文学

文章×表現《秘伝スクール》

文章力を向上させたいあなたに必要なものはここにあります。「小説が書きたい」「上手にメールが、ビジネス文書が、日記が書きたい」等、このメールマガジンは文章のあらゆる悩みに答える学校です。

メルマガ情報

創刊日:2001-07-06  
最終発行日:2018-01-01  
発行周期:不定期  
Score!: 86 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

第2号(通算277号)新年号 『テーマ』をめぐるチャット対話

2018/01/01

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・
 ┃
 ┃文章×表現《秘伝スクール》 第2号(通算277号)
 ┃ http://www.hiden.jp/
 ┃
 ┃  新年号 『テーマ』をめぐるチャット対話
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・


目次
●1 新年ご挨拶

●2 【文章創作クラス】ニュース

●3 『言葉のクロッキー』の感想文

●4 今月の逆質問

●5 今月のメイン! 『テーマ』をめぐるチャット対話


==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ====
 文章×表現《秘伝スクール》スクールにようこそ。
 2001年7月創刊、2014年から4年間の休刊を経て、2018年から復刊しました。
 このスクールにはカリキュラムに沿ったレクチャーはありません。
 皆さんから寄せられた質問にお答えする、問答式のスクールです。
 すべてをオープンに語っていますが、その深い内容は閉じられています。
 あなたがそれをきちんと読んで理解し、また実践してくれるまでは…。
 ただ読むだけでなく、この内容を貪欲に盗み、奪い取ろうとした人だけが、
 《秘伝》の意味を知るでしょう。
==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ====



●1 新年ご挨拶

みなさま、あけましておめでとうございます。
『文章秘伝』の新しいスタートです。
本年は格別によろしくお願いいたしします。

【文章創作クラス】、始まります。
新年に何か始めたい人。
『言葉のクロッキー』[大人の成長塾]ともども、当然のことながら3大オス
スメです。

人との交流を通じて学びたい人は、【文章創作クラス】。
http://www.hiden.jp/menu/mejiroclass

1人黙々と鍛えたい人は、『言葉のクロッキー』。
http://croquis.hiden.jp/

生き方を真剣に考えたい人は[大人の成長塾]。
http://seicho.hiden.jp/

あなたにとって大切なものが待っています。
よろしくお願いします。


●2 【文章創作クラス】ニュース

何人かの方から参加表明をいただいてモチベーションが上がっております。
想像するに、たぶん前回のシリーズよりも今回のほうが段違いに充実して楽し
いものになりそうです。
数年のブランクの間に、僕自身が成長して視野も広がっているからですね。

ミニ・レクチャーとして「自分の文章を客観的にみる」という話をする予定。
お申し込み、詳細はこちら http://www.hiden.jp/menu/mejiroclass


●3 『言葉のクロッキー』の感想文

『言葉のクロッキー』の最後に、全体の感想を書く課題があるのですが、最後
まで完走されたFさんの感想があがってきたのでご紹介します。
完走の感想ですね(笑)。
たいへん密度高く、過不足のないすばらしい感想なので、僕からつけくわえる
ことはありません。
みなさまもぜひ『言葉のクロッキー』に挑戦してください。
http://croquis.hiden.jp/

**以下、感想文**

私は文章を書くのが苦手だったので内容はともかく最後までやり遂げることを
目標にした。最初はがちがちに力が入って、課題の意図も飲み込めずに400字
をうめていった。考える時間はいくらでもいい、といわれてもイメージが焦点
を結ばず、書き始めて30分以内に仕上げることというのに半日もかかった。そ
れも1作目がうまくいかなくて2作目3作目とつくった。やっと慣れてきて一気
呵成に書き上げられるような課題にも出会い、そのようにして書いた文章は自
分でも面白いと思った。『クロッキー』の30分ルールはうまく設定されている
と思う。400字はとても短いはずなのに信じられないくらい内容が入るのにも
驚いた。また事実は変わらないのに焦点の当て方、視点の変化で意味づけは変
わり、過去も多様になるという感覚、再チャレンジすればまた違う内容の文章
が書けそうだ。高校生まで小説の虫だったが、大学から社会科学系へ移り、長
らく小説から遠ざかった。それが最近人生をありのままに理解したくなって再
び小説を読み始めた。若いときにはわからなかったこともわかり、とても面白
い。書く力のすごさを実感つつある。『クロッキー』は素人にもこの書く力を
身につけさせるレッスンだ。人間の重い感情はしばしば合理的な判断を誤らせ
る。とくにマイナスの感情、嫉妬、怒り、哀しみ、落胆、無力感、驕り・・・
数えきれないほどありそうだが、この気持ちを表現してみる、という課題も
『クロッキー』にある。書いてみるとちゃんと原因があるのがわかる。なんだ、
こんなことにこだわっていたのか、とこだわりの枠が見えて外れていく。書か
なければたまりにたまって自分や他人を傷つけていた。『クロッキー』のレッ
スンは心に平和をもたらす。楽しい課題もたくさんある。書く力を身につける
最短距離のメニューが『クロッキー』にあり、おかげさまで読むことも書くこ
とも人生も楽しくなった。深謝しています。


●4 今月の逆質問

前回
「表現者は何によって自分の成長を知ることができるでしょうか?」
という質問をしたのですが、ほとんど反応がなかったので答合わせはなしです。

今回の質問は
「なぜ人類は書くのでしょう?」

いっしょに考えましょう。


●5 今月のメイン! 『テーマ』をめぐるチャット対話

「自分は何が書きたいのか とらえられない」の質問をしてくれたKさん。
感想を送りたいが、質問もあるのでFBのメッセでしませんか? と言ってきた。

それ面白いかも! またも新機軸!

どうやら前回のQ&Aで、納得しきれていない様子もある。
納得させられるのか?

僕は答の中にぎゅっといろいろな可能性を詰め込んでしまうので、こういうや
りとりは、その圧縮を解きほぐしてくれます。
長いけれども、僕が一方的に書くより読みやすいのではないかな。

今後もチャット問答してみようと思います。


**Kさんとの対話

K
「書きたいから書く」ときには「何が書きたいのか」は分離していないのです。
と先生は答えてくださいました。私も書きたいから書くのですが、テーマとは
広大な海を港へ導くコンパスみたいなものです

ですから、テーマはキチンと把握していないといけません。しかし私はこれを
把握するのがとても苦手です。だから私の中では書きたいから書く、というの
と、何が書きたいか、は分離しているんですね。小説家になりたいという思い
に固執しているから、というのは、なんだか腑に落ちない答えでした。例えば、
「この作品を通して何をいいたいのですか?」と聞かれたとき「えっと、命の
交流を書きたかったです。」と答えます。「命の交流ってなに?」と突っ込ま
れると「えっ?その場を一生けんめい生きること」って答えます。そうすると
「主題が明確じゃない」と返ってくる。それで、テーマとはもっと明確なもの
でそれをつかまないといけないと思ったんです。でも私はそういうのは苦手で
す。明確に言葉でつかむにはどうしたらいいんだろう、どうしてそれが私には
できなんだろう。そう思って相談させていただいたのです。

Kohei Muramatsu
書きたいことというのは、テーマすら分離していないのではないですかね?
頭で考えすぎでは?

K
すみません、「書きたいことというのは、テーマすら分離していない」という
ことをもう少し具体的に教えて下さい。

Kohei Muramatsu
書きたいから書くときに、「テーマは何か?」なんて考えないでしょう?

K
確かに、テーマは何かなんて考えない!でも聞かれる!だから答えないといけ
ない!!

Kohei Muramatsu
聞かれるのは合評会のようなところだけでしょう。読者は聞きません。。
読者が問うのは面白いかどうかだけ

K
ああーっ!でも、テーマをつかんでいないと先日講評していただいた私のファ
ンタジー小説みたいに大変なことになります。取捨選択ができなくなって。

Kohei Muramatsu
だから、それは頭脳的なプロセスです。本能的なもの(つまり書きたくて書く)
とは、うまく混ざらないのですよ

K
えーっ、ちょっとまってください。混乱してきました。本能と頭脳とわけて書
くということで、先生は私の本能に働きかけるようにお答えを書いてくれたと
いうことですか? 

Kohei Muramatsu
というか。
FBでは、自然に書いているでしょう? そのときにテーマとは何か? と考えま
すか?

K
考えてないです。FBでは自然体にかける。 

Kohei Muramatsu
そのことです

K
それを小説にもあてはめなさいと 

Kohei Muramatsu
そうです

K
あああああー。ではどうしてFBではできて小説ではできないのですか?という
ことですね。そこには気負いがあるのではないか。それは小説家になりたいと
いう固執した思いがあるからと。そういうことですね? 

Kohei Muramatsu
そこから考えるのが近道でしょう

K
わかりました。すごく筋道がすっきりした。

Kohei Muramatsu
メルマガに書いたんだけどなー。いろいろ書きすぎた。
FBに書いているように書きなさい、だと一行で済んだ!(笑)

K
いえいえ、こちらの姿勢にも原因がありますよ。なぜか私の頭にすとんと入っ
てこなかったです(笑)すみません。きっと「いえ、私の聞きたかったことはそ
ういうことじゃなくて」って反発した気持ちが盲目にしたのかもしれない。と
くに「自分探しと同じ」って書かれたのは「いえいえ、それは終わっています」
って反論してました(笑)

Kohei Muramatsu
自分探しと同じでしょう?

K
うーん、同じかなぁー。
合評会とかにでると「あなたがこの作品を読者に届ける目的はなんですか」っ
て聞かれます。私、何も答えられなかったんです。先生がメルマガに書いてあ
った通りに「目の前のことをやることが自分」って私も思っていて。だから、
その先にあるものなんて考えてみたことなんてなかった。それで、あわてて自
分の内面を探る旅に出たんです。それが「自分探し」ととらえられたのかなっ
て思ったんです。
でも、結局、小説をなんでかきたいのかって考えたら、誰かに物語を楽しんも
らいたいから書くんですけど。(それは楽しませることができる、という根拠
のない自信からくるw)
「あなたの小説は意味がわからない」と言われてしまうのが怖いんです。それ
で、そう言われないためにはきちんとテーマを把握してかけばいいのかなって、
考えて考えて……あ、私小説家になりたいって思ってる(笑)

Kohei Muramatsu
つまり中間がない、ということです。考えないか、考えすぎるか。

K
あああああああー
それ私の悪い癖

もひとつ聞いてもいいですか?
では読者はテーマなんて考求めていないのに、なんで書き手はテーマをかんが
えて、探るんでしょう?

Kohei Muramatsu
混乱したときに整理するんだよ
意識しないでよければ、それでいい

K
にゃるほど!Facebookでは混乱してない!わたし!
あ、書く気持ちが戻ってきた。はじめて文を書いたときに感じた、原始的な欲
求みたいな感覚。

Kohei Muramatsu
納得?

K
納得です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・

●質問募集●

えー、皆様。村松恒平です。
質問は全てウェルカムです。
文章や表現全般に関する難問、珍問、奇問、愚問、凡問、すべてをお待ちして
います。

★送り先はこちら↓
oshiete@hiden.jp


---------------------------------------------------------------------

Kohei Muramatsuでfacebookしています。
https://www.facebook.com/kohei.muramatsu

大事なこともくだらないことも日々書いています。
フォローしてみてください。
「読者です」と書いて、メッセージをくれれば友だち申請も承認します。

----------------------------------------------------------------------

●購読と解除●

『文章×表現《秘伝スクール》』 は、
下記の配信システムのいずれかによって配信されています。

 まぐまぐ http://www.mag2.com/ [ID:0000068978]
 メルマ  http://www.melma.com/ [ID:m00042072]

購読および解除は、ご利用の配信システムより
各自でお手続きくださいますようお願いいたします。
(※このメールに返信しても配信停止されませんのでご注意ください。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・

 文章×表現《秘伝スクール》 第2号(通算277号) 2018/01/01 発行
 編集責任者:村松恒平
 発行:創作する人のための文章学校 http://www.hiden.jp/
 Copyright (c)  村松恒平 All Rights Reserved. 禁複製。
 転載・紹介ご希望の方はメールにてお問い合わせください。
 info@hiden.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・

最新のコメント

  • 名無しさん2016-03-03 09:44:31

    たましいがゆさぶられました。

  • 名無しさん2009-01-14 08:40:00

    ばら撒くなら、本 ですネ。