トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

RSS

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2013 受賞メルマガメルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2014 受賞メルマガ


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新のコメント

  1. Focus attacks cook suddenly, but they normally conclusion from long-standing humanitarianism disease. Typically, <a href="http://cialissansordonnancefr.com/">cialis 5mg prix</a> a waxy tablet builds up on the walls favourable your blood vessels that feed the resolution muscle. Sometimes a chunk of the trophy, called a blood clot, breaks cancelled and prevents blood from superficial with the aid the vessel to your middle muscle, <a href="http://cialistrial.top/">cialis.com free sample</a> resulting in a sympathy attack. Less commonly, something like stress, sawbones toil, or apathetic weather causes the blood vessel to contract or burst, which decreases the <a href="http://cialis20mgprixenpharmacie.com/">cialis pas cher</a> amount of blood that can rub someone up the wrong way to your sentiments muscle.

    klqebf 2017/1/25 このコメントがついた記事>>

  2. Generosity attacks chance all at once, but they normally conclusion from long-standing sincerity disease. Typically, <a href="http://tadalafilsansordonnance.com/">cialis prix</a> a waxy trophy builds up on the walls inside your blood vessels that cater the resolution muscle. Occasionally a chunk of the tablet, called a blood clot, breaks cancelled and prevents blood from superficial through the ship to your core muscle, <a href="http://cialistrial.top/">cialis for free</a> resulting in a sympathy attack. Less commonly, something like forcefulness, doc exertion, or apathetic sick causes the blood barque to condense or burst, which decreases the <a href="http://cialis20mgprixenpharmacie.com/">cialis 20mg</a> amount of blood that can wring to your pump muscle.

    japawwy 2017/1/25 このコメントがついた記事>>

  3. Compassion attacks prove suddenly, but they normally upshot from long-standing heart disease. Typically, <a href="http://tadalafilsansordonnance.com/">cialis en ligne</a> a waxy tablet builds up on the walls internal your blood vessels that eat the resolution muscle. At times a chunk of the patch, called a blood clot, breaks incorrect and prevents blood from unquenchable thirst with the aid the ship to your middle muscle, <a href="http://tadalafiltrialoffer.com/">cialis free trial</a> resulting in a ticker attack. Less commonly, something like force, sawbones push, or cold weather causes the blood utensil to draw together or fit, which decreases the <a href="http://cialis20mgprixenpharmacie.com/">cialis generique</a> amount of blood that can pick up to your centre muscle.

    gwmm35 2017/1/24 このコメントがついた記事>>


  4. アカデミー賞受賞のオリバー・ストーン監督の重大証言:日本の原発を含む重要インフラ施設はすべて、いつでもサイバー攻撃で破壊できるようスタンバイされている
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36494253.html

    NEWS23 オリバー・ストーン監督が明かした衝撃情報 「日本は昔持っていた主権がない。アメリカの衛星国で人質なのです」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/380.html

    映画「スノーデン」のオリバー・ストーン監督がIWJ岩上氏の質問に激賞「この部屋で目覚めている人がいて、とても嬉しい」
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/396.html

    ≪衝撃≫オリバー・ストーン監督インタビュー「アメリカはスパイプログラムを日本のダム、駅、病院、原発、銀行などに組み込んだ
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/431.html

    石を投げれば油ダポチに当る  ←311で安全装置が誤作動したり内部から爆発が起こらなかっただろうか? 国内にも協力者がいたのかもしれない。 
    http://ameblo.jp/geneumi/entry-12218451541.html

     2017/1/24 このコメントがついた記事>>

  5. 「中国は偉大な国だ。リッチの経験は中国との対話が必要だと教えている」、「中国は尽きぬ知恵を備えた偉大な文明」とほめあげたり、忙しい。←ローマ法王 フランシスコ、こんな間抜け阿保頓珍漢とはね!ま、絶句しますわ!

     2017/1/24 このコメントがついた記事>>

  6. 陛下が居られない日本などというのは、それはもう日本ではないのである
    http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2017/01/post-07a8.html

    150万円を支払わせても「いじめと認定できない」横浜市教委
    http://agora-web.jp/archives/2024012.html

    南京本も反ナマポも、国「体」の風邪と発熱です。
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235640

    日本は大国中共への「特恵関税」を早急に打ち切るべきだ!
    http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/ee1d6baf7919047d8e5c5c33c699bc60

    中国人留学生による恩人夫婦殺傷事件
    http://occult-atoaji.sakura.ne.jp/?p=9174

    韓国が『ねぶた祭り』をパクった上に起源を主張しユネスコに申請 青森が抗議しなかったばかりに……
    http://getgold.jp/?p=8337

    韓国起源説の一覧
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%B5%B7%E6%BA%90%E8%AA%AC%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

    アラビア文様
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2%E6%96%87%E6%A7%98&biw=1053&bih=419&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi0uv38wdrRAhWKxbwKHduVDjQQ_AUIBigB

    トランプ氏はワクチンと自閉症の関係を懸念しています。
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52000818.html

    韓国は竹島強奪を諦めよ
    http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4571/

    米韓FTAとその後・・・国民なき「国益」に怨嗟の声 大企業優先・農業・中小企業は犠牲
    http://www.jacom.or.jp/nousei/tokusyu/2013/08/130830-22047.php

    【文字起こし】面談ドタキャンで元慰安婦支援団体会見
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1386.html

    日本は昔から教育大国!江戸時代に科学技術大国の礎が築かれていた!
    http://japan.alowy.com/?p=94

    日本国内での中国人犯罪 
    http://blogs.yahoo.co.jp/sannsyou91/30389558.html

    NHK「組織委が書籍の撤去を要請した」 組織委「そんな要請はしていない」
    http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34565085.html

    「TBS在日採用枠」一考
    http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-334.html

    アメリカと日本の発達障害(ADHD)への対応の違いと学習障害
    http://ameblo.jp/xxkoco/entry-12031721956.html

    反日教育が進んだ韓国では「相手が日本ならば何をやっても許される」
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12240190316.html

    乳がん検診は百害あって一利なし
    http://deeksha777.blog88.fc2.com/blog-entry-368.html

     2017/1/24 このコメントがついた記事>>


  7. ≪共感≫オリバー・ストーン監督「トランプ大統領もあながち悪くない」「ヒラリー氏が勝っていたら第3次大戦の可能性さえあった
    http://www.asyura2.com/17/kokusai17/msg/509.html

    ≪必見≫NEWS23がシリア・アサド大統領の単独インタビューに成功!(動画27分) 制裁に加わる日本にも言及!  ←アベ政権のアメポチぶりがよく分かる。 
    http://www.asyura2.com/17/kokusai17/msg/444.html

    ありそうなトランプ大統領追放シナリオ
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-4115.html

    クリントン財団が完全閉鎖します!
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001514.html

    トランプ政権になっても異常なまでの安倍首相の対米卑屈性の謎:3.11事件は日本の隠れ核武装派(同氏を含む)に対する対日ハックアタックだったと言う真相を知っているのではないか  ←売国TPPで譲歩どころか積極的に協力させることと、かつてのイラク戦争と同様にシリア・ウクライナの政権転覆にカネを出させることが目的だったのでは? 
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36497411.html

     2017/1/24 このコメントがついた記事>>



  8. トランプ政権が正式に発足した今、惑星地球の将来をめぐる本当の戦いが本格的に始まる。片や西側軍産複合体、片や古代の血統家族がいる。他の表現で言えば、銃を持っている人々とバター(お金)の供給を支配している人々の戦いである。しかし、次の戦いを解析するための別の観点は、中国(アジア)と米国(西側)とみなすことができるが、それはあまりにも単純だ。アジアがドイツと他のロスチャイルド支配国家を含む一方、西側としては今の立場は日本と南北朝鮮とおそらくベトナムを含んでいる。

    思想の戦線は一つは中国国家主席習近平が1月17日のダボスの血統愛祭で、もう一つはドナルド・トランプの就任演説の二つに分かれて行われた。習の演説は基本的に、世界経済統治システムと同じくらい長く世界主義者の現状が発展途上国により大きな声援を送るように改革され続けることを支持した。習はまた、中国は自然と調和してウィンウィンの方法で世界発展を助けると約束した。もちろん、中国は今まで現在システムの最大受益者であったので、血統家族世界主義者は中国に保護を求めたので、彼らに対する反発が西側で始まった。

    トランプの演説は、世界主義者によってアメリカの中産階級が破壊され、米国の産業が内部崩壊させられたことを嘆き、アメリカの産業と基盤整備を回復させると約束した。彼はまた、「我々は新しい千年紀に立ち、宇宙の謎を解き放ち、地球を病気の悲惨さから解放し、明日のエネルギー、産業と技術を活用する準備をする」と述べた時に、軍産複合体はその秘密の技術のいくつかを世界と共有化すると仄めかした。

    全体としては我々は世界戦争や文明の衝突に向かって準備されているようには聞こえなかったが、むしろ我々はこの惑星を運営する新しく改良されたシステムに対する最終交渉に先立って、両サイドによって置かれた理にかなった交渉立場が見えている。アジアは非欧州世界に対して大きな発言を望んでおり、西側は彼らの隠された技術と引き換えに彼らの産業と中産階級の再建を望んでいる。それは、多くの交渉が無くても、ウィンウィンの解決に到達できそうである。

    軍隊によって支えられたトランプ政権が始まると、西側では激論以上のことが続くであろう。CIAは調査と暴露を見越して、すでに1300万ページにわたる文書を公開しているが、新CIA長官マイケル・ポンペオは政府機関を浄化し改革し、さらなる完全な公開を迫るだろうと約束している。

    「トランプは自らラングレー(CIA本部)へ行き、彼には軍隊が付いており、悪者を排除する一方でさらに1000人以上の係官を追加するとCIAに伝えた。ジョセフ・ダンフォードは、数百万のバイカー、警官、兵士と国家警備隊によって就任式のトランプの安全保障を監督するためにパリとブラッセルにおけるNATOとの会議から戻った。

    1月20日に、将軍マティスが国防長官に、そして海軍同僚の将軍ケリーが国土保安省の運営に任命されたのは決して偶然ではなく、彼らはイラクにおけるダンフォードの上官であり、これら3人の海兵隊員はトランプの近衛兵である。

    トランプが権力を握った後に実際に行ったことは、CIA本部に近衛兵と共に行くことだった、そしてトランプはCIAに、「麻薬、武器、子供売買、騒動、嘘、汚い工作、政治腐敗、政権転覆を止め、人類に焦点を当てて、全政府のために情報を開示し、反政府勢力やイスラエル他に対する対抗手段を提供せよと最後通牒を渡した。

    トランプ軍事政権はまた、ボーイングやロッキードマーチンのような軍事請負業者に詐欺、浪費、虐待を止めさせる事を強いる計画であり、彼らはロシアのように国有化される可能性がある。

    トランプ就任にやっとのことで間に合った、CIAのメキシコの手先ホアキン「エルチャッポ」ガズマンの麻薬取引部門の引渡しは、明確なメッセージを送るために頃合を見計らっていた。ガズマンは秘密ナチ派の麻薬資金がどこへ流れているかについて全てを知っていると述べている。

    血統家族は戦いをしないでいるわけではなく、世界中の反トランプデモへ資金提供し組織化している。彼らはまた、トランプ政権へ心理戦を仕掛けるために巨大メディア企業の支配を直ちに終わらせる可能性が高い。

    ソロスが昼食会で公に話をしたと伝えられるが、しかしこの場合、全てのメディアはブルームバーグのビデオを後追いしている。ビデオに人を登場させる技術は完全に確立されており、日本の外国人特派員クラブで再びソロスを見るまで、ロスチャイルドは背後に隠すためにこの人物をあやつっているだけだと言わざるを得ない。



    他の表の上級血統権力者であるドイツ首相アンゲラ・メルケルは健康上の理由でまもなく休暇を取り、戻ってこない可能性が高い。言い換えれば、彼女は逃げようとしている。

    暗い力は南極では光の力のように強かった。それは悪い少年とその仲間のための最後の抵抗者である。

    二つのスケジュールは今収束しており、その収束が終わるとき、我々は完全な開示をすることになる。これが、世界の主要指導者が南極に行き、毎日到着し続けている理由です。古代の失われた都市は既に見えている。これが初期の放送や議論で「基地」と言っていた物です。全てはそこにあり、エリート達は彼らの特別な飛行物体で到着して、逮捕からの保護を求めるだけではなく、今全地域を支配している銀河と取引をしようとしている。現在シティにいるエリートの最高幹部の人々がおり、治療室に入ろうと取引をしている。キッシンジャーも含まれる。


    いずれにしても、南極はどの政府の支配下にない条約の下にあり、国際的大企業や寡頭勢力が秘密の実験や研究を指揮する基地を持っている。

    彼等がほとんどの行動が取られると言っている場所の二つのGPS座標を提供した。74°南164°東と66°南99°東。グーグルアースでは一つは凍っていない風景と湖があり、他は極度に覆われた広場である。

    トランプは彼の政府は、かってみたことのない歴史的運動を代表していると主張しているので、次に見られる出来事はレトリックになるであろう。



     

     

     





    *とろこで、トランプ大統領はTPPから「永久に離脱する」と言う大統領令に署名した。「TPP交渉からも永久に離脱する」と明記した。安倍への当て付けのようですね。

     2017/1/24 このコメントがついた記事>>

  9. 南朝鮮に官幣大社朝鮮神宮が存在するがご存じ?

     2017/1/24 このコメントがついた記事>>


  10. 「(共謀罪)法案を整備しなければ東京オリンピックをできないと言っても過言ではない」(安倍晋三)。(くろねこの短語)  ←ワンワールド、イルミナティの祭典なんぞさっさとやめてしまえドアホ!
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/581.html

    室井佑月「人の心まで管理する“共謀罪”法案のタチの悪さ」〈週刊朝日〉
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/455.html

    民主主義が消滅するとき 
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/578.html

    共謀罪とは?
    http://blog.livedoor.jp/zabu2233/archives/1063926910.html

    反対派がお断りデモ このままでは「復興妨害五輪」になる(日刊ゲンダイ)  ←フクシマ棄民、熊本放置プレイ、復興妨害と腐敗利権の温床以外の何でも無い。
    http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/542.html

     2017/1/24 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/01/22
    読者数:
    13269人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/01/23
    読者数:
    3912人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/01/19
    読者数:
    17064人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/01/24
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/01/20
    読者数:
    7073人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事