国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2004/03/17

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
    平成16年(2004年)3月17日(水曜日)
           通巻788号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
中国の新興企業に「禿げ鷹ファンド」が照準
 ボロ儲け「STRIP」へは老舗カーライル・グループが
****************************************

 新生銀行で2200億円を手にしたのは米国の禿げ鷹ファンドの代表「リップルウッド」である。
 投資グループで名門老舗は”カーライル・グループ”といって、歴代政権の高官がずらりと顧問格に並ぶばかりか、実質上の役員をしている。
 
 そのカーライル・グループが中国で照準をあてたのは[CTRIP」。この新興産業、じつはウッブ上での旅行代理店で急速に売り上げを伸ばしている。「HIS」と「eトレード証券」を掛け合わせたような会社である。

 大手投資銀行のゴールドマンサックス証券はSMIC(半導体メーカー)と平安保険に投資した。
 このSMICは17億ドルの私募債を募る。ゴールドマンサックスのほかにモトローラも出資する。
 平安保険は中国人寿につぐ生命保険第二位の生命保険だが、ここにもゴールドマンサックスのほかにHSBC、モルガンスタンレー証券も出資を決めた模様。

 かくして昨年だけでも中国における私募債市場は15億ドルに急拡大、ことしはまだ第一四半期だけで前年度のペースをはやくも凌駕している。

米国帰りの新世代中国人のマーケット・テクニシャンと外国企業で働いたベテランの中国人が、勿論これらファンドの中国におけるマネージャーである。
 ベンチャー企業家の多くは、一日も早く上場して創業者利益を確保し、さらに高値で投資家に会社ごと売り抜ける。
自分でつくった会社への愛着がないあたり、禿げ鷹ファンドに自ら近づくノウハウなど、チャイナ・ドリームの錬金術もまたドライな米国流儀である。
            ☆☆ ☆☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(おしらせ)明日18日付けから22日まで小誌は休刊です。なお19日(金曜日)午後一時から二時のあいだの15分ほど、台北から小生が生中継で“ラジオ日本”の「ミッキー安川のズバリ勝負」に出演、現況を報告する予定です。 
 ● ◎ ◎ ◇ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★宮崎正弘の新刊  好評発売中! 忽ち二刷。
『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1500円プラス税) 
  http://www.nippon-nn.net/miyazaki/saisinkan/index.html〔←詳細〕
         ■ □ ■ □ ■ □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<宮崎正弘のロングセラーズ>>
『拉致』(徳間文庫、590円 プラス税、以下同様)
『ネオコンの標的』(二見書房、1500円)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
『胡錦濤 中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ、1460円)
『いま中国はこうなっている』(徳間書店、1500円)
『迷走中国の天国と地獄』(清流出版、1500円)
             ◎ ◇ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読登録は下記サイトでできます ↓
http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004 ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。