海外

≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡

中国やアジアの各地に暮らす人々が綴る、☆ビジネス情報☆ビジネスお助け中国理解情報☆息を抜けるお色気情報(?)☆中国三面ニュース噂話ーーーー硬軟混在、思わずニヤリとさせられる場面もたくさん!

全て表示する >

≪ WEB 熱線 第1250-1号 2009/11/04_Wed―アジアの街角から―≫

2009/11/03

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃ ┌─────┐ ┌──────────────────┐ + ☆
┃ ☆ 水 曜 版 ☆ ≪ WEB 熱線 第1250号 ≫2009/11/04_Wed  ++++ ☆
┃ │ (*^−^*) │ ├──────────────────┤ + ☆
┃ ☆ WEB 熱線 ☆ ―― アジアの街角から:亜洲街巷信息 ―― ++++ ☆
┃ └─────┘ └──────────────────┘ + ☆
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\───────/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
□            │ 第 1 面 │            □
□            /───────\            □
┌―――――――――――☆☆ 今号の目次 ☆☆―――――――――――┐

│・坂の上の雲を ---- 政権詐欺 ------------------------------ 紋起さん

│・討論記事 -------- 移民問題甲論と乙駁 -- 香港読者さん&老玩童 OJIN

│・インド事報 ------ 中印バブル?日米欧景気2番底? ---- はぐれ雲さん

│・中国の片隅から -- 大学院卒新任教師、辞職しバイト生活望む
│          └------------------------------- 大陸流浪人さん

│・読者の広場 ------ 緑の保守派の尊野ジョーイさん。

│・あとがき -------- 中国の自動車教習所は大混雑〜

│〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

│・広告掲載は<(_ _)>σ http://chinachips.fc2web.com/pr/prindex.html

└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

◇―――――― 新しい読者の皆様、ようこそ!! (^o^)丿 ――――――◇

│1.週3回・月水金のお届けですが、月→水→金 という流れではなく、
│  「月→月」「水→水」「金→金」というサイクルになっています。

│2.タイトルは同じですが、月曜日号・水曜日号・金曜日号は、それぞれ
│  別々のマガジン、と理解してもらったほうが分かり易いと思います。

│3.ライター兼編集発行の私 OJIN とライターさん数人で執筆しています。

│4.内容の転載や引用は自由ですが、必ず「出典元の名称とURL」を併記
│  して下さい。一報頂ければこちらも案内リンクを架けさせて頂きます。

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 坂の上の雲を ▽▼


☆ 政権詐欺 ――――――――――――――――――――――― 紋起さん


郵政の実質国有化について述べたが、その先について考えてみた。私に見える
郵政国営化の先にある景色は、残念ながら殺伐としたものだ――――。

郵政国有化について、いろんな人が論じているのを読んだが、多くの論者は、
国有化の目的は増発される国債の引き受けだろうという点で一致している。

ことの仔細は、大体次のような話である。

日本政府の債務が、先進国の中でずば抜けて多いことはよくご存知のことだと
思います。額にして現在841兆円が正式な発表の数字ですが、この他に隠れ
た債務があり、1千兆円=GDPの約2倍になると言われています。

本来なら子孫にツケを残す訳ですからそれを少なくしなくてはならないのに、
リーマンショック以降の不景気で落ち込んだ需要を下支えするために景気刺激
策として政府支出が必要であり、この財政政策なくしては壊滅的な不景気にな
ると認識されています。

だから各国とも、赤字覚悟で予算を組んでいるわけで、日本も、麻生政権で、
次年度予算として88兆円規模のものになるとされておりました。しかし、

政権交代後に民主党が勢い込んで予算策定を行ったのですが、民主党の選挙マ
ニフェストの実行を織り込んだ予算は、公式には95兆円、それに金額は明示
しない要求項目が加わり、97兆円の要求と見込まれているわけです。

2009年は、不景気で企業業績も大きく落ち込んでいますので、税収が大き
く減少し、40兆円を下回るのではないかと言われているのです。----08年
は46兆円ぐらいの税収があった。

そのような場合、国債の発行額は50兆円になりかねないのです。

これは、過去最大の国債発行である09年の補正予算込みでの44.1兆円を
超える額で、藤井財務相はこの過去最大の額を何とか上回らないようにして、
世論の非難から逃れたいと考えているようです。

もし、50兆円近い国債の新規発行となった場合、何が起こるのでしょうか。

これだけ巨額になりますと、ひょっとして国債が償還されないのではないかと
いう不安が支配して、売れ残る危険性があります。

もし、売れ残った場合、現在の金利では魅力がないわけですから、完売できる
ところまで国債の金利を上げざるを得ません。国債なしでは、承認された政府
予算を執行できないのですから、それだけのお金をかき集めなければならない
のです。

国債の金利上昇は何を齎すのか、実はこれが政府の一番怖れる話なのです。

民主党政権が誕生した頃の、市中長期金利は1.2%ぐらいでしたが、現在は
1.45%にまで上昇しています。ーーーこの政権は、国債を多く発行するか
ら、償還しない危険性もあると踏んでのことでしょう、今までより上昇してい
ます。

もし、金利が1%上昇したとしますと、政府が負担する金利は----直ぐではな
いですが----8.4兆円になり、凄い負担増になります。

金利が上昇すると政治運営が非常に厳しくなります。計画していた施策が実行
できなくなります。また、金利の上昇は、それまで買ってもらって市中にある
国債の価格が落ちることになります。

例えば、金利が2%になると、金利1%の国債は償還されるときには目減りし
ているので、当然その分、価格を下げないと誰も引き受けません。

これは、いま国債を大量に持っている銀行などに含み損を負わせます。経済に
与える影響も決して軽微なものではありません。

長期金利が上昇しますと、

商品販売をしている人は、この商品を売って次の品物を買い付けに行ったらも
のすごく高くなっているのではないか、と思うようになると、今ある商品に高
めの価格を設定して売り抜けようとします。

こういう傾向がそこらじゅうで起きますと、物の価格が上がり続けます。そう
いう現象が国中で起こるとインフレーション、それも性質[たち]の悪い大イン
フレーションとなります。

これは、年金生活者や低所得者の生活を直撃し、かつインフレーションを人為
的に鎮めるのは困難であり、それは政権を完全に倒壊させるでしょうし日本を
激しく衰退させるでしょう。

そういう事態が起こり得るところまで政府負債が膨れているのが実体で、イン
フレが起こらないことが世界中から不思議がられているぐらいです。

では、なぜ95兆円もの予算になるのかといえば、ーーー民主党は、来年の参
議院議員選挙に何としても勝たねばならぬ、と思っているからです。

最近の民主党内での事件ですが、事業仕分けという予算削減の分析をやろうと
意気込んで、仙石行政刷新相が、新人を含め32人の議員を選んで事業仕分け
を始めようとしたら小沢幹事長に一喝され、スゴスゴと議員を外し、元官僚な
どを人選して補ったそうである。

その理由は、来年の参議院選挙に勝つには、ドブ板活動をやらねばならないの
だから、新人を事業仕分けに使うことまかりならぬと幹事長が吼えたのです。

仙石氏は、ベテラン議員7人を残して再組織し、小沢幹事長に謝罪したのだそ
うだ。この間の事情は「Chikirinの日記」に詳しい。
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20091029

それぐらい小沢幹事長は必死なのだが、当然マニフェストの実行をしなくては
選挙に負けるということで、ばら撒きますけれど財源はムダ削減で充当します
と、嘘を2つに分けて、少なくともばら撒きだけは実行しようと必死になって
いる訳です。

----ムダ削減は時間がかかるといっておれば済む話、と思っているのか??

しかしこのばら撒きも、際どくてムダ削減ができないから、下手をすると赤字
国債が捌けない、それが長期金利の高騰を促すことになりかねないので、防御
策としてその際には郵貯を使おう、ということになったのであろう、と識者は
推定しているのです。

識者の1人、大前研一氏が、メルマガでこの一連の流れに対して述べているこ
とを、少し長いが引用させて頂きます。
┌--------
この問題の発端として、かんぽの宿の一件が深く関係しているという報道もあ
るようですがそれは無関係だ。今は、100億の価格をつけた不動産が5億円
で売り出されることさえある時代だ。
└--------
とした後、
┌--------
本質的な問題は、国家が、運用する力も持たないのに国民から資金を集めて、
それを使って国債を購入していることです。すなわち、結果として「国の借金
を国民に肩代わりさせている」ということです。

「国の保証があるから安心だ」などと言いながら、ゆうちょやかんぽで集めた
国民のお金で国の借金を返すとは、詐欺にも等しい行為だと思います。そして
こうした仕組みがあるから、日本という国は節操なく赤字を垂れ流し、世界で
も随一の借金大国となってしまったのです。

ゆうちょ銀行は、昔から審査部も法人営業部もなく、資金を運用する力は全く
持っていませんでした。

最近ではそれを改善する動きもみせていましたが、今回の社長交代でまた時計
の針は10年近く戻ってしまうでしょう。これは日本という国にとって由々し
き問題だと思います。

さらには、最近では郵貯のみならず、銀行までも正しく機能していません。ひ
と昔前は法人や個人への貸出を一生懸命行っていましたが、最近ではそのよう
な動きは殆ど見られず、もっぱら国債を買っているだけです。

おそらく国の資本が入ってしまったことが影響しているのだと思います。銀行
は産業の潤滑剤としての役割を果たすべきなどといわれますが、全くその役割
を果たせていません。だから日本という国は経済が躍動しないのです。

国家や政府が主導して、このような、国へと導く仕掛けを作っているのです。

率直に言わせてもらえば、「なんという国を作っているのか!」と一喝したい
気持です。いま民主党が見せている動きは、最悪の国を作り上げるシナリオで
す。

日本にとって大変シリアスな問題だということを、国民も民主党も認識するべ
きでしょう。そして、民主党には一刻も早く正しい方向に舵を切り換えてもら
いたいと願うばかりです。
└--------

本当にその通りなのである。恵まれない人にお金を渡すのは、一見すると美し
い行為に見える。しかし、国民全階層が所得を減らしているという、世界史に
も例のないような状態の中で、=森岡孝二著「貧困化するホワイトカラー」

財源のアテもなくばら撒きをすることは、国民全体を更に酷い状態にするだけ
のことなのである。ーーーそれ以上に、赤字国債を乱発することは、国を壊す
ことになる。

ばら撒きをしたいのであれば、産業振興を行い、国富を蓄えられるようにしな
がらやるべきである。産業政策は何もなく、コンクリートから人へという空疎
な分配論だけで国が良くなるはずがない。

コンクリートの後ろにも雇用があり、それをなくすなら、コンクリートの後ろ
にいる人の雇用を、転職できるものにして初めて「人へ」となる。金の稼ぎを
何ら考えないのは、

ーーーソ連などの共産主義・社会主義と同根の空想癖の習性なのだ――――。

結婚を餌に金品を奪い取るのを「結婚詐欺」というが、「政権交代したら世は
バラ色」と囁いて酷い目にあわせるのは「政権詐欺」と名付けるべきだろう。

いま明確になりつつあるのは、国民が、民主党のやっている「政権詐欺」に騙
されつつあるという事実である――――。


                        = この稿おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「政権詐欺」

◆−この意見に賛成
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0030808A1c05a
◆−どちらかというと賛成
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0030808A2d2ed
◆−どちらともいえない
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0030808A3039f
◆−どちらかというと反対
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0030808A48f53
◆−この意見に反対
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0030808A54f95
○結果を見る
┗ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0030808C2237
○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0030808P00C3cd7

締切:2009年11月07日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

感想やご意見はアンケートをクリックしてコメントボードにも書けますが、
この下のメールで、直接編集部へ送っていただくこともできますよ〜♪

 ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│「新たな癒着の構造=日本郵政の実質国営化」アンケート結果。
└─┘
◇ この意見に賛成 -------------------------------------- 87人 (80%)
◇ どちらかというと賛成 --------------------------------  5人 ( 5%)
◇ どちらともいえない ----------------------------------  7人 ( 6%)
◇ どちらかというと反対 --------------------------------  3人 ( 3%)
◇ この意見に反対 --------------------------------------  7人 ( 6%)

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│ お寄せいただきましたご意見や感想。
└─┘
┌──────────「1国民さん」

民主党は官僚OBばかりが目に付く。

└──────────
 ▼
┌──────────「紋起さんから」

本当にその通りです。マスコミは「過去官僚」と洒落ていますが、もう少しイ
ンパクトのある言葉が工夫されると良いのですが。

党としても社会主義的ですから、官僚体質が好みなのでしょう。

└──────────

┌──────────「緑の保守派の尊野ジョーイさん」

補足になりますが、
┌--------
極端な話、そういう地方の平均コストが、通常の切手代より100円多く掛っ
たとしても、その地方の年間に出す信書の切手枚数に100円を乗じた金額を
その地方郵便局に補填すればよいだけの話だ。
└--------
小泉さんは、自分の論文で、
┌--------
どうしても利益が出ないと思われる離島や過疎地があるとすれば、国が民間業
者に優遇措置を講ずればよいのである。それこそが、民のできないことを官が
補完するという本来の姿ではないのか。
└--------
と述べています。===「日本の論点’98」249P

└──────────
 ▼
┌──────────「紋起さんから」

なるほど、小泉さんの時代に具体的に出されていたのですね。考えてみれば、
当然そういうことが出るほど時間を掛けて論議されてましたからね。

できれば、過疎地の人数が分かると費用の規模が計算できるので、もっと明確
な損得勘定ができると思いますが、どうもそういう数字は見当たらないです。

└──────────

┌──────────「tenyoufoodさん」

西川クンは銀行出身だから、貯金と保険にしか手をつけなかったのが禍したの
だ。ーーー郵便はペリカンと合弁するといいながら実現できなかった。西川ク
ンの取り巻きも銀行出身だから、郵便局の活かし方には手も足も頭もでなかっ
た。

郵貯が国債の引き受け皿にならなきゃ良いのだが....。

└──────────
 ▼
┌──────────「紋起さんから」

ペリカンとの合弁は、菅総務相が推進を承認しなかったとも言われてます。
これをやらないと、ヤマト運輸、佐川急便のトップ2において行かれます。

そうすると、本当に郵政の荷物になるのですが、新しい経営者はもっと分から
ない人ですから、何をするのか見ていきましょう。

└──────────

┌──────────「緑の保守派の尊野ジョーイさん」

「民主党の脱官僚は偽りだったのか」

さて、日本郵政の人事を巡って、元大蔵官僚が社長になったり、他にも元官僚
が取締役になったりしていることが問題視されています。

ーーー私は、かならずしも問題ではないのではないか、と考えています。

社長の斉藤氏は大蔵官僚を辞めてから14年経っています。元官僚というには
月日が経ち過ぎているのではないでしょうか。また、その間に民間企業の経営
にも携わっているし、半分は民間出身といえるかもしれません。

そして「天下り」についての問題。

これは、斉藤社長御自身がインタビューで答えていましたが、「天下り」の定
義もいろいろある、民間企業に天下りしてろくに仕事もしないで高給をもらっ
てのうのうとしているのもいる。

しかし、今回、日本郵政の取締役になった元官僚は、「あえて火中の栗を拾う
覚悟でいる人達」であるということでした。ーーーそれも天下りとして批判す
るのでしょうか。

さらに亀井大臣(いろいろ問題がある人ですが)が、元官僚というだけで優秀な
人材を活用しないというのはおかしい、元官僚をヤクザみたいに見做している
のはおかしいよ、という主張は正論だと思います。

鳩山首相も代表質問で、この人選は間違っていない、これからの経過を見守っ
て欲しいと述べていました。

これで成功したら民主党の功績となり、失敗したら支持低下を招くわけですか
ら、いずれにしてもまずは見守っておくしかなく、今の時点で問題であると騒
ぐのは拙攻であると思います。もっとも、

竹中元総務大臣が、国民負担の増大につながるのではないかと憂慮する気持も
分からなくはありません―――。 http://mijikanaseiji.jugem.jp/?eid=448

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

ほーーー、日頃のご発言とかなり違って、珍しく理解のあるお言葉を。(^^)

まあ、人事については仰るとおりかもしれません。ただ会社体制の目指す方向
は、紋起さんが指摘されるとおり「新たな癒着の構造」以外のナニモノでもな
いような気がします。

└──────────
 ▼
┌──────────「紋起さんから」

正直、「ヘェ〜」という感じです。三つ子の魂百までですよ。学校卒業以来、
定年ぐらいまで官僚だったんですから身体中に官僚臭が染み付いてます。官僚
出身で経営を上手くやれたのは、高度成長期だけではないですか。

彼らの特徴は、前例踏襲主義です。そして、威張りまくる権威主義です。こん
な人を有能といえる証拠は何なんでしょうか。

東証で何かやったのでしょうかね。世界の証券取引所から笑われている程度の
ところではなかったのでしょうか。ーーーゆっくり見ている暇があると思って
おられることが、即ち危機感の欠如だと思うのですがね。

└──────────

┌──────────「lonsome carboyさん」

民主党の詐欺紛いの不作為を咎めるマスメディアのない事が、依然として国民
の民主党への高支持率を保っているのでしょうね。

マスコミを動員し、国民を集団ヒステリーのような状態にして勝利したバカげ
た選挙結果によって、白紙委任状を貰ったかのように好き放題をしている民主
党ですが、そのうち大きなしっぺ返しを受けると思います。

報道が、更なる規制を受けなければの話ですが、、、。

└──────────
 ▼
┌──────────「紋起さんから」

危うい民主党の政権運営ですが、正しい報道がなされていないですね。かなり
の、エコヒイキを感じますが、それ程自民党が見放されたのでしょう。

ーーーしかし、日本がどうなるのかの視点、で考えて欲しいものです

└──────────

┌──────────「日本ユ偽フ協会さん」

「民主党の詐欺紛いの不作為を咎めるマスメディアのない事が、依然として国
民の民主党への高支持率を保っているのでしょう」

とコメントされている方がおりますが、実際の支持率は4割を切っています。
先日の大NHK様の7時のニュースで調査結果を出されていました。

でも、ご存じないのは大政左翼賛会になったマスゴミのおかげ。参院選補選で
「勝った勝った」と浮かれているそばで、地方の首長選挙ではボロ負け。マス
ゴミに騙され高い支持率と勘違いしているのは、国民だけではないでしょう。

友愛の白旗を世界中で振って「侵略的互恵関係」に精力的な方々には重要では
ないのかもしれませんが。

2005年比で35%の二酸化炭素を、1990年比の25%と盛んに報道す
るのも包み隠し(「罪」の語源とか)の類。悪意ある不作為を我々も気にしませ
んとね。

その人となりを見るに「何をしたか」ではなく「何をしなかったか」をみよ、
と大陸の古典にもあります。ここに書かれる人、貴誌の読者は理解しておられ
るので釈迦に説法かと思いますが。

郵政国営化の議論と離れてしまいましたが、

河村名古屋市長の講演で「わしゃ昔から民営化せいって言うとったで。毎年3
億円ずつ無くなってく杜撰な経営やっとるようなとこはあかんて」と言われて
ました。特定郵便局は最近まで、自分の局が黒字か赤字かすら知らなかったと
か、いろいろと聞きます。

「かわいそうだから」の理由で国政を決めるとか、身内や知り合いを引き入れ
るのにやぶさかでない大臣は、政策内容以前に、公人としてNGでしょう。

今まで手間暇金をかけて行ったことを、納得できる理由なしに手間隙金かけて
壊す・戻す、しか民主党はやっていません。あとは売国法案を通すのに躍起。

支持率ないのは常識的に当たり前なんですけどね。ーーーなぜか内閣の支持率
が77%????

ともかく、単純に善悪を判断せず、よろず反論をする癖が大事かと。そのため
には情報収集が基礎の基礎。

〜〜〜本日もご意見拝読しました。

└──────────
 ▼
┌──────────「紋起さんから」

鳩山政権の支持率は高いですよね。民主党の支持率は、自民に比べると矢張り
倍ほどありますから、いまだ国民は気が付いていないのでしょう。

しかし、自民に戻すと、古い利権まみれの体質の人が指導層に出てきますから
絶対に政界再編しかないと思うのですが、そういう感じはないですよね。

しかしこの小鳩政権が長く続けば続くほど、日本が毀損されるので困ります。

└──────────

└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「坂の上の雲を」▼ 過去記事はこちら!
 http://chinachips.fc2web.com/argue3/monki.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ インド事報 ▽▼


☆ 中印バブル?日米欧景気2番底? ―――――――――― はぐれ雲さん


産経に「中国・インド経済はバブル現象?」という記事があった。

ブルームバーグのコラムニストが書いたコラムの翻訳で、「産経には責任はな
い」という注釈付きであった。専門家の意見なのであろうが、なにか粛然とし
ない内容であった。

ーーー理論先行・現実無知、学者にはありがちなシナリオであった。「バブル
は異常な程に膨れ、飽和状態になると弾ける」

現在の状況は、バブル崩壊による損失を上手く逃げきった一部のファンドが、
金融危機からいち早く脱出した中国とインドに流れている、のが実態だろう。

上海総合指数もSENSEX指数も、この一年の最安値に比べ、それぞれに約
1.8倍、2倍強に上昇している。

株価上昇の原動力は‘外資による買い’である。それをバブルといえるのかど
うか…。

両国とも特殊な市場、性格が異なり、同一次元で決め付けるのは無理がある。

欧米日の景気回復は大幅に遅れ、早くても2010年後半、2011年にずれ
込む可能性が大きいという見方が一般的である。今、巷では「2番底」を懸念
しているアナリストも多い。

中国とインドは、バブル崩壊による景気後退状況から脱し、既に回復基調から
成長基調に戻りつつある。投資家にとっては両国共「安全地帯」であり、成長
を見込んだ「格好の投資対象」だろう。

今年の中国のGDP成長率は8%、インドは6.5%を見込んでいる。

インドの場合、金利やインフレを云々する学者もいるが、企業の利益率が極め
て高く、殆どの企業が好決算となっている。外資直接投資も急増している。

ーーーだが、バブルの匂いは感じられない。

インドは「需要が供給能力を大幅に上回っている市場」「新たな需要が急速に
拡大している市場」である。インドは‘何でもあるが何にも無い’国である。
ーーー何でもあるにはあるが、質的に陳腐な物ばかり、リプレース市場は極め
て大きい。
電力は不足、水も不足、自動車も不足、輸送能力も不足、鉄鋼も不足、化学・
化石製品も不足、ホテルも、外人用住居も病院も学校も娯楽施設も、美味しい
お菓子も、質の良い文房具やシャンプーも全て不足している。実需は大きい。

一番不足しているのは‘資金’だろう。

インドに投資されている資金は、実需をカバーする為に使われる。今後は固定
資本・設備投資に資金が回る。単なる投機ではない。

投資家の中には多くの富裕NRI=非居住者インド人)がいる。彼らの一部は
インドでの起業を狙っている。バブルは飽和状態になれば弾けるだろうが、現
実のインドは‘飽和状態’には程遠い状態にある。

株価上昇は、更なる投資を呼び込み、IPOを活発化させ、企業に増資を実施
させ、国有企業の株式売却を早める。結果的に、インドの欠陥である資金不足
を補う役割を果たす事になる。ーーー商品も資金もインフラも、飽和状態にな
るのはかなり先、数十年先の事だろう。

インドは多様性の国、一面だけを見てインドを語ると可変しくなる。特に平均
数値で分析し、総合的判断すると見誤る事になる。それは中国も同様だろう。
質は違うが…。

経済学の常識には収まらない大国である。従来の分析方法、予測方法は通用し
ない。なるようにしかならない国だろう。

ところで、最近「2番底」と1う話を良く聞く。

日米欧の国家財政、地方財政、産業空洞化、失業率、デフレ状況、その他多く
の事象を見ても、不況克服の道は極めて険しい。「2番底」がきてもおかしく
ない。だが、

ーーー底は将来からしか判らない。日米欧は「2番底」に陥るかもしれない。
なるようにしかならない。

だが、内需依存率が高まりつつある中国とインドには「2番底」の影響は軽微
と思われる。むしろ、その間に両国への外資の流入が増大するだろう。そうな
ると両国ともプラス要因になる。

ーーー既にアメリカ資本及びR&D拠点ののインド・シフトが進行している。
その動きをどうみるか…。


                        = この稿おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

お読み頂きました感想は如何でしたか? 賛否のご意見はございませんか?
あなたの声を誌面に!この下のメールで、直接編集部へお送り下さいね〜♪

 ojindesu@hotmail.com  http://form1.fc2.com/form/?id=273573

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「インド事報・インド徒然」過去記事は ▼ こちら!
 http://chinachips.fc2web.com/repoas/06haguregumo.html

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「はぐれ雲さんのブログ」→ http://dankaisedai.iza.ne.jp/blog/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ アナウンスメント ▽▼

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ 定年後は現役時代の技術を活かして中国で働いてみませんか?
└─┘ http://chinachips.fc2web.com/merit/091009.html

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ 収益を伴う業務の広告宣伝:メールマガジンへの掲載について。
└─┘ http://chinachips.fc2web.com/pr/prindex.html#1/4

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ (中国やアジア関連で)収益を伴わない公告広報:メルマガへの掲載。
└─┘ http://chinachips.fc2web.com/pr/prindex.html#free

┌─┬───────────────────────────────┐
│♪│ 収益を伴う業務の広告宣伝:サイトページへの掲載について。
└─┘ http://chinachips.fc2web.com/pr/prindex.html#webpage

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃ ┌─────┐
┃ ☆ 月水金日 ☆ &≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
┃ │ (*^−^*) │ 発行元:Chinachips編集局 発行責任者:OJIN
┃ ☆ WEB 熱線 ☆ HomePage http://chinachips.fc2web.com/
┃ └─────┘
┃       ───────────────────────────
┣>愛情・友情・苦情は ▽ こっち!なんでも大歓迎!ですよ〜。(^○^)
┃        http://form1.fc2.com/form/?id=273573
┃ 回答は--特に指定がなければ--メルマガ或はホームページ上で行います。
┃ 読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際、著作
┃ 権は本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下
┃ さい。

┣>広告掲載は(^^) http://chinachips.fc2web.com/pr/prindex.html

┣>バックナンバー http://chinachips.fc2web.com/magbn09/09bn.html

┣>配信ペース速過ぎ!内容つまらん!デカ過ぎ!って方は..以下で解除を
┃ 先ずここで⇒ http://chinachips.fc2web.com/common/mailmag.html
┃ 次はこちら⇒ http://aizax.fc2web.com/common/to_ka.html
┃ 最後はここ⇒ http://chinachips.fc2web.com/hongdi/to_ka.html

┣>当誌は以下のメルマガ発行スタンドさんから推奨を受けてま〜すv(^^)v♪

┃⇒「まぐまぐ殿堂入りメルマガ」に認定されています。
┃  http://www.mag2.com/m/0000074019.html
┃⇒「 melma! 」
┃ 「メルマガ オブ ザ イヤー 2008 地域情報部門カテゴリー賞」受賞
┃  http://melma.com/contents/moy2008/result.html#cat20
┃ 「メルマガ オブ ザ イヤー 2006 地域情報部門カテゴリー賞」受賞
┃  http://melma.com/contents/moy2006/result.html#cat20
┃ 「メルマガ オブ ザ イヤー 2005 地域情報部門カテゴリー賞」受賞
┃  http://melma.com/contents/moy2005/result.html#cat20
┃⇒「AMDS」「2008年度AMDS大賞特別賞」受賞
┃  http://www.amds.jp/2008amds_award.htm
┃⇒「AMDS」「2007年度AMDS大賞準大賞」受賞
┃  http://amds.jp/2007amds_award.htm
┃⇒「AMDS」「2006年度AMDS大賞特別賞」受賞
┃  http://amds.jp/2006amds_award.htm
┃⇒「AMDS」「2004年度AMDS大賞特別賞」受賞
┃  http://amds.jp/2004amds_award.htm

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    Copyright (C) 2001-2009 Chinachips. All Rights Reserved.
----------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-21  
最終発行日:  
発行周期:週3回(月・水・金)  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。