雑学

minah heep

社会人2年目を迎える公務員(自称OL)ミーナが仕事、恋愛、趣味(主に音と本)について語ります。今年こそ、愛が欲しい!

全て表示する >

minah heep-42 本調子ではないとき

2002/01/15

 こんにちは、発行者のミーナです。

 学校が始まりました。
 教職以外に講義はないのですが(あっても試験放棄をしたので)、
 テスト前だということで学校もにわかに人があふれだし、
 様々な人と偶然会ったり、待ち合わせて会ったりしました。
 しばらく会っていない人も何人かいて、彼らに共通して言えることは、
 「皆それぞれの時間があった」
 ということなのです。とどのつまり、彼らの環境が変わったということなのですが。
 しばらく見ない間に髪が伸びたり(当たり前なのですが)、恋人ができたり、
 服装が変わっていたり……。
 私はといえば、いつまでも落ち込んでいてばかり。
 精神的に追い詰められた、という自覚はないのですが、
 どうも体の調子がおかしくなってきております……。
 多分一時的なものだと思うのですが、こういうときに必要なものは、
 胃腸薬よりも音楽。
 ということで、今回のテーマに入っていきたいと思います。

 疲れたとき、本調子ではないときに聴きたい曲。
 最近流行りのヒーリング系の曲ばかりではありませんが、
 私の独断と偏見でセレクトした曲を紹介していきたいと思います。

  ?「Joga」(Bjork)
    『ダンサー・イン・ザ・ダーク』で有名なビョークの曲です。
   『Homogenic』という首長族を思わせるジャケのアルバムの2曲目ですが、
   叫ぶように歌うビョークがすごく印象的です。これを聴くとどんよりとした
   気持ちになるのですが、でも上昇しようかなっていう気にさせられます。

  ?「おっぱい」(スピッツ)
    なんでもインディーズ時代の名曲だそうで、『花鳥風月』というアルバムに
   収録されております。「君のおっぱいは世界一」と歌う草野マサムネの声が
   なんともいえず癒されます。歌で言うことでもないのになと思いつつ。
   歌詞を見たらかなりキワどいのですが、彼が歌うといやらしくないのが不思議。

  ?「傘がない」(井上陽水)
    これも暗い曲なのですが、最後のあたりで盛り上がり、
   「それはいい事だろう…」と呟く陽水節が炸裂しております。
   最近『二色の独楽』という5枚目のアルバム(かなり初期です)を購入し、
   「ゼンマイじかけのカブト虫」や「太陽の街」などという寂寥感あふれる
   曲を聴いて、しみじみと一人で考え込むことが多いです。

  ?「STOMP」(Brothers Johnson)
    ディスコ全盛時代に流行った曲のひとつのようですが。
   サビの部分が大好きで、現在の着メロもこれです。要は大好きな曲なので、
   聴いていると癒されるというのがここに挙げた理由です。

  ?「まちのうた」(Buzz)
    『喫茶ロック』というオムニバス盤についてチラッと触れたことがあると
    思いますが、このシリーズの「やさしい雨の唄」というサブタイトルが
    ついたバージョンがあり(確かキングレコード盤だったかな)、その中に
    収められている一曲です。因幡晃、堀江淳系の甘い声で「都会にいるから
    あの人と会えて、この歌をうたっているんだ」的な歌詞の内容で、
    なんだか切なさを覚えます……。

  ?「旅に出よう」(寺田十三夫)
    上記の曲とは全く正反対の曲です。都会が嫌になったら、歩いて旅に出よう
   という歌詞なのですが。これも喫茶ロックの「アダムとイブも」バージョンに
   収録されております。

  てな具合に、6曲ほど紹介してまいりましたが。
  先日友人2人にCD-Rに曲を入れて贈ったのですが、贈った曲がこのうちに
 何曲か含まれております。
  その贈った曲もそのうちメルマガにて紹介しようと思っておりますので、
 ちょっとかぶっちゃうかもしれません。
  でも、もし良かったら聴いてみてください。
  今回紹介した曲は全てCDにて入手が可能です。


   ここまで読んでくださってありがとうございました。
   ご意見、ご感想は dshotnbc@hotmail.com までお願いします。

   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。