トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

RSS

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2013 受賞メルマガメルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2014 受賞メルマガ


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2016-05-21
発行部数:
23527
総発行部数:
63533929
創刊日:
2001-08-18
発行周期:
ほぼ日刊
Score!:
99点

最新のコメント

  1. 伊勢志摩サミットが、一足飛びに安倍政権に晩秋をもたらす
    http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4406.html

    核大国の大統領と核武装論者の世襲政治屋が唱える「核なき世界」の空念仏&「安倍晋三のデマ、G7を驚かす」(仏ル・モンド紙)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/755.html

    ≪身内さえも≫自民・稲田朋美政調会長「サミットで首相が示した資料は一度も見ていない」 「今後精査したい」
    http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/768.html

    「冷酷な安倍政権」 東京新聞本音のコラム 佐藤優さん 「冷酷な対応に、沖縄の反発は沸点に近づきつつある」
    http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/766.html

     2016/5/28 このコメントがついた記事>>

  2. 【薬害子宮頸がんワクチン集団提訴】英グラクソ・スミスクラインの「サーバリックス」と米メルクの子会社MSDの「ガーダシル」
    http://pocop0c0.blog.fc2.com/blog-entry-681.html

    安保法反対デモ、韓国の在日徴兵部隊が激怒!
    http://blog.goo.ne.jp/ss007_2007/e/15584f719f3bdb11a2af473c9bc0fa1b

    【追記あり】「平等」と「公正」の大きな違いが1秒で納得できる画像
    http://buzzap.jp/news/20141111-equity-vs-equality/

    舛添要一ブーメラン大特集!TBS「ひるおび」で著書を紹介・その他発言も見事過ぎる刺さり具合
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6236.html

     2016/5/28 このコメントがついた記事>>

  3. ≪アメポチ≫安倍総理、日米地位協定改定に消極姿勢。ネット「国民を守らない総理」「憲法は押しつけと言うくせに」 
    http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/622.html

    オバマ氏、女性遺棄事件謝罪せず 地位協定改定も否定
    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-286140.html

    地位協定、基地縮小も言及せず…日米首脳会談の“茶番劇”
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/182152

    曇りなき心の月をさき立てて 浮世の闇を照らしてぞ行く 
    http://ameblo.jp/64152966/entry-12164309930.html

     2016/5/28 このコメントがついた記事>>

  4. <酷い>子宮頸がんワクチンの副作用被害者、国の救済手続きがストップ!半年間での処理件数はゼロ!現在60人以上が審査待ち!
    http://www.asyura2.com/14/iryo4/msg/484.html

    日本の現在(危ない日本) 
    http://ccce.web.fc2.com/

    有田ヨシフ・スターリンから紹介
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53176643.html

    選挙関係献立表 
    http://payoku.requiem.jp/5263

     2016/5/28 このコメントがついた記事>>

  5. 朝鮮中央通信に匹敵するNHKの御用報道−(植草一秀氏)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/737.html

    報道ステーションがサミットの安倍首相をメッタ斬り!首相「リーマン前と似ている」⇒「日本経済がうまくいっていないだけ」
    http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/730.html

    安倍首相のサミット発言「リーマンショック級の危機」に世界中から失笑! 仏「ル・モンド」は「安倍のお騒がせ発言」と(リテラ)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/732.html

    「リーマンショック前夜状況」は1人負けの日本だけでアベノミクス失敗の言い訳(まるこ姫の独り言)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/726.html

     2016/5/28 このコメントがついた記事>>

  6. 2016年現在、世界情勢は混乱を深めている。世界の富を99%独占してきた「闇の支配者」の支配体制に終止符を打つ戦いが始まったからである。そして「闇の支配者」を正常化し、彼らが独占している富を公平に再分配する。その新しい枠組みを作る動きが加速した結果でもある。分裂の後は、必ず再編、融和へ向かう。その動きはすでに始まっている。

     これまで対立していた勢力を融和させる実験の舞台が現在のヨーロッパである。つまり、イスラム難民をヨーロッパに流れさせ、キリスト教とイスラム教を融合させて、新しい世界宗教を作るプロジェクトがある。

     イタリアのフリーメイソンP2ロッジは昔から多大な影響力を持ちバチカンをコントロールしてきた組織だが、彼等は「一神教は自分たちが作った宗教」と語っている。その目的は宗教を使った「効率的な支配」だ。ヨーロッパと言う定住社会で他民族を管理する目的でキリスト教を作った。そして、移動する遊牧社会に向けてキリスト教をカスタマイズしたのが「イスラム教」であった。彼らは「マホメットは自分たちが教育した」と断言している。

     遊牧社会向けの宗教という視点でイスラム教を見ると、非常に良くできていることが分かる。イスラム教徒は「コーラン」をアラビア語で詠唱する。信者として重要な行為なので、たいていのイスラム教徒はアラビア語の読み書きができる。イスラム圏ではアラビア語が共通語として機能するのだ。

     また、第2のコーラン「ハディース」でイスラム法を覚えるので、イスラム教徒は、どこのイスラム圏に移動してもすぐに馴染む。何より、イスラム教は「弱者救済」を教義の根幹に置いている。アラビア語でコーランを唱えることが出来れば、難民になっても同じイスラム圏なら他国籍でも最低限度の生活を保証してもらえる。イスラム教と言うのは、イスラム圏共通の「社会福祉」のようなものである。

     イスラム圏ならば、アラビア語が通じる。移動する遊牧民にとってこれほど便利なツールは無い。P2ロッジが言うように遊牧向けの宗教と言うのも納得がいく。

     しかし、イスラム教には弱点がある。お酒である。実際、ロシアやカナダ、アルゼンチン、南アフリカなどの寒冷地ではイスラム教徒はほとんどいない。寒冷地では冬場,体を温めるためにも度数の強い酒は不可欠である。だが、イスラム教徒は酒が禁止ため、それで信者が増えない。イスラム教圏が亜熱帯や乾燥地帯に多いのは、アルコールの問題があるからである。

     イスラム教の要素をキリスト教に加えることが出来れば、「世界宗教」へと発展しよう。一神教を作ってきたというP2ロッジは、「一神教4・0」によって、新時代の中でも大きな影響力を保持しようと考えている。

     そこでイスラム難民である。キリスト教圏のヨーロッパに大量のイスラム難民が押し寄せれば、社会に大きな軋轢が起きる。その軋轢が大きければ大きいほど両者はなんとか折り合おうと「共通のルール」を生み出す。そうして自然に生じた共通ルールをベースに「一神教4・0」を作ろうと考えている。

     事実、ヨーロッパに向かうシリア難民のうち8割はシリア人ではない。何者かが、1日あたり30ユーロで集めたイスラム教徒であって、彼らにシリア国籍のパスポートを持たせて「難民」に偽装し、大量のイスラム教徒をヨーロッパに送り込んでいる。

     2016/5/28 このコメントがついた記事>>

  7. ★人類最初の核実験「トリニティ実験」⇒広島原爆投下??
    http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14906.html

    自衛隊内部で何かが起きている!陸自隊員が小銃で死亡 弾薬庫の警備中
    http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/10dafc189ace6306989b7929e7a44969

    G7首脳会談 安倍「2008年に起きたリーマンショック前の状況に似ている」
    http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/5a0489c5aab1afc0098fa3c61a798cca

    政府と総理がテロリスト
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/392573189188581f85d200314f3325e6

     2016/5/28 このコメントがついた記事>>

  8. 9.11偽旗テロの責任者をブッシュ・ジュニアに押し付けても、最後は、オバマを身代わりに大統領にした人物によって黒幕に止めが刺されるかもしれない、最後は正義が勝つ! 
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35940543.html

    サウジの王子が保有する新聞社の記事
    911事件は米国政府が計画し、実行したものだ
    http://www.examiner.com/article/memri-saudi-owned-paper-claims-us-government-planned-and-carried-out-9-11-1

    911事件調査委員会のメンバーだった一人がついに爆弾発言。
    サウジ政府の役人がハイジャック犯を支援していた
    http://www.theguardian.com/us-news/2016/may/12/911-commission-saudi-arabia-hijackers

    11月のアメリカ大統領選挙は世界の終わりをもたらすのだろうか? Paul Craig Roberts
    http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5ed6677d02815f80272ffffd18ef64d5

     2016/5/28 このコメントがついた記事>>




  9. ◎貴メルマガが伝える中国の「異様な動き」。無神論で長征の野望をあからさまにする中国共産党。北朝鮮連続殺人鬼独裁者同様、その保有する核兵器を使用する邪悪な意思を持ち続ける。が、核戦争で勝者はいない。中国共産党指導者らも、オバマ大統領を見習い広島を訪れるべきである。

     1945年8月6日、第33代アメリカ合衆国大統領ハリー・トルーマン氏の命令により原子力爆弾が投下された町、広島。2016年5月27日、第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ氏が惨害の地、被爆の現場に立つ。原爆犠牲者の御霊に献花し目を閉じたその瞬間、オバマ大統領はどのような光景を見、どのような声を聴き、何を祈られたのだろう。米国内からの批判がある中、それでも広島に来られ核兵器廃絶を訴え、被爆者に声をかけ抱擁されるそのお姿に、語らずとも伝わる万感の思いが滲み出ている。今、日本国民は、このオバマ大統領のお姿を目に焼き付け、民族の記憶に刻み込むべきである。そして、オバマ大統領を通して日本国民に示される米国の良心と決意のメッセージを正しく重く受け取るべきである(広島は海軍の町だった、5月27日は海軍記念日だった、その意味とは?)。歴史を忘れるとき、同じ歴史を繰り返すこととなる・・・。

     はたして日本の天皇や首相らが、あの中国奉天郊外にあった大日本帝国陸軍第七三一部隊跡地へ行き、生物化学兵器開発のため生体人体実験で殺された中国やロシアの人々に鎮魂の献花をし、生体人体実験で殺されかけた人々に声をかけ抱擁する日が来るのだろうか?朝鮮半島のパゴダ公園や提岩里教会、サンダカン捕虜収容所跡地、バターン半島、真珠湾へ行けるのか?全部「捏造」「プロパガンダ」「謀略」の一言で片づけ頬かむりか?あくまでも「平和愛好者」「八紘一宇」「アジア解放」の強弁を続けるだけなのか?嘘と沈黙に沈むままの日本の姿を鑑みるとき、広島に大統領を送り出す米国の偉大さを改めて思い知らされる。“God bless the U.S.A!”星条旗よ永遠なれ!オバマ大統領に神のご加護と祝福がありますように。祈らざるを得ない。

     今、日本の超戦前回帰(皇国史観に基づく全体主義的核武装軍事国家)を目論む戦犯三世髭なしヒトラーはじめコジキ・ファンダメンタリスト、国家神道主義者、日本民族至上主義者、反ユダヤ・プロパガンディストら長州謀略政治勢力は、「ナチスの手口」を学ぶのではなくオバマ大統領からこそ学ぶべきである。「ポツダム宣言、しらねぇお」「戦争犯罪全部捏造」「なんで靖国悪いんかぃ」「東京裁判パール判決(日本無罪論?)以外全部無効」「日本に戦犯一人もいない」「『侵略』という文字が気に入らぬ」・・・、戦争無反省でいつまでたっても「靖国」で日本を滅亡させた戦争犯罪人を「神」と牛拝み、「祖国の礎」と称賛する愚は、もういい加減に卒し超克、残置された「戦前」もろとも戦争無反省の態度も傲慢も廃棄・廃絶すべきであろう。滅亡の轍を再び歩むことがないように・・・。

     一撃講和論(有条件降伏論)の立場を採り戦争を継続、長引かせ、東京大空襲や沖縄戦の悲劇、広島・長崎への原爆投下、ソ連参戦を招いた、あの大日本帝国(皇国)の唯一の主権者にして大日本帝国陸海軍(皇軍)の大元帥、国家神道(皇国史観)における現人神、皇国日本の三位一体を体現していた昭和天皇は、広島への原爆投下を「やむをえない」とした。「日本のローマ」といわれイエス・キリストの信者が多数居住していた長崎への原爆投下については、どう思っていたのだろうか?『昭和天皇実録(虚録?)』にはその記述があるのだろうか?わからない。ただ1945年8月12日の条には「新型爆弾搭載の米軍B29侵入」との一報に大慌てで皇后とともに御文庫附属室(地下防空壕)に逃げ込む様子が記されているという。広島・長崎への原爆投下が、昭和天皇自身に死の恐怖を与え戦争継続の意思を折ったのは間違いないだろう。もし、東京大空襲で東京下町を「視察」した時、沖縄戦の悲劇を知った時、昭和天皇が即時講和(無条件降伏)を決断していれば、広島・長崎の原爆は回避され、北方領土問題も満州残留孤児もシベリア抑留も起きてはいなかっただろうに・・・。真実に迫るには、陵に副葬されたという昭和天皇自身が記した「日記」の分析、検証が不可欠だろう、が・・・。

     間もなく迎える6月1日。戦犯三世髭なしヒトラーの大芝居で「解散なし」とのニセ情報が拡散され、安心し切った野党からの「内閣不信任決議案」提出を受け、いきなりの「7条解散(ハプニング解散、ゲスキワ解散、戦争解散、9条抹殺解散、長州押しつけ憲法解散、戦後民主主義葬式解散・・・)」をかます。サプライズ性を持たせた騙まし討ち解散と中央突破衆参W選挙で一気に野党壊滅、国会制圧を目論む。ここ数日間、ウソと裏切り、権謀術数、出し抜き、現ナマ、猟官、密約、謀議・謀略等、永田町界隈では手練手管の魑魅魍魎が跳梁跋扈することだろう。果たして国民主権ならぬ国民棄権の世間様は、「ナチスの手口」でかまされる「みいつ詐欺」に騙されることなく、「主権者の矜持」を保ち「主権者の意地」を示せるのか?戦争無反省、傲慢のまま「天皇の赤子」に赤ちゃん返りか?それとも、神の被造物として謙虚な「個」、人格的市民へと成長できるのか?日本国民一人一人がオバマ大統領を見習い、「主権の一票」を投じるべきだろう。残置された「戦前」がいつでも何度でも日本と日本人をして地獄の底へと叩き込む滅亡牽引機関と化している。残念な民度だった・・・。

     ドナドナの 一本の鉛筆で書く文字は?「天皇陛下万歳」か「平和」か?「戦争」か「悔い改め」か?(詠み人知らず:God  save  Japan!日本に神の憐みを!)


    友愛的日本人 2016/5/28 このコメントがついた記事>>

  10. オバマ、「私たちは歴史を直視する責任を共有している」

    韓国人も歴史を直視せよ
    http://ameblo.jp/matsui0816/entry-11860099034.html

     2016/5/28 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2016/05/26
    読者数:
    13181人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2016/05/27
    読者数:
    3928人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2016/05/01
    読者数:
    17136人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2016/05/23
    読者数:
    5522人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2016/05/27
    読者数:
    7084人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事