トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 月刊アカシックレコード

月刊アカシックレコード

RSS

02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガメルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2006 受賞メルマガメルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2007 受賞メルマガ


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2017-03-11
発行部数:
17047
総発行部数:
7548630
創刊日:
2001-07-06
発行周期:
月刊
Score!:
92点

最新のコメント

  1. OK

     2017/3/23 このコメントがついた記事>>

  2. ok

     2017/3/20 このコメントがついた記事>>

  3. 李垠殿下の墓参りをしてから出版した『歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本』

     韓国のソウルから二十四!)ほど東、京畿道南楊州市金谷洞に御陵「英園」がある。ここに最後の皇太子・李垠殿下が埋葬されて眠られておられる。私は、二〇〇一年の秋、『歴史を偽造する韓国』の出版(二〇〇二年四月刊)を控えて、垠殿下の墓参だけを目的に韓国を訪れた。

     線香ほか仏式の祭具一揃いは持参していたし、菊の花はホテルで買った。墓を訪れる朝鮮の観光客は全くおらず、静寂な空間の中でたった一人、私は一時間ほど数珠を片手に墓前にて正座して手を合わせた。むろん、この後、隣に眠られておられる(梨本宮女王で世界最高の女性)方子(まさこ)妃殿下の墓にも詣でた。

     その後、永寧殿第十六室に垠殿下を祀るソウル市内の宗廟にも、「英園」から車で直行してお参りした。朝鮮式の礼法を知らないし、神道形式でするのも変だから、ただ跪いて手をつき数回叩頭した。私の背中側では、朝鮮人の観光客数名が不思議そうな顔をして立ち止まって見ていた。

     垠殿下が渡日されたのは、一九〇七年十二月十五日で十歳のとき。芝離宮を宮殿とされ、明治天皇は公的には「元首」級に扱われた。一九一〇年まで韓国は準独立国家。

     明治天皇は私的には、皇后とともに、自らの「皇孫」として最大限の愛情を注がれた。皇孫の一人、後の昭和天皇(垠殿下より三歳半ほど年下)ですら、垠殿下のような破格の扱いなど全く無縁であった。

     明治天皇と伊藤博文が、垠殿下を韓国国王に即位させる決意だった事は、韓国併合に反対で保護国の解除も予定していたことにほかならない。しかし、伊藤博文が暗殺され(一九〇九年)、明治天皇が崩御されたことが(一九一二年)、日韓両国にとってこの最良の策を潰した。歴史の歯車は、一度ボタンを掛け間違えると修正が困難。このケースは、この史諺を端的に物語る。

     日韓基本条約が締結された一九六五年、私は、日本の天皇制度を尊敬している朴正煕・大統領が王政復古の決断をしてくれないものかと多少の期待をした。垠殿下は方子妃殿下の介添え下で一九六三年にすでに帰国されていたので、憲法改正を待たずとも韓国民の支持で“仮即位の大礼”でも挙行してくれないかとも期待した。

     だが朴は、自分の野心を愛国だと勘違いして、そうしなかった。垠殿下は、一九七〇年に薨去された。垠殿下の国王即位を確信しておられた(あの世の)明治天皇のご無念を想っては、この時かなり気が滅入った。安重根は、国際政治は一流だが、国内政治は極度に軽率な男だと、このときは憤慨した。

     なお、終戦時には帝国陸軍中将までなられていた垠殿下の日本での邸宅・屋敷は、戦後、赤坂プリンス・ホテルとなったが、その住居部分は、ホテルの「旧館」として保存され、有名なフレンチ・レストランが開業していた。現在、当ホテルは取り壊されたが、この「旧館=垠殿下の邸宅」はどうなるのだろう。

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2014/04/14/142218


     2017/3/18 このコメントがついた記事>>

  4. ok

     2017/3/16 このコメントがついた記事>>

  5. ok

     2017/3/14 このコメントがついた記事>>

  6. ok

     2017/3/13 このコメントがついた記事>>

  7. ok

     2017/3/12 このコメントがついた記事>>

  8. ok

     2017/3/11 このコメントがついた記事>>

  9. ok

     2017/2/11 このコメントがついた記事>>

  10. 試し腹
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1143583/a43a4nbbv7obbv8na4k0l8c0a1a28c0a4a4a4bfa4a4a1aa/1/32863
    http://brief-comment.com/blog/koreanincident/18595/
    http://sound.jp/sodaigomi/dorei/kankoku/tamesihara.htm
    http://ameblo.jp/syouyuya8/entry-11296086406.html
    http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-1.html
    http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/396433791.html
    http://kumo-tarooo.seesaa.net/article/440505872.html



     2017/2/11 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    13256人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/03/24
    読者数:
    3910人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    24199人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7055人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

http://www.akashic-record.com/

小説家。00年『ゲノムの方舟』(徳間書店)でデビューし朝日新聞など17紙誌が絶賛。ほかに産経抄が紹介した『龍の仮面』、NHK-BS『週刊ブックレビュー』で笑賛された『中途採用捜査官@ネット上の密室』など。

過去の発行記事