海外

≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡

中国やアジアの各地に暮らす人々が綴る、☆ビジネス情報☆ビジネスお助け中国理解情報☆息を抜けるお色気情報(?)☆中国三面ニュース噂話ーーーー硬軟混在、思わずニヤリとさせられる場面もたくさん!

全て表示する >

≪ WEB 熱線 第1355号 2010/07/07_Wed―アジアの街角から―≫

2010/07/06

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃ ┌─────┐ ┌──────────────────┐ + ☆
┃ ☆ 水 曜 版 ☆ ≪ WEB 熱線 第1355号 ≫2010/07/07_Wed  ++++ ☆
┃ │ (*^−^*) │ ├──────────────────┤ + ☆
┃ ☆ WEB 熱線 ☆ ―― アジアの街角から:亜洲街巷信息 ―― ++++ ☆
┃ └─────┘ └──────────────────┘ + ☆
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

┌―――――――――――☆☆ 今号の目次 ☆☆―――――――――――┐

│・坂の上の雲を ---- 悶死?それとも復活?(後編) ------------ 紋起さん

│・インド事報 ------ 日印給料比較/ある青年のインド挑戦 はぐれ雲さん

│・中国一口小ネタ -- 親バカに国境無し ------------------ 上海のFさん

│・読者の広場 ------ 上海オフ会報告・紋起さん・lenyさん・RYU さん。

│・あとがき -------- 延々と果てしなきモグラ叩き?

│〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

│・広告掲載はσ http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html

└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

◇―――――― 新しい読者の皆様、ようこそ!! (^o^)丿 ――――――◇

│1.週3回・月水金のお届けですが、月→水→金 という流れではなく、
│  「月→月」「水→水」「金→金」というサイクルになっています。

│2.タイトルは同じですが、月曜日号・水曜日号・金曜日号は、それぞれ
│  別々のマガジン、と理解してもらったほうが分かり易いと思います。

│3.ライター兼編集発行の私 OJIN とライターさん数人で執筆しています。

│4.内容の転載や引用は自由ですが、必ず「出典元の名称とURL」を併記
│  して下さい。一報頂ければこちらも案内リンクを架けさせて頂きます。

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 坂の上の雲を ▽▼


☆ 悶死?それとも復活?(後編) ―――――――――――――― 紋起さん


前稿では、小沢氏が「分断、乗っ取り、奪取」を繰返してきた政治の流れを述
べて、その目的を検討した。そして、権力奪取の目的は、ひたすら権力を持ち
たいだけではないか、という結論になった。

ーーーでは、「分断、乗っ取り、奪取」を、何故小沢氏は繰返して実行できた
のであろうか。

これだけ繰返して実行できることを指して世間では「剛腕」と言っているが、
確かに、これだけ多くの回数「分断、乗っ取り、奪取」できたのだからそれは
正しい。

しかし、不思議に小沢氏がこれだけの政界の勢力変化を画策できる要因を解析
したものは見当たらない――――。

ーーーあくまでも私の推測でしかないが、その要因を考えてみたい。

私は、それは「金」「情報」「行動力」が優れているからではないかと思って
いる。「金」はご存知の通りである。「情報」は、意外と語られていないが、
秘書の人数の多さに現れているように、小沢氏の情報重視の証左でもある。

「行動力」は考え方とも関連があるが、大胆な妥協や、相手への大胆な譲歩に
も現れているように、一つのことに拘らないフレキシビリティであり、別の面
から見れば「恥ずかしげもなく繰返す極まりない変節」である。

彼にとっては、恐らく権力掌握の為に前言と矛盾することを述べることなど、
全く意にも介さない、朝飯前のことなのであろう。

何よりも優れているのは、権力掌握の意欲だろう。

それが何から生じているのかは前編からだけでは断定できないが、小田晋氏に
よれば、小沢氏は非常に強い自己愛を持つ人物らしい。小泉純一郎氏と、その
部分では非常に共通しているとも分析している。

しかし、一旦首相になったせいかも知れないが、小泉氏は権力に淡々として政
界を去ったのだが、恐らく、小沢氏は淡々として政界を去るようなことはしな
いだろうと思う。

田中角栄氏が、ロッキード事件で政権から離れた後に闇将軍となって実質権力
を握っていた時期があった、ような姿をとるのではないだろうか。

意欲が強いのだが、それと共に構想が優れているのだろう。

どこに楔を入れたら分断できるかを推し量り、どことどこを繋げるとどんな組
織が誕生し、その繋げる条件を推し量り、具体的に提示していくわけだ。

例えば昨年8月末の選挙で、衆議院の圧倒的第1党になると、参議院での過半
数になっていないことを補うために他党と連立することを構想するが、小沢氏
や民主党が過去に言ってきたことなど全く無視して、国民新党との連立を図る
のである。

だから亀井氏の言い分を全部飲み、郵政国有化を平気でやってしまうのだ。だ
から党内の郵政民営化賛同勢力に対しては一顧だにしない。また、過去に出し
てきたスローガン「国民生活が第一」なんぞは、雨消霧消である。

ーーーそれを平気でやれる厚顔無恥が強みなのだ。

「分断、乗っ取り、奪取」の根源的な要素は、なによりも「金」であることは
確かだ。この金を何に注入しているのかである。

田原総一朗氏によれば、秘書実態でいえば60人、活動資金を込みで1人15
00万円としても9億、まずは10億ぐらいは必要と言っていた。事業も何も
やっていない政治家が毎年これだけの金額の利潤を上げようとすれば、いろん
なところに触手を伸ばさざるを得ないのではなかろうか。

週刊現代の特集に対する小沢氏原告裁判で、小沢氏が負けたときからマスコミ
も細々と小沢金脈のことを書き始めた。ーーーそういう背景の中で検察が動き
出したのである。

報じられている金脈は3つほどの種類がある。

〜〜〜1つは、

週刊文春の6月10日号に取り上げられた、小沢氏の元秘書であった高橋嘉信
氏が自ら過去を告白したことをベースに書いた、ジャーナリスト松田謙弥氏の

「小沢一郎13億円略奪」と題する記事の事件である。

平成4年(1992)年8月に東京佐川急便ヤミ献金事件で、金丸信自民党副総裁も
受取っていたことが発覚し、10月に経世会会長を辞しその後議員辞職した。

経世会の後を誰が継ぐかで揉めて、結局小渕氏が継ぎ、小沢氏や羽田氏は改革
フォーラム21を立ち上げ自民党から離脱するのであるが、経世会の金庫番で
あった八尋護氏を自派に抱きこみ、金庫にあった経世会の政治資金13億円を
小沢氏の自宅まで秘書の高橋氏に運ばせた――――。

そしてその金は、高橋氏の告白では、政治資金収支報告に記載されることはな
かった――――。

経世会の政治資金の中にはかなりのヤミ献金が混じっているから、警察に盗難
届けなど出せるものではなく、経世会の幹部であった橋本竜太郎氏は八尋氏を
責めたぐらいで沙汰止みとなっている。

ーーーヤミ献金が混じっているとはいえ、盗んだのは紛れもない事実である。

類似のことが、政党助成金で起こっている。

新生党が18年に解党したのであるが、奇怪な資金移動が明るみに出ている。

解党の直前、実体のない複数の支部が設立され、そこから小沢氏が実質的に代
表を務める政治団体「改革フォーラム21」に億単位の寄付が行われたことが
分かっている。その総額は9億円以上、=その多くは税金である。

同じようなことが、自由党と民主党との合併の時に起こっている。

小沢氏が党首であったが、藤井裕久氏に組織活動費の名目で15億円以上のお
金が支出されているが、藤井氏は「私は知らないのだよ」と語っており、この
資金は先の「改革フォーラム21」の口座に入金されたと報じられている。

===これも税金である。

政党助成金を解党の時にどう扱うのかが法律で決められていないが、その政党
の議員に出されているお金であるから、解党の時には、帰属していた議員の行
き先に持参させるのが常識的な処置ではなかろうか。

ーーー新進党解党のときにも類似のことがあった。

===これらのことは一種のカッパライだと思う。


〜〜〜次は利権に絡む金作りである。

テレビの電波は総務省が認可するものだから、テレビ局にまつわる利権の話は
沢山あるが、小沢氏の絡んだ話もキチンと存在している。

90年のフジテレビ系列「岩手めんこいテレビ」の設立には小沢氏が深く関与
していた。どこにこのテレビ局を置くかで水沢市と揉め、小沢氏が関与する。

この開局騒動で「めんこいテレビ」株の架空株主疑惑があった。

株主として登録された13人のうち、小沢氏の選挙区内の人が10人いたが、
それらの人は取材に対し「小沢事務所から出資依頼があったが、高すぎたので
断った」「出資した記憶はない」「名義を貸しただけ」という話で、総額5億
円を超える株式は誰のところにあるのか分からない。

===テレビ局開局を巡る小沢氏の便宜供与に局側が応えた、というのが妥当
な見方であろう。

決め手は、田中角栄以来の、得意とするゼネコン利権に関わる金作りである。

岩手には、小沢氏を支援する「欅の会」という団体があって、地元の大手ゼネ
コン幹部が団体役員に就任している。選挙では当然集票マシーンとして働くわ
けで、

95年には、新進党から元建設官僚の増田寛也氏を知事選候補として擁立し、
当選させている。96年には衆議院議員選で達増拓也氏を初当選させている。
----達増氏は現岩手県知事----

このように、地方自治に小沢氏の息の掛った人物を配置して、県内の工事に力
を働かせる構図となっている。だから、他府県の西松建設は最高の配慮をしな
くては工事受注ができなかったのであろう。

西松建設は、給料天引きで政治団体に寄付をし、その団体から小沢氏に政治資
金として寄付をしていた。これは、禁止されている団体献金である。

また、会社は異なるが、岩手の工事受注に応えて水谷建設は直に現金を秘書に
手渡している。渡した日、渡したホテルが小沢氏秘書の手帳に書いてあったと
報じられている。

かくのごとく、利権を使っての資金調達がなされていると考えられる。


〜〜〜そして最後は、

永田町の不動産屋といわれるほどの、不動産売買による利益の捻出である。過
去の不動産値上がり時代にはこれが大きな収入源になっていた。

ーーーこの流れの中に、宜野湾市反野古の基地近くの土地購入がある。普天間
基地が移設となれば値上がりして、多分、過大なる利益が出たであろう。


このようにして作り出したお金は、主として秘書の活動に消えていくのであろ
うが、いろんなところで少しだけ語られているように、新人議員の選挙活動へ
の小沢氏秘書の支援活動は凄いらしい。

応援は半端ではないし、手取り足取り援助する上に、資金の面倒も見ているの
ではないかという人もいる。そういう支援が、小沢氏の「政治は数、数は力、
力は金」のベースとなるものを作り出しているである。だから、

今回も小沢氏の擁立した候補には、秘書がピッタッとついているのだ。

実際に、元自民党衆議院議員の早川忠孝氏のブログでこう書いている。
┌--------
さて、今、全国を見渡して、どこに選挙のプロがいるか。何といっても小沢氏
の秘書軍団であろう。私自身は一度もお目にかかったことはないが、新人候補
者陣営にとって彼等ほど役に立つ、頼りになる存在はないはずだ。

多分、彼等は表に顔を出すことは少ない。(中略)選挙の終盤にはさっさと選
挙事務所から撤退してしまうので、多くの人は、どこの誰やらも知らない。
└--------

さて、このような能力を保持する小沢氏が、今後どういう動きをするのだろう
か。6月8日の産経「正論」欄で屋山太郎氏は、「小沢氏に『再起』の機会は
ない」という一文を投稿している。要旨は、小沢氏のやっていることは、
┌--------
1.日米外交の重要性を分からず、

2.自身の政治と金の問題で鳩山内閣支持率を急下落させ、

3.民主党静岡県連が小沢氏の指示を拒否したことで、政党助成金の4人への
  配分を止め、

4、党の政策調査会を廃止して陳情は幹事長室だけで受付、結果を政府に持っ
  ていくが、それはプロセスが不透明な小沢氏のご宣託である

5.小沢氏は中国、韓国への「贖罪意識」を抱く一方、心情的反米主義者で、
  国家観も無ければ、歴史観も無い。この人物が党の全権を握って暴走させ
  た。

6.岡田代表時代に子供手当1万3千円を、他の手当を廃止する等して捻出し
  たものだが、選挙に勝つには「倍だせ」と号令して2万6千円にした。選
  挙に勝つ為には何でもばら撒く、財源は後でどうでもなるという発想だ。
└--------
という小沢氏の悪辣な面を述べ、
┌--------
代表選挙にあたって支持を求めてきた菅氏に、前原誠司氏は、1)小沢色の払
拭、2)党人事の掌握、3)日米外交の立て直しーの3点を挙げ、菅氏にも異
論はなかった。

この路線に賛成した291人が菅氏を担ぎ上げた。権力とカネを手放した小沢
氏に、もはや再起の機会はないだろう。与えるべきでもない。
└--------
と言っている。

しかし、小沢氏は復活に着々と歩を進めている。

6月12日に熊野古道を散策した小沢氏は「古道を歩くと身も心も再生する。
自分をもう一度洗い直し、全力で努力していく」と述べたという。

菅首相の消費税10%発言に対する反対表明は、復活の足掛かりを意図しての
ことに違いない。

屋山氏と対照的なのが、佐藤優氏である。

最近刊行された副島隆彦氏との共著「小沢革命政権で日本を救え」では、剛腕
小沢氏でなければ官僚国家からの脱出はできないことから、小沢氏に再び政権
に復帰してもらいたい論を述べている。

しかし佐藤氏は、脱官僚国家を目指して言っているのだが、現在の官僚支配の
悪く出ている面は税金を無駄に使うところであり、修正はできつつあるのだか
ら戦前の軍部のように日本を破滅に導く道ではない。ーーーとする。

しかし、小沢氏に政権を取らせたら、彼の媚中、媚韓の果てに、中韓の属国と
なる道を歩むことになる。どちらが日本国民にとってまだしも耐えうることな
のであろうか。

===私は佐藤氏の論には反対である。

さて、目下の参議院議員選挙の行方は定かではないが、民主党が過半数を取れ
ないことだけは確かのようである。予想では52議席あたりらしい。もし、こ
の議席だった時には小沢氏はどう動くのであろうか。

小沢氏の現在の弱点は、幹事長をしていた時のような集金力が時間と共に薄れ
ていくことであろう。小沢氏から金がなくなれば、彼の力は並以下の政治家に
なる。===なぜなら、

国民的人気がないのだから、金の切れ目が政治家生命の切れ目である。

そして、いくら金を持っているといっても、年10億掛るのだから、集金力が
弱い状態で長期間耐え得るような資金の蓄積はないだろう。それは、麻生氏や
鳩山氏のような、金を貢いでくれる親族のような団体がないからである。

だから、小沢氏は集金力の生まれる地位を求めて動かざるを得ない。それは、
代表か幹事長のポストを自分ないしは濃厚に息の掛った人間に取らせることで
ある。===それがないと小沢氏はジリ貧となる。

まず9月の民主党の代表選が始まりではないだろうか。

この選挙に小沢氏が自ら打って出る可能性も、少ないだろうが存在する。それ
は、傀儡を立てたのでは票が集まらないからで、代議士のみならずサポーター
を入れた選挙だから、小沢氏の人気はそれなりにあるとみるべきだろう。

現に、サポーターを、小沢シンパの議員の手で架空登録してまで増員している
情報も流れている。しかし、菅氏が首相になった時の支持率の回復の度合いを
見れば、小沢氏が国民から嫌悪されていることは明らかだ。だから、

当選したらしたで、民主党の問題が噴出する確率は低い。党が割れる危険性が
ある。

もし、9月の代表選で権力を掌握できないときの小沢氏は、影響力を行使でき
る人を連れて党を出るだろう。そして自民党や小政党に手を突っ込んで分断、
合併してそれなりの人数の政党を作るものと思われる。

ーーーそのための資金は必ず持っているはずだ――――。

したがって屋山氏の言うように政界から影響力がなくなるようなことはない。

また、混迷の新たな10年が幕を開けるのである。疫病神とは、ほんに彼のこ
とであろう――――。


                        = この稿おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「悶死?それとも復活?(後編)」

◆−賛成
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0032856A1f6f9
◆−どちらかというと賛成
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0032856A2dc1d
◆−どちらともいえない
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0032856A39939
◆−どちらかというと反対
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0032856A4f7c2
◆−反対
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0032856A5a507
◆−よく分からない‥
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0032856A6fbe5
◆−興味がない‥
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0032856A7d8f1
○結果を見る
┗ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0032856C122a
○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0032856P00C596f

締切:2010年07月10日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

感想やご意見はアンケートをクリックしてコメントボードにも書けますが、
この下のメールで、直接編集部へ送っていただくこともできますよ〜♪

 ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│「悶死?それとも復活?(前編)」読後アンケート結果。
└─┘
◇ 悶死しろ! ------------------------------------------ 54人 (74%)
◇ 続きが楽しみだな〜 ----------------------------------  9人 (12%)
◇ まあ本人次第で‥ ------------------------------------  5人 ( 7%)
◇ 復活してくれ! --------------------------------------  3人 ( 4%)

◇ よく分からない‥‥ ----------------------------------  0人 ( 0%)
◇ 興味がない‥‥ --------------------------------------  2人 ( 3%)

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│ お寄せいただきましたご意見や感想。
└─┘
┌──────────「防人さん」

自分で作った法案で、抜け道も盲点も熟知していれば証拠なんて残さないだろ
う。天下国家を語らない政治家なんて要らない。

└──────────
 ▼
┌──────────「紋起さんから」

そのとおりなんですね。弁護士を目指していただけあって、結構法律には詳し
いところがあるのでしょうね。抜け道、盲点をちゃんと考えながら作っている
のだと思いますよ。

ーーー金丸、田中の衰亡の有様を間近に観察してますからね。

しかし、権力を握って何をやるのか語らない政治家は要らないのは確かです。

└──────────

┌──────────「:○△×さん」

何が言いたいのか解らない。後篇に期待してみるが…。

└──────────
 ▼
┌──────────「紋起さんから」

すみませんです。小沢氏の半生を書いたように思われたかもしれません。

(それ程詳しくもないですが)私自身が疑問に思っていた、あの力はどこから生
じるのかなどを理解するには人となりが重要ですので、ついついその面に執着
し過ぎていたかも知れません。

└──────────

┌──────────「房ノ助さん」

日頃よりお世話になっています。

『バラマキ政治から脱却する時─国際派日本人養成講座JOG(611)』
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h21/jog611.html
が、第1352号で記載されました。

既に把握されていると思いますが、
『バラマキ政治は国家衰亡への道─国際派日本人養成講座JOG(653)』
は同じく参考になりますので、取り急ぎ連絡します。

該当のアドレスへジャンプできると思いますが。
http://archive.mag2.com/0000000699/20100620080000000.html

└──────────
 ▼
┌──────────「紋起さんから」

情報ありがとうございます。JOG653も読んでおりましたが、忘れており
ました。なるほど関連がありますね。世に言う「タダほど高いものはない」な
んでしょう。

ドイツなどが結局タダに釣られて国民は大きな犠牲を払ってます。日本もそう
ならないような賢さが必要ですが、オレオレ詐欺に未だに引っ掛かる人が後を
絶たないようですから、心配です。

└──────────

└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「坂の上の雲を」▼ 過去記事はこちら!
 http://aizax.fc2-rentalserver.com/argue3/monki.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ インド事報 ▽▼


☆ 日印給料比較/ある青年のインド挑戦 ―――――――― はぐれ雲さん


インドに将来の夢を抱いている青年(26歳)、先月末インドに旅立った。初め
て行くインド、バックパッカー3週間の旅である。

某一流大学を卒業後、某企業に就職したが人生観が合わず退職、自らの道とし
てインドを選んだ。ーーー暗中模索・霧中の時を過ごしていたときに偶然知り
合った青年である。

先月、某海外旅行会社からの「インド駐在員としての採用」という誘いに、先
ずはインドへ行き、インドを知ることが重要と誘いを受けたらしい。

採用条件は駐在費・通勤費等全て込みで、月15万円≒75000ルピー。

今回のバックパッカーはその準備とか…。

インドで働く為には、当然、アパート代、通勤費、通信費、電気代、水道代等
は最低かかる。それに所得税がかかる。年16万ルピー以上の収入がある者は
所得税を払わなければならない。

月給15万円の場合=年収約90万ルピー、所得税は計算上17万4千ルピー
かかる。更に、外国人にも従業員積立基金の加入が義務付けられており、給料
の12%=年間10万8千ルピー)を積み立てなければならない。

----積立てられた基金は、将来的に倍になって戻ってくるが…。

残金は61万8千ルピー。その中から衣食住等の生活費や通勤費・通信費など
を捻出しなければならない。家賃が月5万〜20万ルピーもする豪邸に住んで
いる一流企業の駐在員にとっては‘不可能’と思うに違いない。

だが、額面で年収90万ルピーは、インド社会では高給取りの枠に入る。

インドの一流企業の一流大学卒初任給は年収20万〜30万ルピー、課長クラ
スは50万ルピー以上、部長クラスは100万ルピー以上、これが今の相場だ
ろう。

因みにニューデリーの1世帯年収平均は約30万ルピー、----インドでは平均
の数字はあまり意味はないが----インドで最も世帯収入が多い地域、その平均
世帯収入の3倍を貰う‘単身者’なら、どうにかなるだろう。

インド人なら月給7万5千ルピーで十分楽に暮らせる筈なのだが、生活地盤が
なく、文化・慣習が違い、生活・自然環境も極めて厳しいインドで生活するの
は、外国人、特に日本人には厳しいかも知れない。

日本国内の就職活動は年々厳しくなっている。

各企業の採用枠は、合理化や海外移転により狭まっている。今後、飽和状態の
日本市場から海外市場、特にアジア市場に脱出する企業は益々増えてくるだろ
う。グローバリゼーションの動きも年々加速している。

日本企業への就職活動の競争相手は日本人だけではない。海外で現地人を採用
する企業も増えている。今後、海外現地での活用を目的とした‘現地人並みの
条件での日本人採用’が増加するだろう。

ーーー先ずは英語能力が不可欠の条件となる。

他方、問題は一流企業の駐在員、日本勤務の時の「手取りネット」を最低補償
してくれなければ、僻地転勤を快諾するサラリーマンは皆無だろう。

一流企業のニューデリー日本人駐在員一人当たりの年間経費は2千〜3千万円
≒1千万〜1千5百万ルピー)が普通、これが実態である。

インドに行きたがらない一流企業の社員は多い。一方、インドに活路を見出そ
うとしている若者は着実に増えてきている。これをどのように調和するか、各
企業の人事部の腕の見せどころだろう。

インド政府は、数ヶ月前に就労ビザ取得条件を変更した。

年収最低2万5千米ドル≒2百25万円)が新たな就労ビザ取得の条件となっ
た、月15万円=年収1百80万円)では就労ビザが下りない。===青年は
帰国後に就職予定先との条件交渉が必要になる。

「無事に帰れたら」「インドには2度と行きたくない」と言わなければの話だ
が…。

ニューデリー地域のモンスーン入りは一週間ほど遅れて今週になったそうだが
この時期に3週間のバックパッカー、何もハプニングが起こらない筈がない。


〜〜〜今頃、腹を壊しているかも知れない。帰国後の報告が楽しみである。


                        = この稿おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールで、直接編集部へお送り下さいね〜♪

 ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「インド事報・インド徒然」過去記事は ▼ こちら!
 http://aizax.fc2-rentalserver.com/repoas/06haguregumo.html

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「はぐれ雲さんのブログ」→ http://dankaisedai.iza.ne.jp/blog/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 中国一口小ネタ ▽▼


☆ 親バカに国境無し ――――――――――――――――― 上海のFさん


この前、同僚の女性(母親)との出張の帰りに、その小学校まで女性の息子の迎
えに行きました。

そして、その息子を乗っけて彼女の家に向かう途中、

私「ねえ、彼女は何人いるの?」←以下女性が通訳する(^^;

息子「40人!」

私(と母親)「えっ?!そんなにたくさん??」
----こいつ、ストライクゾーンが広すぎや----

ーーーと思ったところ、

息子「ねえ、彼女ってどういう意味?」
そこで、母親、息子に説明をする。

そうすると、息子さん、急にもじもじして、

「1人かな・・・」と話してくれました。

まあ、小学校1年生ともなれば立派な「男子」ですね(^^

と、家に近づくと、

「私の息子、カッコいいでしょう!!」と突然のたまった。

なんの脈絡もなく・・・普通言うか??

まあ、親の気持としては理解できるのですが〜〜

〜〜〜「親バカ」って、国とか関係ないんですね〜〜〜(^^v


                           = おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールで、直接編集部へお送り下さいね〜♪

ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│「深謀遠慮?!」お寄せいただきましたご意見や感想。
└─┘
┌──────────「kanatake-docさん」

その女の子を我が塾にスカウトしたい〜(^◇^) 

└──────────

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 読者の広場 ▽▼


┌──────────「上海Fさん」

上海オフ会報告〜〜〜 え〜〜、幹事の上海Fで〜〜〜す。

6月30日(水)、無事にオフ会を開催することができました。

ここのところ、上海も梅雨模様でしたが、当日は、何とか晴れました。これもOJINさんの執念でしょうか、、、。

今回の参加者は男性のみ8名。そのうち、初めて参加された方が2名でした。

まあ、男性だけだったので、話題はより硬派から「下流」ネタまでオープンに
展開しました。ーーー最近の中国で発生しているストライキについてとか、流
石参加の皆さん、中国の第一線で戦っている人達だけあって、結構鋭い意見が
出るなど、かなり盛り上がっていました。

とまあ、こんな調子で約2時間で無事お開きとなりました。

一つ残念なことは、当初参加予定だった、わらわらんさん、大陸流浪人さんが
お仕事の都合で参加できなかったこと。〜〜〜次回は是非ご参加くださいね!

オフ会概要:
┌--------
実施:6月30日(水)午後6時30分〜
場所:小南国焼肉(仙霞路店)
会費:200元/人
参加:OJINさん、RYU さん、かっぱえびせんさん、上海ぐらしさん、駐日営業
   部長さん、shanghaihiroさん、earlywalkerさん、上海のFさん
└--------
以上でした・・・

んっ?!

OJINさんがいる限り、ここで終わるわけがありません!!
 ↓
 ↓
当たり前のように2次会に突入です。

RYU さん、かっぱえびせんさんは用事があり参加されませんでしたが、その他
のメンバーは当然のように参加しました。

場所は毎度お決まりの、日式クラブ「あざみ」(ノーチップ制)

〜〜〜皆さん自慢のノドを披露されていました。

まず駐日営業部長さんが「野暮用(^^;」でお帰りになり、翌日朝早くから仕事
のある、early walkerさんと私は12時前ぐらいにおいとましました。

その後、どのようになったかは「神のみぞ知る」ですね〜〜〜

オフ会(2次会)概要:
┌--------
実施:6月30日(水)午後10時〜
場所:日式クラブ「あざみ」(ノーチップ制)
会費:300元/人の飲み放題
参加:OJINさん、上海ぐらしさん、駐日営業部長さん、shanghaihiroさん、
   early walkerさん、上海のFさん
└--------
ということでした(^^v

OJINさん、中国で6月30日は半期〆日です。次回は、もうちっと暇なときに
しましょうネ!!

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

その後どうなったかって・・・ねえ、

最後のマイタン♪になったら、先に帰った3人のうち、誰かが酔っ払っていて
払ってってない!?

ーーー美貌の麗那ママ姫に攻め立てられたかわいそうな OJIN めが、泣く泣く
払わされたんでございます〜

誰だ!こら! 飲み逃げした酔っ払いは!

└──────────

┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

紋起兄、いや〜〜〜暑いですね〜〜〜

わたしは自然体健康法で、エアコンとか使わない主義なので、汗がダラダラ。

昨年は、汗がノートパソのキーボードに落ちて使用不能になりました―――。

└──────────
 ▼
┌──────────「紋起さん」

暑さに対応するのにクーラーを使わないのは私もそうでして、この会社の製品
はそれなりに評価しています。→ http://www.rakuten.co.jp/pc2b/

寝る時は、風眠(ベッド)、空調座布団は机に向かっているときは重宝していま
す。

原理は、プラスチックでできた空間を緩い風が一方向に流れているので、布団
や椅子に熱が溜まらないため蒸れる感じがしない、ことです。

└──────────

┌──────────「lenyさん」

「踊るアホウに踊らすワルの狂想曲」に
 http://aizax.fc2-rentalserver.com/repo/001100_068.html

中国残留孤児利権は満州軍属・満州棄民の利権だったと思っていたのですが、
福建省にも中国残留孤児の方がいたんですね。そこんところから不思議なんで
す。

中国の民衆は、政府が異なるだけで、アメリカの保守層と同じように政府から
極端に自律的でしょう? 日本では逆に「私法」は極端に制限されていますの
で馴染まない人が多いと思うのですが、どうなんでしょうね。

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

「中国残留孤児利権は満州軍属・満州棄民の利権」←??

「中国残留孤児問題は旧満州地域の問題だと思っていた」の、間違いなのでは
ございませんか? それとも、

混乱の中に捨て残された残留日本人に、いま現在、何等かの利権でもうまれて
いる、と考えておられるのでしょうか?=ようやく帰国できるようになったこ
とが利権?!ーーーだとしたらそれは、あまりにも情のないエゴイスティック
な考え方なのではありませんか。

残留孤児は、福建省のみならず、戦前戦中はほぼ中国全土に日本人が暮らして
いましたから、ソ連軍が急襲してきた満州ほど多くはなくても、どこでも起こ
りえた問題でしょう。

「中国の民衆は」から以下の部分も意味が判りかねます。

└──────────
 ▼
┌──────────「lenyさん」

実際に、高齢化してからの日本永住の為、言葉でも文化でも孤立しがちですが
その為に行われている施策は、金銭的には充実しているのに、内容が「中国残
留孤児」とされる方々を日本に受け入れる制度とはなっていません。

結局、生活保護が必須な方々である為に、周辺団体の存在理由として政治家の
票田としての囲い込みのみが激しくなっています。

また、日本に溶け込めない為に、その介護に「家族」を招致せざるを得ない、
ということで家族招致が盛んに行われた結果は、「中国残留孤児」3千名弱と
その家族2万名弱の、日本語が理解できない、文化的にも孤立したエスニック
集団の形成になっています。

その三世に至っても馴染めないのは、どう考えても制度がおかしい――――。

住み慣れた中国に居たままでの援助では何がいけなかったのでしょう? 定期
的な日本への訪問では何がいけなかったのでしょうか?

「中国残留孤児」の問題解決手段として、誰も「当人たちの幸せ」を真面目に
考えてこなかった結果としか言いようがないでしょう。もし、中国で日本人差
別を受け続けていて日本へ避難してきたのだったら、それは中共の政策の誤り
です。

帰還運動の先達者である元朝日新聞記者にせよ、「情」と「自己満足」で動い
てきたのではないかとしか思えないんですよ。本当に「中国残留孤児」の方々
の事を考えていたのか甚だ疑問です。彼らの希望を一方的に叶えることが彼ら
の為になると考えていたのでしょうか?

同和問題にせよ、在日問題にせよ、移民問題にせよ、また所謂「従軍慰安婦」
の問題にせよ、当人たちの「生活」「幸せ」とは無縁な周囲の活動が多すぎま
す。結果として「当人たちへの批判」→「孤立」しか生んでいません。

この手の周囲に存在する「利用者=利権」の存在は断固として排除していくべ
きだと思っています。

┌--------
残留孤児は、福建省のみならず、戦前戦中はほぼ中国全土に日本人が暮らして
いましたから、ソ連軍が急襲してきた満州ほど多くはなくても、どこでも起こ
りえた問題でしょう。
└--------
日本で「中国残留孤児」とされている方々は、旧満州国に国策で移民として移
住した当時の戸籍のある人だけの筈です。違いましたっけ? 違っていれば認
識を新たにしなくてはなりません。

平成20年以降に樺太等からの帰国者に拡大された「中国残留邦人等」に彼女
ら福建省出身者は含まれない筈ですから、移動の困難な中共の政策の中で、ど
のような経緯で東北から福建へ移動したのかが不思議なんですね。

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

ーーーまず大前提は、「中国残留孤児は日本人なんだ!」ということです。

異郷で育てられ言葉や文化が異なってしまったとしても、彼ら彼女らは紛うこ
となき「日本人」なんです。異郷の荒野に置き去りにされたこの人々には責任
などありません。

幸運にもたまたま内地(ってお分かりですよね‥)に在ってそうした運命に遭わ
ずに、復興と繁栄の僥倖に恵まれた我々が、置き去りにされて辛酸を舐めなけ
ればならなかった彼ら彼女らを、今また置き去りにしてもいいのでしょうか?

生活保護で賄う云々よりも、今までの労苦に対して、自分の祖国でちゃんと生
活できるようにサポートするのが当たり前ではないのでしょうか?

今回の記事で「?」と感じたのは、帰国残留孤児らしい書き方をしているのに
「帰化日本人」と書いてあったことでした。

「残留孤児は日本人」ですよ!日本人が帰国したら帰化しなければならない?

北京の日本大使館領事部の各種申請受付窓口は「中国人用」と「日本人用」と
に分かれています。

「自分は残留日本人孤児です、認めて下さい」と申請する書類はどちらに出す
のかご存知ですか?ーーー「日本人用」の受付窓口へ提出するんです。

今回、帰化したと書かれた2人の老婦人が残留孤児だったのならば、そもそも
「帰化」日本人なんかではありません。日本人です!

「旧満州国に国策で移民として移住した当時の戸籍のある人だけの筈」という
のはお間違えではありませんか?ーーーではその他の地域で置き去りにされた
日本人は、日本人として帰国することもできないのでしょうか?

ーーーだとすればそれは国のやり方がおかしいのであって、問題とするべきは
その、国の施策のほうでしょう。そんなことがまかり通るならば、横井さんや
小野田さんはどうして帰国できたのでしょう。+&帰化なんかしていません。

当時、大人と幼児だったから、なんていうのは理由にはなりません。

「もし、中国で日本人差別を受け続けていて日本へ避難してきたのだったら、
それは中共の政策の誤り」ーーーかつての敵国人‥の子供を育ててくれた恩を
顧みずに中共の政策の誤りをならすのなら、それは‥非人の世界の論理でしょ
う――――。

└──────────
 ▼
┌──────────「lenyさん」

感情的に現実の生活を処理しようとするから誰も幸福にならないのです。

日本国内ですら、地縁血縁のなくなった出身地に定年退職後に帰省したものの
わずかの間に都市に戻ってくる人が多い現実を見れば、ノスタルジーでは誰も
幸福など得られません。この政策は誰のためのものなんですか?

われわれの自己満足で「中国残留孤児」の方々の生活と老後を「夢想の中」に
落とし込んで、日本国内で孤立させたのは、その手の「感情的正論」です。こ
れは断言して良いでしょう。

いったい老玩童 OJIN さんは彼らを日本国内に移し、国が金銭的援助を行えば
お終いだと思ってらっしゃるのでしょうか? どういう受け入れ態勢が必要だ
と思っているのです?

今更ですが、なぜ、中国での生活基盤を確立するよう支援しなかったのか?
何故、中国政府に対してその差別待遇があった時期を指弾しなかったのか?

養育して下さった中国人の方々への恩と、中共の人非人な対応をごっちゃにし
ていませんか?

血統的な日本人であっても、文化的基盤は「中国」です。彼らの生活基盤は中
国にあり、恩を受けた中国の両親、兄弟姉妹へは中国で恩返しするほうが筋が
通っているのではないですか? その恩返しが日本での「在留許可」なら筋が
違います。

恐らく、元朝日新聞記者の方と同じく「贖罪」を前面に出す限り、中国残留孤
児の方々とその関係者の方々の幸せは無視されたままで推移するでしょう。

中共政府は、東北地方の住人に政府を通さない資金が流れる事を嫌っているか
もしれませんが、日本国が行うべき事は「中国残留孤児」の人たちが生活した
地域への投資を通して、「中国残留孤児」の人たちが住みやすい環境を整える
事と、いつでも来日したいときに来日できる制度を作ることだった筈です。

こうした間違った対応が前例となり、次々に不幸の連鎖を呼んでいます。まだ
高齢とは云え存命の方も多いのですから、今からでもやり直したほうが良いで
しょう。

└──────────
 ▼
┌──────────「ana5さん」

〜〜〜チャチャ入れます。
┌--------
まず大前提は、「中国残留孤児は日本人なんだ!」ということです。
└--------
国民を守れない国家に何の価値があるのでしょうね。

└──────────
 ▼
┌──────────「RYU さん」

〜〜〜横からすみません。

日本人の孤児を育てて下さった中華人民共和国の国民には、まず、感謝してい
いと思います。両国政府がどうあれ、大人になるまで、ただ“可哀想だから”
の一念だけですからね。

だいたい、当時は日本が今のような国になるなんて解らない上、内戦で自国=
中華人民共和国)自体もボロボロだったんですから、その優しさは大切に思い
たいですね。

で、lenyさんご提案の「いつでも帰国したいときに来日できる制度」は、初め
からあります。----というか、日本のパスポートを所持できますから、勿論い
つでも“帰国”できます----

身元が判明し、身寄りがあっても無くても、仰るように生活基盤の関係上で、
中華人民共和国国内に残った方も大勢いるのも事実です。総ての方が、日本に
帰国した訳ではありません。

ただし“いつでも帰国したいときに来日できる”といっても、日本に永住帰国
しなかった場合、以降の渡航費等は国は持ってくれません。日本国内の親族が
出し合ってたまに帰国している方も見受けます。

結局のところ日本国が面倒をみるのは帰国者が中心の制度なので、そこは難し
いところです。

また、この帰国者の生活については、残留日本人孤児帰国の調査が開始されて
からずっと問題があり、帰国後の帰国者の面倒は各自治体がみなければならな
い制度なんです。

===お国は、調査費用は持つが、帰国後は各自治体任せなんですね。

で、結局、制度を整備しない、または、体面だけ繕う自治体が多く、帰国者が
孤立してしまうのは致し方ない実情も多くあります。ーーー時間が解決するだ
ろう、と思っているみたいです。

ですから、国も自治体も今更やり直すつもりはサラサラありません。

で、そんな内容は、マスコミはあまり“面白くない事実”なので報道は殆どし
ません。ーーーたまに、ネタがない時に流す程度です。

└──────────
 ▼
┌──────────「中国人大量保護申請…48人呼んだ姉妹の心境は」

日本人姉妹の親族として5〜6月に来日した中国人48人が入国直後に大阪市
に生活保護を申請した問題で、姉の林愛英さん(79)と妹の珠英さん(78)=
ともに同市西区在住=が4日、読売新聞社の取材に通訳を通じて応じ、

「私たちには日本人の血が流れている。中国でつらい時代を生き抜いてやっと
来日が認められたのに、入国目的を疑われるのはつらい」と心境を語った。

姉妹によると、母親は福岡出身の日本人。

1926年、中国人の夫と中国・福建省に渡り、愛英さんら10人の子どもを
もうけた。干し芋で食べつなぐ貧しい生活。

戦後は日本敵視の風潮が強まり、一家は迫害を受けた。父親は激しい暴行を受
けて衰弱し、死亡。愛英さんは「私も息子たちも『日本人は出て行け!』と、
よくいじめを受けた。こん棒で殴られ血まみれになったことも」と振り返る。

そんな時、母親は「日本人はみんな親切。いつか一緒に日本に帰ろう」と繰り
返していたという。

日中国交正常化=72年)後に中国残留邦人に帰国の道が開かれ、母親も97
年、約70年ぶりに帰国。しかし、出生届が出されていなかったため、日本国
籍を取得できないまま、母親は1年後に日本で病死。ーーー姉妹は電話で悲報
を知らされた。

中国帰国者を支援してきた空野佳弘弁護士(大阪)が代理人となり、2008年
11月、DNA鑑定で日本人との血縁関係がようやく証明され、姉妹は日本国
籍を取得。姉妹と兄、その子ども計10人の家族、合計56人の入国も認めら
れ、期限の6月までに次々と来日した。

先に入国した家族が外国人登録した際、区役所の窓口で生活保護制度を知り、
後に来た家族とともに申請手続きをしたという。

「息子たちの仕事が見つかれば申請は取り下げるつもりだった」と姉妹。

先月末に自転車組み立て工場などに息子ら3人の就職が決まったが、大阪市か
ら入国目的を問題視された影響で、すべて断られたという。

愛英さんは「日本はいい国だと聞かされずっと移住したいと思っていた。やっ
と家族で平穏に暮らせると思ったのに」と涙ぐんだ。

└──────────(2010年07月05日 読売新聞)
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

やっぱり残留孤児だったですね。しかし、

「しかし、出生届が出されていなかったため、日本国籍を取得できないまま、
母親は1年後に日本で病死」
┌--------
出生の時に父または母のいずれか一方が日本国籍を有していた場合、または本
人の出生前に父が死亡し、かつ、その父が死亡の時に日本国籍を有していた場
合にこれにあたる。
└--------
いくら中国だって出生届はあるぜよ。福建省の田舎でいい加減だったのかな?

「日本人との血縁関係がようやく証明され、姉妹は日本国籍を取得。姉妹と兄
その子ども計10人の家族、合計56人の入国も認められ」

「先に入国した家族が外国人登録した際」←日本人と認められたのに、なんで
外国人登録が必要なんだ? 日本人の孫・曾孫[ひまご]は日本人じゃないのか
いな?

福建省の大部分は広州領事館管轄のはずだけど、日本のパスポート発行が間に
合わず中国のパスポートで来日したのか? ならばビザとの整合性はどうなる
の?

ーーーなんだかまだよく分からない、情緒的な書き方の記事でございます。

└──────────

┌──────────「RYU さん」

残留孤児の件、ちょっと熱くなり過ぎでは?

残留孤児の件は、新たな情報が出ていましたね。思った状況と少し色が違うよ
うですが、どこまで事実か解りませんし、

実際には、総て=残留孤児の、調査・帰国事業・アフター)において感情論が
先に立ちすぎて、実際に本人達の感情は少しぼやけている感を強く感じます。

実は私の遠い親戚にもおられたのですが(黒竜江省)、結局帰国せず(当時80
年代中後半)初めの頃は毎年日本訪問してきていたのですが、年々無くなって
いき、今では疎遠(お互いが音信不通)になってしまったよです。

また、ある残留孤児の方(天津市)は、日本帰国後すぐに定年になり、すぐに年
金生活。帰国時、お子さんが高校生だったのですが、その子は今では立派に社
会人(現30歳)として活躍しています。

この方々は、他の帰国者と全く連絡を取らず、懸命に現地(或る田舎の村)に溶
け込み、頑張ったそいうです。

というのも、帰国者同士で集まってしまうと、どうしても日本の現地社会に溶
け込まなくてもいいような感覚に陥ってしまうからだそうです。ーーー現実は
そのような方が多い(というか大多数だ)そうです。

└──────────

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールから、直接編集部へお送り下さいね〜♪

ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573


┏━━━━━━━━━━「(^^) OJIN です(^^)」

「判決は個人的思い込みのゴタクではない!」として、マスコミニュースの誤
りを正す一文を書きました。〜〜〜けどこんなのは OJIN の専売特許ではあり
ません。

皆様からも、同じような手法での投稿を期待するものでございます。----いや

投稿といいましても、記事としての体裁を構えたものである必要はさらさらご
ざいませんですよ〜 そういうのはhideおじさんや紋起さんやRYU さん、他の
ライター陣にお任せして、

何気なく目にしたニュースで「おいおいじょーだいじゃないぞ!」「いや〜い
い話だな〜」「これはおかしいんじゃないか?」などと、感じられたそのまま
をひと言添えて頂く。

===そういうのならば「よし!オレも!」でございましょ〜〜〜(^^)

こういう趣向で「読者の広場」を充実させてみようと企みましたが、さ〜て、

「ではオレが!」を、お待ち申し上げておりますでございま〜〜〜す♪(^○^)


┗━━━━━━━━━━

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ あとがき ▽▼


┌──────────「中国、ネット賭博も過熱…賭け金計1兆8千億円」

【北京=大木聖馬】中国で大規模なネット賭博事件の摘発が相次いでいる。

経済発展であふれるカネの一部がネット賭博に流れ込んでいる格好だ。

3日付の中国紙・新京報などによると、南部の広西チワン族自治区の公安当局
は6月末までに、インターネットの国外サイトを利用して、全国の顧客にサッ
カー賭博などをやらせていたグループ計79人を拘束した。

メンバーの住所は、同自治区や広東省など10省・市・自治区にまたがってい
た。

2006年以降、賭け金の総額は、中国の2010年の国防予算約5320億
元≒6兆9000億円)の約26%にあたる1400億元≒1兆8000億円
以上にのぼったという。

2日付の広州日報によると、広東省仏山市でもネット賭博が摘発され、賭け金
は2年間で約59億元≒760億円)に及んだ。

新華社通信によると、今年1〜6月にネット賭博事件740件を摘発し、計約
3600人を逮捕した。

└──────────(2010年07月04日 読売新聞)

うふふ、

国営ギャンブルを守るために、ダフ屋の摘発が厳しいようでございます〜(^^;

しかしその規模を国防予算と比べているところが面白いニュースですね〜〜〜

まあ、

国営ギャンブルネットワークの数値が発表されていないから仕方ないのかな‥

では、

はなはだ超大掴みながら、「アジアの街角から」が推計してみましょう♪(^^)

知り合いの国営ギャンブルネットワーク店は、

1ヶ月の売上が20万元〜30万元ぐらい・・・

まあ、20万元として、同じような鑑札のある店が政区内に約40店舗。

=20万元×40店舗=800万元≒1億2千万円。ーーーんで、

単純計算で当政区800万人で40店舗ならば13億人で6500店×20万
元=13億元×12ヶ月=156億元≒2340億円。

〜〜〜ホンマかいなこの予測〜〜〜(^^;


いずれにしても、お上のシェアを蚕食すればビシビシ取締られるのは、こりゃ
何処の国でも同じこと――――。


〜〜〜これからも延々とモグラタタキが繰り返されるんでしょうね〜〜〜


┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールで、直接編集部へお送り下さいね〜♪

ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ではまた、ホントに楽しい金曜日号でお会いいたしましょう。(^o^)丿

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃ ┌─────┐
┃ ☆ 月水金日 ☆ &≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
┃ │ (*^−^*) │ 発行元:Chinachips編集局 発行責任者:OJIN
┃ ☆ WEB 熱線 ☆ HomePage http://aizax.fc2-rentalserver.com/
┃ └─────┘
┃       ───────────────────────────
┣>配信ペース速過ぎ!内容つまらん!デカ過ぎ!って方は..以下で解除を
┃ 先ずここで⇒ http://aizax.fc2-rentalserver.com/common/mailmag.html
┃ 次はこちら⇒ http://aizax.fc2web.com/common/to_ka.html
┃ 最後はここ⇒ http://aizax.fc2-rentalserver.com/hongdi/to_ka.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    Copyright (C) 2001-2010 Chinachips. All Rights Reserved.
----------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-21  
最終発行日:  
発行周期:週3回(月・水・金)  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。