雑学

minah heep

社会人2年目を迎える公務員(自称OL)ミーナが仕事、恋愛、趣味(主に音と本)について語ります。今年こそ、愛が欲しい!

全て表示する >

minah heep-74 tokyo distance

2002/11/10

 こんにちは、発行者のミーナです。

 これで何度目なのでしょう、「どこかへ行きたい病」発症。
 実は学生の頃よりも貧乏になってしまったので(ただでさえ給料が安い、更にそこから
 学費を返しているので)思ってもなかなか行動に移せないものだと思っていました。
 でも、もう無理でした。限界でした。

 「どこかへ行きたい病」は先月あたりからその様相を見せてはいたのですが、
 理性や金銭感覚が邪魔をして行動に移せませんでした。私がどこへ行こうが私の自由
 なのですが、「旅行届」なるものを提出しなければならないから面倒だし、いちいち
 皆に知らせたくないものだし。何よりもカネがない。
 今月、誕生日月なので飛行機の「バースデイ割引」なるものが使えるのですが、
 3週間前に予約しなきゃならないんですもんね。しかもJALとANAだけだし。
 今から予約すれば、割引が使える条件の「誕生日から15日前後の期間」に間に合うと
 いえば間に合うのですが、そこまで待っていられないし。
 じゃあ高速バスかな、とも思ったのですが。東京23区職員採用試験の痛手がある。
 (車中で全然眠れなくて試験中に寝てしまったのです)
 いや待てよ、新幹線の割引きっぷがあるのでは……ということで、今回は新幹線で。
 宿はとにかく安く、「旅の窓口」でいこう。
 と、決めたのが昨日、そして今日はインターネット予約ときっぷを購入。
 うーん、発症してからがものすごく早かった。
 もとはといえば金曜日に「来週あたり、有給とってもいいですかね?」と何気なく
 係長にお伺いしたのがきっかけだったし、あとは正式に休暇簿に書いて旅行届を出せば
 もう旅行は決行されるわけです。今時期にいきなり東京へ行く、しかもホテルを予約、
 となれば上司から質問されること間違いなしなのですが、もう決めたのだから
 何を言われても「観光です」の一点張りでいきます。もう限界です。

 で、何が限界なのかといいますと。正直「今置かれている環境」に対してです。
 辞める気はありません。辞める気がないからこそ、一旦ここを離れたいのです。
 なぜ私があまり仕事をもらえないのか。
 係長の怠慢か、私自身に問題があるのか。答えは「両方」なのです。
 今までは係長の「作為」(わざと)だと思っていたのです。でも、私自身にも問題が
 あるのだということがわかったのです。
 私自身の問題、それは山積みだったのです。落ち着きのない性格、無神経さ、
 無意識にするあくび、要領の悪さ……
 それに気付いたとき、愕然としました。でもそうしたところでどうしようもない。
 一旦ここを離れてリセットして、それから毅然とした態度で臨もうと。
 離れることをせず、ここにいながら毅然とした態度をとろうとしても出来ません。
 立ち止まってじっくり考えないと、考えなしでまた行動してしまうから。
 そうすると同じことをまた繰り返してしまう可能性だってあるからです。

 仕事をしている最中、何度泣きそうになったことか。コンタクトのせいだとごまかして
 何度もトイレにかけこみ、涙が流れる寸前でこらえたこともしょっちゅうです。
 いじめられたとか、そういうわけではないんです。自分自身に腹が立つ。
 辛いことを辛いとも誰にも言えなくて、ただ我慢をする日々。相談できる人もいない。
 それが余計にストレスとなって、自分で自分を追い込んでいました。

 東京へ行って何をするわけでもないのです。6月の研修の際、入口まで行っておきながら
 結局展望台へ登る料金がなく、人ごみで嫌気がさしてしまったからと登り損ねた
 東京タワーへ行こうかなぁと考えています。あとは新宿探索。タワレコ新宿は私好みの
 懐かしいCDの種類が豊富なので。私が買った新幹線の割引きっぷに「東京フリー区間
 きっぷ」もあり、どうやら鎌倉までが区間らしいのでそこへ行ってみるのもなぁと。
 時間があればですが、仏像や仏閣が好きなので。そこも検討中ですね。
 サンシャイン水族館には行ったから、今度は上野動物園とか。それもいいですね。
 ……って、考えるだけでもうストレス発散なんですね。
 自分のやりたいことをやったのだから、もう仕事もちゃんとできるだろうって。
 実際、そう考えて実行に移して、気持ちを切り替えてきましたから。

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。