国際

jp-Swiss-journal

スイスと日本を基点にグローバルな視点で、スイスの国民投票に重点を置きながら、エッセー・評論を適宜日英独仏語の多言語でお届けします。

全て表示する >

jSj-Vol. 148 『自動車道料金値上げ案』他

2013/12/21

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

┃  Multi Lingual Internet Mail Magazine

★  jp-Swiss-journal - Vol. 148 - December 20, 2013 (Swiss Time)

☆  http://www.swissjapanwatcher.ch/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


   【 目次 / INDEX / INHALTSVERZEICHNIS 】

【J】国民投票2013年11月24日の結果:
   1. 「1:12 公平な賃金」
   2. 「家族発議:自分で子育てする親にも減税」
   3. 「国道税法修正案」(自動車道シール)
                       明子 ヒューリマン

【E】 Results of the National Voting on November 24, 2013:
   1. Popular initiative “1:12 - for fair wages”
   2. Popular initiative “Family initiative: tax deductions for
     parents who care for their children themselves”
   3. Federal Act on the Charge for Using the National Highways
     (Autobahnvignette)

                        Akiko Huerlimann


□━━━━━━━━━━━━【 日本語 】━━━━━━━━━━━━━━□


     国民投票2013年11月24日の結果:
     1. 「1:12 公平な賃金」
     2. 「家族発議:自分で子育てする親にも減税」
     3. 「国道税法修正案」(自動車道シール)

     明子 ヒューリマン


11月24日の国民投票の結果 *1) は3議案共「NEIN」が過半数を占めて否決
された。「1:12 公平な賃金」は賛成が34.7%、「家族発議:自分で子育
てする親にも減税」の賛成は41.5%、「国道税法修正法」(自動車道シー
ル値上げ)の賛成は39.5%と明確な拒否ばかり。各議案の中身と反響を見
てみよう。

1. 「1:12 公平な賃金」
社会民主党青年部(JUSO)のイニシアティブは殆どすべての左派勢力と労働
組合が支持したが、国民の支持は得られなかった。そればかりか全てのカ
ントンで過半数が反対、僅かにユラとティチーノが半数に迫る賛成票だっ
た。世論調査で投票日前の1〜2カ月迄は優勢が伝えられていた議案だが、
10月になって膠着状態になり、反対キャンペーンの最後の追い込みが奏功
したと報じられている。今年3月の国民投票では通称ミンダー・イニシア
ティブの国民発議「反高額報酬」が65.3%で承認されたので、余勢を駆っ
て社会主義青年団(JUSO)が発議した。ミンダー・イニシアティヴは比較的
妥当な内容と評されてはいるが、それでも自由主義経済のスイスで承認さ
れた衝撃は大きかったものだ。投票日の翌日2013年11月25日付NZZ紙は論
説で「政治マーケティングの限界」、「健全な評決」と評した。

反対票に1票を投じた1人として一先ず安堵した。もしこの議案が通ってい
たら、スイス経済は制度矛盾が起きる恐れがある。賃金と物価が都市部と
郡部で格差が有るだけではない。スイスは中央集権ではなく連邦制を採用
しており、自治意識の強い各カントンの経済対策を横並びに扱う事への無
理も有る。来年は最低賃金時給22スイスフランが国民投票にかけられると
伝えられているが、賃金闘争は今後も様々な分野・レヴェルで継続される
ことになるようだ。

2. 「家族発議:自分で子育てする親にも減税」
10月中旬に行われたSRG(スイス公共放送)*2) に依る初めての世論調査
の支持率は64%と好調な出だしだった。が、論争が本格化すると形勢は望
み薄に転じた。多くのカントンの財政が逼迫する中で、推定14億スイスフ
ラン(1,400億円相当)の税収減が連邦政府とカントンで発生するという
タイミングでは、最後の追い込みで投票を呼び掛けた反対派の策が奏功し
たようだ。過半数の賛成票を投じた3つのカントンは、いずれもSVPの支持
基盤だが郡部の小規模カントンで、力強い支持者足り得なかった。保守政
党SVPの発議したこの議案は、同党の伝統的な路線にそぐわないと見做さ
れたようだ。女性が主婦業に専念する伝統的な家族定義が当てはまらなく
なっている今日、時代の要請に合わない議案とも報じられた。いずれにし
ても抜本的な税制改革が急務な今、これ以上税制をいじくり回す事には賛
成出来ない。

3. 「国道税法修正案」(自動車道シール値上げ)
投票日の翌日NZZ紙は驚きの結果と報じた。スイス全土で60%近い反対票
に加えて、全てのカントンが反対、つまり反対票が過半数だった。連邦政
府が直ぐにも財政負担する積りのアウトバーンの建設が予定されていたグ
ラールスとヌーシャテルも最後は反対に回った。

年間40スイスフランのヴィニエッテ(自動車道利用シール)を100スイスフ
ランに引き上げる事が出来れば、年間3億スイスフラン(約300億円)の歳入
増になり、カントンの道路網400kmの建設と維持管理を連邦政府が引き受
けると決めていた。ところがカントンの道路を連邦政府が引き受けること
になれば、公共事業が地方から中央に移されて直接民主主義に逆行する、
とみどりの党等が反対キャンペーンを張った。スイス・ツーリングクラブ
(TCS) *3) とスイス自動車クラブ(ACS) *4) と繋がりを持つSVPのヴァルタ
ー・ヴォブマン国民議会議員は、自動車を保有する国民の負担増になると
反対の論陣を張って対抗した。運転教習関連のACSはともかく、TCSは車の
トラブルの際に駆けつけてくれる強力なロビーだ。

アウトバーンを走る車1台毎に取得・添付が義務付けられているヴィニエ
ッテは、剥がして別の車に張る事が禁止されている。複数の車を保有する
車の所有者にとって走行距離が比例して多くなる訳ではないので負担増に
なり、時代に合わない制度だと反対派は言う。確かに一家に数台、1人で
複数の車を持つ時代になった。そこでみどりの党は移動に応じた負担
<Mobility-Pricing> (負担の透明性)を展開し始めた。右派からは車の運
転者にこれ以上の負担を押し付けるな、左派からはこれ以上道路網の拡充
で道路建設をするな、と異なる動機の反対論が連邦政府に圧力を掛けてい
る。

担当大臣のドリス・ロイトゥハルトゥ交通相は結果に失望し、車の移動量
が多くなっているのに、道路のインフラは古くなっていくと警鐘を鳴らし
た。現在鉱油からの税収の半分15億スイスフラン(1,500億円相当)を道
路の費用に充てているが、将来全額充てなければならなくなると言い、そ
うなれば連邦政府の歳入不足が深刻な事態になると発言。この認識は全閣
僚も共有しているとも言った。同交通相は2017年後に道路交通基金を設け
る計画を立てているそうなので、今後の展開が注目を集めそうだ。筆者は
この議案に賛成票を投じた1人だが、代替案として <Mobility-Pricing>に
沿うガソリン税の値上げも合理的と考えている。そうこうする内に2013年
12月15日付中央スイス日曜紙は、ロイトゥハルトゥ交通相が代替案を見つ
けたようだと報じた。「交通相は創造的」、という見出しで、従来連邦政
府の財源になっていた自動車輸入税をカントンの自動車道路網整備の財源
に充てる提案が報じられた。これは圧力の手段とも評され、今後の成り行
きは不透明のようだ。

3議案共に投票率は52%を超え、税金に関するスイス国民の感受性の高さが
改めて示された結果のように思う。毎年4回もスケジュールが組まれてい
る国民投票 *5) にしては高い投票率だ。次のスケジュールは2014年2月9
日*6) で3つの議案に関する論争は既にメディアで日々報じられている。
常時国政に関する宿題を抱えているスイス国民ではあるが、なおざりにせ
ずに向き合う姿勢がこの国の屋台骨を支えていると思う。


【 参照 】

*1) 2013年11月24日国民投票の結果:
http://www.srf.ch/news/schweiz-abstimmungen-24-11-2013
https://www.ch.ch/de/volksabstimmung-24-11-2013/
*2) スイス公共放送局: http://www.srgssr.ch/de/
*3) スイス・ツーリングクラブ(TCS): http://www.tcs.ch/
*4) スイス自動車クラブ(ACS): http://www.acs.ch/ch-de/index.asp
*5) 2032年までの国民投票予定:
http://www.admin.ch/ch/d/pore/va/vab_1_3_3_1.html
*6) 2014年02月09日国民投票:
http://www.bk.admin.ch/themen/pore/va/20140209/index.html?lang=de


【 編集後記 】

直接民主制の善し悪しや国の規模は別にして、他の国でスイスの様にこの
制度が成立するかどうかは甚だ疑わしい。何故なら国民に依る国政への飽
くなき関心と参加、報道の自由、そして国の自主独立が確保されている事
が不可欠だからだ。スイスに倣えという国々はあっても、こうした条件が
整っている国は世界でも稀であり、目指す道のりは迷路のように曲がりく
ねっていて長い。しかし諦めずに求め続ける先にしか希望は無い。来る年
も世の中の動きに耳目をそばだてていよう。


□━━━━━━━━━━━━【 English 】━━━━━━━━━━━━━━□

   
  Results of the National Voting on November 24, 2013:
  1. Popular initiative "1:12 - for fair wages"
  2. Popular initiative "Family initiative: tax deductions for
    parents who care for their children themselves"
  3. Federal Act on the Charge for Using the National Highways
    (Autobahnvignette)

  Akiko Huerlimann


The results of the national voting on November 24 *1) all three
bills were rejected with a majority of "NO". Popular initiative
"1:12 - for fair wages" received 34.7% of "Yes", popular initiative
"Family initiative: tax deductions for parents who care for their
children themselves" received 41.5% of "Yes", and the federal act
on the charge for using the national highways (Autobahnvignette)
received 39.5% "Yes"; all of them were clearly rejected. Let's have
a look at the contents and reactions of each bill.

1. Popular initiative "1:12 - for fair wages"
The initiative by Young Socialist (JUSO) was supported by almost all
left wing parties and labor unions, but not from the people. Not
only that, the majority of all cantons opposed to the bill, just
only Jura and Ticino nearly approved the bill by a majority. It was
reported that one or two months before the polling day, the bill of
voting barometer was predominant, however, in October, it became
deadlocked, and a final spurt of the opposition campaign was
successful. The National voting of March 2013, about the so called
"Minder Initiative" that People's initiative "Against Rip-off" was
approved with 65.3%; JUSO emboldened for their own initiative. It's
said that the "Minder initiative" had a relatively reasonable
contents, however, the shock of the approved bill was big in
Switzerland with its liberal economy. The day after the polling day,
an editorial comment at NZZ on November 25, 2013 reported with
headlines of "Limits of political marketing" and "Sound verdict".

As one of the "NO" voters, I was relieved indeed. If the bill had
been accepted, the Swiss economic system might have become
contradictory. There are not only wages and prices differences
between urban areas and rural districts. Switzerland has adopted a
federal system instead of a centralized system, therefore, it is
also unreasonable to treat equally the economic measures affecting
the strong autonomous consciousness of the canton. The minimum wage
of CHF 22 per hour will request an answer on the polling day next
year; the salary battle might continue on different fields and
levels in the future as well.

2. Popular initiative "Family initiative: tax deductions for parents
who care for their children themselves" The first voting barometer
conducted by SRG (Swiss Public Broadcasting) *2) in middle of
October showed 64% of support and it was an encouraging start.
However, when the debate began in earnest, then the tide was
turning. Many cantons would have confronted a fiscal tightness, tax
revenues of an estimated CHF 1.4 billion less for the federal
government and cantons. In that timing, on the home stretch of
calling for voting, the opposition was triumphant. Three cantons,
which reached a majority of the votes were all support bases of SVP;
all of them were small rural cantons and could not be strong
supporters. The bill initiated by the conservative party SVP seems
to have been considered as not conforms to their traditional line.
Reportedly nowadays the traditional family definition that women
stay at home for housekeeping isn't realistic for most families; the
bill doesn't respond to the demands of the present age. Anyway,
fundamental tax reform is urgently needed now, I cannot agree with
the tinkering on the tax system any more.

3. Federal Act on the Charge for Using the National Highways
(Autobahnvignette)
The next day of the polling day, the NZZ reported it as a
surprising result. Throughout Switzerland had resulted nearly a 60%
of "NO" votes, in addition, all cantons reached a majority of "NO"
votes. Even the cantons of Glarus and Neuchatel finally opposed the
bill, with which the federal government was ready to finance the
motorway plan there.

If the annual "Autobahnvignette" had been raised from CHF 40 to CHF
100, the tax revenue would have increased by CHF 300 million;
therefore, the federal government had decided to take over the
construction and maintenance cost of 400km of the cantonal motorway-
net. But the Green party practiced a campaign against the bill. The
reason was that when the federal government takes over the cantonal
motorways, public projects are relegated from the provinces to the
central government and that is against the direct democracy system.
SVP National Parliament Member Mr. Walter Wobmann who has a
connection with the "Swiss Touring Club" (TCS) *3) and "Swiss
Automobil Club" (ACS) *4) argued against the bill; the burden would
increase to people having a car. Aside from ACS related to driving
training, TCS is a powerful lobby that comes and helps members in
case of car (engine) troubles.

The Vignette (toll road label) is compulsory for every car which
drives on the motorway; removing and attaching it to another car is
prohibited and not possible. People who have more than one car that
means not a proportionate increase based on mileage, therefore, the
opposition said that the cost burden will increase and that the
system doesn't meet the age. And then, the Green party has started
the <Mobility-Pricing> that burden is based on the used mileage and
cost (cost transparency). The federal government received pressure
based on different motivations, such as no more burdens to motorists
from the right wing side, and no more motorway constructions by net
extension from the left wing side.

The Minister in charge of Traffic, Mrs. Doris Leuthard was
disappointed about the result, and she warned that despite the
increased traffic volume of cars, the motorway infrastructure get
older. She also said that presently only half of the mineral oil tax
of CHF 1.5 billion covers the road cost, but it should cover the
whole amount in the future. And she also mentioned that all cabinet
members share that acknowledgement. Reportedly the minister has
planned to provide a road traffic fund after 2017, the further
development is likely to attract attention. I am one of the pro
voters for the bill, but I think that increasing the gasoline tax is
also reasonable as an alternative measure conforming to <Mobility-
Pricing>. In the meantime, the paper <Zentralschweiz am Sonntag>
dated on December 15, 2013 reported that the Minister of Traffic,
Mrs. Leuthard seems to have found an alternative idea. Her idea was
reported with the headline of "Traffic minister is creative", so far
the car import tax is federal government revenue, which could be
used for development of the motorway net. This was reputed a means
of pressure also, and the future course seems to be opaque.

The Voters turnout of the three bills was more than 52%, I think
that the results have shown again the height of sensitivity of
Swiss citizens is about the tax. It is a high Voters turnout in the
referendum *5) the schedule is organized four times a year. Next
schedule is fixed on February 9, 2014 *6), and the debate of the
next three bills is already reported by the media every day. The
Swiss population has always homework about national politics, but I
think the attitude to face it without neglect makes the backbone of
that country.


【 Reference 】

*1) Result of the National Voting on November 24, 2013: 
http://www.srf.ch/news/schweiz-abstimmungen-24-11-2013 
https://www.ch.ch/de/volksabstimmung-24-11-2013/ 
*2) SRG: http://www.srgssr.ch/de/ 
*3) TCS (Der Touring Club Schweiz): http://www.tcs.ch/ 
*4) ACS (Automobil Club der Schweiz): http://www.acs.ch/ch-de/index.asp 
*5) Blanko-Abstimmungstermine: 
http://www.admin.ch/ch/d/pore/va/vab_1_3_3_1.html 
*6) the National Voting on February 9, 2014: 
http://www.bk.admin.ch/themen/pore/va/20140209/index.html?lang=de


【 Editor’s comment 】

Apart from right and wrong or size of the country, it is quite
doubtful whether the direct democracy system like in Switzerland
would work out in another country. Because there is the insatiable
interest and participation to national politics by the Swiss people;
the freedom of press, and independence of the country is
indispensable. There are countries willing to follow Switzerland,
but a country that can guarantee these conditions is rare in the
world, and the way to the aim is a tortuous maze and long. But there
is hope only at the place where you continue to seek without giving
up your ambition. Coming year too, I will cook my ears and eyes for
the movements of the world.


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【 jp-Swiss-journal 】  Number of readers: 372
★ Melma:   http://www.melma.com/backnumber_41022/ & etc.
★ Mailux: http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM49D642ECE442D
★ Melonpan:
┃ http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=002537
★ Mag2:    http://www.mag2.com/m/0000044048.htm
 (プロバイダーが<Bluewin>の場合は、Mag2からの配信が止められていま
 す。gmailとYahoo!メールは配信される事を確認しています。)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
☆ Issuer/発行元: Akiko Huerlimann & the editors' Group
jp-swiss-journal@bluewin.ch
Copyright (C) 1998-2013 Akiko Huerlimann

☆ If you wish to refer our text, please send your mail to the
 issuer for permission.
無断転載・転送は固くご遠慮下さい。掲載のお問い合わせは発行元まで
メールでお問い合わせください。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ Sister Mail Magazine:
┃【Distribution system/発行システム】Number of readers: 1,472
┃ Subscribe & Unsubscribe / 登録・解除・アドレス変更
★ Melma:   http://www.melma.com/backnumber_40438/ (J)
★ Mailux: http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM49D0B8FB9C4B4
★ Melonpan:
┃ http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=002526 (J)
★ Mag2:    http://www.mag2.com/m/0000025024.htm (J) & etc.
 (プロバイダーが<Bluewin>の場合は、Mag2からの配信が止められていま
 す。gmailとYahoo!メールは配信される事を確認しています。)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。