海外

≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡

中国やアジアの各地に暮らす人々が綴る、☆ビジネス情報☆ビジネスお助け中国理解情報☆息を抜けるお色気情報(?)☆中国三面ニュース噂話ーーーー硬軟混在、思わずニヤリとさせられる場面もたくさん!

全て表示する >

≪ WEB 熱線 第1399号 2010/10/18_Mon―アジアの街角から―≫

2010/10/17

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃ ┌─────┐ ┌──────────────────┐ + ☆
┃ ☆ 月 曜 版 ☆ ≪ WEB 熱線 第1399号 ≫2010/10/18_Mon  ++++ ☆
┃ │ (*^−^*) │ ├──────────────────┤ + ☆
┃ ☆ WEB 熱線 ☆ ―― アジアの街角から:亜洲街巷信息 ―― ++++ ☆
┃ └─────┘ └──────────────────┘ + ☆
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

┌―――――――――――☆☆ 今号の目次 ☆☆―――――――――――┐

│・hideおじさんの頁 日本人よ海外を目指せ -------------- hideおじさん

│・中国の片隅から -- 韓国の緊急輸入で白菜などが高騰 -- 大陸流浪人さん

│・紅いチャイドレ -- サボり中。<(_ _)>

│・読者の広場 ------ (=∵=)

│・あとがき -------- パンチラ(?)美女のお茶っ葉の店。

│〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

│・広告掲載はσ http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html

└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

◇―――――― 新しい読者の皆様、ようこそ!! (^o^)丿 ――――――◇

│1.週3回・月水金のお届けですが、月→水→金 という流れではなく、
│  「月→月」「水→水」「金→金」というサイクルになっています。

│2.タイトルは同じですが、月曜日号・水曜日号・金曜日号は、それぞれ
│  別々のマガジン、と理解してもらったほうが分かり易いと思います。

│3.ライター兼編集発行の私 OJIN とライターさん数人で執筆しています。

│4.内容の転載や引用は自由ですが、必ず「出典元の名称とURL」を併記
│  して下さい。一報頂ければこちらも案内リンクを架けさせて頂きます。

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ オヤジの独り言 ▽▼


☆ 日本人よ海外を目指せ ――――――――――――――― hideおじさん


私だけの感じなのかもしれないが、海外に出た駐在員など、昔で言うところの
「憂国の士」的な人が多いように思える。

例えば駐在員同士で集まった場合でも、もちろん仕事や情報交換がメインであ
るが、「今の日本は」とか「これからの日本は」という話で結構盛り上がる。 

みんな一言持っている。

以前は教科書を絵に描いたような人物でも、暫く米国に住んでいるとまるっき
り反対の考えになっていく人も少なくない。斯く言う私もそれに近いかもしれ
ない。

歴史とか政治とか嫌いではなかったが、それほど興味を持っていたわけではな
かった。しかし、海外に住んでみて強く感じたのは、自分の勉強不足と自分が
日本人であるということである。

私が海外に住んでみて良かったなと思ったのは、生活自体が楽しかったことも
あるが、客観的に自分の国を見ることができたことだと思っている。外から日
本を見ると、日本の良さも劣るところも見えてくる。

その経験が仕事にも生活にも活かされてくると思っている。

日本ではまず感じられないが、アメリカにいると、会話の中で必ずといってよ
いほど国籍を聞かれる。日本人だと答えると「日本人としてどう思う」「日本
はどう考えている」というようなことを聞いてくるケースが少なくない。

そんな中で否が応でも「自分は日本人なんだ」という認識を呼び起こされる。

ーーー常に日本を意識していないと答えられなくなる。

日本にいると、まず「自分は日本人」という意識をもって生活してはいないだ
ろう。しかし海外に住んでいると、あらゆる面で「日本人」を意識させられる
ことが多いのである。

日本人という立場で物事を考える習慣が身に付いていないと、ビジネス面でも
違和感を持たれる。ポリシーがないとでも思われるのかもしれない。要は信じ
てもらえないのである。

私が住んでいたアメリカだからなのかもしれないが、自分の意見がまず尊重さ
れる国においては、日本人としての意見を持たないと奇異な目で見られるよう
な気がしてならない。教科書的な回答は誰も求めていない。「お前の考えはな
んだ?」というのが常に求められる。

そのような習慣が身についてくると、物事を突っ込んで考えたり、俯瞰して見
てみたり、いろいろな角度で物事を考えられるようになってくるのではないだ
ろうか。

だから今回の尖閣にしても、竹島にしても、駐在員連中からは「自分に理があ
ることをちゃんと主張しろよ!」という意見が出てくる。

言わなければ相手に伝わらない、理解されないのが当たり前の社会で暮らして
いると、今の日本の対応が歯がゆくてならないと感じるのだろう。

現在、若い人の留学生数が激減しているという。アメリカの大学への留学生も
年々少なくなり、中国・韓国の学生は逆にうなぎのぼりに増えているそうであ
る。

勿論、何でも海外に行けば良いってもんじゃないけれど、海外駐在員になると
子供の教育、出世に関わるとか、留学して帰国しても就職が難しいというよう
な意見が聞かれる。ーーーけど、それではあまりにも悲し過ぎないか?

個人個人の生活については理解できるが、内向きの考えになってしまっては、
社会も個人も縮小するばかりであろう。

海外旅行では世界を知ることはできない。そこに住んでみてこそ見えてくるも
のがあるということを知ってもらいたい。それは、自分にとっても国にとって
も有形無形の財産になるだろう。

高所得者にも一律に金を配るぐらいなら、それを若者を外に送り出す資金に当
ててもらいたい。

あまり知られていないだろうが、以前アメリカの大学が日本に来て学生をスカ
ウトしていくことが普通にあった。彼らが費用を負担して「米国で勉強してく
れ」というのである。

しかし、今は日本をスルーして中国や韓国の大学にスカウトにいっている。

その意味するところは、優秀な学生は日本にはいないということではないだろ
うか。誰もが「技術大国日本」と胸を張るが、そう思っているのは日本人だけ
になる日も近い。

技術大国であることが日本の将来を保証すると信じてやまない私たちは、その
「日本の技術力」が足元から崩れていることに、今こそ気が付くべきではない
のか?

だから、原点に戻って、日本人は外に飛び出し、新たな視線で物事を考える力
と勇気を養うべきではないのだろうか。


ーーーそれが未来の日本を救う手立てのような気がしてならない――――。


                        = この稿おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「日本人よ海外を目指せ」

◆−賛成
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0033555A1c6a2
◆−どちらかというと賛成
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0033555A2891b
◆−どちらともいえない
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0033555A3fc0f
◆−どちらかというと反対
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0033555A41508
◆−反対
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0033555A5118a
◆−よく分からない‥
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0033555A6dd32
○結果を見る
┗ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0033555Cbe23
○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0033555P00Cad95

締切:2010年10月21日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

感想やご意見はアンケートをクリックしてコメントボードにも書けますが、
この下のメールで、直接編集部へ送っていただくこともできますよ〜♪

 ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│「尖閣報道について感じたこと」アンケート結果。
└─┘
◇ 賛成 ------------------------------------------------136人 (95%)
◇ どちらかというと賛成 --------------------------------  3人 ( 2%)
◇ どちらともいえない ----------------------------------  2人 ( 1%)
◇ どちらかというと反対 --------------------------------  0人 ( 0%)
◇ 反対 ------------------------------------------------  2人 ( 1%)
◇ よく分からない‥ ------------------------------------  0人 ( 0%)

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│ お寄せいただきましたご意見や感想。
└─┘
┌──────────「PACKMAN さん」

当然ですが100%賛成ですね。

中国も偉そうに、よくも恥をさらすようなことを言ったものです。しかしこれ
ぞしたたかな外交という見方もあるといううことを再認識しました。

└──────────
 ▼
┌──────────「hideおじさんから」

PACKMAN さん、お久しぶりです。

今回の件、中国のやり方に各国からも懸念の声が出ただけ、マイナス面もあっ
たと思いますが、したたかだったのは、日本と中国には「領土問題」が存在す
るということを国際社会に主張できた点はプラス面ではなかったのではないで
しょうか。

結局、日本のだらしなさばかり強調されてしまい、アジアでは中国がイニシア
チブをとっているということを印象付けたところなど、敵ながら上手い外交だ
と感心もしています。

└──────────

┌──────────「林さん」

国境では歴史的経緯は無視されることもあり、実効支配有無しかないと思う。
これを教えるべき。

また、中国の社会帝国主義ともいえる国家利益追求姿勢は仮想敵国であること
も伝えるべきであろう。それを基本としてつきあうということも。

└──────────
 ▼
┌──────────「hideおじさんから」

仰る通りでしょうね。自分の国を守る(武力ということだけでなく)ということ
は、結局、自己責任であると言えると思います。

今回、余計な摩擦を避けるということだったのかもしれませんが、敢て摩擦が
起きなければ解決できない問題もあろうかと思います。

特に国際社会では、友好や友情では計りきれないことばかりであり、それぞれ
価値観も違うということをよく認識しての付き合いが大事と思います。

└──────────

┌──────────「○×△さん」

今回の騒動でいろいろな議論がなされているが、やはり、我々日本人が考えな
いといけないことは、中国という国の危うさと、日本国政府の覚悟ではないか
と思う。

世界の工場から世界の市場へと著しい経済成長を遂げている中国という国は、
共産党の一党独裁国家で、民主主義の国家としての体をなしていないという事
と、政府の最大の脅威は「人民軍」という圧力団体ではないかと思う。

次に考えないといけないのは、日本政府は自国民を徹底保護する覚悟を持って
外交をやっているかどうかだ。

国益、コクエキと口にはするが、自国民の安全と財産を保護することを最優先
にしない政府は、「イカンゼヨ」と竜馬に言われそう。----ちょうど竜馬伝を
やってます----

フジタの4名は無事帰国できましたが、ビジネスマンの皆様は決してアンチ中
国にならないように、また、中国で日々お努めに励んでいらっしゃる皆様のご
無事は自己努力でという事でしょうか。

しかし、フジタの4人の方はとんだ災難でしたが、伊藤忠の方がいなかったの
は幸いとしか言いようがないと思った次第です。

└──────────
 ▼
┌──────────「hideおじさんから」

今回のfujitaの騒動で、日本企業の多くから聞かれたのが「うちの社員でなく
て良かった」という本音の声です。===私は、これが今の日本を端的に表す
言葉ではなかろうかと思いました。

日本企業には言い過ぎかもしれませんが、結局自分の利益しか考えていないの
でしょう。日本人にも、日本企業にも、日本政府にも、国家の一員であること
を忘れ、ちゃんとした国家観も持たずにいるということなのではないでしょう
か。

だから目の前の利益しか考えない外交になってしまうでしょうし、国民を守る
というより「危ないことはするな、危ないところへ行くな」というだけで済ま
せているように思えてなりません。

話は飛びますが、沖縄の基地問題も、米軍基地は良くないとみんな言いながら
沖縄の負担を日本全体で分け合おうという気持はさらさらない。

話が出ると「反対」ばかりで、みんなで考えようという気持は見られない。こ
れも日本が抱える根本的な問題に繋がっていると思えてなりません。

ただ、今回の事件で、短絡的に「中国はダメだ」とか「信じられない」という
方向に流れてしまってはならないと思います。

彼らだって13億みんなが同じ考えではないでしょう。ちゃんとした使い分け
ができてこその外交でもあると思います。

└──────────

┌──────────「トーモンさん」

日本のほぼ全てのマスコミ(新聞、TV)が左(日本解体)に占領されているとし
か思えない。

何故なら、外国の日本非難は大々的に報道するが、日本を愛する報道は、報道
の自由を盾に無かったことにする。

これはでマスコミが、自分で自分の首を締めている、と思うのですが、どうで
しょうか?

└──────────
 ▼
┌──────────「hideおじさんから」

日本のマスコミが左に占領されている、もそうですが、「洗脳」されていると
思えます。ーーー基本的に日本国民も同じではないでしょうか?

そもそも価値観などは多様なものなのに、ひとつしか認めないかのような風潮
は本来マスコミが糾弾し正すべきことなのに、自ら報道の自由を捨てているか
のようです。

└──────────

┌──────────「hitmanさん」

ーーー大学教授とは、アル中の井上清教授ですね。

この先生。学問というより、反権力・反資本主義、日本で社会主義革命を実現
すべく一生を捧げた方です。この先生のお陰で15兆円ほど手に入れた運動団
体もありますね。

また、当時の中国の主張した世界革命の信奉者です。

申し上げにくいが、全共闘運動に参加した学生であっても、この先生を信じた
方は少ないのではないでしょうか。当時から、井上先生の学問的業績には赤信
号が灯っていたのではないでしょうか。

ーーー井上先生の真の業績を洗い直すべきすね。

└──────────
 ▼
┌──────────「hideおじさんから」

そうですか。それにしても真っ赤な学生だったのが、東大の教授にまでなれる
日本というのは、本当に平和な国ですね。 これだけ思想・学問の自由が保証
されている国はないでしょう。

信奉する中国じゃ考えられないのに、それでも信じているというこの健気さ。
ーーー正直哀れです。

└──────────

┌──────────「みやまえさん」

今回は日本政府の外交オンチと、中国の横暴さを世界に晒した出来事と思いま
す。その後のノーベル賞と対照的ですね。

└──────────
 ▼
┌──────────「hideおじさんから」

今回の件でいろんな意見が出されていますが、腰砕けの日本外交もどうかと思
いましたが、中国にとっても「してやったり」という結果ではなかったと思い
ますね。

ただ、終わってしまったことはどうにもなりませんが、結局次ぎ同じことが起
こらないようにするにはどうしたらいいか、という議論が日本ではあまり出て
きていません。ーーーこちらのほうが心配ではないでしょうか。

└──────────

┌──────────「〜こめんとするあほうです♪さん」

日本共産党は、尖閣は日本の領土であるという見解を政府及び在日外国公館へ
送付しています。

これこれ。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-10-05/2010100502_02_1.html

└──────────
 ▼
┌──────────「hideおじさんから」

同じように日本共産党は、「北方領土」も日本固有の領土という見解を事ある
ごとに強く表明しています。

どっちつかずの与党より、こと領土認識については日本共産党のほうがまとも
といえるでしょう。

└──────────

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「hideおじさんのページ」は ▼ こちら!
 http://aizax.fc2-rentalserver.com/repo4/045hideoji.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ アナウンスメント ▽▼

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ 定年後は現役時代の技術を活かして中国で働いてみませんか?
└─┘ http://aizax.fc2-rentalserver.com/merit/091009.html

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ 収益を伴う業務の広告宣伝:メールマガジンへの掲載について。
└─┘ http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html#1/4

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ (中国やアジア関連で)収益を伴わない公告広報:メルマガへの掲載。
└─┘ http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html#free

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ 収益を伴う業務の広告宣伝:サイトページへの掲載について。
└─┘ http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html#webpage

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 中国の片隅から ▽▼


☆ 韓国の緊急輸入で白菜などが高騰 ――――――――― 大陸流浪人さん


―― 野菜の価格が上昇を続け この冬の白菜は“白菜の価格”ではない


韓国のキムチ危機で中国の白菜を緊急輸入しているが、国内の野菜産業は隣国
の市場需給量の増加で利益を上げているとき、高騰している野菜価格はやはり
国内小売価格に影響し、高騰している一部野菜の作付け農家の出荷価格も値上
げ基調である。
┌--------
この夏の異常高温が原因で韓国は野菜が不作、ために韓国ではキムチ作りが逼
迫状態になっている。
└--------

長ねぎが1トン630ドル、白菜400ドル・・・青島最大の輸出野菜加工集
荷地である平度市郭庄鎮で野菜の貿易を営んでいる劉さんが言うには、11日
午前に彼は韓国の顧客との価格商談では特別強気の商談をしたという。

彼が記者に説明した内容は、10月以降、白菜・ダイコン・ニンニク・長ねぎ
・じゃがいも・たまねぎの価格は韓国向けで30%アップしている。

当地の白菜の仕入れ価格は例年のこの季節の1kg当り0.2元から1.2元
に高騰しており、現在の情況から見て数日後に再度値上がりしないとは保証で
きないという。

輸出価格の右肩上がりの値上がりに伴い、多くの野菜農家は既に市場に出す白
菜の数量をコントロールしている。

「昨年はkg0.2元で利益は0.06元、今年は4元以下の利益では売らな
い」と、既に白菜栽培20数年の農家は言い、この秋にも2.5ムーに白菜を
植えたが、生長情況は良くないという。

現在の情況から見れば、収量は例年の7割程度で、今後の販売価格は値上がり
し、「野菜の需要は多いがきっと減産です、今年の白菜は安くない」

韓国のキムチ危機が引き起こした輸出価格の高騰の波は、既に国内小売価格に
も波及している。青島最大の撫順卸売市場で、野菜の卸を10年近く営んでい
る王さんの話では、

「国慶節前の白菜の卸売価格はkg当り1元から1.2元に値上がりし、現在
では既に1.4〜1.6元に達し、小売価格は2.2元以上です」という。

「現在河北白菜も市場では大体同じで、市場に余っているのは東北白菜だけだ
が、荷主と価格交渉しても彼らは強気です」

販売店の趙さんが言うには、当地の白菜が出回った後、価格の値下がりは凄い
と思う。「今は多分値下がりしない、当地の白菜の市場に出る数量も決して多
くないと思う」

青島市で最も繁華な台東の利群とウォールマートの両スーパーで、記者は、白
菜・ニンニク・ダイコン等のキムチの材料が既に値上がりしているのを見つけ
た。

ウォールマート責任者の話では、スーパーで販売している白菜はkg当り2.
6元と安くないが、輸送コストとロスを計算すれば、この価格も既に利益がな
い。

└──────────(以上本文)


韓国ではどこの家庭でもキムチの漬け込みが始まっています。しかし、今年は
天候不順で白菜・ダイコンの価格が高騰し、韓国キムチ危機と言われだしまし
た。

そこで韓国政府は緊急措置として、年末までの条件付で、従来の白菜30%、
ダイコン27%の輸入関税を撤廃して、同時に100トンの白菜を緊急輸入し
ました。

中国でも、この時期は大産地の山東省が端境期で、河北・東北の白菜が出回っ
ているのですが、国内の市場価格にも影響が出だしたようです。===たった
100トンで、業者や農家の売り惜しみが発生しているようです。

ところで、今年は中国では天候不順もありますが、野菜関係へのあぶれ銭の投
機により野菜関係が軒並み高騰しています。日本への影響で言いますと、ニン
ニクから始まり現在産地取引の始まったトウガラシが高騰しています。

日本はデフレの真っ只中ですが、食品に関していえば中国への依存度が高く、
中国の影響をモロに受けます。中国は今後食料品を外交の武器に使用してくる
可能性がどんどん高くなってきました。

今後、日本は食糧安保をどうするのか、もう手遅れかもしれないが、再度真剣
に取り組まねばならないでしょう。

話を白菜に戻します。

日本でも白菜は天候の影響を受けやすい野菜で、価格変動の激しい野菜のひと
つです。白菜が高いときは「浅漬け白菜」がよく売れます。反面、白菜の価格
が安いと「浅漬け白菜」の売上は落ちます。

なぜかといえば、白菜が高いとき、浅漬け業者はスーパーに値上げ申請します
がなかなか認められません。やっと認められたときには中国からの緊急輸入等
で価格が落ち着きスーパー側から元の値段に戻すよう要求されます。

浅漬け業者に言わせれば、白菜高騰時には「札束を付けて浅漬け白菜を売って
いるようなものだ」――――。


                        = この稿おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールで、直接編集部へお送り下さいね〜♪

 ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573

┌─┬───────────────────────────────┘
│★│「狂犬病の偽ワクチンで5歳の子供が死亡」ご意見や感想。
└─┘
┌──────────「とろさん」

中国では医療過誤も、自分は運が悪いで片付けるのですね。

日本の医師免許は世界各国で通用するみたいですが、中国の免許は役に立たず
家庭の事情で日本に来た中国人医師は泣く泣く、鍼灸師に転職したそうです。

やはり倫理観も相当重要な世界だと思います。医者も患者もお互いに信用でき
ない世界は、日本人として恐怖でしかありません。

└──────────
 ▼
┌──────────「大陸流浪人さんから」

つくづく思うのことは、宗教的であれ、道徳的であれモラルと倫理観が欠如し
た国民(国家)は恐怖でしかありません。

└──────────

┌──────────「〜こめんとするあほうです♪さん」

これは、偽造、偽装、捏造、でもない“偽”ですね。

さすが偽薬にはブルセラ効果はありませんね。

└──────────
 ▼
┌──────────「大陸流浪人さんから」

この医者に「運が悪かった」といわせたのは、「犬が狂犬病に罹っている確率
はそんなに高くない。犬に咬まれたからといって、狂犬病とは限らない。それ
ならリンゲルを注射してもワクチンを打ちましたという事ができる」

多分こういう考えが根底にあって、実際に子供が狂犬病を発病したことで運が
悪かった。 ははは

これが、医者といえてるのかな? 散髪屋の延長が医者だというが、正に散髪
屋より劣る。

└──────────
 ▼
┌──────────「〜こめんとするあほうです♪さん」

古今はさておき東西では、散髪屋兼医者(歯医者とか外科)が正しいです。

(薬草を扱う)内科は散髪屋兼業とはチト違う。

日本にも似たような医者にたまにお目にかかります。その時は間髪入れずに他
の医者へ行きます。

└──────────
 ▼
┌──────────「大陸流浪人さんから」

それが正解でしょう。

何でもかんでも薬を多く処方する医者が日本にもいる。

└──────────

┌──────────「緑の保守派の尊野ジョーイさん」
┌--------
事実中国では、日本人でも平気で日本人を騙す。神経の弱い日本人は、すぐに
中国人に汚染されてしまう。
└--------

だますほうより だまされりゃいい

なんてウソかな ああ

↑↑シャ乱Qのミリオンヒット「いいわけ」より

この曲、支那では絶対にヒットしないでしょうね(ー"ー)

「ああ、ウソあるよ」でおしまい┐(´ー`)┌

└──────────
 ▼
┌──────────「大陸流浪人さんから」

コメントありがとうございます。

私がいつも思うことが、日本人の「素晴らしい感情」は、日本国内で「同じ考
えを持っている日本人という集団」の中では「うまく機能」しますが、海外に
出ると基本的な思想が違うために戸惑うことが多いです。

江戸時代の終わりに日本へ来たイギリス人がもっとも驚いたのは、イギリスで
は「地位」と「名誉」「教育」「金」すべて貴族が独占していましたが、日本
の武士は「金」を持っていないことでした。

武士は、金は不浄のものと考えていたからです。

この基本思想が現代でも根付いているのが日本だと思います。それが「だます
より だまされるほうがいい」というフレーズになり、いまだに共感を呼ぶの
でしょう。

└──────────

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「中国の片隅から」過去記事は ▼ こちら!
 http://aizax.fc2-rentalserver.com/repocn/cn06rurounin.html

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「大陸流浪人さんのブログ」→ http://shimajyo.iza.ne.jp/blog/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 読者の広場 ▽▼


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 金曜日号のあとがき「新ドリーム倶楽部の宣伝で」に
 http://aizax.fc2-rentalserver.com/01lacarte/10128.html

┌──────────「hideおじさん」

OJINさん、遅くなりましたが、新ドリーム倶楽部開店おめでとうございます。

知り合いの重工関係、舶用機器メーカーなどにお店を紹介しておきました。

〜〜〜お店が繁盛されることを祈念しております。

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

うるうるうるる〜〜〜 hideおじさん、ありがとうございます!!

南通は造船関係の工場が多いので、必ずお見えいただけるのではないかと待望
いたしておりまする〜〜〜(^^) いま工場立ち上げで苦労されている王子製紙
さんも、hideおじさんの会社の系列ではございませんでしたっけ??

ようやく16日から日カラ式の体制も整い、KTV式&日カラ式とも本格始動
でございます。これで成功させて、お隣の常熟市に殴り込みをかけたいもので
ございます。(^^)

└──────────

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールから、直接編集部へお送り下さいね〜♪

ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573


┏━━━━━━━━━━「(^^) OJIN です(^^)」

「判決は個人的思い込みのゴタクではない!」として、マスコミニュースの誤
りを正す一文を書きました。〜〜〜けどこんなのは OJIN の専売特許ではあり
ません。

皆様からも、同じような手法での投稿を期待するものでございます。----いや

投稿といいましても、記事としての体裁を構えたものである必要はさらさらご
ざいませんですよ〜 そういうのはhideおじさんや紋起さんやRYU さん、他の
ライター陣にお任せして、

何気なく目にしたニュースで「おいおいじょーだいじゃないぞ!」「いや〜い
い話だな〜」「これはおかしいんじゃないか?」などと、感じられたそのまま
をひと言添えて頂く。

===そういうのならば「よし!オレも!」でございましょ〜〜〜(^^)

こういう趣向で「読者の広場」を充実させてみようと企みましたが、さ〜て、

「ではオレが!」を、お待ち申し上げておりますでございま〜〜〜す♪(^○^)


┗━━━━━━━━━━

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ あとがき ▽▼


〜〜〜パンチラ(?)美女のお茶っ葉の店「武夷茶庄」
http://aizax.fc2-rentalserver.com/01lacarte/3032.html

いやまあ、真面目な紹介なんですけど、やっぱりほら、「アジアの街角から」
の読者の皆様方には“チョッピリ隠し味”がなければならない!!と、

恥を忍んで‥?厚顔無恥?‥隠し撮りした1枚をそっと忍ばせました。(^^;

むふふ、

まあ、ストリップショーではございませんので、そこまでは期待しないで下さ
いね〜

電話に出る美女は日本語ペラペラですから、日本から電話でご注文いただけれ
ば国際発送させていただきます、ということですので、


〜〜〜混じりっ気なし本物の中国茶を、ご賞味なさってみませんか〜〜〜♪


┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールで、直接編集部へお送り下さいね〜♪

ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ アジアの街角から」フレンドリーメルマガ ▽▼


┌―――――「ロシア政治経済ジャーナル」北野幸伯氏発行

ロシアKGB大学卒でロシア在住の北野幸伯氏が、的確且リアルな視点から国
際情勢を分析解説する、将来予測的中率ナンバーワン!の無料メルマガです。
でも堅苦しくはないんですよ〜♪硬い話を軟らかく書くところが凄いんです。

└───── http://blog.mag2.com/m/log/0000012950/


┌―――――「心と脳力upの健康医学」斉藤英治氏発行

心身健康医学の面から日本人の可能性を見いだし、日本人に再び誇りと自信を
持っていただき、これからも日本人が世界で活躍できるよう、日本人を応援す
る。それが最終的には世界を良くしていく方法であると考えています。

└───── http://www.mag2.com/m/0000146702.html


┌―――――「軍事情報」おきらく軍事研究会発行

軍事知識は、グローバルビジネスには欠かすことのできない常識です。軍事は
政治や経済と同列、という世界の常識に則った立場で分かり易く切り捌いて読
者に提供してくれる、日本でただひとつの軍事「情報」マガジンです。

└───── http://www.mag2.com/m/0000049253.html


┌―――――「国際派日本人養成講座」伊勢雅臣氏主宰

現在の日本は情報鎖国時代。え?情報は溢れていますよ?----情報とはなんで
しょうか?自分が誤りのない道を歩んでいくための栄養素----海外の正確な事
情は?歴史の正しい事実は?これから進むべき方向は?----それが情報です。

└───── http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ではまた、ホントに面白い!水曜日号でお会いいたしましょう!(^o^)丿

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃ ┌─────┐
┃ ☆ 月水金日 ☆ &≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
┃ │ (*^−^*) │ 発行元:Chinachips編集局 発行責任者:OJIN
┃ ☆ WEB 熱線 ☆ HomePage http://aizax.fc2-rentalserver.com/
┃ └─────┘
┃       ───────────────────────────
┣>愛情・友情・苦情は ▽ こっち!なんでも大歓迎!ですよ〜。(^○^)
┃        http://form1.fc2.com/form/?id=273573
┃ 回答は--特に指定がなければ--メルマガ或はホームページ上で行います。
┃ 読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際、著作
┃ 権は本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下
┃ さい。

┣>広告掲載は(^^) http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html

┣>バックナンバー http://aizax.fc2-rentalserver.com/magbn09/09bn.html

┣>配信ペース速過ぎ!内容つまらん!デカ過ぎ!って方は..以下で解除を
┃ 先ずここで⇒ http://aizax.fc2-rentalserver.com/common/mailmag.html
┃ 次はこちら⇒ http://aizax.fc2web.com/common/to_ka.html
┃ 最後はここ⇒ http://aizax.fc2-rentalserver.com/hongdi/to_ka.html

┣>当誌は以下のメルマガ発行スタンドさんから推奨を受けてま〜すv(^^)v♪

┃⇒「まぐまぐ殿堂入りメルマガ」に認定されています。
┃  http://www.mag2.com/m/0000074019.html
┃⇒「 melma! 」
┃ 「メルマガ オブ ザ イヤー 2008 地域情報部門カテゴリー賞」受賞
┃  http://melma.com/contents/moy2008/result.html#cat20
┃ 「メルマガ オブ ザ イヤー 2006 地域情報部門カテゴリー賞」受賞
┃  http://melma.com/contents/moy2006/result.html#cat20
┃ 「メルマガ オブ ザ イヤー 2005 地域情報部門カテゴリー賞」受賞
┃  http://melma.com/contents/moy2005/result.html#cat20
┃⇒「AMDS」「2008年度AMDS大賞特別賞」受賞
┃  http://www.amds.jp/2008amds_award.htm
┃⇒「AMDS」「2007年度AMDS大賞準大賞」受賞
┃  http://amds.jp/2007amds_award.htm
┃⇒「AMDS」「2006年度AMDS大賞特別賞」受賞
┃  http://amds.jp/2006amds_award.htm
┃⇒「AMDS」「2004年度AMDS大賞特別賞」受賞
┃  http://amds.jp/2004amds_award.htm

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    Copyright (C) 2001-2010 Chinachips. All Rights Reserved.
----------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-21  
最終発行日:  
発行周期:週3回(月・水・金)  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。