国際

jp-Swiss-journal

スイスと日本を基点にグローバルな視点で、スイスの国民投票に重点を置きながら、エッセー・評論を適宜日英独仏語の多言語でお届けします。

全て表示する >

jp-Swiss-journal Vol. 123 - December 26, 2010

2010/12/26

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃  Multi Lingual Internet Mail Magazine

★  jp-Swiss-journal - Vol. 123 - December 26, 2010 (Swiss Time)

☆   http://www.swissjapanwatcher.ch/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


【 目次 / INDEX / INHALTSVERZEICHNIS 】

【J】 国民投票 2010年11月28日        明子 ヒューリマン
   1) 「国外追放発議」と連邦議会対案
   2) 「公正な税制発議」
       
【E】 National Voting on November 28, 2010  Akiko Huerlimann
   1) <Initiative of deportation> and
     Alternative draft by the parliament
   2) <Initiative of fair tax system>
   

□━━━━━━━━━━━━【 日本語 】━━━━━━━━━━━━━━□


     国民投票 2010年11月28日 <続編>
     1. 「国外追放発議」と連邦議会対案
     2.  「公正な税制発議」

     明子 ヒューリマン


先月Vol. 122発行後、読者から「本文中『今日犯罪者の殆どが外国人だと
いう現実がある。』とありますが、具体的な現状を知る方法があればお教
えください。」というメールを頂いた。折り返し関連するURL *2) をお伝
えしたのだが、同様の疑問を持った読者は少なくないと思い、今号でもう
少し事情をお伝えする事にした。

1. 「国外追放発議」と連邦議会対案の結果 *1) は以下の通りで、SVP
による国民発議は承認された。「国外追放発議」:賛成 52.9%、反対
47.1%、「連邦議会対案」:賛成 45.8%、反対 54.2%。一様に驚きを持っ
て受け止められたという報道だった。

連邦統計局は外国人に依る犯罪比率として、次の様な2009年度の数字を公
表している。人身売買91%、暴行62%、殺人59%、強盗57%、誘拐56%、深刻な
傷害事件54%、等々。

公表されている数字とは別に、統計に表れない移民スイス人による犯罪の
多さがある。事件報道でしばしば「犯人は○○系移民のスイス人」と報じ
られるように。日常の市民生活を脅かす犯罪の多発は、日頃冷静なスイス
人でさえも最早猶予ならないと危機感を高めている事が、今回の投票結果
に如実に表れたようだ。特に、旧東欧諸国やアフリカの戦乱があった国々
からの亡命者に犯罪が集中している例が注目されている。この他にも、犯
罪目的で出入国を繰り返す一時滞在者や集団の存在も知られている。

この日シモネッタ・ソンマルーガ法相はメディアのインタヴューに、「国
民の意思を、人権問題と国際的な取り決めで矛盾を起こさないよう制度設
計しなければならない。」と語り、又「それには些細な犯罪を対象とする
のではなく、刑事裁判の被告が対象になるべきだ。」と繰り返し語った。
ソンマルーガ法相は早々にブラッセルを訪問して、EU委員会に今回の国民
投票の結果を説明し、EUの懸念を払拭することにしていると伝えられてい
る。EU諸国はスイスの国民投票の結果を大きな関心を持って見つめている
のだ。

法相の元、既に「国外追放発議委員会」の委員に司法官僚のトップを18年
間勤めた著名な69歳のハインリヒ・コラー氏が任命されている。自身を「
司法の僕」と言う同氏は、「法制化には非常な困難が伴うが、検討を重ね
て行く。」とメディアに決意を語った。現時点では、発議したSVPから党政
策戦略担当の元連邦評議員クリストフ・ブロッハー氏が委員会に名を連ね
るか否か注目されている。ブロッハー氏本人は「発議の精神が担保されな
いなら参加する意味が無い。」と語っているが、自ら発議の責任を負わね
ばならないと、多方面から突き上げを受けているようだ。法相は6月には委
員会の報告をまとめて発表する意向を表明しているのだが、それまでは議
論の経緯は公表せずという方針だ。この方針に対して、SVPは委員会の透明
性を求めて異議を唱えており、当分綱引きが続きそうな気配だ。

この国民投票の結果を見て、「スイス人は外国人が嫌いらしい」、という
判断は誤りだと思う。スイスの外国人に対する処遇は、日本や諸外国と比
べて寛大過ぎると思う事が多々ある。国籍の付与も寛容で、重国籍者も珍
しく無い。主に人道的観点から採られている措置だが、社会保障制度を悪
用する外国人が少なくない事が律儀なスイス人の神経を逆撫でしている事
情もある。そうは言っても、スイスの若者の意識調査 *3) では、「外国人
は友達」という認識で、敵意を感じる対象ではないという結果もが報じら
れている。

2.  「公正な税制発議」の結果 *4)は、賛成 41.5%、反対 58.5%で、SPの
発議は否決された。事前予測では僅差が予想されていたのだが、州別の結
果は、4州だけが賛成多数で、他の22州は反対が多数を占めた。SPの戦略
は国民の支持を得られない結果となり、今後の党勢に大きな影響が出そう
だという見方が報じられている。卑近な例を挙げると、企業に対する税率
が低い事で知られ外国企業の誘致に積極的なツーク州も、50年前は大赤字
を抱えていた小さな貧しい州だった。多くの反対を押して企業への大胆な
税制優遇措置を導入して以来、多くの外国企業が進出している。活気溢れ
るメルヘンのような美しい土地という代名詞が与えられる今日に至ってい
る。カトリックの保守性を維持しながらも革新的な住民の気質が今日を築
いたと見る。

一方問題点としては、この地域で長年住み慣れた住宅から住民が出なけれ
ばならない事態が発生している。この地域の不動産価格が高騰している為
、中流家庭でも賃貸料の支払いや住宅の購入が困難になってきた。社会問
題化しつつある中、ツーク市はスイスで初めて、一定区域の賃貸料に限度
額を設ける決定をしたと、12月22日付ターゲス・アンツァイガー紙は一面
トップで報じた。不動産価格が異常に高騰しているレマン湖畔やツューリ
ッヒ周辺でも同様の問題が顕在化している。ツークは模範的な事例になり
そうだと、ツューリッヒの左派勢力は注目しているそうだ。外国から移住
してきた富豪達は、地域に同化する事無く、一時的に滞在した後転売する
。この為不動産価格が高騰するので、地元自治体は困惑し不安に感じてい
るそうだ。地元住民が出て行かざるを得なくなる状況は見直さなければな
らないという気運が、ツークの決断を後押ししたようだ。あれこれ出来な
い言い訳をするより、熟慮の後先ずやってみる。この精神が持続可能な発
展の原動力であろう。


【 参照 】

*1) 「国外追放発議」と連邦議会対案の結果:
http://www.admin.ch/ch/d/pore/va/20101128/det552.html
*2) 外国人による犯罪率の関連URL:
http://www.ausschaffungsinitiative.ch/argumentarium/index.html
http://www.bfs.admin.ch/bfs/portal/en/index/themen/19.html
http://www.drs.ch/www/de/drs/nachrichten/schweiz/223176.auslaender
kriminalitaet-hat-mit-integration-zu-tun.html
http://www.tagesschau.sf.tv/Nachrichten/Archiv/2010/09/12/Schweiz/
Statistik-ueber-kriminelle-Auslaender-ist-umstritten
http://www.vimentis.ch/d/publikation/154/Ausl%E4nderkriminalit%E4t+
in+der+Schweiz.html
http://www.20min.ch/news/kreuz_und_quer/story/19052850
*3) Neue Luzerner Zeitung December 14, 2010
"Schweizer Jugendliche haben eine positive Einstellung.!
by Damir Skenderovic, Professor Uni Fribourg
15歳から25歳までの住民1,011人からの回答結果。
*4)  「公正な税制発議」の結果:
http://www.admin.ch/ch/d/pore/va/20101128/det553.html


【 編集後記 】

日本でも外国人の犯罪が多発しているという印象を持っている国民は多い
と思う。日本では未だ外国人は多くなったとは言え、やはり目立つ存在で
はある。それに日本人の犯罪も多く全国に犯罪組織がある。スイスの場合
は最早外国人の中にスイス人が居るような感触を覚える程、外国人が多い
。治安と治世が安定しているのは、高度に発達した秩序ある社会でもある
からだ。社会に同化しているスイス人にとって、犯罪は引き合わないとい
う共通認識が出来ていると思う。その証左としてスイス人の犯罪組織とい
うのを殆ど聞かない。国境警備の人員が大幅に不足しているという問題が
最近報じられたが、周囲を地続きの国境に囲まれている国の果てしない悩
みではあろう。

良い新年をお迎え下さい。


□━━━━━━━━━━━━━【 English 】━━━━━━━━━━━━━□


     [Sequel] of the National Voting on November 28, 2010
     1. <Initiative of deportation> and
       Alternative draft by the parliament
     2. <Initiative of fair tax system>


     Akiko Huerlimann


After issuing Vol. 122 last month, a reader sent us a message,
"Please let me know, if there is any way to know the specific
condition regarding the text <as a matter of fact, today a majority
of the criminals are foreigners>". I replied giving some related
URL *2) by return; I thought not a few readers might have got the
same question, and then I decided to explain the circumstances a
little more.

1. The result *1) of <Initiative of deportation> and Alternative
draft by the parliament are as follows and the initiative of SVP
was accepted. <Initiative of deportation> Yes 52.9%, No 47.1%,
<Alternative draft by the parliament> Yes 45.8%, No 54.2%.
Reportedly the result universally has surprised.

Swiss Federal Statistical Office opened following figures of crime
rates by foreigners in 2009. Human traffic 91%, violation 62%,
murder 59%, burglary 57%, abduction 56%, serious injury cases 54%,
and etc.

Apart from published figures, there is great number of crime by
Swiss with foreign roots which does not appear at statistics. News
reports often mentioned "crimes done by immigrants". Frequently
happened crime that threat everyday civil life, even normally calm
Swiss people feel an air of crisis and they cannot wait any longer
that showed the result of polling clearly. It is focused about
crime rate that is concentrated especially on <refugees> from
former East European and African countries which were war-torn.
Apart from that, it is known the temporally stayer or group of
criminals, those who repeat embarkation and disembarkation.

On the day, Simonetta Sommaruga Justice Minister answered
interview by media "We have to plan an institutional design of the
nation's will that does not meet contradiction with matter of human
rights and international agreements." The minister repeatedly
talked "we should not target trivial crime, but one should be
judged as a criminal by court." It is reported that the Justice
Minister will visit Brussels soon after and will explain the
European Commission about the result of the national voting in
order to sweep away their concern. EU countries are watching Swiss
national voting with great interest.

Under the Justice Minister, already 69 years old eminent Mr.
Heinrich Koller who was the top of Justice Officials for 18 years
was appointed as a member of the <deportation Initiative Committee>.
He called himself as a <servant of justice> said to media that
enshrine the matter into law is extremely difficult, though, they
will examine it. At the present, whether former Federal Councilor
Mr. Christoph Blocher who now is in charge of SVP party strategy
will join the committee or not is paid attention. Mr. Blocher
himself said that if the spirit of the initiative is not
guaranteed, that'll be useless to join the committee. However, he
is at demand from many directions that he has to owe the
responsibility of the initiative. The justice minister has
announced to prepare the report of the committee by next June, but
up to that she is not going to disclose the discussion context.
Against this measure, SVP claimed transparency of the committee,
but finally they decided to send representative to the committee
before Christmas.

With this result of the national voting, if you think that Swiss
people seem to dislike foreigners; such judgment is wrong. I often
find that Swiss policy for foreigner is generous compared to Japan
or other nations. Granting nationality is also fairly liberal, and
dual citizenship is not very rare in Switzerland. The measure is
taken mainly due to humanitarian point of view. However, not few
foreigners misuse social security systems that try dutiful Swiss
patience. On the other hand, attitude survey of young Swiss *3),
the recognition of majority was "foreigner is friend" and not
animus target.

2. The results of <Initiative of fair tax system> *4) was Yes 41.5%,
and No 58.5%. The initiative of SP was rejected. According to
earlier focus a narrow margin was expected, however cantonal results
showed only four cantons with Yes and the rest of 22 cantons were
occupied by the majority of against. SP strategy could not get
support from nation, and future party power would be affected. As a
familiar example, canton Zug is known for lower institutional tax
and eager to invite foreign companies; 50 years ago the small canton
was poor with big deficit. Since kicking against opposition and
introducing drastic tax privilege to companies, many foreign
companies have settled down there. Now the canton is called active
and like a wonderland. I think, maintaining conservative
Catholicism, but innovative mind of people has created today's
wealth.

On the other hand, the problem is happened that people have to leave
from their long lived dear old flat in the area. The real estate
prices have risen up, and even middle-class families are facing
difficulties to pay rent or to buy home. This matter is recognized
as social problem, as the first time in Switzerland, the City of
Zug decided to introduce limit of rent in certain district reported
by the Tages-Anzeiger of front-page headline on December 22. The
area of Lake Leman and Zurich, real estate prices are also unusually
risen up and the same problems become obvious. Left wing of Zurich
marks that the case of the City of Zug will be an exemplary case.
Immigrated super-rich are not integrated into local society and they
live just for a while and sell their house. That makes real estate
price run-up; local communities feel disturbed and insecure. The
momentum of reconsideration to local citizen who have to go out
must have been pushed the decision making of the City of Zug.
Instead of giving excuses, after careful consideration, they just
try to act. This spirit must be motive power of sustainable
development.


【 参照 】

*1) The result of <Initiative of deportation> and Alternative draft
by the parliament:
http://www.admin.ch/ch/d/pore/va/20101128/det552.html
*2) Related URL of foreign criminal ratio:
http://www.ausschaffungsinitiative.ch/argumentarium/index.html
http://www.bfs.admin.ch/bfs/portal/en/index/themen/19.html
http://www.drs.ch/www/de/drs/nachrichten/schweiz/223176.auslaender
kriminalitaet-hat-mit-integration-zu-tun.html
http://www.tagesschau.sf.tv/Nachrichten/Archiv/2010/09/12/Schweiz/
Statistik-ueber-kriminelle-Auslaender-ist-umstritten
http://www.vimentis.ch/d/publikation/154/Ausl%E4nderkriminalit%
E4t+in+der+Schweiz.html
http://www.20min.ch/news/kreuz_und_quer/story/19052850
*3) Neue Luzerner Zeitung December 14, 2010 "Schweizer Jugendliche
haben eine positive Einstellung." by Damir Skenderovic, Professor
Uni Fribourg.  The answer was from 1,011 people between 15 to 25
years old inhabitant
*4) The result of <Initiative of fair tax system>:
http://www.admin.ch/ch/d/pore/va/20101128/det553.html


【 Editor's comment 】

In Japan, also many people might have the impression that crime by
foreigners have increased. The number of foreigners has increased
in Japan though they are still easy to notice in the society. Crime
by Japanese is common and many criminal organizations settle down
all over Japan. In case of the Swiss society, I feel as if Swiss
people are among foreigners. Public safety and the reign are stable
in Switzerland that is due to a highly developed well-ordered
society. Well integrated Swiss citizens in the society, they have
built up a common consensus that crime doesn't pay. A sign of that,
I hardly ever heard about Swiss criminal organizations. Recently
a lack of Border Patrol agents was reported; this must be an
endless trouble of a country surrounded by contiguous borders.

Best wishes for a happy new year!

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
We are intending to offer you current topics, based on Switzerland
and Japan with global view as a multi lingual magazine. Irregular
release: Weekly Swiss News Headlines will inform Issuing schedule.
Please subscribe both mail magazines. Some amendment can be made
later.

スイスと日本を基点にグローバルな視点で、ニュース性に重点を置きなが
ら、適宜日英独仏語の多言語でお届けします。不定期発行: 発行案内は
Weekly Swiss News Headlines からも随時お知らせしますので、両誌共に
ご愛読お願い致します。 後日修正が加えられる場合があります。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【 jp-Swiss-journal 】  Number of readers: 611
★ Melma:         http://www.melma.com/backnumber_41022/
★ Melonpan:
┃ http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=002537
★ Mag2:          http://www.mag2.com/m/0000044048.htm etc.
★ E-Magazine:    http://www.emaga.com/info/jpchjrnl.html & etc.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
☆ If you wish to refer our text, please send your mail to the
 issuer for permission.

無断転載・転送は固くご遠慮下さい。掲載のお問い合わせは発行元まで
メールでお願いします。 jp-swiss-journal@bluewin.ch

☆ Issuer / 発行元: the editors' Group of jp-Swiss-journal
Editor & web-master: Akiko Huerlimann
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ Sister Mail Magazine:
┃ 【Weekly Swiss News Headlines】 Number of readers: 2,132
┃ Subscribe & Unsubscribe / 登録・解除・アドレス変更
★ Melma:      http://www.melma.com/backnumber_40438/ (J)
★ Melonpan:
┃ http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=002526 (J)
★ Mag2:       http://w.mag2.com/m/0000025024.htm (J)
★ E-Magazine: http://www.emaga.com/info/chnews.html & etc,
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。