国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/08/05

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)8月5日(木曜日)
          通巻 第877号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 中国のサッカー試合”反日”事件が意味するもの
   決勝戦は「反日暴動」化し、現代版「義和団事件」になる
****************************************

 義和団事件は攘夷感情の発露でもあった。
 ドイツもロシアもシナ人に対してじつに横暴であり、英米仏も中国に宣教師を派遣し、その裏では滅茶苦茶な蛮行を行い、無謀な植民地経営を続行しようとした。
  ドイツ兵とロシア兵は通州などで狼藉、略奪、暴行の限りをつくし、民家に火を放ち、女性を陵辱し、財宝を奪い尽くした。

 秩序だった軍、モラルの高い進出は日本だけだった。だから当時、中国の民衆は日本軍が入城すると歓喜した。

 
 ▲攘夷を政治利用できない中国の若者たちが問題なのだ!

ともかく「攘夷」だけを錦の御旗に掲げ、その後の展望のない義和団の乱は、指導者不在でもあったゆえに(もっとも西太后の第五列だから)、柴五郎が率いた日本軍の主導で義和団のゲリラは散々に蹴散らされた。

 素朴で無知蒙昧の大衆を扇動する中華ナショナリズムは、ときに暴走を展開する。
 それは独裁の恐怖から逃れようとする、部屋の奥へ押し込められた、悲壮な、それでいて擬制のナショナリズムだからである。

 日本の明治維新は尊皇攘夷だった。
 攘夷に燃える青年達が途中から倒幕へ路線を変更したように、もしあのときの義和団が”官製やらせ暴動”ではなく、たとえば洪秀全が率いた「太平天国の乱」のように長期的ビジョンを持った指導者が存在していれば、攘夷暴動はほぼ間違いなく中華攘夷、打倒清朝となる筈だった。

 中国の反日サッカー事件は「攘夷」を掲げる文脈からは義和団的暴挙でしかない。それは民衆の支持を得にくいであろう。民衆の願望は一日も早い民主化と共産党政治への決別であるのだから。
 攘夷が同時に倒幕となれば、革命は成就できる。

 サッカーから「攘夷暴動」が発展すれば「反共産」へと繋がる可能性がある。
 だからこそ当局は極度に神経質になって警備を強化する。
「日本人」を守るためではない。暴徒が大衆を巻き添えにして、「反政府」「反共産党」へ流れ込むのを防ぐためである。


  ▲江沢民チルドレンの横暴

  さて事実経過をざっと振り返る。
 重慶で開催されたサッカー・アジア杯で日本チームに対して極めて悪質な反日行動がスタジオで起きた。

 これは江沢民チルドランといわれる、「反日」を刷り込まれた、無知な若い人が中心だが、一方、かれらには「反日」しか表現の自由がないからである。

 一般的にも中国人が「反日」に気軽に乗りやすいのは黄河四千年の歴史が証明する華夷秩序であり、東の蛮族=倭と蔑視してきた日本が経済的文明的に中国を遙かに超えた存在になったことに我慢できないからだ。
 率直にいえば日本への嫉妬である。

 報道に依れば、試合終了後には日本チームのバスが中国人観客に取り囲まれ、卵をぶつけられ、対オマーン戦では中国人観客の声援が中国とは関係の薄いオマーンにのみ寄せられ、対タイ戦でも日本選手への露骨なブーイングが目立った。
 
日本からのサポーター(三十人程度)にもゴミやモノが投げられ、しかもイラン戦では、国歌君が代の斉唱を無視し、中継するはずの中国テレビもその場面をカットした。
 (これって卒業式で君が代を歌わない馬鹿達と似てますね)。

 取材していた北京特派員の話では「日本人サポーターはスタンドの一隅に集められ、外野にいた単独個人参加の日本人も集められ、最後はバスに乗るところまで護衛された。重慶五万人のスタジオは無料のパス(入場券)をばらまいて作為的に埋められていたので、サッカーも知らない付和雷同の人が多かった」という。

 済南に会場を移した対バーレーン戦では、スタンドに「釣魚島(尖閣諸島)は中国のもの」とサッカーとは関係のない反日スローガンが掲げられた。
 重慶の評判を聞いて北京から近い済南に活動家が混入したのである。

 当局は日本チームが参戦するサッカー場には、第二軍=人民武装警察を導入したうえ、千名規模の私服警官を会場に配置した。それほど厳しい警備体制を敷いたが、四年後の北京五輪は、このままでは開催も危ぶまれるとの声が聞かれた。


 ▲北京オリンピックを潰す名案

 とするのならば、中国の面子を簡単につぶる方法も同時に見つかったことになる。中国の反日活動を日本が逆に梃子として政治宣伝に活用すればよいのだ。

 共産党指導部は、その恐怖を前もって知っている。
 かの共産主義青年団機関紙「中国青年報」ですら「こうした『愛国』には誰も喝采しない」とする論文を掲載し、「スポーツと政治を混同するな」。「市民の不満は、主に日本の右翼勢力の劣悪な行為のため」。「行き過ぎた民族感情のなかで報復の快感を味わったかもしれないが、スポーツの尊厳を損ない、本来の意義を失わせる」と書いた。

 また「日本人サポーターが当初見込みより10分の1に減少した。『北京五輪が待っている』事実を忘れてはいけない」と珍しく冷静な対応を呼びかける。

 たまたま北京に居た筆者は知り合いの中国人数人に電話などして、この事件の感想を聞いたが「え。そんな事件あったの?」とまるで無関心。
 当局の懸念をよそに、一般市民の感情は明らかに乖離している。


 ▲「緑色芸人」も被害に

 
 さてさて、じつは同時期、まったく同質の、もう一つの事件が北京で起きていた。
台湾の人気歌手アーメィこと張恵妹が、北京の首都体育館で「個人リサイタル」を開いた。謂わば、都はるみが北京で独演会を行うような快挙である。

 ところが北京はアーメィを嫌っており、陳水扁総統の就任式で請われて歌ったばっかりに、中国大陸側は彼女を「緑色芸人」と張り紙し、猛烈な「台湾独立反対」のキャーペーンを展開してきた。

 「ネット上で『アーメィ・リサイタルを妨害しよう』という呼びかけがなされ、実際に7月31日のリサイタル会場には『反・台湾独立』を掲げる活動家たちがあつまり、警備と衝突した。会場では五回もX線検査を通らないと入れないほどの厳重な警備でアーメィ・ファンをがっかりさせた」(『自由時報』、8月1日号)。

 事態に慌てることはない。
  子供じみた反日は劣等生が優等生にもつ、あの説明不能な深層心理、嫉妬が行動の源泉であり、中華文明の輻輳した嫉妬感情がなせる業であり、日本のマスコミは、むしろ北京オリンピック・ボイコットをほのめかせばいいのである。
 
 たかが「毬蹴り」なれど、反日の事態を変に重く見た日本政府は細田官房長官が記者会見し、
「中国で開催中のサッカー・アジアカップで中国人の観衆らが反日感情を露骨に示しているが、これについて外務省を通じ、改善を申し入れている。あくまでも平静に対応し、スポーツの交流で反日感情をあおるような結果を招いてはならない」と月並みなコメントを出したに止める。
 
 また細田長官は中国政府に対して7月26日、28日と8月3日の3回、改善を申し入れた事実経過を公表した。
 
 この土曜日、決勝戦は日本と中国が対戦する。
 日本が勝つと暴動が起きる?
           ● ● ● ● ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
<<宮崎正弘の近況>>

(某月某日)夕方からドイツ人ジャーナリストと面談。かりにH氏としよう。国際交流基金の交換プログラムで岐阜に滞在中の人だが、翌週ドイツへもどり、通信社に復帰するという。まだ若いH氏は、三島由紀夫に興味があり、そこから発展して日本の保守主義、民族派、また宗教団体と右翼との関係に甚大な関心を抱いているという。それで小生に連絡をしてきたのだ。
曰く。「ドイツにおける日本のイメージは、とても貧弱で、満員電車とか、富士山。もっと正確な日本像を伝えたい」。
市ヶ谷の中華料理店で、民族派の論客・三浦重周氏に同席して貰った。日本語が達者だが、ところどころ英訳。同席したH夫人は、なんと台湾人。それで中国語もチャンポンとなり、たしかに国際色は豊かだが、どうも一本のテーマに集中しない。それでもヒットラーと日本軍部の違いなど、ドイツの軍事戦略との比較において、おおいに議論は盛り上がった。


(某月某日)今度は少し長い海外取材にでるため、このところ連載の書き貯めに追われる。読む本も多いが、書いているものと関連がない書籍はどうしても後回しになる。
 翻訳の下請けやら企業ものの取材やらをやっていた時代に比べると、随分と原稿の量は減ったが、それでも毎月の連載コラムは七本ほど。スポットの原稿が二本から三本。つねに書き下ろしの為のデータを拙メルマガにも書き足しているから、一日平均すれば、7枚か8枚ほど書いている計算になる。
 旅先で書いてFAXすればいいんじゃない、とよく言われるが、二つの理由であまりやらない。第一は台湾やアメリカからのFAXは異常に料金が高い。第二に中国からだと出入ともにFAXをモニターされる懼れがあり、これもやらない方が無難だ。
旅行に出る前は出発当日や前日になってあたふたと荷つくりや諸準備をすると必ず忘れ物がでるため、最近は一週間ほど前から思いついたモノを鞄につめていく。帽子、サングラス、地図、関連書類、書籍、おやつ(?、正確に言えば酒の友)、メモ用紙、外貨、航空券、保険証券、くすり。。。。足りないものは散歩のときに買い足す。両替も三日ほど前には終えておくようにしている。
 中国旅行の場合、とくに苦労するのが地図で、過去の旅行で買い求めてきた各地の地図の、どこを開いても、たとえば通化、錦州、阜新などはでていない。どこからバスがでているかも分からないので、結局、詳細で最新の地図を現地で買うしかない。そもそも改革開放前まで、中国では地図は国家機密扱い。町で売っていなかった。
規制緩和は緩やかに進んだものの80年代になっても北京、上海、広州、大連くらいしか地図はなかった。ところが最近は都市別の詳細な道路地図がでまわっている(マイカーが増えたからだ)。等高線を挿入した地図こそないが、いずれ日本のように隣りに誰が住んでいるかも分かるほど精密な地図が登場するのではないか?

 そんなおり、元統幕議長・来栖弘臣氏の訃報に接した。「法に欠陥あり、有事法制がない場合の有事には超法規的行為もありうる」と発言しただけで当時の金丸防衛庁長官から統幕議長を馘首された。いまなら考えられない事態だ。直後、来栖氏は民社党推薦で参議院に立候補した。惜しくも惜敗したが、進歩派マスコミの予想を裏切るほど多くの得票があった。
 80年代には、よく安保関係のセミナーでお目にかかった。礼儀正しい人で、それでいて政治家に妥協する防衛庁幹部とは口もきかない硬骨漢だった。


(某月某日)この暑さは何だろう。東京は昼前に38度以上あるという。町を歩いてアルファルトが熱気を帯びているから、実態としては40度から50度はあるのではないか。インドが涼しく感じるほど、石原慎太郎の『化石の森』の冒頭場面を思い出した。「人を殺したくなるほどの暑さだった」。
夕刊でわかった。観測史上初の39.5度だった由。うだるような酷暑。
 さて、そんなことを言っている場合ではない。夕方から雑誌の対談をひとつ済ませ、茗荷谷の茗渓会館へタクシーで駆けつける。拓殖大学日本文化研究所が秋から行う「新日本学公開講座」の打ち合わせを兼ねて講師陣が一同にあつまり、暑気払いである。ビールが旨い。
 一番張り切っているのは所長の井尻千男先生で、ほかに小堀桂一郎氏、藤岡信勝氏、高坂節三氏、工藤雪枝女史らの顔もある。会がはねて、駅近くの居酒屋でまたビールを飲み直し、多彩な議論をする裡に午後11時を廻っている。藤岡先生と(おなじ町内)タクシーをご一緒。途中で工藤さんを最寄りの駅に落とし、さて帰宅したら風呂も入らずに寝た。相当、飲み過ぎ?


(某月某日)夕方、突如、加瀬英明さんから電話。いま、偶然、呉善花さんと銀座で邂逅したので、これから飲みに行くから是非合流せよ、との緊急出撃要請。おもむろに原稿を中断して、着替える。
銀座の、うろ覚えの店だったが、それでも一時間以内で着いた。
 先般も同じ店で飲んだおりに、酔っぱらって全員がカラオケに興じ、小生の♪「紀元は二千六百年」を祝して、後日、加瀬さんが「奉祝メダル」(昭和15年謹製)を骨董屋で探し当てて、送ってくれたのだ。で、もちろんその勲章をつけて、同じ歌を。となりの風情豊かな、年輩の客らは小唄などやっている。若い人はキョトンとしている。
 産経の記事(平成16年7月21日付け)に広瀬中佐戦没百年祭が盛大に開かれた記事を読む。
♪「杉野はいずこ、」で知られる軍神・広瀬武夫は旅遵閉塞作戦で勇躍戦死した。
 数年前、中村彰彦氏と一緒に行った阿蘇への温泉旅行の帰りに、地元で「佐川官兵衛記念館」を主宰される興呂(こおろぎ)さんの運転で竹田城跡と、この広瀬神社に連れて行って貰ったことを思いだした。広瀬中佐の遺影を見て、「嗚呼、森田必勝に似ているな」と身震いした記憶がある。
境内は広いのに、参拝者がまばらだった。日露戦争を勝利に導いた広瀬、乃木、東郷の軍神は神社に奉られているのに、まったく省みられない惨状を憂いたが、だからどうなるものでもない。
だいたい日本橋に建立されていた広瀬中佐の銅像は戦後、GHQの司令とかで、撤去され、いまでは広瀬軍神の想い出さえ日本人の記憶から消えかけていた。

ところが産経の記事は5月27日に催された「広瀬武夫中佐・戦没百年祭」に中曽根名誉会長、平松元大分県知事実行委員長のもと、一千名もの参会者があったというではないか。
来年は日露戦争勝利百年!
時代は確実に変わっている。
            ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(読者の声1)テレビ時代の今日、映像は全てを提供する。今は亡き昭和天皇は汚職政治家や無責任官僚がテレビに出てくると、即座にチャンネルを変えたといいます。
戦前からの婦人運動家にして婦人議員の先駆けであった加藤静江は、テレビ画面の破廉恥漢を目にするとテッシュペパーを取り出し、丸めてテレビ画面に向かって、この嘘つき野郎、などの罵声とともに投げつけていたそうです。
小生は、脱走兵のジェンキンス某や近年ますます顔面が歪んできた売国奴小泉某が画面に出てくるとテレビそのものを破壊したい衝動に駆られる。三島さんが憂いていた、ニッポンが生まれようとしていますね。
拉致も靖国神社も自衛隊も、売国奴政治屋の道具に利用されている。今にして、テロリズムやクーデターがある意味を知るのです。
    (NY生、練馬)
        ♪


(読者の声2)韓国に関して最近不思議に思っていることがあります。1962年に北朝鮮政府は、中国の朝鮮戦争時における援助への感謝の徴として、白頭山の北側半分を中国に進呈しました。私は寡聞にして韓国のこのことに対する抗議を聞いたことがありません。また、最近の北朝鮮との和解交渉でもこのことが問題となった記憶がありません。宮崎さんは何かご存知ですか。
 このまま韓国と北朝鮮の国交が正常化すると、この国境を韓国も認めることになります。白頭山といえば、檀君神話の舞台である漢民族の聖地のはずです。竹島なんぞとは、彼らにとって重要度が比較にもならないくらい大きいはずです。韓国は、対中国ではこんなことも抗議できないような腰抜けなんでしょうか。これは、開戦事由にもなる重大事のはずです。本当に日本だけでなく現代東北アジアの政治は、奇妙にねじれていますね。
       ◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(サイト情報)9・11独立調査委員会の最終報告の勧告を受けてブッシュ政権は8月2日に、CIAやFBIなど情報関連の15機関を統括する「国家情報局長National Intelligence Director」と「国家テロ対策センターNational Counterterrorism Center」を新設する。その関連と米議会の上院および下院で行なわれたテロ対策に関する公聴会の証言テキスト。
 1.ブッシュ大統領の声明: "Remarks by the President on Intelligence Reform," August 2,2004
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2004/08/print/20040802-2.html
 2.ホワイトハウスのマクレラン報道官、カード主席補佐官、ライス国家安全担当補佐官による記者会見: "National Intelligence Director Press Briefing,"  by Press Secretary Scott Mcclellan, Chief of Staff Andrew Card and National Security Advisor Dr. Condoleezza Rice, August 2, 2004
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2004/08/print/20040802-6.html
 3.上院政府問題委員会における公聴会:"Assessing America's Counterterrorism Capabilities," Hearing before U.S. Senate Committee on Governmental Affairs,  August 3, 2004
http://govt-aff.senate.gov/index.cfm?Fuseaction=Hearings.Detail&HearingID=196
 4.下院政府改革委員会における公聴会: "Moving from "Need to Know" to "Need to Share"  A Review of the 9-11 Commission's Recommendations, August 3, 2004 
http://reform.house.gov/GovReform/Hearings/EventSingle.aspx?EventID=1254
● ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
◎宮崎正弘のロングセラーズ◎
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円税込み)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1500円+税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ネオコンの標的』(二見書房、1500円)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『胡錦濤 中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ、1460円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)
     □ ◎ ▲ □ ◎ ▲ □ ◎ ▲ □ ◎ ▲ □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓ 無料)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑ ここの左欄をクリックすると過去三年分の小誌バックナンバー閲覧可能です)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。