海外

≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡

中国やアジアの各地に暮らす人々が綴る、☆ビジネス情報☆ビジネスお助け中国理解情報☆息を抜けるお色気情報(?)☆中国三面ニュース噂話ーーーー硬軟混在、思わずニヤリとさせられる場面もたくさん!

全て表示する >

≪ WEB 熱線 第1135号 2009/02/09_Mon―アジアの街角から―≫

2009/02/08

┌―――――――――――☆☆ 今号の目次 ☆☆―――――――――――┐

│・戦争に負けた国 -- 伝えられない悲劇と幽閉された意識 -- やせ我慢さん

│・心が元気になる話 ベトナムの歴史に残る日本人たち(1) hideおじさん

│・ラオスからの手紙 戻ってきたお財布 ---------------- 桜ちゃんのパパ

│・紅いチャイドレ -- サボり中。<(_ _)>

│・読者の広場 ------ しょーちゃんさん・尊野ジョーイさん。

│・あとがき -------- 上海の公衆便所での出来事 (-ε- )

│〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

│・広告掲載は<(_ _)>σ http://chinachips.fc2web.com/pr/prindex.html

└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

◇―――――― 新しい読者の皆様、ようこそ!! (^o^)丿 ――――――◇

│1.週3回・月水金のお届けですが、月→水→金 という流れではなく、
│  「月→月」「水→水」「金→金」というサイクルになっています。

│2.タイトルは同じですが、月曜日号・水曜日号・金曜日号は、それぞれ
│  別々のマガジン、と理解してもらったほうが分かり易いと思います。

│3.ライター兼編集発行の私 OJIN とライターさん数人で執筆しています。

│4.内容の転載や引用は自由ですが、必ず「出典元の名称とURL」を併記
│  して下さい。一報頂ければこちらも案内リンクを架けさせて頂きます。

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 戦争に負けた国 ▽▼


☆ 伝えられない悲劇と幽閉された意識 ――――――――― やせ我慢さん


ーーー子供が殺されるというのは、誰が考えても悲劇です。

しかし、身近なことならまだしも、見知らぬ国で起きている悲劇を、同情心だ
けで大騒ぎするのは何か違うのでは?ーーーと思います。

まして、誰かの意図によって選ばれた悲劇だけが報道される現実では、単なる
偽善では終わらず、政治的に踊らされる道化になってしまいます。

大袈裟でしょうか?

パキスタンでは、タリバンによる脅迫によって400を超える学校が閉鎖にな
り、「学校に行きたいと願うと殺される」という状況であると地元紙が伝えて
います。

ーーーその真偽はさて措いて、そうした状況を憂えない人はいないでしょう。

もし、これがガザで起きていたら、日本のマスコミや市民団体は黙っているで
しょうか。

しかし、パキスタンで起きているといわれる悲劇を取り上げている日本語サイ
トは、たったの2件のみです。

少し前に「Googleで1件しか見つからない言葉を捜す」という遊びがありまし
たが、めったにないから遊びになるのです。

パキスタンから伝えられる悲劇は、それほど日本では報道されず関心も引いて
いません。

なにもこれだけに限らず、アフリカ・アジア・中東・南米・北米…、おそらく
世界中のどの地域でも必ずある悲劇を、いったいどれほど日本人は知っている
でしょう。

ーーーそうしたことを取り上げる新聞やテレビがあるでしょうか。

月に一度ぐらい、海外話として報道されれば良いほうで、たいていは存在すら
知らされません。

報道の恣意性はどの国にでもあることでしょうが、この例では英語サイトなら
15000もの検索結果があり、情報があるだけマシだと思います。

こうした例を見るたびに、戦後日本は、精神的にも情報的にも、狭い島国に閉
じ込められているように思えて仕方ありません。

幕末・明治・大正・昭和初期の日本人(少なくとも知識人)は、今よりも遥かに
広い精神性と情報を持っていました。

敗戦という結果、どこかの大統領が言った通り、幽閉されているのではと思わ
ざるを得ないのですが、それは考え過ぎでしょうか。陸続きの国境を持たず、
日本語という独自言語だけで暮らせる国という条件も、その幽閉に大きく寄与
しているのでしょうが。

歴史の継続性を断ち切り、根無し草という自信の無い子供へ突き落とし、しか
も国内の瑣末なことで争わせ、世界に向けては目隠しをする。ーーー戦勝国に
とっては、これほど扱いやすいものはないように思えます。

かつて、

満州から南洋まで広がっていた意識、そして多くの日本人が現地実情や欧米の
やり方を肌で知り、培ってきた知恵や経験則、そうした広がりはどこへ行って
しまったのでしょう。

重箱の隅を突付き合うしかないような国会やマスコミを見ていると、狭い意識
に閉じ込められて、正気を失ってしまったかのよな病的なものすら感じます。


                        = この稿おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

 「伝えられない悲劇と幽閉された意識」

◆−この意見に賛成
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0028464A160a7
◆−どちらかといえば賛成
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0028464A2e953
◆−どちらともいえない
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0028464A3bdf4
◆−どちらかといえば反対
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0028464A4cc60
◆−この意見に反対
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0028464A54d18
○結果を見る
┗ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0028464Cd499
○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0028464P00C43ef

締切:2009年02月12日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│「ならばどんな日本が望みなのか?」アンケート結果。
└─┘
◇ この意見に賛成 -------------------------------------- 48人 (61%)
◇ どちらかといえば賛成 -------------------------------- 20人 (25%)
◇ どちらともいえない ----------------------------------  5人 ( 6%)
◇ どちらかといえば反対 --------------------------------  2人 ( 3%)
◇ この意見に反対 --------------------------------------  4人 ( 5%)

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│ お寄せいただきましたご意見や感想。
└─┘
┌──────────「細野孝司さん」

ーーー無責任な批判と、相手を見下した文体は止めたのですか。

メールマガジンを発行してください。私は、あなたの意見を否定しているので
はなく、他人の責任でしか意見を言えない姿勢を批判しているだけなのです。

└──────────
 ▼
┌──────────「やせ我慢さんから」

とりあえず、一度、病院へ行ったほうがいいよ、細野。

└──────────

┌──────────「中島茂忠さん」

基本的には小さい政府に賛成ですが、健康保険に限っては、政府の介入がかな
りのレベルで必要ではないかと思われます。理由は、

アメリカに住んでいて、この国の健康保険制度が、個人の意思を殆ど反映せず
一部の大企業の専横により弊害が酷いと思わざるを得ない為です。

どだい、人の健康状態を商売の基礎にして病人や怪我人から利益を生み出そう
という基本的発想がマズイということです。

健康を損って収入に悪影響が出た時に経済的負担が増加する訳ですから、政府
が適切な舵取りをしないで営利企業に任せていれば、必ず個人には不利な結果
となります。

└──────────
 ▼
┌──────────「やせ我慢さんから」

ええ、ですから、医療サービスの提供は必要だと書きました。

また、この記事では省いていますが、働けない状態・あるいは充分には働けな
い状態への支援も統一した制度で必要だと思います。

もちろん、今の生活保護のような、不透明で不正と不公平が蔓延る制度ではな
く、大改革が必要ですが。

└──────────

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「戦争に負けた国」掲載記事収載ページ。
 http://chinachips.fc2web.com/argue2/yasegaman.html

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

 やせ我慢さんのブログ http://webtoy.iza.ne.jp/blog/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 心が元気になる話 ▽▼


☆ ベトナムの歴史に残る日本人たち(1) ―――――――― hideおじさん


ベトナムも、日本の仏印進駐によって蹂躙され侵略されたとされている。しか
し、ーーー現在ベトナムに駐在している日本人は、単純に反日とか嫌日という
ような感情や雰囲気を感じたことはない言う。

さらに、共産党一党独裁体制であるにも関わらず、中国や韓国のような、反日
運動が起こったり「歴史認識」が取りざたされることもない。

これは南国特有の大らかさからくるものかもしれないが、この国に深く関わっ
てきた日本人たちの存在がそうさせているといったら、言い過ぎだろうか。

ーーーフランスのベトナム支配は過酷を極めていた。

ベトナム人は、自らを「ベトナム」と呼ぶことを禁止され「安南人」としか呼
ばれなかった。「ベトナム」という言葉は、イコール「独立運動」と同義語と
され、口にすることすら許されなかったのである。

さらに、無許可で二人以上集まると反仏容疑で逮捕されもした。通りを裸足で
歩くと警察がやってきて処罰される、ということも珍しくなかった。

「フランス人が近寄ってきたら、震えて話もできなかった」そう当時のベトナ
ム人は語る――――。

無法な法がまかり通り、人を人と見ない人種偏見に満ちていたのが植民地ベト
ナムの現実だった――――。

そんな時代に、ベトナム人の独立勢力と密かに通じていた日本人たちがいる。

印度支那産業の重役「山根道一」と軍属・特務機関員・商社員という多彩な経
歴を持つ「西川捨三郎」らだった。

彼らは、仏印進駐の斥候としての役割を担っていたのだが、チャン・チュン・
ラップという将軍の率いる「復国同盟軍」をサポートし、日本軍の仏印進駐が
スムーズに進むよう働きかけていたのだった。

チャン・チュン・ラップは、山根や西川の協力の下、ベトナム人を近代的兵士
として育て上げ、ーーーさらに戦後は、彼らの中から抗仏戦争のリーダーとし
て活躍する者や、ベトナム戦争のときには、数々の殊勲をあげる人材が生まれ
ていったのである。

ラップ将軍は日本の進駐に合わせ反仏武装決起を計画し、3千人の兵力を持っ
て立ち上がった。

それまで、口を聞くことすら憚られたフランス人、ひたすら恐怖を覚えていた
フランス人、が、同じ肌の色をした日本軍に戸惑い逃げ惑っていた。

チャン・チュン・ラップらは、その白人の姿に感動と興奮を覚え「自分たちに
もできる!」と心を大きく揺さぶられていったのである。

日本では「仏印の平和進駐」とされてきたが、実情は、日本への猜疑心からフ
ランス軍から攻撃を受け、事実上「武力進駐」になったといってよいだろう。
しかし、この行動がフランスからの独立を目指す勢力に大いに勇気を与えたの
である。

ただ残念ながら、

当時の仏ビシー政権はあくまで友邦であり、援蒋ルート遮断の要地、さらには
仏印資源の確保という意味からも、ビシー政権とは友好関係であらねばならず

ーーー結局、独立を目指す勢力を見殺しにするしかなかったという。

それでも、チャン・チュン・ラップらは「残念ですが、自分たちにもできると
いう自信が湧いただけでも十分です」と語ったという――――。

日本軍主力が上海へ去って行くのと同時に、仏印軍は大々的に「復国同盟軍」
に弾圧を加え、ラップ将軍も捕らえられ銃殺された――――。

彼は最後の言葉として「もし私に昔の同志たち=山根や西川)がいたら、決し
て捕えられることはなかっただろう!」と言い残したという。ーーーその言葉
を耳にした日本兵の多くは、無念さに心を痛めたのである。

表向きは助けることなどできなかった日本軍だが、逃げてきた「復国同盟軍」
の兵士を匿ったり、見て見ぬ振りをして逃したりしていた。

一時期同志として戦った仲間である「復国同盟軍」に対し、その悲劇的な運命
に大いに同情を寄せ、フランスの横暴に強く憤りを感じたのである。

後に、日本兵の多くはベトナム独立運動家への協力を惜しまず、敗戦後現地に
残り独立闘争支援に挺身していったのである――――。

一説によると、インドネシア独立戦争より多くの日本兵がベトナムに残留し、
彼らと共に独立闘争に関わったとされる。


ベトナム独立の歴史の中に日本人がいたことを、


ーーーベトナム人は忘れてはいない――――。


                        = この稿おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「ベトナムの歴史に残る日本人たち(1)」

◆−俺も日本人だ!ガンバルぞ!
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0028465A1a5f1
◆−結果がそうなっただけじゃないか
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0028465A2f173
◆−知らなかった..初めて知った
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0000088Q0028465A3a701
○結果を見る
┗ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0028465Cad3d
○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0028465P00C8924

締切:2009年02月12日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│「ングォイ・ベトナム・モイ(新ベトナム人)」読後アンケート結果。
└─┘
◇ 俺も日本人だ!ガンバルぞ! -------------------------- 32人 (48%)
◇ 日本人そんなにカッコよくない ------------------------  2人 ( 3%)
◇ 知らなかった..初めて知った -------------------------- 33人 (49%)

┌─┬───────────────────────────────┘
│●│ お寄せいただきましたご意見や感想。
└─┘
┌──────────「lonsome carboyさん」

弊社を退職した後、東南アジアから中東まで1人で放浪を続けた女性が、訪れ
た土地の先々で、現地の老人から、戦時中の日本人を称える話を聞き、

○○さん(投稿者)の話は本当だったんだ!と感動してメールしてきました。

マスコミや教職員や戦勝国が見聞きしたくない事実がそこかしこにあり、彼女
は、目が覚めた、と言っておりました。

歴史には必ず光と影があり、日本人は強調された影の部分しか教えられており
ません。「良い事もした」と発言しただけで大臣のクビが飛ぶ国です――――

ーーー自信や誇りもなくなり、閉塞感で一杯になるはずです。

└──────────
 ▼
┌──────────「hideおじさんから」

まさに仰るとおりで、何事にも「光と影」があります。人間だって長所もあれ
ば短所もあります。短所だけをあげつらってしまっては相手の本当の姿を理解
することはできないでしょう。

ーーー国家においても同様だと思います。

ベトナムについては、仏印進駐は「侵略」としか理解されておりません。

さらには、----左翼系が意図的に流していると思われる----「日本軍の侵略で
200万人の餓死者を出した」ということを、マスコミも一緒になって言って
います。

ホーチミンが言ったとされるこの言葉も、コミンテルンの指導であって、根拠
は何もありません。なにより、当時は、同盟国であったフランスのビシー政権
の下に日本軍が進駐したのであって、日本軍には、仏印の統治権も警察権もあ
りませんでした。

さらに食料、特に米の流通については、ベトナムの華僑が一手に担っており、
日本軍が略奪しようにもできない状態であった、のにも関わらず、さも「日本
軍のせいで多くの犠牲者が出た」などと、日本では嘘がまかり通っています。

ーーー現在のベトナムでは、こんな話を持ち出す人はおりません..でした。

こんな嘘までついて自分の国を貶める、必要がどこにあるのでしょうか。

こんな状態では、いつまで経っても国民が政治や行政に責任を持つという自覚
は生まれないのではないでしょうか。

└──────────

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「hideおじさん」▼ の過去記事はこちら!
 http://chinachips.fc2web.com/repo4/045hideoji.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ ラオスからの手紙 ▽▼


☆ 戻ってきたお財布 ―――――――――――――――― 桜ちゃんのパパ


ーーー家から車で10分ぐらいのところに我が家の果樹園がある。

バナナ、ジャクフルーツ、ミカン、ドラゴンフルーツ、マンゴーなどいろいろ
な果物を植えている。時々行って水撒きや草取りをしているのだが、お財布を
落としたのはどうもその行きかえりだったようだ。

停めてあった車のタイヤに有刺鉄線が刺さって、それが車の泥除けに当たって
変な音がしていたようだ。帰りに何回か停まって車をチェックしたが、どうも
その時に胸ポケットにいれてあった財布を落としたらしい。

家に帰って来て落としたことに気づき、大慌てで果樹園の中を捜しまくった。

ライトがないので、バイクのエンジンをかけてライトを点けて、何回も果樹園
の中を捜索する。ーーーそのうちにバイクのタイヤがパンクする。

いくら探しても果樹園にはないので、途中で落としたのだと諦める。わたしの
人生、こういった失敗の積み重ねである。

お財布の中には、現金で300ドルぐらい、ラオスの運転免許証、日本の運転
免許証、日本の銀行のATMカード、池袋の文芸座(名画座)の会員カードがは
いっていた。

現金は諦めよう。ラオスの運転免許は再発行にお金がかかるし、日本の免許も
同じ。まさかのことを考えて日本のATMを破棄する手続きを取る。

妻は新聞に広告を出すと言う。

さっそく次の日に、噴水のところにある「ヴィエンチャン・マイ」に行き、落
し物の広告をだす。落とした場所と時間、そして拾った人にはお礼をするとい
う内容である。こういった場合は、だいたい現金はでてこない。

誰かが拾って現金だけ抜いて捨てる。その後で財布を拾った人が広告を見て落
とし主に連絡するようだ。または拾い主がお金をネコババして、なおかつ「財
布は拾ったけれど現金は入ってなかった」と嘘をついて落とし主にお礼を請求
する。

落としたほうは最初から現金は諦めている、

大事なのはお金と同時になくしたもの、私の場合でいえば運転免許証。

ラオスでも運転免許をなくすと再発行に40ドルぐらいかかるようだ。日本の
運転免許証だと1万円ぐらいだろうか(調べていないからよくわからないが)

そして池袋の文芸座(名画座)の会員カードも2000円の価値がある。

ラオスの諺で「カム・キー・ディー・クワー、カム・トット」というがある。
「屁を掴むよりウンコを掴んだほうがまし」というのがある。まさにこの諺、
実利的なラオス人を表しているかもしれない。

さてその後、わたしは仕事で日本に帰ったので妻からの報告を紹介しよう。

新聞に掲載後、2〜3日経って拾い主から電話があった。拾った後で日本人の
遺失物だと分かったので大使館に届けようとした。そうすると新聞に広告が出
ていたので電話をかけてきたのだ。

お礼は、交渉の結果1000バーツとなった。交渉の結果というのが面白い。
----拾い主が値段を提示し、こっちがそのお礼の値段を値切ったわけである。

受け渡し場所はサイロムにある電話局の前、財布の本体は「かっこいい財布だ
からくれ」ということで返してくれなかった。返してくれたのは免許証などの
書類だけ。

財布は、日本に住むラオス華僑のおばさんが、フランスの親戚を訪ねたときに
買ってきたお土産で、パリという文字がはいっていて結構カッコいい。

拾い主も、どこの住人だか名前も言わずに去っていった。妻も一人で行くのは
怖いので妹と一緒に行った。

あるラオス人が日本に来て、新宿駅でキップを買った時である。お財布を自動
販売機のところに忘れてしまった。中には500ドル以上の現金がはいってい
たらしい。警察に届けたらしいが、財布もお金も戻らなかったらしい。


ーーー日本とラオスと、どっちがいいのか、わたしには分からない。


                        = この稿おわり =
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

 感想やご意見をお待ちしています。 ojindesu@hotmail.com
 http://form1.fc2.com/form/?id=273573

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

「ラオスからの手紙」 ▼ 収載ページはこちら!
 http://chinachips.fc2web.com/repoas/02spapa.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ 読者の広場 ▽▼


┌──────────「しょーちゃんさん」40代@男性@関東

水曜日号の読者の広場「中川財務大臣も誤読」に。
http://chinachips.fc2web.com/repo/001100_008.html

OJINさん、こんばんは〜♪ 誤字脱字に関してですが、

昔、○ニメックという月刊誌は、毎号お詫びのページが最低1ページ(それも
小さい字で)あったのを記憶してます。本来の誤りだけでなく、出典違いや事
実誤認など多種多様、一時期は、付録にチェック用赤鉛筆つけようか?とまで
言われたもんです、はい。

今にして思えば、間違えたらキチンと謝ることが読者への最低限の礼儀!とい
う編集長の信念みたいなものを感じます。

昨今の新聞雑誌TVの、書きっぱなし言いっぱなしを見ていると、恥という日
本語が消滅しつつあるんだなぁ〜と思います。

└──────────
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

昨今の記事や報道の内容を見聞するにつけ、誤字の問題云々よりも、作り手=
記者や編集者の質が落ちているのではないかと強く感じます。

取材しても、最初から結論ありきでそういう記事にまとめ上げてしまう?

ーーーインターネットの普及がメディアの衰退の原因なんて言われたりしてい
ますが、
それも関係なしとはしないでしょうが、それよりも、こうした自壊的原因のほ
うが大きいと思うのですが、ーーー皆様の感じでは如何でございましょうか?

└──────────

┌──────────「尊野ジョーイさん」

水曜日号の読者の広場「中川財務大臣も誤読」に。
http://chinachips.fc2web.com/repo/001100_008.html

さて、政治家の漢字の誤読ですが、以下のような意見があります。

┌--------「漢字:馬渡龍治」

新たに支援して頂くことになった人たちと懇談してきました。それぞれ喫茶店
や会社など3ヶ所を訪ねていろんな話をしてきました。

そのうちの一人が、「なぜ麻生政権の支持率が下がってきたのかよく分からな
い。漢字が読めないというのがその理由だとしたらおかしい。新聞の読者投稿
欄に同様の趣旨のことが載っていたが、同じことを感じている人も多いのでは
ないか」と話していました。

その他に「麻生総理はブレている」というのもよくテレビで言われますが、こ
れもどうなんでしょう。

麻生総理がブレているとは思いません。平成19年の総裁選の前に「経済対策
をしっかりやらなければならない」と主張していたことを覚えています。

いまの政策は選挙用にやっているわけではなく、総理になる以前からその軸は
決めていたのです。それに3回の総裁選を応援してきましたが、“信念の人”
と感じています。

たとえ内閣支持率が下がろうと、これからもしっかり麻生総理を支えていきま
す。

漢字の読み間違いで民主党議員が大騒ぎしていましたが、本会議や委員会で野
党の議員だって漢字を読み間違えて、変な日本語を使っています。私の覚えて
いるだけでも、「的を射た」を「的を得た」、「微に入り細を穿つ」を「微に
入り細に入り」と話す議員がいました。

本当だったら「上意下達」は「じょういかたつ」、「固執」は「こしゅう」、
「画龍点睛を欠く」は「がりょうてんせいをかく」と読んでいただきたいので
すが、「じょういげたつ」、「こしつ」、「がりゅうてんせいをかく」と読む
人がいます。

でも、このことで自民党議員が「あいつは漢字が読めない」とか「日本語を知
らない」とバカにした話は聞いたことがありません。自分だって間違えている
かもしれないので、「目くそ、鼻くそ」と言われてしまうのが恥ずかしいから
です。

分厚い答弁の資料を毎日読んでいる麻生総理が、漢字を読み間違えただけで、
世の中がひっくり返るような大騒ぎをする人がいるけど、「そんなのどうでも
いいじゃないか」と思います。
└-------- 

「人の振り見て我が振り直せ」って漢字、じゃなくてカンジですねww
 
└──────────「 http://blog.mawatari.info/?eid=701554 」
 ▼
┌──────────「(^^) OJIN です(^^)」

ほんとに漢字の読み方なんて、誰だって間違えるのが普通ですよ。オレは絶対
に間違えない!な〜んて御仁がいたら、お目にかかりたいものでございます。

それよりこんなものを記事にする(こんなものしかできない?)その心根の卑し
さ、志の低劣さ・・・そんな根性だから、独自取材した真っ当な記事なんか書
けるわけもなく・・・だから(面倒くさいから以下省略)

└──────────

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ あとがき ▽▼


ーーー上海駅の北口広場に、遠距離バス上海総合ターミナルがあります。

その建物の上海駅北口方向に面したあたりに公共厠所=公衆便所があります。

尿意をもよおしたので入りましたら、男女別に分かれる入口の前のスペースの
突き当たりにカウンターが設けられていて、怖そうなオバチャンが2人鎮座し
ておりました。

カウンターの上には「1人1元」と書かれた札が置いてありました。

ああ、有料便所なのか・・・

カウンターの前で、1元玉を取り出そうとモソモソとポケットをまさぐってお
りましたら、ーーーカウンターのオバチャンの1人が右手の壁に向かってアゴ
をしゃくりました。

??なんだべ??

と、右手の壁を眺めると、1枚の大きな貼り紙。そこには、

「以下に掲げる者は無料」

「幼児・妊婦・身体障害者・傷痍軍人・・・」

その次が・・・

「70歳以上の老人」




と??

と、いうことは・・・!?


!!オレは「70歳以上の老人」と判断された..ってことか? オイッ!!

まあ、

・・・抗弁もせず‥そのまま無料で小便しちゃいましたけども‥‥とほっ‥‥



┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼▽ アジアの街角から」フレンドリーメルマガ ▽▼


┌―――――「ロシア政治経済ジャーナル」北野幸伯氏発行

ロシアKGB大学卒でロシア在住の北野幸伯氏が、的確且リアルな視点から国
際情勢を分析解説する、将来予測的中率ナンバーワン!の無料メルマガです。
でも堅苦しくはないんですよ〜♪硬い話を軟らかく書くところが凄いんです。

└───── http://blog.mag2.com/m/log/0000012950/


┌―――――「軍事情報」おきらく軍事研究会発行

軍事知識は、グローバルビジネスには欠かすことのできない常識です。軍事は
政治や経済と同列、という世界の常識に則った立場で分かり易く切り捌いて読
者に提供してくれる、日本でただひとつの軍事「情報」マガジンです。

└───── http://www.mag2.com/m/0000049253.html


┌―――――「国際派日本人養成講座」伊勢雅臣氏主宰

現在の日本は情報鎖国時代。え?情報は溢れていますよ?----情報とはなんで
しょうか?自分が誤りのない道を歩んでいくための栄養素----海外の正確な事
情は?歴史の正しい事実は?これから進むべき方向は?----それが情報です。

└───── http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm


┌―――――「縄文塾通信」中村忠之氏主宰

コップに半分の水。「まだ半分も残っている」と喜ぶ人「もう半分しかない」
と嘆く人。いまの日本は圧倒的に後者が優勢だ。今年は、極力縄文の有り様に
沿って「陽=プラス思考=楽天的」でいくつもりです。乞うご期待を!

└───── http://www.mag2.com/m/0000184916.html


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ではまた、ホントに面白い!水曜日号でお会いいたしましょう!(^o^)丿

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-21  
最終発行日:  
発行周期:週3回(月・水・金)  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。