トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

RSS

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2013 受賞メルマガ


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新のコメント

  1. 被害少年は一年前は小学生だったんだよ。
    もう助けを求めることも出来ないのに、犯人は弁護士帯同って悔しい。
    逮捕少年の名も匿名だ。
    だが、こんな残酷な連中に相応の罪を償わせることも出来ないなら法治国家は成立しない。


     2015/3/1 このコメントがついた記事>>

  2. どっかの会社があって、創業の場所が京都だとする。 そして、社業が大きくなって、「東京支店」が本社に昇格して「東京本社」となり、社長は東京で執務するようになったとしよう。 そういう状態で、部下が「社長は京都にお戻りください」といえば、”クーデター”ってこと(笑)

    天皇陛下を京都へ、というのは「ズレズレ」です。 歴史を見ればわかるけれど、源氏は陛下のおられる京を出て鎌倉に行った。 徳川は陛下のおられる京を出て江戸に行った。 「臣下が都を出る」のが大前提。 もし、御所と政府の場所が同じなのがまずければ、政府・国会が東京を出るのが当然。

    青山繁晴は、天皇陛下を京都へ追放しよう、という論者だったのか。 ダメだな。


     2015/3/1 このコメントがついた記事>>

  3. 外国人らの扶養控除制度の見直し訴え 7割が所得税「ゼロ」 (1/2ページ)
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141121/plt1411211545005-n1.htm

     2015/3/1 このコメントがついた記事>>

  4. アメリカが「大麻」を100年間使用禁止にしてきた理由
    http://s.webry.info/sp/mizu888.at.webry.info/201312/article_22.html


     2015/3/1 このコメントがついた記事>>

  5. 川崎市の問題は教育の荒廃も絡んでいるのでしょうね。 

    【川崎市議会議員山崎なおふみ・自己矛盾】 
    http://7023.cocolog-nifty.com/yamazaki/2014/01/post-b572.html 
    《【川崎市の事例】 小学校で、授業中、たびたび立ち歩きやおしゃべりをする生徒に対し、教師が大声で注意し、腕を引っぱって着席させるなどの措置をとったところ、川崎市人権オンブズパーソンが「人権侵害」と認定し教師が謝罪させられた。以降、川崎市では厳しい指導が困難になり、授業中マンガを読む生徒などに一度は注意しても、聞かなければ放置するしかないなど、深刻な状況が報告されている。》 

    【強制的にハングルを教え込まされている川崎の小学生たち【日教組】】 
    http://www.dailymotion.com/video/xgd2r9_%E5%BC%B7%E5%88%B6%E7%9A%84%E3%81%AB%EF%BE%8A%EF%BE%9D%EF%BD%B8%EF%BE%9E%EF%BE%99%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E8%BE%BC%E3%81%BE%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E3%81%AE%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%9F%E3%81%A1-%E6%97%A5%E6%95%99%E7%B5%84_school 

     2015/3/1 このコメントがついた記事>>

  6. 夫婦別姓という「家族解体」運動
    http://blog.livedoor.jp/acablo/archives/54523059.html

    民主党の夫婦別姓 について
    http://tokiy.jugem.jp/?eid=623

    夫婦別姓は左翼の陰謀である
    http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-634.html


    「夫婦別姓」の運動家・革命家は、必ず「産んであげない/産まない」を女性に向かってキャンペーンし煽動する。福島瑞穂は、この典型的な一人…このように鳥瞰すると「夫婦別姓」の狙いが家族の解体にあり、家族の解体は必然的に出産や子供の養育・教育を忌避するから出生率を激減させる。


    夫婦別姓制度の正体
    http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/913.html




    “夫婦別姓”潰しは、正しき日本国民の崇高な義務 ──最高裁に「“夫婦別姓”制度化を判決せよ!」と教唆洗脳する朝日新聞を、“不買・不読・不広告”対抗で250万部減らそう! 

     日本の共産主義勢力は、拡大の一途である。霞ヶ関では、石を投げれば最低でも三名の共産党系官僚に当たるほど、現在の日本の現実は、中央官庁の赤化度が最終レベルへと驀進している。川柳的な明哲言「石を、霞ヶ関の交叉点で一個投げれば、三名の赤色官僚に当たる」とは、こういう情景を詠んだもの。

     地下鉄霞ヶ関駅から出勤してくる朝のダークスーツの一群に石を投げれば、必ず共産党系の赤い官僚に当たる。これは誰でも想像がつく。次に、その石が跳ねて近くを足早に歩く官僚群のもう一人に当たる。これも必ず、二人目の共産党系。最後に、この石を「危ないではないか」と、(「当たる」に等しい)“拾う”のがいる。これが三人目の共産党系。

     霞ヶ関で、共産党が完全占領した“四大レッド官庁”と言えば、(必要性が全く皆無の盲腸官庁)男女共同参画局、(共産党系大学教授・弁護士・裁判官を総帥する)法務省民事局、(メーカーは打倒すべき“悪の資本主義”だと古色蒼然のマルクス化石たちが蛇がとぐろを巻くように屯する)消費者庁、(地球環境のために「日本経済を破壊し尽そう」が合い言葉の、日本経済の退化・衰退を目指す)環境省の四官庁を指すが、これ以外の官庁も、警察庁と財務省を除けば、もはや五十歩百歩。霞ヶ関官庁におけるマルクス・レーニン主義狂信の蔓延と猛威の情況は、「汚染されている」のレベルではない。もう、手がつけられない。
    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2015/02/23/170505



    夫婦別姓という名の「家族解体」運動
    http://nakagawayatsuhiro.jimdo.com/2013/06/17/%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E5%88%A5%E5%A7%93%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E5%90%8D%E3%81%AE-%E5%AE%B6%E6%97%8F%E8%A7%A3%E4%BD%93-%E9%81%8B%E5%8B%95/


     2015/3/1 このコメントがついた記事>>




  7. ◎貴メルマガに詳しい、米国集団訴訟事情。
     「損害賠償ビジネス」という、「法の支配」を掲げる米国の暗闇を見る。が、どんな大物政治家でも、どんな大企業でも国家でさえも、法の下には平等である。その原理原則を貫かんとする米国の強い意志と行動は、その影を覆い隠すほど強烈に輝く。

     翻って、わが日本の「法の支配」は?諦念と絶望を感じる。
     諫早湾では司法判断が割れ、堰を開けても閉めても制裁金が発生する混乱状況にある。また、鳴り物入りの「裁判員制度」は、犯罪防止効果もなく、裁判員のPTSDを発症させ、裁判員裁判の判決も上級審の職業裁判官に覆される惨状を呈している。ただ、司法的五人組(法的連座・精神的拘束)・司法的強制徴用(徴兵制への準備)の仕組みと司法改革アリバイ工作、司法予算増額の「成果」を残すのみだった。導入の旗振りは、もういない。

     さらに、あのドリル大臣も、ウチワ大臣も、熊手政治家も、散々騒いでお咎めなし。今も関連団体・補助金企業から、巧妙に偽装した闇献金を懐に入れる大臣(政治家)が内閣の要職を占める。公職選挙法違反や涜職の疑惑・嫌疑が露見しても、大臣辞任や選挙の禊(みそぎ:当選でも落選でも)が捜査権発動・公訴権行使を躊躇させ、「被疑政治家による反省の外形」や「選挙民の意思」が「法の支配」に優越している有様(ざま)である。気がつけば、政党助成金も闇献金も、企業団体献金も、ダブル、トリプルで獲り放題の日本政治、中国共産党を笑える立場にはない。

     ところで、報道によれば韓国の元従軍慰安婦らが米国で集団訴訟提起を準備しているとのこと。この際、韓国政府の管理下にあった米兵相手韓国人女性慰安婦や韓国軍ベトナム人女性従軍慰安婦の件も、集団訴訟に是非加えて欲しいものだ。ただ、この動きは、大日本帝国(皇国)から三十六年もの間、屈辱と隷従を強いられ、民族も歴史も、家族も名前も消されかかった韓国(朝鮮半島)の方々の、やむにやまれぬ思いから湧き上がったものだろう。今、急速に過去を消し去り、超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家化)を目論む日本の政治潮流に待ったをかけ、何も動かぬ日本の司法的統治能力に見切りをつけ、米国を舞台に世界へ訴求する意図だろう。

     「従軍慰安婦」を巡る一連の朝日新聞バッシングには、何が何でも超戦前回帰を目論む日本の為政者らの暗い怨念を感じる。大日本帝国(皇国)による侵略も戦争犯罪も、何もかもの悪を「従軍慰安婦問題」に特化させ、全体(戦争)を個(問題)に祭り変える。これを「誤報」と喧伝することで、戦争犯罪も戦争責任もすべて「なかったこと」にしてしまう・・・。相も変らぬ「神話政治手法」である。GHQの温情で残置された「戦前」が、戦争無反省の象徴、神話政治の根源、エゴと傲慢の精神的支柱になっている。戦後民主主義は、ほぼ完敗状態である。

     このままネオ大日本帝国になり、滅亡の坂道を転がり落ちるのか?踏みとどまれるのか?瀬戸際の今、英国のウィリアム王子が来日された意味をじっくり考え、その意思と意義をしっかり受け止めたい。

     先ごろイスラエルを訪問し、ヤド・ヴァシェムでスピーチした安倍総理。外務省(大日本帝国政府)の訓令に違反して「命のビザ」を発給した杉原千畝さんの個人的偉業を、あたかも日本国家の手柄のようにすり替え、「靖国」で失墜した自身への国際社会の評価挽回を目論む。今、米国議会での演説も予定されているという。敗戦前の国家神道(皇国史観マインド・コントロール)を「君民共治」の顕現と誤解・曲解する一部ユダヤ人を、あるいは騙す事ができるかもしれない。が、英国は騙せない。ウィリアム王子の訪日は、無言のうちに、しかし、毅然と、ロイヤルな警告を日本にしてくれたのではないか。007の国、英国は日本の本音・真意を正確に見抜いていますよ、ということだろう。横浜の墓地で、大日本帝国と戦い、あるいは捕虜虐待で命を落とされた英国連邦の英霊に祈りを捧げ、その想いを背負って天皇と会見したウィリアム王子。何を感じられただろう。そして、超高濃度放射能汚染の中、成長と生活を余儀なくされている子どもたちの姿と、その張本である安倍総理のにやけた顔を見やりつつ、日本の現状と未来を本国でどう伝えられるだろう。あるいは、滅び行く日本に「グッバイ」を告げに来られたのか・・・。

     あの真珠湾で騙まし討ちにあった米国も、戦争無反省の日本にいつまでも甘い顔はしないだろう。アーリントン墓地に眠る自由と人権、民主主義の英霊は、日本の戦前回帰を決して許さないだろう。そして、米国市民も・・・。やがて、東電原発事故による放射能被害も、米国でクラス・アクションの対象にされるのでは。日本の神話は世界に通用しない。残念な民度だった。

     ドナドナの 万感こもる 王子の背 (詠み人知らず:永遠のロイヤル・スマイル)


    友愛的日本人 2015/3/1 このコメントがついた記事>>

  8. イスラム国の「聖戦士ジョン」の正体?!
    http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/0c0540096d58ccc35e604c1ee2f24a55
     
    ISISに武器を運んでいた2機のイギリスの飛行機がイラク軍に撃ち落されました。
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51952440.html

    イラクがアメリカ軍に、ISIS支援の事情説明を求める
    http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/52388-%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E3%81%AB%E3%80%81%EF%BD%89%EF%BD%93%EF%BD%89%EF%BD%93%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%AE%E4%BA%8B%E6%83%85%E8%AA%AC%E6%98%8E%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B

    イギリスの大スキャンダル
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51952536.html

     2015/2/28 このコメントがついた記事>>

  9. 在日韓国人「3世なのに何で日本で遠慮しないといけないの?? 地方選挙まで日本人の都合だけで決めて良いの?」
    http://asianews2ch.jp/archives/43326806.html



    【神奈川新聞】「日本人と喧嘩して負けなかった」父の武勇伝を聞き、誇り感じる15歳「殺されてもいい。朝鮮人はここにいる」
    http://911311.blog.jp/archives/22902258.html

     2015/2/28 このコメントがついた記事>>

  10. 2015年3月14日(土) の予定  

    反日を許すな! 川崎デモ
    14日午後の川崎デモです詳細は追って発表します。
    自民党神奈川県議会議員団の加藤元弥は、昨年12月、あろうことか『在日本大韓民国民団神奈川県地方本部の、国にヘイトスピーチ禁止の法制定を働きかけるよう求める要望書』に【唯々諾々】と従い神奈川県議会に意見書を提出し、議決を求めた。
    そして、先週の川崎 中1殺人事件。
    『とても日本人では考えられない【残虐な殺人事件】の発生』

    これは、神奈川県教育委員会が、反日勢力の言いなりに、【ガキ共を野放し】にした結果である。
    一方で、神奈川県教育委員会は『人権教育グループ』なる連中が『外国人県民の権利』などと意味不明、違法、無法プロバカンダで【日本人差別】を行っている。
    そして、上記を扇動する『福田川崎市長・神奈川新聞・共産テロリスト・反日半島勢力団体・プロ市民』。
    神奈川県は反日の巣窟である。
    我々日本人は、上記の様な者共を絶対許さない。

    我々『行動する保守』は【反日保守:自民党神奈川県議会議員団】も絶対に許さない!。
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53101123.html

     2015/2/28 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2015/02/22
    読者数:
    13181人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2015/02/01
    読者数:
    17322人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2015/03/01
    読者数:
    5437人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2015/02/20
    読者数:
    7146人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2015/02/15
    読者数:
    2891人

    日本のように君主制を採用する国は世界的に少なくありませんが、神話の世界につながるほど古い歴史を持ち、国の歴史とともに、1つの王朝が連綿と続いているのは日本の天皇しかありません。しばしばテレビのニュースなどに登場する天皇は、本当は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部、斎藤吉久が事実に基づいて、できるだけ分かりやすくお話します。

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事