雑学

minah heep

社会人2年目を迎える公務員(自称OL)ミーナが仕事、恋愛、趣味(主に音と本)について語ります。今年こそ、愛が欲しい!

全て表示する >

minah heep-59 夢の国

2002/08/18

 こんにちは、発行者のミーナです。

 最近やっと発狂状態から抜け出せました。
 抜け出せた理由は特になし、です。
 大学時代の教職仲間にメールを送りながら考えたのですが、
 誰かに愚痴ってすっきりするのも事実なのですが、前向き前向きと言いながらも
 愚痴りながら悪いほう悪いほうに考えてしまうのもまた事実なので、
 考えるより先に感情を表に出さず、考えた後で愚痴ろうと思ったのでした。
 そうすると誰かに言う前に自分の中で整理がついていました。
 ちょっとは大人になったのかなぁ、と自分で自分を褒めています。

 昨日今日と、研修仲間2人が東京から遊びに来たんですよ。こんな田舎に。
 田舎とはいえ新幹線一本で来れるところではありますが、なかなか来ようという
 気にはならないところでもあります(私個人の考えですが)。
 彼女達は技術職で、研修があと1週間で終わります。その前にここへ来て観光しようと
 思って来てくれたようです。
 彼女達の地元からここへ来るよりも、東京から来た方が近いということもあり。
 彼女達を通じて相方Oの近況を聞きましたが、ヤツが彼女達のために書いたという
 手書きの地図を見せてもらったところ、最寄のコンビニの名前を堂々と間違えるあたり
 バカだなぁと思いました。人名も覚えられないのが理解できませんが、仕方ないです。
 それはともかく、地元の有名な祭に関する博物館なるものに案内したら、彼女達は
 とても喜んでくれました。先に一人が用事があるということで東京に戻ったのですが、
 その後相方Oの親友で研修仲間のKさんに連絡をとって車での案内をお願いしたところ、
 快諾をいただいたので3人で日の入りを見たあと、夕飯を共にしてお別れしました。
 観光と私に会いに来てくれたことがとても嬉しくて、仲間っていいなぁと思いました。

 Kさんにはチラっと話したのですが、本気でここを辞めようかと思っていました。
 相方Oとこれからどうやって接したらいいのか分からないし、肝心の仕事が
 やる気があるのに仕事をもらえない、アフター5や週末を持て余してネットばかり
 やっているこの生活に圧迫感を感じていたからです。
 職場にいながら、辛くて泣きそうになったこともありました。誰にも悟られたくないと
 ばかり我慢もしたし、親に愚痴っても困らせるだけだし、我慢した結果
 焦らず着実に行こうという結論に達することができたため、抜け出せました。
 それに、辞めたとしても他の仕事にありつけるかどうかなんてわからないし……。
 男に頼らず自活しようと思っている私としては、女一人で一生働ける仕事がしたいと
 思っています。事務仕事は向いていないだろうと思ってはいたものの、やってみれば
 悪くはなかったし。内容はともかく、保障があれば。……やっぱり公務員だ、という
 短絡的な考えもあり。あれだけ苦労して勉強した結果なのだから、もう少し頑張ろう。
 そういう結論に達しました。

 私にとって、東京の研修場所が夢の国でした。
 7時に起きて17時には終わり、テレビがなかったものの個室でゆったり、
 仲間と酒を飲んだり、そして週末には新宿あたりに出かけてみたりと。
 都会の電車に揺られ、どんどん景色の変わる様を見ながら人ごみに紛れ、
 たくさんのCDや服やモノにあふれる生活が楽しくてたまらなかった。
 夢の国からの住人から聞いた都会の生活が、うらやましくてたまりませんでした。
 事務職よりも技術職が多いというある意味特殊な場所に勤めている私としては、
 専門的なことを突き詰めて仕事ができることにうらやましさと憧れがあり。
 事務もまあ、専門的にいけば専門的ですよね。技術職には分からないこともあるから。
 相方Oとの一件で思ったよりすんなりと夢の国から帰還できたこともあり、
 うらやましかったけれどももう戻れないということを一番自分がわかっていました。
 研修仲間のKさんは地方公務員、一生転勤のない職場なので「先が見えている」と
 言っていたのですが、それは私も一緒。全国に同期が散らばっていて、希望すれば
 他の管区にも行けるから環境はめまぐるしく変わる可能性がありますが、
 仕事は一生事務仕事。マンネリにならないよう、先が見えないよう努力あるのみ。
 私は私、人は人。
 これこそが、相方Oと決別できる方法だと感じました。
 
 夢の国にはもう戻れないから、現実世界で地道に頑張るしかありません。
 そして働いていくうちに、自分にとっての本当の幸せを見つけていきたいと思います。
 何をしたいのか、何が楽しいのか、誰と一緒にいたいのか。
 1年目で全てがわかるはずがありません、これからです。

 ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。
 ご意見、ご感想は minaheep@yahoo.co.jp までお願いします。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。