Cー801,Cー802などが含まれている。

 疑惑がもたれている武器のなかには、最近イランが実験をした「シャハブ3型」も中国からの技術供与らしいとワシントン・タイムズは伝えている。

 「また北朝鮮は中国の輸出関連施設などの援助を得て、第三国への武器輸出を続けている」と下院公聴会でバーソロミュー女史は証言をつづけ、「中国は『あれは地方企業のやったことで中央政府は関与していない』などと否定するが、インターネットの監視に30000名ものモニターを動員している国が地方企業の密輸を監視できないわけがない」と批判した。

 約束は信義に基づく行為である。信義のない国と約束をしても、意味がないことを米国は日本同様に知るべきではないのか。
 ◎ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)貴メルマガは毎回楽しみにしております。最近は静かに「読み手」に徹しております(微笑)。さて24日付けの「読者の声1」に関連して一言。石原慎太郎氏は『文芸春秋』9月号では次のように述べています。
『私はなんとかして天皇陛下にも、象徴なのではなく一人の人間として靖国神社を参拝して頂きたいと思います。それが実現すれば、その一瞬にこの日本で大きなものがはっきりと変わるに違いないと思うのですが。』(同号P101)。
ぶら下がりか記者会見の発言か小生はその発言内容について確認できませんが、同誌では『私人』とは云っていません。”私人”あるいは、”一人の人間”と云ったにせよ何れにしても石原発言は明瞭さに欠けていることは否めません。
戦後の占領軍憲法上の”象徴としての天皇”ではなく明治欽定憲法上の”元首にして統治権を総攬し、陸海軍を統帥する天皇”としての責任を踏まえてとの含意なのかと忖度します。天皇の靖国参拝が ”私人”や”一人の人間”の行為であるとすることは不可能です。無理です。 
石原氏は錯誤ではなく詭弁を用いています。 言辞を弄せずに「天皇陛下、靖国神社に参られ大東亜戦争に殉じた御霊を鎮め賜えられたし」とストレートにお願いすればいいのです
。それに対して天皇は、『四囲の状況が許せば慰霊の前に額づきたいと思う。その日が待ち遠しい』とご発言されれば『こと』は動くのです。無理でしょうか。
       (NH生、東京丸の内)


 ♪
(読者の声2)「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」(平成16年(2004)8月23日(月曜日)の「面妖なり、軍が党の顔色を窺うのならともかく、党が軍に阿諛追従」を拝読しました。
ご卓見。中国は日本が歩んだ道をたどっているのか、と。
         (SK生、東京神田)


 ♪
(読者の声3)貴誌8月24日版の(読者の声1)にあるAO氏の天皇陛下の靖国神社参拝はもっともなご意見です。
しかし一点、問題があります。天皇陛下は靖国神社へ行幸されることはあっても、参拝されることはありません。天皇陛下が靖国神社に祭られている英霊つまり臣下を参拝するわけがありません。スメラミコトとしてまた地上における皇祖皇宗の代表として英霊に対されるのですから行幸です。またそうでなければ、英霊も歓ばれません。
       (ST生、神奈川)
☆☆☆☆☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(おしらせ)来る8月30日午後10時からのTBSテレビ(BS放送、[TBS BS−i])の「ニッポンの真実」に宮崎正弘がゲスト出演。「中国問題」で一時間のトーク番組です。司会は月尾嘉男教授。もう一人のゲストは東海大学の葉千栄教授。
            □ □ □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆
◎宮崎正弘のロングセラーズ◎
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円税込み)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1500円+税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ネオコンの標的』(二見書房、1500円)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『胡錦濤 中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ、1460円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)
     □ ◎ □ ◎ □ ◎ □ ◎ □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能です)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。