国際情勢

GEO Globalの国際情報マガジン

世界の国々や国際情勢についての勉強会・交流会を主催するGEO Globalが提供する情報マガジン。東京をベースにさまざまな業界で活躍する若手社会人が主なメンバー。このメルマガでは、世界各地からのエッセーや情報、英語とのつきあい方、さらに行事案内を掲載。

全て表示する >

GEO Global Magazine Vol.33 ボーダレスなプロフェッショナルのネットワーク

2002/12/27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ====================================================================
                     ◆ GEO Global Magazine ◆  Vol.33   2002/12/27
     世界をより深く理解するためのネットワーク GEO Global の情報マガジン
                         http://geo-g.com
  ====================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★本Magazineの目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)「Vital(バイタル)−世界を相手にするプロフェッショナルのネットワーク」
                        小田 康之(GEO Global代表・Vitalオーガナイザー)
(2)「ピースボート周航記(5)イースター島  モアイの顔の秘密」
                        渡辺 真帆(コミュニケーション・コーディネーター)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。

このメルマガの配信も今年最後となりました。GEO Globalでは、今年一年オフラ
インでのコロキウムなどの活動は回数が少なめでしたが、来年はまたギアーをシ
フトし直し、パワーアップして活動を進めたいと思っています。

今号では、サブグループ Vitalについてのご紹介と、渡辺真帆さんの連載「ピー
スボート周航記」のイースター島での模様をお伝えします。

                                               小田康之(oda@geo-g.com)


─────────────────────────────────────
★「Vital(バイタル)−世界を相手にするプロフェッショナルのネットワーク」
                        小田康之(GEO Global代表・Vitalオーガナイザー)
─────────────────────────────────────

このメルマガでもお伝えしたとおり、GEO Globalのサブグループとして、Vital
が11月に発足しました。

世界を相手にするビジネス・政策プロフェッショナルのネットワークとして、こ
の勉強会では、さまざまな分野について英語での討論を行っています。

先日、12月15日(日)には、「石油とエネルギー」をテーマに取り上げ、英語と
日本語での議論を繰り広げました。ビジネスの一線で活躍している若手のプロフェッ
ショナルやジャーナリストなど多彩な23名が参加し、たいへんな盛り上がりでの
スタート。勉強会の様子や配布資料などは次のURLでご覧いただけます。
http://gaikoku.info/vital/record/2/20021215.htm

オンラインでは、メーリングリストも開設し、情報の交換も行っていますので、
ご興味おありの方はどうぞご参加ください。
http://www.egroups.co.jp/group/vital-japan


1月のVital勉強会では、中国の政治体制とビジネスについて取り上げます。

◆日時:2003年1月25日(土) 6:30-9:00pm (開場 6:00pm)
◆会場:東京・千代田区 内神田社会教育会館 第3集会室(8階)
◆交通:JR神田駅(西口)下車徒歩5分、地下鉄大手町駅(A2出口)下車徒歩5分
◆参加費:300円(会場代、飲物代、資料代等)
◆内容: 参加者の自己紹介(英語)
        オーガナイザーによる概要説明・問題提起(英語)
     前半、テーマに関する討論(英語)
     後半、補足討論(日本語)
◆テーマ:「変わる中国政治体制−中国とのビジネス」(仮題)

行事の詳細や、参加申込みは次のURLからどうぞ。
http://gaikoku.info/vital/event.htm



─────────────────────────────────────
★「ピースボート周航記(5)イースター島  モアイの顔の秘密」
                        渡辺 真帆(コミュニケーション・コーディネーター)
─────────────────────────────────────

11月5日(火)

天候のあまりの悪さに上陸が危ぶまれていたのだが、早朝4時頃、ピースボート
は無事にチリのイースター島沖に到着。イースター島には船が直接着けるような
港がなく、船から6人乗りほどの小さなテンダーボートに乗り換え、それで上陸
することになっている。7時半くらいからグループ分けをされたお客さん達が順
番にテンダーボートに移り、モアイ達の待つイースター島へ乗り込んで行く。

毎回どのクルーズでもイースター島に上陸するのが一番難しいと言われているそ
うで、スタッフも早朝から皆緊張した面持ちである。何が大変なのかと言うと、
船からテンダーボートに乗り移る時に波が大変荒いので、怪我をする人が非常に
多いのだそうだ。ピースボートのウクライナ人スタッフと、現地スタッフとピー
スボートスタッフ総出でテンダーボートに乗り移るお客さん達を監視するが、何
度注意をしても乗り口やテンダーボートの脇に手をかけてしまう人がいる。荒波
でボートが跳ねあがった時にその間に手や足を挟んでしまうと言うのが一番怖い
怪我だそうで、事実前回のクルーズの時に、お客さんを助けようとしたスタッフ
の一人が中指を挟まれ、指がなくなってしまったのだそうだ。

とりあえず全ての乗客が無事にイースター島に上陸し、ついにモアイとご対面で
ある。今日私が通訳で入るのは、Bコースの“絶海の孤島で海水浴”というツアー。
モアイがたくさん見られる場所を訪れた後に、モアイに見守られながら美しいビー
チで海水浴、というモアイ満載のコースである。イースター島にはあまり他には
見るものもないと言うことで、必然的にこのようなコースになったようだ。

テンダーボートを降りた所で待ってくれていた車に乗って、まず始めに7体のモ
アイが海を見つめて立っているアフアキビという場所に向かう。車を降りた所で
今日のガイドさんであるオクタビアというお腹のでっぷりした褐色の肌のおじさ
んに会う。“はじめまして、今日はよろしくお願いします”と挨拶をして握手を
するが、おじさん、ニコニコとしているだけであまり反応がない。ただニコニコ、
ニコニコと笑顔で突っ立っている。なんだか嫌な予感がする。私達CCはいつも
現地のガイドさんと直接に関わるので、寄港地に着いた時にはどんなガイドさん
に当たるのか、毎回ドキドキする。英語が上手で、しかもガイドの上手な人に当
たる時はラッキーなのだが、なかなかそのような人にめぐり合うのは難しい。今
日はどうなることやら。

アフアキビの7体のモアイ達についての説明をして欲しかったのだが、予想通り
オクタビアはモアイについてほとんどな〜んにも知らずに、モアイの前に立って
ただニコニコと笑っている。「なんで海の方向を見てるんですか?」「どうして
7体しかないんですか?」などとお客さんから当然のような質問が出て来るのだ
が、オクタビオ、「うーん、よく知らない。あれ、モアイだよ、モアイって言う
んだよ」と言って笑っている。始めはふざけているのかと思ったけれど、どうや
ら本当に分からないらしい。仕方がないので自分で用意してきた資料を急いで読
んでなんとかその場を凌いだのだが、全くもって腹が立つ。次の目的地であるラ
ノララクに向かう途中でオクタビオに、「どのくらいガイドの仕事をしてるの?」
と控えめに聞くと、自信たっぷりの笑顔で「先月から」と言う答えが返ってきた。
なるほど。

ラノララクは“モアイの工場跡”と呼ばれている場所で、山の中の切り立った岩
には今でもモアイをくり貫いた跡があり、作りかけの横向きになったモアイや、
直立したモアイ、ピロピロと言う名前の正座したモアイなどなど、計390体ほ
どのモアイがゴロゴロと転がっている。ここでもオクタビオはニコニコしている
だけなので、諦めて自分で調べてきたモアイ情報をお客さんに話すことにした。
モアイは12〜15世紀に一番大量に作られていたようで、当時支配的な立場に
あった耳長族が、短耳族に命令して作らせていたようだ。当時のイースター島に
は人口も7,000人ほどおり、部族間抗争が絶えなかったと言う。

大したガイドができないので、お客さんが怒っているのではないかとハラハラし
ていたが、皆モアイの写真を撮るのに夢中であまり気にしていないようである。
私も初めて見るモアイにすっかり魅了されて、思わず足を止めてモアイの顔を下
からじぃ〜っと見上げてみた。当時はモアイの目の部分にサンゴや赤い石を使っ
ていたということだが、今は目の部分は平らになっている。それにしても面白い
顔をしている。どうしてイースター島の人達は大事なモアイをこんな顔にしたの
だろう。不思議だ。

次に向かったアフトンガリキでは“アフ”という石の祭壇の上に聳え立つ15体
のモアイとご対面。ここのモアイ達は長い間、嵐の時になぎ倒されてしまったま
まになっていたのだが、1992年に日本のクレーン会社、タダノの考案によっ
て再び祭壇の上に立てられることになった。チリと日本共同のプロジェクトと言
うことで、3年間かかって15体全てのモアイを元通りにしたそうだ。ちなみに
アフトンガリキの隅の方には、1970年の大阪万博で披露された一体の小柄な
モアイもちょこんと立っている。 モアイをたっぷりと見学した一行はアナケナ
ビーチに向かい、そこで船から支給されたお弁当を食べて、海水浴の時間になっ
た。このビーチの側にもモアイ達がど〜んと立っているのが面白い。肌寒くてあ
まり海水浴に適した天気ではなかったけれど、お客さん達はみんな歓声を上げて
嬉しそうである。スタッフは海水浴はできませんと言われて、私はお客さんの監
視をしているふりをしつつ、ちらちらとモアイを見て過ごした。このビーチに立っ
ているモアイ達は、心なしか他の場所のものよりハンサムな顔をしているような
気がする。あごも少し短めだし。気のせいかしら。

船に戻るためにテンダーボート乗り場に着くと、地元の人達がたくさんのおみや
げを広げて売っているのが見える。ほとんどがモアイグッズなのだが、本物の石
でできた巨大なモアイなんかも売っている。私も何か買おうと思いうろうろと迷っ
た挙句に、ぎょろぎょろした目玉の付いたモアイピアスを買うことにした。今思
うとどう考えても勢いで買ってしまったとしか思えない代物なのだが、なんだか
無償に嬉しくて、その場で早速着けてみた。

お客さんと帰りのテンダーボートに乗りこむと、みんな手にたくさんのおみやげ
の袋を持っていて嬉しそうである。「楽しかったですね〜」などと言いつつ、ふ
と現地の船頭さんの顔を見ると、なんとびっくり。顔がモアイにそっくりなので
ある。目の辺りの窪み方も、あごの長さも、見れば見るほど似ているような気が
する。思わず「これがモアイの顔か・・・」とつぶやくと、その若い船頭さんは
不思議そうな顔をしてニコっと笑った。 


【筆者プロフィール】
渡辺 真帆  http://www.mahonicle.com
神奈川県、横浜市出身。99年秋に渡米。今年5月にサンフランシスコ州立大学、
ジャーナリズム学科を卒業後、帰国。
在学中から日系新聞社、日米タイムズで英文記者として様々な分野の記事を書く。
現在は船で世界一周の旅をするNGO団体、ピースボートの第39回クルーズに
通訳スタッフとして乗船しており、洋上で通訳業に奔走する日々を送っている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行:GEO Global(ジオ・グローバル)
◆お問い合わせやご意見・ご感想: geo@geo-g.com
◆URL: http://geo-g.com

★GEO Globalの行事案内をご希望の方は,
   メールマガジン GEO Global News(発行:不定期・無料)を次の方法により
   登録ください。次回の配信時から自動送信されます。
geo-global-news-request@geo-g.com 宛にタイトルを半角で subscribe と記入
の上、メールしてください。自動で登録されます。

本メールマガジンのバックナンバー,配信先変更,中止は,次のページから。
http://www.melma.com/mag/12/m00041212/
======================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-25  
最終発行日:  
発行周期:月1回程度  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。