トップ > アート&カルチャー > その他カルチャー > [大人の成長塾]クロニクル

[大人の成長塾]クロニクル

RSS

「大人は成長しない」は間違い。あなたはまだまだ成長する!
[大人の成長塾]とは「成長」をサポートすることだけに絞った大人のための塾です。メルマガ『[大人の成長塾]クロニクル』は、[大人の成長塾]自体の成長・発展の、履歴と最新情報です!



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2017-02-07
発行部数:
661
総発行部数:
151852
創刊日:
2001-07-06
発行周期:
不定期
Score!:
86点

第11号  「一年の総括」卒論#5

発行日: 02/07

─…─↓ PR PR PR ↓─…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─

「世界の一流ショコラ図鑑」に選ばれたベルギー・デプラさんの
手作りプラリネチョコ。人気No1チョコです♪残りわずか急いで!!
http://store.shopping.yahoo.co.jp/ispecial/sw008-12y.html

…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…─↑ PR PR PR ↑─…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   [大人の成長塾]クロニクル

   第11号  「一年の総括」卒論#5



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●村松恒平です。とても大きな謎から始めましょう。

「あなたは自分の人生の価値を何で測りますか?」(長文注意)

お金、家族の円満と幸福、恋愛の成就、仕事の生きがい、などなど、いくつか
のモノサシが出てくるでしょう。

お金は何かを買うためのものであって、蓄財が目標なるというのは、本来少々
おかしいのです。
しかし、ほとんどあらゆる人は、お金がないよりはあったほうがいい。少しよ
りはたくさんあったほうがいいと思っています。
何よりお金がないと生活できません。
そこでお金を稼ぐことは人生の主要な関心事になります。

人は生活できれば、次により物質的・経済的に豊かな生活を望みます。
それから、生活の安心や将来への備えを望みます。
さらに働かなくても済む生活を望みます。
欲を言い出すと「これくらいでいい」ということがなくなります。

したがって、人生の目的と混同されやすいのです。

でも、お金は人生の価値とイコールではないのです。
お金があっても、幸せでない人、心貧しい人はいます。

お金持ちほど価値があるなら、あるいはたくさんお金を稼いでいる人ほど価値
があるなら、あの人もあの人もあなたより何十倍も価値があることになる。
お金の量に価値が比例するならです。

世界中の富の半分は1パーセントの人のところに集中していると言われる。
あなたの価値はこういう人々には一生敵わない、ということになります。
あなたの財産、収入は1パーセントの人に比べれば、ないに等しいものです。

お金は大切です。
しかし、多く人は「それだけではない」と思うでしょう。

必要なお金がないのは苦しいことですが、必要が満たされていれば、お金のこ
とばかり考えていたくはないものです。

つまり、お金は人生の重要な部分ではありえても、価値の本質ではないのです。

では、「家族の幸福」はどうでしょう?

これはたいへん崩れやすい価値です。
そもそも一家全員が幸福を感じている家庭の割合は非常に少ないでしょう。

そして、ある一人の「理想の家庭像」が独走すると、かえって不満が溜まるこ
とになります。

それに幸福という価値もあやふやです。
幸福というのは、たいていそれが失われたときに気づくものです。
狭いところに閉じ込められた人は、空気があるかどうかが死命を制します。
しかし、ふだん空気に感謝することはありません。意識することすらありませ
ん。

当たり前になってしまいます。
まだ持っていない人か、失ってしまった人が思うのが「幸せ」という概念であ
って、持っている人にとっては当たり前。
そういうものでいいのです。
なんか天にも昇るような状態が幸福としてあっても、それは一瞬のものです。
留めようとすれば、かえって苦しみのもとになります。

家族だって、傷つけあったり憎しみあうこともあれば、誰かが亡くなったりす
ることもあります。失恋などは、まったく天国と地獄ですね。
恋愛の成就はめでたいですが、その先はわかりません。

仕事の生きがいも同様です。
仕事と自分がうまく噛み合っているときは、燃えるし、楽しくて仕方ない。
でも、いい勤め先があっても、会社が潰れたり、リストラされてしまうことも
あります。
部署や上司が変わっただけでうまく行かなくなってしまうこともあります。
自営業なら、大きな取引先がなくなってしまったりすることもあります。
僕の友人は写植屋をしていましたが、これなど職業そのものがなくなってしま
いました!

何が言いたいのか、というと、人生には自分でコントロールできないことがた
くさんあるのです。お金だって、「こうすれば簡単にお金持ちになれる」とい
うような本はたくさんありますが、誰もがそんなに思うようになれば苦労しま
せん。
大企業だって潰れてしまうことがありますからね。

そのような不安定な基盤に価値をおけば、心はいつも不安定に揺れ動き、安ら
ぐことがありません。
禅に白骨観という行法があります。
昔は野晒しの人骨というものがときどきあったようです。
禅僧は、その前に座ってそれをじっと見るのです。
どんな美貌の持ち主でも、大金持ちでも、力持ちも、賢い学者も骨になってし
まえば、みな同じ。諸行無常の姿なのです。

では、生きることの土台になる価値はどこにあるでしょうか?
死んでしまえばみな同じなら、わたしたちは「自分の人生はどうでもいいや」
と思うでしょうか?
そうではないですね。
なんとか少しでも自分の人生をよいもの、楽しいもの、意義あるものにしたい、
と思いますね。

そのときに価値をどこに置くか、ということなのです。

まずいちばん大切なものは、生命です。
ないと話が始まりません。
僕がこれを書くこともみなさんが読むこともありません。

次に大切なのは、生命の可能性が十全に発揮されることです。
たとえば、病気でベッドに縛り付けられていたり、牢獄に囚われていたりした
ら、絶対にうれしくないですね。
苦しい。
人は自由性を奪われると苦しいのです。

では、生命の次に自由に価値を置いたらどうでしょう?

それは悪くない答です。
僕もそのように考えていた時期があったように思います(自分が何をどう考え
てきた歴史はその点について克明に日記でもつけていないと定かではないので
す)。

しかし、自由は意外に難しい概念です。
R・シュタイナーにも『自由の哲学』という、人に自由意志があるかどうかを
テーマにした一冊の著書があるくらいです。
難しいというより、多様にとっちらかっているのです。

たとえば、生命も健康もあって投獄もされていないという人は、
「それでも俺は満足できない。自分のしたいことができていない。したいこと
を自由にするには金だ。結局、自由になるためには金が必要だ」というでしょ
う。

自由とは、本来精神的なものですが、このような短絡を起こす人は多いのです。
それだけ、金の磁力、魔力は強く、容易に価値観の中心に座ってしまうのです。

「それにつけても金のほしさよ」というどんな俳句にもつく下の句があるでし
ょう?

閑かさや岩にしみいる蝉の声 という芭蕉の句にも、「それにつけても金のほ
しさよ」とつけると狂歌になってしまいます。

どんなにわびさびと幽玄の境地を表しても、「それにつけても金のほしさよ」
とつけると急に現実に戻ってしまいます。それが金の磁力ですね。

自由とは現実から可能性へと飛翔することなのに、それが金とほとんど連動し
てしまう。
それは悲しいことです。

もっと金の磁力に引き寄せられないこと。もっと生命に直接結びついたこと。

それが「成長」という概念です。
「成長」とは何かというと、生命の可能性の本質的な十全な開花の過程です。
ここには、自由という概念も含まれますし、金の磁力からも独立しています。

[大人の成長塾]を僕が始めたのは、成長に基礎付けてあらゆることを考え始
めよう、ということです。
現代社会は複雑高度に発達しすぎて、生命感覚から遠く離れてしまいました。

生命の自然のあり方に還ろうとしても、どうしていいかわかりません。
というのは、水、食料、いわゆる衣食住から、情報まであらゆる分野のものを
金と交換で手に入れるようになったからです。
井戸水、湧き水を飲んだり、野山から採集してきたものを食べるなど、とても
限られた人のものになりました。

そういう時代に人の生命としての本来のあり方はどうあるべきか。
どうしたら人は自分の可能性を最善に開花させられるのか。

それを1から考え出すのはたいへんなことです。
手がかりもないし、すぐに混乱してしまいます。

僕はそれを20歳前後から部分的にですが考え始めました。
もう40年くらい考えていることになります。
40年の間に日本も世界もがらっと変わってしまいました。
そういう時代の変化を通しても変わらない根幹の部分があります。
それを1年分80通のメールにしました。

ぎゅっと圧縮したエッセンスをぜひあなたに受け取ってもらいたいのです。
自分の体験だけでは、10年以上かかっても届かないかもしれないエッセンスに
なります。

長い長い文章になりましたが、[大人の成長塾]は、後半こういう長いメール
が非常に多いです。
なるべく短いメールの積み重ねにしたかったのですが、あるまとまった概念を
伝えるにはどうしても長くなってしまうのです。

それでだんだん長くなりました。

長い文章が苦手な方にはお勧めしません。
長くて濃いずっしりしたものを受け取りたい方にはお勧めです。

それから40代、50代の方にもお勧めです。
実際に読者の方にその年齢層の方も多いです。
経験が多い分、理解力も高いのです。
ある年齢から成長していないと感じる方、むしろ後退しているとお嘆きの方。

成長に終わりはありません。
生命をもう一度輝かせましょう。



●さて、[大人の成長塾]卒業論文4回目です。
かなり変化が見られますが、もやっとしているところもあると書いています。

生き方という抽象的な領域について言葉で表そうとするのだから当然です。
言葉の領域で伝えられる限界に挑戦しています。
ある程度もやっとしていていいのです。割り算をした「あまり」みたいなもの
で、やがてそこも消化されるかもしれないし、その人なりの違う解釈もでてく
るかもしれません。

生きていく過程で読み解かれていく本ですから、20年くらい経ってから、「あ、
このことだったのか」と思うかもしれません。
『文章秘伝』シリーズでも、何年か経ってから「あ、そういえば書いてあった」
という感想を何度か聞きました。

そういう意味では一生ものです。

お申し込み、無料の「成長力テスト」はこちら。
http://seicho.hiden.jp/s_test.html



●2月11日、今度の土曜日、建国記念日。
身体自然還元法[シンクローム]セミナー。東京・目白。
詳細はこちら
http://synchrome.asia/2017/01/21/1276/



●では、おまちかねの卒業論文をどうぞ

*******************


[大人の成長塾]卒論 #5


「一年の総括」
  youさん 29歳 無職



去年と今年、大きくなにが変わったかと言えば、自分の内面を見つめる時間が
増えたということです。

そのきっかけとなったのが、成長塾の「地図」の作り方を知ってからです。

大判用紙にそれぞれの地図、「執筆」「映画」、「読書」、「ヨガ」、「マイ
ンドフルネス」、「料理」etc…を書き込み、

それぞれの項目の下に「どうなりたいのか」、「そのためにどうするか」を書
き込み、日々を送ってきました。
料理なら「疲れにくいカラダ」を目指し、「料理本を呼んでバランスよく食事
をとる」といった感じに。

月のはじめにその地図の「どうなりたいのか」に対してどれほど近づけたか振
り返り、そして今月はどうするか、といった具合に地図を更新する時間を設け
ました。

なにが好きなのか、なにが嫌いなのか。なんで好きなのか。なんで嫌いなのか

なにが向いているのか、なにに向いていないのか。なんで向いているのか、な
んで向いていないのか。

そういった感じで、地図の更新をするときに自身の内面に問いかけるアプロー
チしてきました。

小説の執筆が途方に暮れていた頃、交流掲示板で村松さんに「自分自身の価値
を見つけること」と言葉をもらって、その言葉を何度も何度も自分に問いかけ
ました。

20才ちょうどで原因不明の病に犯され、身体が壊れたまま生きていくことに
なり、いわゆるフツーの生活というのは無理なのかと諦観を覚え、社会でなん
だかつまはじきにされたような悔しさを覚えながら、それでもこんな体でも自
分にやれることがあると、自分なりにやってきました。

そこで見つけた気持ちは「弱さを強さに変えられたら」でした。

そして「弱さを強さに変えられるか?」それが私のテーマなんだと思いました。

テーマを見つけた11月頃から、執筆を再開しました。

以前書いた小説のアイデアを使って、自分のテーマに沿って書き直しています。
創造に近い再創造です。

さらに地図で経験したことも小説に盛り込めるようになりました。

いまも執筆中ですが、今月中には書き終わりそうです。この小説が今後どうな
るかわかりませんが、納得いくものが書けるという手応えはあります。

地図を作ってからは目的意識がはっきりしました。

いままで本や映画もぼやっと手に取って観ていたが、いまではなぜそれを見る
のかという意識がある。意識がハッキリすると、お金の使い道についても考え
るようになった。無駄遣いがかなり減りました。健康に投資すると意識を持ち、
ストレッチ道具などを購入する機会が増えました。

空虚の価値、ということも自分にとっては有益だった。

引っ越してきたばかりの部屋みたいになにもない自分の心がまずあって、そこ
で自分のしたいこと、それを打ちたてていく。そういう過程が楽しいと感じた
のは新鮮でした。

話はわかるが実践が難しい、と思う部分もありました。

思考と感情の分離の話。

こないだ脅迫まがいに某局の調査員がやってきたとき、その局のテレビ番組を
見る度に苛立ちが起こった。テレビを見るだけでもむかついてしまう。その人
物個人に嫌悪するのであって、その局自体に怒るのは分離ができてないのだろ
うが、やはり感情が刺激されてしまう……。

トピックスによって難解なものがあり、私は理解できているのか?と疑問に思
うこともありました。

ヨガで先生に教えてもらうときは、ある程度方法論が確立されて、コーチング
してくれる先生がその場にいて、身体に触れてもらえることで理解しやすい。
先生側も私の身体について理解できている。

でも大人の成長塾はそうではない。目に見えない精神領域の話を私が理解でき
ているか、理解できてないからこそ掲示板で尋ねるのも難しいし、村松さん側
が私が理解できているか知るのも難しい。

どこかもやっとした気持ちはありますが、少しずつ時間をかけて消化していき
たいです。

総じて、晴れやかに教えを得とくして卒業といった感じではありませんが、去
年よりも自分と向き合う時間が増えて、自分自身の価値を見つけることができ
た。これが一番の大きな収穫でした。


-- 


…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…──…─…─…──…─

<村松恒平の文章力強化ギブス 『言葉のクロッキー』>
文章は書かなければ上達しません!「言葉のクロッキー」47の課題を制覇せよ!
★1年間 12,000円(消費税込以下同じ)
http://croquis.hiden.jp/

…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…─↑ PR PR PR ↑─…


----------------------------------------------------------------------

質問、感想はinfo@seicho.hiden.jpへ。
とりあげるべき質問には誌上でお答えします。

Kohei Muramatsuでfacebookしています。
https://www.facebook.com/kohei.muramatsu

大事なこともくだらないことも日々書いています。
フォローしてみてください。
「読者です」と書いて、メッセージをくれれば友だち申請も承認します。

----------------------------------------------------------------------

●購読と解除●

『[大人の成長塾]クロニクル』 は、
下記の配信システムのいずれかによって配信されています。

 まぐまぐ http://www.mag2.com/ [ID:0000068978]
 メルマ  http://www.melma.com/ [ID:m00042072]

購読および解除は、ご利用の配信システムより
各自でお手続きくださいますようお願いいたします。
(※このメールに返信しても配信停止されませんのでご注意ください。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・

[大人の成長塾]クロニクル 第11号 2017/02/07 発行
 編集責任者:村松恒平
 発行:[大人の成長塾] http://seicho.hiden.jp/
 Copyright (c)  村松恒平 All Rights Reserved. 禁複製。
 転載・紹介ご希望の方はメールにてお問い合わせください。
 info@seicho.hiden.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/02/26
    読者数:
    13261人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    4475人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  3. Office & VBA パーフェクトマスター

    最終発行日:
    2017/02/20
    読者数:
    5633人

    Excel・Access・Word等の今さら聞けない「疑問」、今すぐ知りたい「困った」、たちまち解決!のmoug(モーグ)がお送りする、関数初心者からVBA手練の方への+1テクニックメールマガジン!読めば納得の情報マガジンです。

  4. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/02/01
    読者数:
    17059人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  5. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/02/02
    読者数:
    3291人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

発行者プロフィール