国際

jp-Swiss-journal

スイスと日本を基点にグローバルな視点で、スイスの国民投票に重点を置きながら、エッセー・評論を適宜日英独仏語の多言語でお届けします。

全て表示する >

jp-Swiss-journal Vol. 112 - November 21, 2009

2009/11/22

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃  Multi Lingual Internet Mail Magazine

★  jp-Swiss-journal  ━ Vol. 112 - November 21, 2009 (Swiss Time)

☆   http://www.swissjapanwatcher.ch/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


【 目次 / INDEX / INHALTSVERZEICHNIS 】

【J】  国民投票 2009年11月29日        明子 ヒューリマン
    1 航空運輸特別財政措置
    2 国民発議「軍需物資の輸出禁止」
    3 国民発議「ミナレット建設反対」
                
【E】  National Voting on November 29, 2009  Akiko Huerlimann
    1 <Special Financing of Air Traffic>
    2 Peoples' Initiative <Export Ban for war materials>
    3 Peoples' Initiative <Against Minaret Construction>
           

□━━━━━━━━━━━━━━【 日本語 】━━━━━━━━━━━━━━□


    国民投票 2009年11月29日
    1 航空運輸特別財政措置
    2 国民発議「軍需物資の輸出禁止」
    3 国民発議「ミナレット建設反対」

    明子 ヒューリマン


今年最後の4回目になる国民投票が間近かに迫ってきた。投票用紙も既に郵送
されてきたし、メディアでの解説や討論が活発に行われている。1番目の議案
「航空運輸の特別財政措置」については左程問題にされていないようだ。2番
目と3番目の議案については、賛否が鋭く対立して議論沸騰という状況。デリ
ケートな問題で国民の関心はそれなりに高い事が伺われる。本来この種の問
題は触れたくないのが選挙民の正直な気持ちであろう。昨今の世情を反映し
て、声高に論じられる事態になってしまった、と理解している。

1. 「航空運輸特別財政措置」は政府議会提案の憲法86条修正案だ。年間6千
万スイスフランの国内航空便の燃料税の内、3分の2が従来道路建設と政府の財
源に使われていた。これを本来の目的である航空関連の用途に特化しようとい
うもので、空の交通安全と事故対策、地方空港の安全整備の財源に充てるとい
う内容だ。反対するのは、緑の党だけで、社会民主党は賛否に党議拘束をかけ
ていない。緑の党の主張は、環境に負荷をかける航空事業に対して、これ以上
財政補填すべきではなく、航空燃料税の全てを環境政策と安全対策に使うべき
だというもの。一方で、財源が減る可能性のある自動車連盟はと言えば、道路
財源のわずか1.3%であることから容認する姿勢だ。これまでの所、殆ど論争
の対象になっていない印象だ。

2. 「非武装スイスのグループGSoA)」*1) が発議した「軍需物資の輸出禁止
」は、先進工業国にとって共通の悩ましいテーマである筈だ。精密機器、スポ
ーツ関連用品、猟銃、地雷除去装置等の軍民両用物資の扱いは議案に除外され
ているが、政府はこの扱いについて監視を強化する方針だそうだ。ところが議
会では抵抗に遭うと伝えられている。現下の不況の最中、輸出減少ともなれば
、景気に一層の悪影響が出る事が心配されている。自治体存亡の危機にも陥り
かねない企業城下町に対しては、議案に連邦政府の支援も盛り込まれている。
賛成している政党 *2) は社会民主党、緑の党、多数の文化人達。70名に及ぶ
法科の大学教授達が連名でドリス・ロイトゥハルトゥ経済相に公開書面を送り
、特定の問題の有る国に対する軍需物資の輸出に抗議した事が話題になった。
が、軍需物資の輸出企業側は、全輸出のわずか0.33%でしかないと、その重要
性を否定している。11月20日付の新聞各紙は禁武器輸出の議案をアピールする
為に、200人程の赤い衣類をまとった若者達が夕方のラッシュアワーの時間帯
に、ツューリッヒ中心の金融街パラデプラッツの路上に寝て示威行動をした事
を報じた。彼等はメールかフェースブックを通じて参加したそうだ。

3. 「ミナレット建設禁止」を求めたスイス国民党員とEDU(連邦民主連合党
)による国民発議の動きに対して、エヴェリン・ヴィドゥマー=シュルムプフ
法相は、かなり早い段階から折に触れてメディアを通じこの発議の違法性を国
民に説明してきた。政府が配布した説明書 *3) には、先ずスイス憲法の数々
の基本法に関わり、人権侵害になり、国家の安全を脅かし、国内の宗教的平和
を危険にさらす、と書かれている。法相の発言に依ると、専門家とイスラム教
徒代表による会合で話し合っているが、現在4つ在るミナレットで問題が発生
している訳ではない、と発議側もそれを認めており、イスラム教徒との間に起
きている問題そのものを議論すべきだ、と感情的ではない現実的な議論を国民
に求めている。他の殆どの政党はミナレットはテロリストのシンボルではない
、と議案に反対を表明している。教会、主要慈善団体、援助団体、経済団体も
反対を決定している。

スイスで現実に議論になったのは、イスラム教徒の女生徒が水泳の授業を拒否
する場合があった事、女性のスカーフ着用等があった。外出時に女性が全身を
覆うベール「ブルカ」について、法相の見解は、「我々の社会に馴染まない」
と明言している。こうした議論の背景として、国内のイスラム教徒の存在が顕
著になってきた事があるようだ。2009年11月16日号のミグロ新聞に、スイス国
内の宗教分布が掲載されていた。2000年の国勢調査によると、ローマカトリッ
ク教徒が310万人、プロテスタントが250万人、30万人を超えるイスラム教徒は
これに次ぐ3番目の宗教勢力になっていた!更に2009年は40万人になると推定
されている。因みに無宗教は80万人を超えていたが、その後も急上昇する傾向
にあるとある。一方で、イスラム教徒の家庭に育った子弟は西欧風の暮らしと
考え方に馴染み、先祖のイスラム教もイスラム文化も理解しない世代が増えて
いる、という報道もある。彼等は既にスイス市民になっているのだから、国民
には冷静な対応が求められていると考える。


【参照】

*1) 非武装スイスのグループGSoA):
The Group for a Switzerland without an Army
(=Gruppe fuer eine Schweiz ohne Armee, GSoA): 
http://en.wikipedia.org/wiki/Group_for_a_Switzerland_without_an_Army
*2) 政党と投票:
http://www.ch.ch/abstimmungen_und_wahlen/01253/01753/index.html?lang=de
*3) 国民投票の政府説明書:
http://www.ch.ch/abstimmungen_und_wahlen/01253/01958/index.html?lang=de

【 編集後記 】

スイス国営放送が実施した最新の世論調査によると、国民発議の2議案は反対
が過半数を超えたそうだ。憲法、外交、景気とざっと考えただけでも承認され
た場合の影響は計り知れない。国民発議も示威行為もして市民は政治への発言
をし、他の市民への関心を喚起している。この限りに於いては、実害は無いと
考える。(今回の2議案はそれ程細心の注意が求められている!)


□━━━━━━━━━━━━━━【 English 】━━━━━━━━━━━━━□


    National Voting on November 29, 2009
    1 <Special Financing of Air Traffic>
    2 Peoples' Initiative <Export Ban for war materials>
    3 Peoples' Initiative <Against Minaret Construction>

    Akiko Huerlimann


The last and fourth of national voting of this year is coming. Ballot
papers have already arrived, and explanation and arguments on media
reported very frequently. The first bill of <Special financing of air
transport> seems not much disputed. The second and the third bill are
in a hot discussion. These are rather delicate matters, and the
interest of the people seems to be high. I understand that essentially
people do not willingly discuss about this kind of themes. Reflecting
the present world, things become talked about loudly. 

1.    <Special Financing of Air Traffic> is an amendment of the
constitution article 86 that was presented by the government and the
parliaments. Two third of the inland kerosene tax of SFr. 60 million
per year is spent for road construction and for the federal government
so far. The proposal is, that the fund should be specialized for the
purpose related to air traffic for its' original field. The fund
should be spent for air safety and accident measures, as well as the
maintenance for the safety of local airports. In opposition to it is
the Green Party only, and the Social Democratic Party (SP) allows
their members whether to support or vote against the bill. The appeal
of the Green is that financial support shouldn't be any more given to
air traffic that causes environmental burden and rather go to the
environment and for safety measures. On the other hand, the Automobile
Association that possibly gets less finance accepts the bill, because
the fund is only 1.3% of the road-use revenue. That's why I see the
bill is almost no argument target so far.

2.    The initiative of <Export ban for war materials> was proposed by
GSoA (The Group for a Switzerland without an Army); this must be a
mutual troublesome theme for industrialized nations. Military and
civilian used materials (dual-use-goods) such as precision mechanical
equipment, sports goods, hunting guns, removable equipment of
antipersonnel landmines, etc. are excluded; the government is going to
strengthen their control. However, reportedly, they will confront
resistance at the parliaments. Under the present recession, if the
export will be reduced, there are concerns about a further negative
influence to the economy. Towns depending on companies (industries),
they have the risk of a fateful crisis, federal support is included in
the bill. Political parties approving the bill are *2) the Social
Democrats (SP), and the Green Party, as well as many cultural
celebrities. Seventy law professors sent an open letter to Economic
Minister Mrs. Doris Leuthard criticizing the export of military
material to certain countries in question becoming a hot topic.
Nevertheless, the export industry side throw out the importance
because of it's only 0.33% of export proportion. About two hundred
young people with red clothes lay down on the Paradeplatz; the
financial center of Zurich, for demonstrating against the export of
war materials during the evening rush hour was reported on different
newspapers dated November 20. Reportedly they were organized through
E-mail or Facebook. 

3.    <Against Minaret construction> was an initiative launched by
members of the Swiss People's Party (SVP) and EDU-party. Justice
Minister Eveline Widmer-Schlumpf occasionally explained about the
illegality of this bill through media since quite an early stage.
Following points are mentioned in the government explanation *3) that
the bill has an influence on numerous basic laws, violates human
rights, disturbs the nation's security, and puts domestic religious
peace in danger. According to the Justice Minister, specialists and
representatives of the Islam had meetings. Presently four Minarets
exist in the country, no problems have happened from any of them, and
even the initiative side admits that. Mrs. Widmer-Schlumpf demands
realistic talk to people instead of emotional arguments. She also
said, that we should discuss about actual problems with the Islam.
Almost all other political parties are against the initiative. Their
understanding is that a Minaret is never a symbol of terrorists.
Churches, major charity organizations, aid organizations, and business
fields oppose the bill as well. 

Actual arguments in Switzerland were that swimming lessons at schools
were occasionally refused by Islamic girls, women's head cloth, and
so on. The opinion of the Justice Minister about the burqa was that
she clearly said that such a dress is not suitable to our society. The
background of these arguments could be the reason that Islamic
existence in the country becomes noticeable. Migros newspaper dated
November 16, 2009 reported about religious proportions. According to
the population census in the year of 2000, Roman Catholic was at 3.1
million, Protestant was at 2.5 million, and then followed by Islam
with over 0.3 million. That is the third biggest religious group!
Furthermore, they are expected to reach 0.4 million in 2009. Just for
your information, non religious people (nonbelievers) were over 0.8
million, and the tendency of this figure is on the increase. On the
other hand, there were reports that children who brought up in Islamic
families are accustomed with the European way of life and thinking;
that generation who doesn't understand religion and culture of their
ancestors' is increasing. Those people are already Swiss citizens,
therefore Swiss citizens are required to have a dispassionate
attitude, I think. 

【 Reference 】 

*1) The Group for a Switzerland without an Army 
(=Gruppe fuer eine Schweiz ohne Armee, GSoA): 
http://en.wikipedia.org/wiki/Group_for_a_Switzerland_without_an_Army 
* 2) Voting and Political Parties : 
http://www.ch.ch/abstimmungen_und_wahlen/01253/01753/index.html?lang=de 
*3) Explanation of the Federal Councilor: 
http://www.ch.ch/abstimmungen_und_wahlen/01253/01958/index.html?lang=de 

【 Editor's comment 】 

According to a recent public opinion survey by the Swiss National
Broadcast Corporation, two bills of peoples’ initiatives are expected
to be rejected. When the bills should be accepted, the influence could
be enormous such as on the constitution, foreign diplomacy, and
economy. Citizens rise their voices through peoples' initiatives and
through demonstrations to draw the others attention. Within that
stage, I think there are no tangible ill effects. (The two bills of
this time are so delicate!) 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

We are intending to offer you current topics, based on Switzerland and
Japan with global view as a multi lingual magazine. Irregular release:
Weekly Swiss News Headlines will inform Issuing schedule.
Please subscribe both mail magazines. Some amendment can be made later.

スイスと日本を基点にグローバルな視点で、ニュース性に重点を置きながら、
適宜日英独仏語の多言語でお届けします。不定期発行: 発行案内は Weekly
Swiss News Headlines からも随時お知らせしますので、両誌共にご愛読お願
い致します。 後日修正が加えられる場合があります。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【 jp-Swiss-journal 】Number of readers: 649
┃ Subscribe & Unsubscribe / 登録・解除・アドレス変更
★ E-Magazine: http://www.emaga.com/info/jpchjrnl.html (J)
★ Melonpan:
┃ http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=002537
★ Melma:      http://www.melma.com/ ID m00041022
★ Kapuraito:  http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/7541.html
★ Mag2:       http://www.mag2.com/m/0000044048.htm
★ 【重要】Yahoo! メルマガは2010年4月20日にメルマガ配信サーヴィスを
┃ 廃止します。弊誌購読を継続される読者は、上記いずれかの配信サイト
┃ から登録し直して下さい。http://merumaga.yahoo.co.jp/close & etc.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
☆ If you wish to refer our text, please send your mail to the issuer
for permission.

無断転載・転送は固くご遠慮下さい。掲載のお問い合わせは発行元までメール
でお願いします。 jp-swiss-journal@bluewin.ch

☆ Issuer / 発行元: the editors' Group of jp-Swiss-journal
Editor & web-master: Akiko Huerlimann
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 【Weekly Swiss News Headlines】Sister Mail Magazine
┃   Number of readers: 2,294
★ E-Magazine: http://www.emaga.com/info/chnews.html (J)
★ Melma:      http://www.melma.com/ (J) ID 00040438
★ Melonpan:
┃ http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=002526 (J)
★ Kapuraito:  http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/7539.html (J)
★ Mag2:       http://w.mag2.com/m/0000025024.htm (J)
★ 【重要】Yahoo! メルマガは2010年4月20日にメルマガ配信サーヴィスを
┃ 廃止します。弊誌購読を継続される読者は、上記いずれかの配信サイト
┃ から登録し直して下さい。http://merumaga.yahoo.co.jp/close & etc.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━End━━■

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。