海外

≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡

中国やアジアの各地に暮らす人々が綴る、☆ビジネス情報☆ビジネスお助け中国理解情報☆息を抜けるお色気情報(?)☆中国三面ニュース噂話ーーーー硬軟混在、思わずニヤリとさせられる場面もたくさん!

全て表示する >

≪ WEB 熱線 第1324号 2010/04/26_Mon―アジアの街角から―≫

2010/04/25

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃ ┌─────┐ ┌──────────────────┐ + ☆
┃ ☆ 月 曜 版 ☆ ≪ WEB 熱線 第1324号 ≫2010/04/26_Mon  ++++ ☆
┃ │ (*^−^*) │ ├──────────────────┤ + ☆
┃ ☆ WEB 熱線 ☆ ―― アジアの街角から:亜洲街巷信息 ―― ++++ ☆
┃ └─────┘ └──────────────────┘ + ☆
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

┌―――――――――――☆☆ 今号の目次 ☆☆―――――――――――┐

│・寄稿記事 -------- 中国・経済開発区の最新状況 -------- 野崎精一さん

│・青年は荒野を目指 ひょんな縁でイスラエル〜 ---------- hideおじさん

│・紅いチャイドレ -- サボり中。<(_ _)>

│・読者の広場 ------ 尊野ジョーイさん・大陸流浪人さん・hideおじさん
│          上海万博当局からの注意事項(在上海日本国総領事館)

│・あとがき -------- 地震があったら見渡す限り瓦礫の‥

│〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

│・広告掲載はσ http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html

└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

◇―――――― 新しい読者の皆様、ようこそ!! (^o^)丿 ――――――◇

│1.週3回・月水金のお届けですが、月→水→金 という流れではなく、
│  「月→月」「水→水」「金→金」というサイクルになっています。

│2.タイトルは同じですが、月曜日号・水曜日号・金曜日号は、それぞれ
│  別々のマガジン、と理解してもらったほうが分かり易いと思います。

│3.ライター兼編集発行の私 OJIN とライターさん数人で執筆しています。

│4.内容の転載や引用は自由ですが、必ず「出典元の名称とURL」を併記
│  して下さい。一報頂ければこちらも案内リンクを架けさせて頂きます。

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 歴史から学ぶ現在 ▽▼


☆ 中国・経済開発区の最新状況 ―――――――――――― 野崎精一さん


この1年間、中国の東北華地域の経済開発区を回り、各地の経済開発区との接
触により、中国ならではの様々な貴重な体験をしました。

私が知りえた中国の経済開発区の最新情報を、皆様と共有しようと作成したし
ました。皆様の企業活動にお役に立てたら幸いです。
(さらに詳細の情報など、必要でしたらご連絡ください)

今回は、2010年3月16〜19日にかけて、中国・蘇江省の如皋市、南通
市、海門市の経済開発区を視察してきました。

現在この地域は、上海と長江で隔てられていますが、2012年までに上海直
通の新幹線と大橋がさらに2本の建設が始っています。(2009年に大橋が
1本完成しています)

これらの交通網が完成すると、上海までは車・新幹線で40分の通勤圏になり
ます。(今、もっとも旬な地域で、地価の高騰が始っています)

またこのエリアは、古くからの内陸部の河路と海路の貿易港として栄えた歴史
ある地域です。

1) 如皋市 http://www.rugao.gov.cn/ntrg/

3/16は、上海から昆山経由で車で3時間。昼に現地に到着後、如皋市経済
開発区の局長ほか地元企業幹部と会食。

この地域は、自動車部品会社が多く、部品市場があるそうです。

食後は、行政サービス機関で法人登記の手続きをおこないました。個人=外国
資本もOK)での設立になると、パスポート、写真、信用証明書があればすぐ
に手続きができます。手数料は1千元で、約1ヶ月間でできます。

2)南通市 http://www.nantong.gov.cn/

如皋市での手続きが終って、車で小1時間で南通市に到着。

夕食は、南通市経済開発区の副所長他と会食。

翌日の17日は、8時から市政府建物でビデオやジオラマを用いての説明を受
けました。=どの開発区も、このようなプレゼンテーションには費用をかけて
いるようです。

その後、実務話のテーブルでは、書記長、局長クラスが同席。クリーンエネル
ギー関係の企業誘致は積極的におこなう話を聞きました。=北京政府の政策で
補助金が出る為)

その後は、工場建設地を見学。

投資資金額に応じて、購入できる土地面積が決まります。1千万ドルの投資だ
と、購入できる面積は100ムー(6.7万平米)が上限になります。

一番重要なのは、開発区とこの土地購入金額を交渉する事にあります!!

この区の土地価格は23.5万元/ムー(1ムーは660平米)、×100ムー
=2350万元≒3億3千万円)

交渉次第では1/2になります。=開発区が誘致したい企業には安く販売しま
す。もし半額で入手すると、正規で購入する差額=1175万元)を銀行から
借入れができます。

これは、政府から発行される土地の借用書を得れば約1ヶ月で融資されます。
(しかも金利は0%も可能です。これも開発区が誘致したい企業など)

3)海門市 http://www.hmfzb.gov.cn/

17日の午後は、さらに車で小1時間の海門市に移動しました。ここは、すで
に開通している長江大橋のたもとに位置します。

すでに回った地域に比べると、経済的に遅れている感がありますが、新しくで
きる2本の大橋の中間に位置するので、今後の発達が期待できるところです。

この開発区のプレゼンを受けた後は夕食に招待され白酒の歓迎を受けました。

ここでは、私と同行した中国投資会社が、開発区にある不良債権(工場、建物)
を、ある交渉で無償で入手しました――――。

18日は、開発区の土地を見た後は、上海に戻りました。

※ 補足

どの開発区を回っても、クリーンエネルギー、バイオ、環境、農業関係の企業
を誘致したい、と共通していました。=中央政府の方針のようです)

電動車関係では、充電スタンドなどインフラの整備など計画しています。
ーーーまた、下郷政策で、農地地域で小型農機の需要が高いそうです。

未整備な13億人の市場なので、進出するチャンスは大いにあると思います。
また、会社設立に必要な資本金ですが、登記時には10%の金額でOKです。
設立後2年以内に、必要な投資金額になっていればいいわけです。

工場の建設費用ですが、

1)自分で建てる方法。(標準工場建設コストは800元≒1万2千円/平米)

2)開発区に建ててもらいリースする方法。(数元/平米/日)


                        = この稿おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

文 責:有)野崎デザイン 代表 野崎精一
お問合:e-mail nozaki-d@noza.jp 携 帯:090-1543-0853
http://noza.jp/noza-jp/index-jp.html

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールで、直接編集部へお送り下さいね〜♪

 ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│「教育勅語=江戸的良心と明治的向学心の結晶」アンケートの結果95
└─┘
◇ 同意 ------------------------------------------------ 59人 (86%)
◇ どちらかというと同意 --------------------------------  5人 ( 7%)
◇ どちらともいえない ----------------------------------  3人 ( 4%)
◇ どちらかというと不同意 ------------------------------  1人 ( 1%)
◇ 不同意 ----------------------------------------------  1人 ( 1%)

└──────────
┌─┬───────────────────────────────┘
│●│ お寄せいただきましたご意見や感想。
└─┘
┌──────────「1国民さん」

教育勅語の精神が活かされていれば、五体満足で働かない者や犯罪者の人権や
保護を、生活保護費以下の収入で苦しくとも真面目に働く国民、より優先する
ようなお馬鹿な政策はやらないだろう。

└──────────

┌──────────「緑の保守派の尊野ジョーイさん」

教育勅語は、日本人全員が暗記するべきだと思いますね。

場合によっては、世界中の人間に暗唱させるべき。

私は、予備校時代にケネディ大統領の就任演説を英語で暗記しました。その労
力を教育勅語に注いでいれば・・・

└──────────

┌──────────「hideおじさん」

Kinny さん いつも興味深いお話、ありがとうございます。

今回の「教育勅語」のお話については、私も07年11月9日版で「あたらし
い教育勅語の必要性」ということでお話させて頂いたことがあります。
http://aizax.fc2-rentalserver.com/repo4/045619.html

教育勅語の中身をちゃんと読んでみれば、非常にまともなことを言っているに
過ぎません。===今でも充分社会生活に通じる教えだと思っています。

親孝行しなさい、兄弟仲良くしなさい、友達を信頼しなさい、勉強しなさい、
何かあったら国と平和の為に力を尽くしなさい、等々、さらに、これらの教え
は世界でも通ずるものですと教えております。

これを恣意的に解釈して「戦争に繋がる教えだ」とか「天皇崇拝を強要してい
るものだ」とか言う連中こそ、道徳に欠ける連中でしょう。

天皇とか臣民とか出てくるだけで、他のことが見えなくなる連中が世の中をお
かしくしているのです。

ちなみにこの教育勅語は、イギリスで非常に高い評価を受け、さらに、これを
自国の教育方針の参考にしたという国もあったそうです。

日本の教育は、この教育勅語の意味するところから始めないとならないように
思います。

└──────────

┌──────────「福島の隠居さん」

江戸的良心とは、儒学ではなく心学であると思います。儒学とは儒教の日本的
「いいとこ取り」です。その選択の基準は、当然、日本的心性であり、それが
江戸時代に「心学」として結晶したのではないでしょうか。

仏教も儒教も日本に入って変質した、と、芥川龍之介は短編「神々の微笑」で
書いています。

ーーー「心学」が一般に知られていないのが残念ですーーー

└──────────

┌──────────「小長井奎幸さん」

教育勅語の現代語訳で『国内だけでなく外国においても間違いなき道です』

とされていますが。貴メルマガが推薦する斎藤吉久先生は、『内外』を『宮中
の内と外』すなわち『日本国内隅々』と解されております。

自分も目からウロコで、そのほうが、

『實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ、子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所、之ヲ古今ニ
通シテ謬ラス』

『皇祖皇宗ノ遺訓』と『古今ニ通シテ』のつながり、流れから、きわめて自然
に思われますが、いかがなものでしょうか。

└──────────

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「歴史から学ぶ現在」 ▼ 収載ページはこちら!
 http://aizax.fc2-rentalserver.com/repo7/71kinny.html

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「kinny さんのブログ」→ http://kinny.iza.ne.jp/blog/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ アナウンスメント ▽▼

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ 定年後は現役時代の技術を活かして中国で働いてみませんか?
└─┘ http://aizax.fc2-rentalserver.com/merit/091009.html

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ 収益を伴う業務の広告宣伝:メールマガジンへの掲載について。
└─┘ http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html#1/4

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ (中国やアジア関連で)収益を伴わない公告広報:メルマガへの掲載。
└─┘ http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html#free

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ 収益を伴う業務の広告宣伝:サイトページへの掲載について。
└─┘ http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html#webpage

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 青年は荒野を目指した ▽▼


☆ ひょんな縁でイスラエル〜 ――――――――――――― hideおじさん


みなさんはイスラエルと聞くと、中東戦争とかパレスチナ問題とかあまり良い
印象を持っていないとのではないでしょうか。ところが、イスラエルはという
と、数少ない(?)親日国家のひとつなのです。

ナチス・ドイツと同盟を組んだ為、アメリカ系ユダヤ人から憎しみの対象とさ
れたのも事実でしょうが、それでも多くのユダヤ人が日本に親しみを感じてく
れているのには理由があるのです。

その理由は、===ユダヤ人がナチスドイツに迫害され逃げ惑っている際に、
助けてくれた国が日本だったというものです。

以前ご紹介したと思いますが、杉原千畝(日本のシンドラーと呼ばれた外交官)
安江仙弘[のりひろ]=大連特務機関長、樋口季一郎=ハルピン特務機関長の3
名は、エルサレムの丘にイスラエル建国功労者として記念碑に名が刻まれてい
ます。

杉原千畝は、テレビでもドラマ化されているのでご存知の方も多いかと思いま
すが、安江仙弘と樋口季一郎の両名のことを知っている方は少ないのではない
でしょうか。

この安江氏と樋口氏は、満州時代に2万人ものユダヤ避難民を受け入れた責任
者です。当然ドイツからクレームがきましたが、「日本は同盟国ではあるが、
ドイツの属国ではない」と突っぱねた人たちでもあります。

特に樋口氏は、戦後「戦犯」として取り上げられましたが、「あの時の恩を返
すのは今だ!」ということで世界中のユダヤ人が立ち上がり、GHQを動かし
戦犯から外したのは有名です。

余談ですが、ユダヤ難民を満州国に受け入れることを承認した東條英機関東軍
参謀長と、その輸送に関する責任者が松岡洋右満州鉄道副総裁は、A級戦犯と
して処刑されています。

今のJTB(当時日本交通公社)も、満州におけるユダヤ難民輸送に尽力してい
ましたし、日本郵船、商船三井なども大いに協力していたのです。

さてさて私も、

学生時代ヨーロッパを旅行している際、パリからニースへ向かう夜行列車の中
で、一人の老人と一緒になりました。大きい荷物を引きずっているので手助け
をしたところ、思いもよらず日本語で「アリガト」と言ってくれたのです。

なんでこんな爺さんが日本語知っているのか?不思議でしたが、話好きの爺さ
んはやおら「樋口季一郎」「杉原千畝」「安江仙弘」の話をしだしたのです。

3名の名前を聞かされたのですが、私は全く知らず、「日本人として恥かしく
ないのか!」と叱られたことを思い出します。

私の学生時代のことですから、30年ぐらい前のことでありますが、当時イス
ラエルの教科書にはこの3名の日本人のことが記載されており、ユダヤ人なら
知らない人はいないということでした。

爺さんは、当の日本人が知らないというのは相当ショックだったようで、しょ
げ返った姿が忘れられません。そんな老人ですが、やたらとユダヤの昔話やら
戦争時代の苦労話やらを一晩中聞かされました。

今でも忘れられない面白い話が「日本人とユダヤ人は血が繋がっている」とい
うものです。

爺さん曰く「昔ユダヤの10部族が東へ東へと逃げ延び、そのうちに海を渡っ
て豊かな国を作った」のだそうで、日本人も頭が良く商売が上手いのはユダヤ
の血が流れているからだそうです。

勿論、嘘か本当か確かめる術もありませんが、現在イスラエルでは、その10
部族の行方を調査しており、DNA鑑定からタイにその部族の末裔が住んでい
ることまで突き止めたそうです。

今年は日本でも調査するようだということですから、老人の昔話の真偽が分る
かもしれません。(^○^)

ーーー第二次世界大戦当時、

そのユダヤの爺さんはまだ20代の若者で、シベリア鉄道を使い、ドイツから
満州へ逃げてきたそうで、当時満州にはユダヤ人が多く住んでおり、ハルピン
などにはコミュニティもあったそうです。

爺さんは満州から神戸に渡り、そこから上海経由アメリカへ逃げたとのことで
した。残念ながらそのときの話は忘れてしまいましたが、

話を聞いてくれた日本人の私たちに感謝してくれたのか「イスラエルへ来なさ
い」というお誘いを受け、「それじゃ」と向かったイスラエルでの話です。


30年前、イスラエルへ行こうとする日本人は皆無といってよいでしょう。

イタリア・ミラノからイスラエルのテルアビブまで空路約3時間、ごく普通の
ヨーロッパ国内を旅行しているようなあっけない到着でした。

当時の私のイメージとしては、中東戦争、赤軍派というようなマイナスイメー
ジしかなく、イスラエルのすぐお隣にはパレスチナやヨルダン等々、敵対する
国々があるわけですし、怖いところということしか考えられませんでした。

しかし、テルアビブ空港はとても綺麗で極々平穏そのものであり、私のイメー
ジとは全然異なる世界でした。ただ、入国審査は他の西ヨーロッパ諸国と違っ
て結構厳しいものでした。

というのも、赤軍派によるテルアビブ空港乱射事件があった後ですし、日本か
らの学生旅行者など目の仇にされて当然です。

ビザとバックパックの隅々まで検査されましたが、清い身体の私は無事に入国
完了! 一緒にいた友人は少々時間をとられましたが無事入国! イスラエル
に来たなんて凄い冒険をしているようでワクワクしたものです。

想像とは全く異なり、地中海独特の風景と温暖な気候、とはいっても2月は雨
季にあたっているそうで、あまり天気はよくありませんでしたが、のんびりし
た感じがなんとも心地よかったです。

まずは両替、と、ドルからシェケルへ、両替率は忘れてしまいましたが、当時
のイタリア、ギリシャとそう物価に変わりがなかったように記憶しています。

空港から、電車で会った爺さんへ電話をし、お迎えを待つこととしました。

汚いTシャツとGパンの東洋人がベンチに座っているだけで、周りからの興味
のような、警戒のような目を向けられたのには、少々ドキドキでしたが、

バックパックの日の丸を見た途端に、「お〜!日本人かよく来たな」----多分
そんな言葉でしょう----と声を掛けられ笑顔になるイスラエル人にホッとした
ものです。

中には、一生懸命話かけてくる人もいましたが、言葉が分らず受け答えに困り
ましたが、やはり「スギハラ、ヒグチ」という言葉は聞き取れ、本当に有名な
日本人なんだなと感心した次第です。

一般的ですが、西ヨーロッパでの日本人の信頼度というのは抜群で、税関で厳
しくチェックされるなどということはまずなかったです。だいたいパスポート
を見せるだけでフリーパスというのが普通でした。

同じ旅行者でも、欧米や韓国人学生などは厳しくチェックされていましたが、
なんだかんだいわれても日本人は信用されているんだな〜、と一人ほくそ笑ん
だものです。

一時間程度待ったでしょうか、

爺さんがやっと迎えに来てくれ「おー!よく来てくれた!」というような言葉
を掛けてくれ、車に乗って彼の家に向かいました。

初めて見るイスラエルの町並みは、地中海独特の雰囲気もありつつ、少しアジ
ア系が混じっているのかな?という感じです。海岸線を見渡すとアメリカ西海
岸のような雰囲気がある一方、赤茶けた山肌が砂漠を連想させ、他の国とは違
う聖書の世界に飛び込んだような感じがしました。

風景だけを見ると、とてもパレスチナ問題を抱えている国とは思えませんでし
た。フランスやイタリアのバカンス地のような華やかさはないものの、それは
それで趣のある、特に貧乏旅行者には安心できる風景でもありました。

爺さんの家は、白塗りのごく一般的な土作りの、それほど大きな家ではありま
せんでしたが、ヨーロッパ中を仕事で回っているだけあって、そこそこ金持の
家のようにも見えました。

荷を降ろしたところで、古いアルバムを持ってこられ、第二次世界大戦中の写
真を見せてもらいました。爺さんは一枚一枚片言の英語で説明してくれました
が、どの写真も明るく笑っているものなどなく、苦労がにじみ出ているような
ものでした。

その中に、風景が日本のようなものがありましたが、爺さんが家族でシベリア
経由で日本の神戸に渡ったときの写真だそうです。その写真だけはみな笑顔が
浮かんでおり、安堵の表情にも見えました。ーーーそれで何度も「安江」「樋
口」を口にしていたのでしょう。

よっぽど当時の日本に感謝しているようで、全く知らなかった私には、それが
かえって面映いものでした。

当時は、「日本はあちこちで悪いことしたんだな」程度にしか思っていなかっ
たのですが、外国人からも感謝されるような日本人がいたことに少々驚きを隠
せませんでした。

この経験が、私にとって日本の歴史を振り返ることになったきっかけといって
も過言ではないでしょう――――。

「お〜!日本人!」と、まるでヒーローのような目で見られたのは、トルコで
も同様でした。ーーー経済的に世界に確固たる地位を築いてきた日本への賞賛
と思っておりましたが、どうもそれだけではないような雰囲気に戸惑いもあり
ました。

閑話休題。

一通りじいさんの生い立ちを伺ったところで、夕食ということになり、ぞくぞ
くとご家族が集まりました。その数なんと20人以上はいたでしょう!

殆どの人は日本人を見るのが初めてのようで、英語の辞書を引っ張り出しては
質問されたり、子供には触られたり、まるで玩具扱いでしたが、爺さんが昔の
話をした途端、子供らは静かになり神妙な面持ちでペコッと頭を下げてくれた
のには感動しました。

当時、海外で貢献していた日本人など知らなかった私は、戦前の日本人の行動
に対して敬意を表してくれるなんて考えも及ばなかっただけに、「安江」「樋
口」「杉原」など、単純に昔の日本人って偉かったんだな〜と、逆に勉強させ
られました。

食事は、中東のものであったり、北アフリカ風、シュニッツェル(ドイツ料理)
やシシカバブ等々、いろいろな地域の色合いの混じっている料理で、ユダヤが
歩んできた歴史が料理に現れているのかと思うと、少々複雑な気持になったも
のです。

ただ、正直言ってそんなに美味しいとは思いませんでしたけど、豆ダンゴみた
いのやら、ピタパンと呼ばれるユダヤ風のパンなどは、結構旨かったです。

〜〜〜なんといっても感動したのはイスラエル・ビールの旨さとイスラエル・
ワインです。高級ワインなど全く知らない私でしたが、このイスラエル・ワイ
ンは「美味しい」と思いました。

今の日本でイスラエル・ワインが手に入るかどうか分りませんが、もし見かけ
たら是非お試し下さい。

食事中での面白い話。

「デリ」という言葉がよく出てきました、どうも「お店」という意味のようで
すが、帰国した後で調べてみたら、「デリカッセン」とも言い、元々ドイツや
ポーランドにいたユダヤ人の「お惣菜屋さん」がルーツだそうです。

戦時中多くのユダヤ人がアメリカに渡り「デリカッセン」を開き、有名になっ
たというものです。

今の日本でも「○○デリ」とか「○○デリカッセン」というお店がたくさんあ
りますが、ユダヤ語からきているということを知らない人が多いのではないで
しょうか。

爺さんが「どれぐらい居られるのか?」と聞いたのですが、もともと計画など
ない行き当たりばったりの旅行をしていた私たちは、「いつでも」と答えるし
かありません。

そしたら爺さんが、「それじゃ試しにキブツへ行ってみなさい」というので、
何も分らないままその「キブツ」とやらに連れていかれました。

最初は観光名所なのかな?と思ったのですが、何でもイスラエル独特の共同体
というのか、村というのか、ある意味社会主義的なユートピアを目指している
集まりとでもいうのか、何とも説明のしにくいものです。

ーーー要は、皆で助け合いながら生活していくコミュニティってとこです。

本来ならば数ヶ月単位でアルバイト的な生活を送るのが普通らしいのですが、
私たち二人はそんなに長く居るつもりないので、体験入団みたいな感じで3泊
4日そこで過ごしました。

キブツには、ヨーロッパ、アメリカからたくさんの学生が参加しており、そこ
で働きながら彼らと付き合ったことは、旅行以上に得たものが多かったです。

キブツの朝は早く、朝5時ぐらいに起きて朝食まで一仕事、朝食後はお昼まで
仕事、昼食をはさんでまた仕事、計8時間労働でした。作業着と3食はタダで
すので、貧乏学生の私らには願ったり叶ったりでした。

仕事の後は基本的に自由時間で、どのように過ごしても良いのですが、そこは
血気盛んな若者ですから、恋愛もあり、夜の国際交流もあり、の楽しいもので
した。ーーーただ、私らは短い期間でしたので、

本来したかった「夜の国際交流」はできずじまい。あ〜、あの満天の星のもと
一度でいいから夜の交流をしてみたかったです〜〜〜

爺さんの目的は、キブツで働き、いろいろな学生と知り合い交流を深めなさい
ということだったと思うので、それなりの交流はあったと思っています。

よく知りませんが、このキブツという集団から多くの政治家や文化人、著名人
が輩出されているそうで、イスラエル独特のシステムみたいです。

後で聞いた話によると、キブツは国境近くに設けられており、国際共同体とし
て多くの外国人を呼び、周辺のアラブ諸国から侵入されにくい環境を作ったも
のといわれています。

今から思えば何事もなく済んだのでホッとしていますが、複雑な中近東を象徴
しているのだと思います。

ただキブツそのものは共産主義のミニチュア版みたいなもので、固有財産とい
うのは自分が持ち寄ったものだけで、それ以外はみな共有物、働いて得た収入
は、仕事の内容によって高低はあるもののみんなで分けるというのが特徴かも
しれません。

キブツでの生活は、アッという間でしたが、最後に我々を送るパーティを催し
てくれ、イスラエル・ワインを飲み、みんなで作ったパンを食べ、世界各国の
若者が夢を語らい、本当に夢のようなひと時でした。

その中で強く感じたのは、各国の若者は自分の国に対してのアイデンティティ
がハッキリしているというか、自分の国に誇りを持っているということです。

我々のことを聞かれても「いやぁ日本は第二次世界大戦で迷惑掛けたし‥‥」
というのが精一杯でしたが、周りから不思議がられました。

「何故自分の国が好きじゃないの?おかしい」「経済的に日本はすばらしいの
だから誇って当然」等々批判が相次ぎました――――。

日本人としては半分「謙遜」のつもりで言ったことだったのですが「長い歴史
を持った国であるだけでも世界に誇れるものだ」ということに勇気付けられま
した。

大学4年の時のこの旅は、私に多くのことを教えてくれ、自分の国に自信と誇
りを思い興させてくれたものでした。ーーーかつては敵国だったアメリカ・英
国、フランス、オランダ等々の学生と夜通し語らい、彼らと本音で議論できた
ことは今でも宝物だと思っています。

あのイスラエルの爺さんは、既にお亡くなりになっていると思いますが、私の
手を取り、一枚一枚思い出の写真を涙を流しながら説明してくれた姿は忘れら
れません。

特にソ連から満州に入る時に、ソ連兵には当たり前だった袖の下を日本兵に渡
そうとしたところ、頑として受け取らなかったばかりか、逆に身重の奥さんに
毛布をくれたことが忘れられないと言っておりました――――。

「私がこうして生きているのも、こんなにたくさんの家族と一緒でいられるの
も日本のおかげだ。本当にありがとう」

最後に爺さんが言った感謝の言葉を思い出すたびに、私の母なる国「日本」が
好きになり、誇りに思っています。


                     = この稿いつかつづく =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「ひょんな縁でイスラエル〜」

◆−これは面白い!続きを〜♪
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0032339A16088
◆−まあまあかな〜
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0032339A2b7e0
◆−まあまあのまあまあだな〜
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0032339A35932
○結果を見る
┗ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0032339C49d7
○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0032339P00C080c

締切:2010年04月29日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールで、直接編集部へお送り下さいね〜♪

 ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│「朝鮮に女学校を」頂きましたご意見や感想。
└─┘
┌──────────「緑の保守派の尊野ジョーイさん」

hideおじさん様!あの東洋英和女学院大学の大学院では、一部の研究科で男性
も入学できるのですよ!(o^-’)b

もうハーレム状態ですわ〜:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

アホゥッ!!

└──────────
 ▼
┌──────────「hideおじさん」

緑の保守派の尊野ジョーイさん! ま、ま、マジですか!!??

私の学部は「法学部政治学科」=クラスにもゼミにも女性はいませんでした。
(滂沱涙)
ですから、一般教養で文学部の授業を取って、なんとか女子とお近づきになれ
るよう努力したものです――――。

今からでも東洋英和女子大の院へ行こうかな〜・・・「ハーレム大好き!!」

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

・・・・・・・・・・(-ε- )

└──────────

┌──────────「房ノ助さん」50代@男性

淑明女子高等普通学校→竹島問題→尖閣諸島について

日頃よりお世話になっています。

OJINさんの以前の「尖閣諸島守ろう!運動」でのシコリは痛く認識しました。
でも、淑明女子高等普通学校の話が出たので、再び同様のコメントをさせて頂
きます。

朝鮮半島、日本および台湾は、軍事的に運命共同体であった。=明治からマッ
カーサー司令官時代も。従い、

沖縄は、戦後は犠牲を払いながら米国に軍事基地を提供している。勿論、沖縄
および日本国土(徳之島も)を守る為もあるが‥米国へは謝意。

その米軍は海兵隊であり、敵側占領地へ上陸する軍隊である。対空ミサイル部
隊ではない。沖縄の米軍は、韓国を含む朝鮮半島、台湾や中国本土に上陸する
抑止力を誇示する軍隊である。その抑止力のお陰で韓国も一安心である。

その安泰である韓国が日本領土に刃を向け、国際司法裁判所にも提訴せず不法
に竹島を実効支配している。クリントン国務長官(妻)は、以前に韓国を「世界
一の恩知らず」と言っていた時期があったが、全く同感である。

韓国は「同盟国でなくパートナー」であるだけ。

淑明女子高等普通学校で、淵沢能恵を敢えて前面に表明しなくてもよいが韓国
は礼節の国でも儒教の国でもない。

従って日本は米軍基地を提供し、韓国を守る義務はサラサラ無い。韓国から遠
く離れた、台湾に近い尖閣諸島や、(同意の上で)台湾へ米軍基地を移設するの
が賢明ではないのか?

大戦前のポーランドでの虐殺のように、北朝鮮やロシアに韓国が侵略され、極
東に東のカチンの森ができれば‥強いては望まないが‥少し目が覚めるかもし
れない。

└──────────
 ▼
┌──────────「hideおじさん」

房ノ助さん、ご丁寧なコメントありがとうございます。

まず本稿の主旨は、と申しますと、歴史に埋もれてしまった史実や日本人を再
認識したい。さらに彼らの行動から、現在の日本が本当の意味でアジアに貢献
できることは何だろう?ということを考え直すきっかけになれば、

というのが目的で始めたものであります。

戦前を全否定するのではなく、「良いことは良い」と、当たり前のことを日本
人みんなが理解しようよ、という気持でおります。

さて「尖閣」などお話ありました件ですが、言いだしっぺの一人としては現実
に直面して隔靴掻痒の気持でいっぱいです。

尖閣には固有の植物も多いと聞きます。尖閣ツツジというのが有名らしく、環
境保護などを足がかりにして何かできぬかと思い巡らしております。それより

民主党には「米軍基地を尖閣諸島にどうですか?」ぐらい言ってもらいたいも
のです。

本題の朝鮮ですが、仰る通り韓国は、礼節の国でも儒教(道徳)の国でもない、
というところは賛成です。彼らの礼節と道徳は、あくまで一族郎党に対しての
ものであり、自分にプラスになることについてであって、赤の他人に対しての
ものではありません。(年上へのマナーは良いということはありますけれど‥)

ですから、日本人が思う礼節や道徳で彼らを理解しようとしても無理です。

彼らにそれがあるならば、日本人の功績を意図的に削除したり歪曲することは
しないでしょうし、隣国である日本の話に耳を傾けるくらいの度量はあるはず
です。

クリントン国務長官に「恩知らず」と言われることが何よりの証拠です。

もし韓国が変るとするならば、よっぽど痛い目に遭わないと無理でしょうね。

でも、彼らは心のどこかでは、自分たちの歴史はなんかおかしいと思っている
ように見えます。そりゃ、歴史教科書を見ると矛盾する例がたくさんあります
し、昔から祖父母やお父さんお母さんから日本時代の歌を習ったり、話を聞い
たりして育った子供も少なくないのです。

韓国の友人に今回のような話をたくさんしたところ「それは例外でしょう」と
は言うものの「随分例外があるね」と嫌味を言うと黙ってしまうことのほうが
多いのです。

判っているんだけど、表立っては肯定できないという空気になっているのでは
ないかと思うのです。〜〜〜あくまで良く言えばですけど〜〜〜

└──────────

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「私見時事論談」収載ページは ▼ こちら!
 http://aizax.fc2-rentalserver.com/repo4/045hideoji.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 読者の広場 ▽▼


┌──────────「緑の保守派の尊野ジョーイさん」
┌--------
うふ、学生の頃に見た「夢」ですか〜〜〜 いいですね〜〜〜
└--------
あの〜夢じゃなくて本当の話なんですけど・・・

他にもカワイイ支那娘にほられたり、後にスッチーになった美人の先輩に好意
を持たれたり、同じゼミの後輩からも好意を寄せられたりと、こちらが困るぐ
らいにモテていました。(^皿^)

うらやましい?

じっさい大変ですよ、これだけモテると対処するのがね。

これでも本命の女の子1人に絞っていたのですから、私って相当に意志が強い
人間なのでしょうね(^〜^)

┌--------
想像は心を豊かに、楽しくしてくれます!〜♪ (^O^)
こういう柔らかい心を、一生大事にいたしましょう〜〜〜(^○^)
└--------
一般人にモテることなんて、私には日常の現実であって、想像する必要はあり
ませんのです。

私が想像しているのは、モーニング娘! のメンバーと結婚することですから
ねo(^▽^)o

スケールが違いますなぁ〜(-。-)y-゜゜゜

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

うふふ、ムキになってやんの・・・分かってますってば〜(^^)

わたいもそうですけど、いるんですよね〜何故か女族が群れ寄ってくるオトコ
が〜

でも「モーニング娘のメンバー」はやめたほうがいいんじゃないかな〜

「女族が群れ寄ってくる男、の、先輩」からの老婆心忠告です〜〜〜(^○^)

└──────────

┌──────────「大陸流浪人さん」
┌--------
もれだってイッパツこんな詞を♪ 
└--------
結論! もれが作れる詞とは・・・「俳流 末摘花」の冒頭の詞

「蛤は 初手 赤貝は 夜中なり」程度の卑猥な川柳でしょう!!

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

あーたはね〜 わたいの純粋な心を大曲解しています!!

└──────────

┌──────────「上海万博関連情報(万博当局からの注意事項)」

上海世博会事務協調局は、4月18日付で「参観に関する注意事項」を発表し
ましたので、お知らせします。

詳細は上海万博公式ホームページをご確認下さい。
http://www.expo2010.cn/a/20100418/000006.htm

(以下は当館仮訳)

中国2010年上海万国博覧会「参観に関する注意事項」
上海世博会事務協調局 2010年04月18日

中国2010年上海万国博覧会(以下「上海万博」)へようこそ。来場される方
の合法的権利の保護、会場内の安全及び秩序を維持するため、上海万博事務局
(「上海世博会事務協調局」以下「万博当局」)は当注意事項を制定する。

第一条適用対象
上海万博参観者=万博入場券所持者、及び無料入場の対象となる来場時の身長
が1.2m以下の児童)は、当注意事項を遵守しなければならない。

第二条運営時間
万博会場の通常運営時間は9:00〜24:00、会場内パビリオンの通常開
館時間は9:30〜22:30である。参観者の最終入場時刻は21:00で
あり、来園当日の24:00に退場しなければならない。夜間入場券での入場
時間は17:00〜21:00である。

第三条入園に際して
参観者は順序を守って列に並び、安全検査と入場券の検査を経て入場しなけれ
ばならない。参観者が検査に同意しない場合、万博当局はその者の入場を拒否
することができる。

公衆衛生及び感染症拡大の予防のため、万博当局は入場する参観者に対し健康
診断等の措置をとる場合がある。

特別入場券を持つ参観者は、入場時に有効な身分証明書を提示しなければなら
ない。

無料入場対象の児童及び参観に際し支障がある者は、成人の付き添い人と共に
入場しなければならない。

酔客及び精神に異常のある者の入場は禁止とする。

第四条所持禁止物品
中国の法律・法規の規定により禁止された爆発物、可燃物、放射性物質及び取
り締まりの対象とされる物品以外に、以下の物品を携帯し入場することを禁止
する。

一)ペットボトル入り清涼飲料やアルコール等の液体物品。但し、乳児のミル
  ク及び疾病患者用液体薬品は適量の携行を許可する。
二)ライター、マッチ等の引火器具。

三)横断幕、スローガン、広告看板・ビラ等の宣伝用物品。
四)オートバイ、自転車、電動自転車、スケートボード、ローラースケート等
  の歩行代替器具。但しベビーカー、車椅子、電動車椅子の入場は許可する

五)動物。但し、盲導犬等の介護用動物は入場を許可する。
六)ハンググライダー、パラシュート、気球、航空プラモデル、凧など飛行す
  る物品。

七)リモコン、トランシーバー等の無線電波送信機器。
八)その他、他者の参観を妨害する可能性のある物品、人身への傷害及び財産
  への損失を与える可能性のある物品、会場内の秩序を乱す物品及び安全に
  危害を加える可能性のある物品。

第五条パビリオン参観及び公演鑑賞
万博当局或いは出展者への特別規定を除き、参観者は会場内の各パビリオンの
参観及び文化イベントの鑑賞が可能。これに際し、新たな費用の負担は必要な
い。

万博当局及び出展者は、展示やイベント活動の時間、場所、内容に対し調整を
加えることができる。但し、それに関する情報を直ちに発表しなければならな
い。

第六条参観予約
予約サービスを提供するパビリオン、及び文化イベントに関しては、参観者は
各々の規則に則り予約することができ、証明書を提示することで、予約時間に
指定された通用口より入場することができる。

第七条参観のマナー
参観者は公共マナーを守り、順に並んでパビリオンの参観や文化イベントを鑑
賞しなければならず、会場、パビリオン及びイベント会場の規定を遵守し、職
員の指示に従わなければならない。参観者が会場内において以下の行為をする
ことを禁じる。

一)建築物や設備、展示品の破壊行為。
二)建築物によじ登ること、柵を越える等の行為。

三)許可なく販売や上演する等の行為。
四)許可なく各種宣伝、展示、募金を行う等の行為。

五)指定場所以外での喫煙。
六)標識などで禁止されている行為。

七)その他、他者の参観を妨害する可能性のある行為、人身への生涯及び財産
  への損失を与える可能性のある行為、会場内の秩序を乱す行為及び安全に
  危害を加える可能性のある行為。

第八条写真撮影、録画、録音に関する規則
参観者は、各パビリオン及び文化イベントが定める写真撮影、録画、録音に関
する規則を遵守し、それらの行為によるパビリオンやイベントの活動を妨げた
り、他者の参観を妨害してはならない。

万博当局及び出展者は、会場内での写真撮影、録画、録音等を行うことができ
る。また、画像や動画、音声記録及び参観者の肖像を使用することができる。

第九条特別管理措置
天候状況、混雑状況、設備の故障等の特殊な状況下において、万博当局及び出
展者は参観者の会場、パビリオン、イベント会場等への入場を臨時に制限する
こと、或いは会場、パビリオン、イベント会場内の参観者を分散することがで
き、その際には関連する情報を直ちに発表しなければならない。

参観者は、万博当局及び出展者が発出する情報に基づいて、職員の指示に従い
協力しなければならない。

第十条参観者へのサービス
会場内には参観者へのサービスポイントを設置し、情報の提供や物品のレンタ
ル、落とし物の保管や医療サービス、オムツ換え施設等を提供すると同時に、
参観者からの苦情を受理する。サービス及び苦情電話:+86-21-962010

会場内の障害者にはバリアフリーの施設を提供し、映像や手話、車椅子のレン
タル等のサービスを無料で提供する。

第十一条 法律の適用及び言語
当注意事項は中華人民共和国の法律を適用し、中国語、英語、フランス語、日
本語、韓国語の5ヶ国語により制定され、各国語間で理解の衝突が発生した場
合には、中国語を基準とする。

第十二条 有効期間
当注意事項の有効期間は、2010年05月01日から2010年10月31日までとする。
試験運営期間においても、当注意事項を適用する。

2010年4月22日 在上海日本国総領事館

└──────────

┌──────────「hideおじさん」

以前話題に上っていました粉ミルクについて、JETROより次のような情報
がありました。何かのご参考になればと思いお送りさせて頂きます。

質問:粉ミルクなど乳製品を中国に輸出したいのですが、現地における輸入規
   制および留意点について教えて下さい。

回答:中国に輸出する食品を生産する企業は2009年6月1日から施行され
   た「食品安全法」に基づき国家輸出入検査検疫部門へ登録をしなければ
   なりません。中国における粉ミルクなど乳製品の輸入販売にあたっては
   複数の法令の規制を受けます。

   また、中国国家質量監督検験検疫総局からの要請で、2010年1月1
   日より中国に輸出する乳および乳製品については、輸出国の衛生当局が
   発行した衛生証明書の添付が必要になりました。

   中国へ乳製品を輸出する際は「衛生証明書」「家畜伝染病予防法」に基
   づく製品の「輸出検疫証明書」書類を取得しなければなりません。

   具体的な必要書類取得方法、輸入手続き、販売時の留意事項等について
   は下記をご参照下さい。
   http://www.jetro.go.jp/mail/u/l?p=CgGszsQTlW8Z

質問:中国向けに健康食品を輸出する際の現地規制および留意点を教えてくだ
   さい。

回答:中国国務院は、2009年5月31日に「保健食品監督管理条例=審査
   案」を公表しました。これは6月1日から「食品安全法」が施行された
   ことに伴うものです。

   保健食品を監督・管理する主管部門、企業が第一義的な責任者であるこ
   とを明確化した同条例によって、健康食品ビジネスに参入するための資
   格がより厳しくなりました。

   また、健康食品の登録、生産経営管理、サンプリング検査、リコールな
   どについて明確な規定が設けられ、健康食品の宣伝広告も監督管理の対
   象となりました。

   健康食品の範囲についても明確に規定されています。輸入方法、検疫、
   ラベルと包装容器・表示の留意点等詳細は下記をご参照下さい。
   http://www.jetro.go.jp/mail/u/l?p=Ch7Ak6H25KYZ

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

hideおじさん、いつも貴重な情報をお報せ頂きましてありがとうございます!

粉ミルク商談は、日・中双方でいろんな方が噛んでいるようで、=競争が厳し
い=価格の問題(?)、、ちょっと足踏みをしております。(=∵=)

・・・それにしても、、日本の男からくる話は、腰が入っていない割には右顧
左眄してチョロチョロ、、女性のほうがよっぽど腰が据わっていてモノになり
そうでございます。

└──────────

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールから、直接編集部へお送り下さいね〜♪

ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573


┏━━━━━━━━━━「(^^) OJIN です(^^)」

皆様からどのぐらい情報をお寄せ頂けるか、にもよりますんですが、できれば
「業界の内部から」をシリーズ化したい、と考えております――――。

その業界の中では周知の事実のような事柄でも、一般の我々には窺い知ること
のできない情報は山ほどあるんじゃないかと思います。

既にリタイアされた方なんかだと、更に書き易いのではないでしょうか?

ーーー皆様からのご寄稿を、切に切にお待ち申し上げております。<(_ _)>

┗━━━━━━━━━━

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ あとがき ▽▼


ーーーダダダダダッ!・・・朝っぱらから削岩機の音?!

くっそ〜ウルッセーなーもうッ!

アパートの上の部屋か横の部屋が内装換えの工事を始めたようですが、ダダダ
ダダッ!って、こりゃ削岩機の音!?=ということはまた、

手をつけてはいけない、ビルの基幹のコンクリート部分に手をつけているんだ
な〜
┌--------
中国のビルは、柱と外壁、内壁の一部がコンクリートですが、内壁のかなりの
部分はレンガで積まれていて、このレンガの壁は、入居者が自由に取り払うな
どして間取りを変更してもいいことになっています。

しかしコンクリート部分は、ビルの全体強度に影響するため手をつけてはいけ
ないことになっています。
└--------

ところが、この今回の内装変更のように、削岩機でコンクリート部分にも手を
加えるやつが多いんです――――。

ーーー以前、苦情を言ったときに言い返されました。

「オレがこんなチョコッと削ったからって、こ〜んなおっきなビルなんだから
ビクともしやしないよ!」

‥‥チョコッとじゃないじゃないかよ‥‥

「オレだけじゃないぞ!みんながやってるこっちゃないかい!」

‥‥だから余計に困るんじゃないかよ‥‥


ーーー万が一ちょっと大きな地震があったら、このへんは一望千里瓦礫の山?


┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

あなたの声を誌面に!この下のメールで、直接編集部へお送り下さいね〜♪

ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ではまた、ホントに面白い!水曜日号でお会いいたしましょう!(^o^)丿

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃ ┌─────┐
┃ ☆ 月水金日 ☆ &≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
┃ │ (*^−^*) │ 発行元:Chinachips編集局 発行責任者:OJIN
┃ ☆ WEB 熱線 ☆ HomePage http://aizax.fc2-rentalserver.com/
┃ └─────┘
┃       ───────────────────────────
┣>愛情・友情・苦情は ▽ こっち!なんでも大歓迎!ですよ〜。(^○^)
┃        http://form1.fc2.com/form/?id=273573
┃ 回答は--特に指定がなければ--メルマガ或はホームページ上で行います。
┃ 読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際、著作
┃ 権は本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下
┃ さい。

┣>広告掲載は(^^) http://aizax.fc2-rentalserver.com/pr/prindex.html

┣>バックナンバー http://aizax.fc2-rentalserver.com/magbn09/09bn.html

┣>配信ペース速過ぎ!内容つまらん!デカ過ぎ!って方は..以下で解除を
┃ 先ずここで⇒ http://aizax.fc2-rentalserver.com/common/mailmag.html
┃ 次はこちら⇒ http://aizax.fc2web.com/common/to_ka.html
┃ 最後はここ⇒ http://aizax.fc2-rentalserver.com/hongdi/to_ka.html

┣>当誌は以下のメルマガ発行スタンドさんから推奨を受けてま〜すv(^^)v♪

┃⇒「まぐまぐ殿堂入りメルマガ」に認定されています。
┃  http://www.mag2.com/m/0000074019.html
┃⇒「 melma! 」
┃ 「メルマガ オブ ザ イヤー 2008 地域情報部門カテゴリー賞」受賞
┃  http://melma.com/contents/moy2008/result.html#cat20
┃ 「メルマガ オブ ザ イヤー 2006 地域情報部門カテゴリー賞」受賞
┃  http://melma.com/contents/moy2006/result.html#cat20
┃ 「メルマガ オブ ザ イヤー 2005 地域情報部門カテゴリー賞」受賞
┃  http://melma.com/contents/moy2005/result.html#cat20
┃⇒「AMDS」「2008年度AMDS大賞特別賞」受賞
┃  http://www.amds.jp/2008amds_award.htm
┃⇒「AMDS」「2007年度AMDS大賞準大賞」受賞
┃  http://amds.jp/2007amds_award.htm
┃⇒「AMDS」「2006年度AMDS大賞特別賞」受賞
┃  http://amds.jp/2006amds_award.htm
┃⇒「AMDS」「2004年度AMDS大賞特別賞」受賞
┃  http://amds.jp/2004amds_award.htm

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    Copyright (C) 2001-2010 Chinachips. All Rights Reserved.
----------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-21  
最終発行日:  
発行周期:週3回(月・水・金)  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。