読書

知ってるけど知られていない物語達ののぞき穴

Yahooとラピュタの共通点。以外と知らなかった人も多いかも。子供の頃からみんなが知ってる物語が全部は知られてなかったりする。そんな物語達のいくつかをストーリー紹介していくメルマガ。以外とおもしろいんじゃないかなぁと思っているんですがねぇ。

全て表示する >

物語達ののぞき穴 第18号

2003/07/21

★〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★

      穴                        03.07.21
    穴   穴

 Peephole of tales     物語達ののぞき穴 第18号
                  のぞき穴 vol.1
    穴   穴          〜No.2 ピーター・パン 其の4〜
      穴

★〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★

  オジャックでございます。
  目先の事柄に追われているうちに、半年以上が経ってしまいました。。。
   ノンキなオジャちゃんは、「まぁ、ボチボチと。。。」などと思っていたら、
   なんとメルマさんから「早く出さないと廃刊しますゾ!!」と
   警告されてしまいました。
   なんてトホホな緊急事態でしょうか!!
   お恥ずかしいったら、ありゃしない。
   慌てて穴掘りをしている次第でございます。ホント、とほほ、です。
   
 購読者の皆様、メルマのみなさま。
  みなさまにご迷惑をおかけして、 ピーター・パンののぞき穴 第3章-1。
  はじまってもよろしいでしょうか???
   
■-----------------------------------------------------------■

PETER PAN vol.3-1

   妖精のこと
 
  妖精のお話をしましょう。
  実は妖精は、子供がいるところではどこにでもいます。
  妖精たちは子供たちのあとをついて行かずにはいられないのです。
  私たちが鳥だったときには、妖精のことをかなりよく知っていたし、
  赤ん坊のころでもまだまだ沢山の妖精のことを覚えていました。
  でも、大きくなるにつれてみんな忘れてしまうのです。
  妖精を見ることが出来ないのは、妖精がとてもずるがしこいのと、
  隠れるのがとても上手だからです。
  妖精はよく、花の風をして、花の中に隠れています。
  あるとき、妖精の女学校の生徒たちが先生に付き添われて散歩に出ました。
  みんなヒヤシンスの花の服を着ていました。
  人間の音を聞きつけた先生の指図で、みんなヒヤシンスの風を装ったのですが
  そこに来た人間は、花壇の花を植え替えに来た人たちでした。
  妖精のヒヤシンスは逃げることもできずに、掘り起こされて鉢植えにされて
  しまいました。
  夜になって慌てて家に逃げ帰ったのですが、PTAの間で大問題となり、
  その学校はつぶれてしまいました。
  妖精というのは、この世に初めて生まれてきた赤ん坊が、初めて笑った
  ときに、その笑いが何百万という細かいものにわれたものが始まりでした。
  以来妖精は、訳も無く忙しそうに動き回っていて、でも、自分でもなにを
  しているのか判っていません。
  妖精の家族では、一番年下のものがいつも長です。
  鳥だったときにこの様子を見ている赤ちゃんたちは、きっと人間の世界も
  そうだろうと考えているために、自分より下の子供が生まれることを、
  いつも心配しています。
  そして、人間の習慣を覚える前に、まず、妖精の真似をするので、
  行動が妖精のようにわがままで、落ち着きがなくて、周りの大人たちを
  困らせます。
  人間の週間を覚えるのには約2年かかります。
  その間は妖精の言葉をしゃべっているので、大人には皆目意味が
  わかりません。
  赤ん坊たちにしてみると、「どうして言っていることが判らないんだ!」と怒って
  癇癪を起こします。
  妖精は踊りが大好きです。
  ずるがしこい妖精たちは、舞踏会が開かれる日には、公園の閉まる時間が
  かかれている掲示板の時間を30分早く書き換えてしまいます。
  そして、夜があけるギリギリまで踊り続けます。
  妖精たちの舞踏会では、ピーター・パンが葦の笛で演奏をします。
  ピーターが来てからというもの、彼のオーケストラのない舞踏会は
  考えられなくなっていました。
  妖精の女王様は自分の成年祝いの舞踏会で、ピーターに、
  「いつも美しい音楽を奏でてくれたお礼に、なんでも望みを叶えよう。」
  と言います。
  全員が注目するなか、ピーターはおずおずと、女王様に望みを申し上げます。


PETER PAN vol.3-2 へ続く


■-----------------------------------------------------------■

 Comment & こぼれ話

 ピーターパンの望みとはいったい何なんでしょうか?
  HPにはすでに次のお話がUPしてありますので、たまぁ=にチェックして下さって
  いる方はご存知ですね。
  皆さんでしたら、何を望みますか?
  小さい頃から誰かがそう言ってくれたら、ゼッタイに
  「あらゆる望みが叶う力を授けて欲しい。」と言おうと決めていたオジャックは
  欲張りでしょうか。
  大人になって、望みが叶うように努力するから人生楽しいのかも。。。
  と思えるようになりましたが、でも、やっぱり、一度は手にしてみたいものです。

 本文に「PTAで問題となって学校がつぶれてしまった。」とありました。
  実はPTAって、親と学校、両方が一緒になって形成されているって知ってました?
  とは言っても名目上だけで、親と学校はお互いに牽制球を投げ続けているばかり。
  そうこうしている間に、子ども達は大人に愛想を尽かしているのが現状でしょうか?
  子供はよぉ=く大人を見ていますよね。時に怖いくらい。
  「子供騙し」と言いますが、子供の方が観察力や直感が鋭くて騙されません。
  大人は自分を正当化するためのゴタクを並べている間に、そんな力を失って
  しまっているんでしょうね。反省。。。

 先週、全日本GT選手権第4戦に行って参りました。
  相変わらずJLOCの皆様と、JLOC応援団?の皆様にお世話になりながら、
  雨の中での観戦でした。(ほとんどはJLOCのテントにいたんですが。。。)
  第1レース8位と好成績で迎えた第2レース。(今回は変則ルールでした。)
  ところが、コースアウトしたマシンがコントロールを失いながらコースインしてきて、
  なんとそこに我等がディアブロJGT-1がぁぁぁぁぁぁ。。。ショック!!
  「大破」しか言いようのない壊れっぷりで、第5戦出場が心配されましたが、
  スタッフ・関係者のみなさんが連日徹夜で修復作業をされたのでしょう、
  なんとか間に合うそうです。
  それはもう、1週間は壮絶な日々だったと思いますしまだ数日は続くのでしょう。
  が、人間やれば出来るんだぁ!と、身をもって教えてもらったような気がします。
  真剣に生きている人たちって、最高に素敵だなと思います!!
  人間、気持ちを腐らせる前に、やるべきことがある、ってことですよね。
  ここでもまた反省。。。

 毎度反省しきりのオジャックですが、突然の土砂崩れに注意しつつ、
  穴を掘り進んでいこうと誓ったのでした。

-----------------------------------------------

発行人 オジャック

 ご意見・ご感想はこちらまで
  melma BBS
      http://bbs.melma.com/cgi-bin/forum/m00041502/
  オジャックメール
      mailto:ojack@h8.dion.ne.jp
HPも見てね
   http://www.h3.dion.ne.jp/~ojack

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-29  
最終発行日:  
発行周期:週間を目標に  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。