国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/07/16

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)7月17日(土曜日)
             通巻 第869号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
おおぃ、ヒラリーは何処(いずこ)や
    民主党大会、スピーカー選びで大揉め
****************************************

 26日から四日間、米国東海岸のボストンで民主党大会が開催され、この場でジョン・ケリーが正式に民主党候補として選出される。
 11月2日の投票日を目指し熾烈な大統領選挙を戦うことになる。

 四年ごとの恒例のお祭りでもあり、当然、オールスター・キャストとなる。
 
 カーター、クリントン歴代大統領に加え、アル・ゴア元副大統領、エドワード・ケネディ上院議員が演説をする。
要するにケネディ家が最終的にケリーを推す太鼓判を示すのだ。

 さらに予備選を闘ったゲッパート、クラーク、リーバーマンらが参加し、大団円はエドワード副大統領候補とともにケリーが登壇する。

 ケリーを紹介するのはマックス・クリーランド前上院議員(ジョージア州)で、かれはベトナム戦争で両足を喪っている。ジム・ラサマン元グリーンベレィ隊員らベトナム戦争でケリーの戦友だった元共和党員らも駆けつけ、激越な戦争中のケリーの英雄的行為を讃えることになっている。

 ところでところで、この大会に出席を表明していない「大物」がいる!
 ヒラリー・ローダム・クリントン。

 ヒラリーは2008年の本命視されており、今回、ケリーが民主党候補に選ばれることは良いにしても、もし本番で勝ったら自分の出番が無くなる。
 だから心中穏やかならず、まして党大会での時間帯が不明という理由を付けて正式な出席を表明しなかった。

 これがヘラルド・トリビューン紙などで問題視されるや、
「スケジュールを調整中、どこかに見せ場はあるでしょう」(リナ・ガルシア党大会広報担当)。
 党大会のアトラクションになるか?
          □ ◎ ▲ □ ◎ ▲ □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(読者の声1)「日本と台湾はわたしの二つの故郷です」と語り始めた蓮議員は「今後六年間、日本と台湾の関係改善に努力したい」とその抱負を素直に述べた。
 蓮議員のコメントは素晴らしいです。「瓢箪から駒」と言っては失礼になると思いますが、久しぶりに素朴な「愛国心」の発露を見た想いです。思わず涙。。。。ツジモト・ムネオ・マキコ・タナカキン・ヤスヒロの涙と違うぞ!
        (桃太郎)


 ♪
(読者の声2)蓮舫さんは台湾系華人(華僑)ではなく、日本人です。台湾系日本人と思いますが!?        (SS生)

(宮崎正弘のコメント)アメリカでチャオ商務長官は「中国系アメリカ人」になりますが、華僑世界では「華人」です。ミネタ議員、イノウエ元上院議員は「日系アメリカ人」ですが、日本から見れば日本人、「ただしアメリカ国籍」となります。同様に「蓮ほう」氏は、台湾と日本のハーフですが、国籍は日本人。しかし、華僑世界から見れば「華人」のカテゴリーに入る。そういう文脈でご理解下さい。
日本の法律は、「日本国籍」いがいの国会議員立候補は認めておりません。その法律の範囲ではご指摘の通り「台湾系日本人」です。
            ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(お知らせ)小誌は7月24日から8月5日まで海外取材のために休刊します。◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の近刊
◎◎◎◎◎◎◎

『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円税込み)
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1500円+税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ネオコンの標的』(二見書房、1500円)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『胡錦濤 中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ、1460円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)
     □ ◎ ▲ □ ◎ ▲ □ ◎ ▲ □ ◎ ▲ □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記で登録できます(↓ 無料)
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
(↑ ここの左欄をクリックすると過去三年分の小誌バックナンバー閲覧可能です)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。