小説

作家の”育ての親”になろう

この秋デビューの「新人作家」が、どこまで羽ばたいていけるかをつづる「育成ドキュメンタリーメルマガ」とまでいけると、皆様に「あいつが有名作家になったのも、わたしが育てたようなものよ」という実感が沸くのでは?

全て表示する >

作家の”育ての親”になろう No.129

2008/10/27


【今号の徒然なご報告】----------------------------------------------●

こんにちは。高橋みのりです。
予定通り、晩秋の季節にお送りする、不定期メルマガです。2ヶ月ぶりですね。
2ヶ月前は、真夏の8月でしたが、あっという間です。
振り返れば、そんな真夏の8月には、サザンオールスターズの解散があり、
(私は新横浜在住のため、ライブの日は日産スタジアムから歌が聞こえました)
この秋には、王さんも、清原も引退してしまいました。
ちょっと寂しい気持ちもありますが、めげずに晩秋を楽しみたいと思います。

そう、晩秋の楽しみといえば、食欲や読書など、古来より色んな言い回しが
ありますが、異国の文化といえ、だいぶ日本にも定着してきた感のあるのが、
『ハロウィン』ではないでしょうか。

実は先週に、そんな『ハロウィン』をちょっと別の角度で味わうために、
ディズニーランドに行ってきたのでした。(ちょっとしたセレブ気分で!?)


☆     ☆     ☆     ☆     ☆

「ディズニーランドでセレブ気分」のお話。 


といっても、子供は小さいから乗り物もそれほど乗れないし、また、
パレードにもほとんど興味もないし、最後までミッキー他、誰とも写真を
撮ってないけど、何故にディズニーに?というところだが、実は今回、
特別な目的があったのだ。 

そう、『club33』である。 

『club33』は、ディズニーランド内にありながら、どのパンフレットにも
載っていない、普段カギのかかった秘密会員制のレストランのこと。
最近まで知らなかったのだけど、マニアでは有名らしい!? 
VIPだけで構成された秘密会員にはもちろんなれるわけないのだけど
(年会費数百万という噂)、縁あって、そのレストランに行けることに
なったので、ハロウィンの時期で、息子の5歳の誕生日と結婚記念日を併せて、
ディズニー一泊旅行することにしたのだった!! 


はたして、どんなレストランなのか!? 

まず、そもそもディズニーに入園する前から、特典があった!! 
というのも、車で出かけたのだけど、最初の駐車場案内の入り口で
「『club33』に予約してあります」というと、ワイパーあたりに紙を張られ、
特別にキープしてくれた場所に案内をしてくれる。 
とっくに11時を過ぎて、秋の週末で入場制限もあり、駐車場もほぼ満車に
近かったが、入り口のすぐ近くに通してもらえた。うーん、さすが。 


そして、エントランスも別である。 
入場制限があり、結構な人で溢れていたのだが、制限と関係なく入れるため、
そっと専用の入り口から入れてもらえた。これだけで、何だか、
プチセレブ気分(笑) 
もちろん、息子の誕生日当日なので、胸にはステッカー。 
(これにより、各地で通りすがりのキャストに「おめでとうございます」と
 言われる。ま、それだけだけど) 

目的がここなので、エントランスから、寄り道をあまりせずに、
いよいよ、秘密のレストランへ。 

ワールドバザールの某ショップの隣にドアがポツンとある。
その、鍵のかかったドアの前に着くと、小さな隠し小窓にある呼び鈴を押す。 
そしてスピーカーに予約名を答えると、中からクラシックな感じのメイド服を
着たスタッフが開けてくれるのだ。 


中はとても広い。1階はクロークとなっており、荷物を預けて、2階へ。 
そっちは待機用のラウンジ(リビング)になっているので、
そこで準備(?)を整える。
もちろん、ディズニーランドに来たので、完全に平服で来ているのだが、
それは別に構わないらしい。 

そして数分後。 
案内係の御姉様(これまた本物の王朝メイド風)に連れられてダイニングへ。 

そこは!!!! 
かなり広いダイニングスペースで、数組の方がいらしていて、
うちの平服と比べて、かなりお姫様になっている親子や、
バッチリスーツを着ているカップルも。 
窓からは、さすが入場制限されているだけある、シンデレラ城あたりの
大混雑の風景が広がり、各地のレストランが1時間以上待つと書かれて
いるというのに、ここは別世界のようだ。
あー、VIPって、いろんな技を持っているのだねえ。。。 

(ちなみにカーテンを子供が開けようとしたら、
 「それは当レストランの趣旨がありまして、禁止事項です・・・」と
 怒られた。あー、スイマセン。) 


で、コース料理は、最初に予約してあったから選ぶ必要はなく、
飲み物リストにはアルコールもバッチリ!
でも、相方も飲めないし、車で来たと言う事で飲まないでおく。 
(ディズニーシーと違い、お酒の飲めないディズニーランドでは、
 ここが唯一飲める場所らしい) 

ちなみにフランス料理のコースはとても美味しかったが、
料理の説明は苦手なので、これは割愛。 


ただ、息子の誕生日当日だったので、最後のデザートプレートには、
名前入りのお祝いメッセージ♪ 
その場で写真を取ってくれて、そして帰りまでに現像してプレゼントして
くれる。さらに、全員分の名前が記載されたマッチも渡された。
これは記念品らしい。うーん、きめ細かいわ。 


そんなわけで、 
ディズニーに来て、のーんびりレストランで過ごせるなんて、とても贅沢な
気分を味わい、まあ、子供も「乗り物」とせがむ年齢ではないので、
この後も、ほとんどハロウィンの雰囲気の園内をゆっくり散歩する程度か、
ウエスタンリバーの蒸気船や蒸気機関車、ジャングルクルーズあたりだけに
して(途中、某クレジットカード特典で、スポンサー用のラウンジにて、
のんびりと過ごし)、 
ホテルでも、なーんにもしないでゴロゴロして、一泊してのんびり
帰ってきたのでした。 


☆     ☆     ☆     ☆     ☆

これはまさに擬似セレブ気分・・・。
こんな世界があったんですね。たまたま縁あって触れることができましたが、
それでも、このレストランの本当の姿は「ディナー」とのこと。
しかし、私はそこまでのご縁がなく、ランチだけでも味わえて、
その世界を垣間見れただけでも、大満足です!!(笑)

でも、もう1つこの秋に、ちょっとセレブな気分を味わう機会がありました。
それは、、、日本企業とは一味違った社風の成せる技なのか、
某企業の起業パーティ時のお話です。。。


☆     ☆     ☆     ☆     ☆

「起業パーティでセレブ気分」のお話。 

外資系(いや、高給取り系)会社で有名だったリーマンブラザーズの破綻や
メリルリンチの救済など、衝撃的ニュースが続く今日、
一方、某セレブ系ナイトクラブでは、楽しげな宴が繰り広げられていた・・・
(ここでいうナイトクラブとは、ジャズの生演奏流れるアメリカンなクラブ)

その宴の名目とは、なんと前職でお世話になった会社の「同窓会」!!
しかし、某外資系コンサルティング会社の同窓会というのだから、
やや「バブル」風な同窓会(?)。
セレブ系ナイトクラブは300人を超える人で熱気にあふれていた。

しかし、不思議なことにほとんどお金は取られず。
理由は、スポンサーがいるから!!
どういうことかというと、その某コンサルティング会社時代の社長が
今度、新しい会社を起業し、その「採用活動」の一環として、会社からの
採用活動経費にて、そのパーティが賄われているからなのだ。
(この社長ちょい有名人。IBM副社長やったり、日本テレコムの会長やったり)


そもそもコンサルティング会社に在籍していたような人は
かなりの自信家で、組織に縛られず、自由に転職や起業もして、
楽しく過ごしているような人もいて、そんな彼らをパーティにて集め、
「うちの会社面白そうだろ?」をアピールすることで、
パーティ内で、なんとなくの採用話が進んだりするのだ。
(そこまで露骨ではないけれど、まあ、そういう側面もあるってわけだ)


まったく、世の格差社会を蹴散らすような、不思議なイベントである。


「また、小さな会社始めちゃってさ」
「ソフトバンクの孫さんと仕事してるよ」
「とりあえず1年だけ、新会社に顔を出そうかな」
「日本に帰ってきたの、久しぶりだわ」

・・・。


久しぶりにあう同期の顔はとても懐かしかったが、
今の会社に転職後は、あまりに平和に穏やかに仕事しているので、
ちょっと満腹感のあるイベントだったかなあ(苦笑)
(おいしい料理に、豪華ホテルディナー券などの抽選会から始まり、
 帰りのおみやげには、オリジナルグッズに、ナイトクラブ次回招待券付き、
 ・・・さすがです)


☆     ☆     ☆     ☆     ☆


とまあ、こちらも楽しそうな世界を、ちょっとだけ垣間見てきました。
でも普段は、普通の子持ちパパとして、頑張ってるんですよ、これでも?笑

というのも、秋といえば運動会シーズン。
金曜日夜から、幼稚園の下駄箱の前にて、持参した寝袋の中ですごしました。 
そんな徹夜で並んで、観戦場所確保争いの荒波にもまれた当日はなんと、
運動会が、雨で翌日に順延!!!

えー・・・。
(でも、確保したシートはそのまま有効ということなので一安心)

ところが、
なんと、翌日の早朝に一部の緊急連絡網で回ってきたのは


「強風で、シートのほとんどが飛ばされたらしいです」


!!!。


そりゃもう、急いで駆けつけると、そこは惨状。。。
何が惨状って、シートが散乱していることだけではなく、
元の観戦場所がわからなくなり、大混乱(笑)→笑い事ではない?

しかも、元の場所がわからないだけでなく、
何も知らない当日参加者が「あー、なんだいっぱい空いてる〜」と
悪気もなくシートを次々においていく。
(もちろん、中には悪気のある人もいたと思われるが)
そうして、あちこちで、口論が起きている。


しかも、さらに難易度が上がったのが、地域のスーパーで買ったのか、
同じ柄のシートがたくさんあったこと。
名前を直接書いてある人はいいのだが、おもり用のペットボトルに
名前を書いた人は、ペットボトルが遠くに転がり、万事休す!

ちなみにワタクシのシートは、杭を打ったおかげで飛ばずに済んだ。
(けれど中には「携帯画像」をとっていたベテランもいて驚く 笑)

その戦いを経た後、世の中のお父さんたちは「ビデオ撮影」との戦いへ。
まあ、わたくしは肉眼をメインにすると予め決め、ビデオは持っていきま
せんでしたが、パパ対抗綱引きや、パパ対抗かけっこなどには、
全力投球してきました(^^)
一日でかなりのエネルギーを消費した、ステキな運動会でした!!


でも、時は止まることなく、世の中のイベントは、
忘年会→クリスマス→お正月→新年会と続いていきますね。

ワタクシはというと、今度のお正月に、両親の「還暦祝い」をする予定です。
また次回のメルマガでは、その辺に触れるのかと思いますが、
ネタになるような・・・いえ、楽しい会になるといいなあ(笑)

そんなわけで、皆様も夜長の晩秋をお楽しみくださいね。
そして、インフルエンザ等の脅威もありますので、是非、ご自愛ください。


高橋みのり  10月某日

(次回 130号 未定。きっと「2008〜2009、行く年来る年」?)



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-12  
最終発行日:  
発行周期:週刊→今は月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。