国際

jp-Swiss-journal

スイスと日本を基点にグローバルな視点で、スイスの国民投票に重点を置きながら、エッセー・評論を適宜日英独仏語の多言語でお届けします。

全て表示する >

jp-Swiss-journal Vol. 102 - November 29, 2008

2008/11/30

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃  Multi Lingual Internet Mail Magazine

★  jp-Swiss-journal Vol. 102 - November 29, 2008 (Swiss Time)

☆  http://www.swissjapanwatcher.ch/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


              【 目次 / INDEX / INHALTSVERZEICHNIS 】

 【J】 国民投票             明子 ヒューリマン     
    2008年11月30日

 【E】 National Voting            Akiko Huerlimann
     on November 30, 2008


□━━【日本語 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
        
    
    国民投票 2008年11月30日

    明子 ヒューリマン


次回の国民投票は連邦レヴェルが5議案と州レヴェルもあり、又もや盛り
沢山の宿題を与えられたという感じだ。今回の議案は、1児童ポルノ犯罪
の時効停止、2 国民年金受給年齢引き下げ、3 集団訴願権、4 大麻
政策、5 麻薬法修正案、とあって1から4までは国民発議、5は連邦政
府・議会 *) の発議だ。連邦政府と議会は、4つの国民発議にはいずれ
も反対投票を、5つめは政府提案なので当然のことながら賛成するよう選
挙民に求めている。

1つめの議案について、今更ながら驚くのは、児童ポルノと子供に対する
性犯罪が世界中で蔓延していることだ。ハードコピー(アナログ)の時代
にはこれほど多くは起きなかったことではないだろうか、それとも表面化
しなかっただけなのか?個人的にはインターネットの普及が助長した弊害
のように思えてならない。現行法では16歳未満の未成年に対する性犯罪
の時効は15年だが、被害者が25歳に達すると時効と定められている。
児童保護団体「白い行進」(ベルギーで設立)が時効を廃止するよう求め
て国民投票にかけられることになった。未成年に対する性的虐待の80%
は家庭内で起きているとされ、被害が発覚するのは多くの場合被害者が
35歳ないし40歳頃であるというので、時効を廃止する発議がされた。
反対意見としては、被害者が長年つらい過去と向き合わねばならない事、
時間の経過と共に立証が困難になる等の理由で、政府と大方の政党は反対
している。冤罪にもなりやすい難しいテーマではある。日本でも近年幼い
子供達が性犯罪の被害者になる痛ましい事件が相次いでいる。問題を放置
しない為には、教育の一環として子供の為の相談窓口の充実も求められて
いるだろう。

2の国民年金に関する議案が何と言っても最も高い関心を呼んでいるよう
だ。国民年金需給年齢を現行より若い62歳から選択出来るよう求める議
案だ。発議委員会発足時にはルートゥ・ドゥライフース元連邦評議員(S
P:社会民主党)が加わって話題になった。「早期定年退職が高額の企業
年金を受けられる者だけの特権になっている現状は非社会的」というのが
イニシアティブの主張だ。人は50歳を境に健康に問題が出てくる傾向が
あるので、この格差を放置してよいとは思わないが、この制度に要する初
期費用を政府は14億スイスフランと言い、イニシアティヴ側は8億スイ
スフランと、試算の隔たりは倍近い。節約大臣と呼ばれるオットー・ステ
ィッヒ元連邦評議員(SP:社会民主党)も「年金を減額せずに給付年齢
を下げ、受給開始年齢を自由に選択する事は出来る。」と太鼓判を押して
イニシアティヴを応援している。経済危機の今高齢就業者の早期退職を推
進させれば、若年層の職場を確保出来る、という狙いもあるようだ。これ
をどう判断するか国民は任されたわけだが、どちらの数字が正しいかは実
施して見なければ分からないのではないかと思う。国民年金を支えている
現役世代をはじめ、経済界も人口構成を考えると国民年金の崩壊につなが
ると大反対。何より国民年金を多少上乗せしたとしても、退職後の生活を
賄うには不充分、と言う論拠には説得力を認めないわけにはいかない。

3の議案は一言で言えば環境問題だ。「環境保全を理由に大規模開発や大
型プロジェクト等の建設を妨げるのはスイスの発展を阻害する、集団訴願
権は制限されるべきだ。」と財界、ホテル業界、保守のスイス国民党等の
後押しで保守系の自由民主党(FDP)が発議した。が、その後連邦政府
は法律の修正を行ったので、FDP内部で発議の妥当性を疑問視する動き
が出ていると報じられている。実際のところ連邦裁判所で、開発側はこの
種の訴訟で60%以上一定の権利を勝ち取っているそうだ。反対しているの
は政府・議会、環境団体、中道政党と左派政党等で喧々諤々の宣伝合戦が
繰り広げられている。筆者の住まいの周辺も緑が段々少なくなってきた。
コンクリートに囲まれた生活は息が詰まりそうになる。持続的な環境維持
のためにも開発は程々に願いたい。

4は若者を麻薬の害から守ろうというのが発議の動機だという。少量の大
麻摂取や保持は合法化して、売買は国の定めた業者に限定し、未成年者の
使用は従来どおり禁止するというもの。約50万人(!)いるとされる大
麻消費者は犯罪者にならずに済み、大麻の取り扱いに関する司法の恣意的
判断も排除出来る、と左派政党を中心に支持を集めているようだ。一方保
守と中道政党の他、麻薬反対の保護者、農民、警察の各団体は反対してい
る。大麻を合法化すれば常習者が増えて健康と社会に著しい害を及ぼすと
主張。現在試験的にバーゼル両州とティチーノ州で大麻市場を自由化して
いるが、若年層に大麻の消費が増えているそうだ。最近日本でも学生が大
麻所持で逮捕される事件が数多く起きている。罪にならないのなら禁断の
木の実を試したくなるのは若者の常だ。迷える子羊は増やさないようにし
ておくべきだろう。

5は連邦政府と議会が提出した麻薬法の修正案。州レヴェルで麻薬の「予
防、治療、被害の軽減、抑止」の4本立て政策を実施しているのを、国レ
ヴェルでも導入し、大麻規制も強化するというもの。この4本立ての政策
は着実に成果を挙げており、公共の場で麻薬常習者を見かける事は無くな
ったそうだ。重症のヘロイン中毒患者には2009年末までヘロインの支
給が法制化されている。これを延長して、医師は患者毎に判断して大麻を
処方出来るようにし、患者は「スイスメディック」*2)への登録が義務
付けられる、というのが今回の修正案。現行法では大麻使用は認められて
いないので修正案が必要だというわけだ。麻薬中毒患者が巷で薬物を調達
せずに済み、従って犯罪組織との関わりも防ぐ事が出来て、社会復帰も果
たせる、というのが法案の狙いだそうだ。反麻薬青年組織や保護者団体、
元麻薬常習者の団体は麻薬政策が頓挫すると反対、修正案の条文には国が
支給する薬物が示されていない等法案の不備を指摘している。スイスの立
法府は憲法と法律の修正をこまめに行える制度と伝統があるので、時代に
即して今後も修正は加えられてゆくだろう。

【参考】

*1) 連邦政府:2008年11月30日国民投票サイト
http://www.bk.admin.ch/aktuell/abstimmung/va/002/index.html?lang=de
*2)スイスメディック(スイス治療薬研究所):
http://www.swissmedic.ch/

【編集後記】

今回の議案はEUや国連加盟のような国の命運を左右するほど難しい課題で
はないものの、やはりスイス社会に深く関わる問題ではある。社会の健全
な発展を思うと、熟慮を要するテーマには違いない。幸いなことに、スイ
スの有権者の政治に対する関心もバランス感覚も未だ捨てたものではない
ので、落ち着いて投票結果を待つ事にしよう。今回は驚きの結果にはなら
ないと推測している。


□━━━━━━━━━━━━━【English 】━━━━━━━━━━━━━━□


    National Voting on November 30, 2008

       Akiko Huerlimann


Next national voting has 5 bills at federal level and more at prefecture
level; I felt as if I've got lots of homework again. The bills (4
initiatives) of this time are 1. Suspension of limitation regarding to
pornographic criminal actions against children, 2. For a flexible
(retirement) AHV-age, 3. Stop of collective remonstrance rights, 4. For
a reasonable cannabis politics, 5. Amendment of the drugs law.
Government and parliament recommend to the citizens to reject the
initiative bills number one to four, which are people initiatives, and
to accept the referendum bill number 5, which was submitted by the
Federal Government and parliament.

About the first initiative bill, it's surprised me indeed that
pornography and sexual crimes against children has spread everywhere in
the world. I don't think that it had happened that often in the hard
copy era (analog era), or had it been simply remained unreported?
Personally I believe that the phenomenon has accelerated through
internet. According to the present law, the duration of prescription of
sexual crimes against people below the age of 16 years is 15 years, and
when the victim reaches the age of 25 years, the statute of limitations
expires. The child protection organization called <Marche blanche>
(established in Belgium) claimed repeal the prescriptions against this
kind of crime, and people have to vote about it. It's said, that 80 % of
sexual abuse is happening among the family. When it's exposed often
victim have already reached the age of 35 or 40 years, that's why the
initiative was launched. On the other hand, victims had confronted a
bitter history for years, and there are difficulties to prove the case
with the passing of time, therefore government and almost all political
parties have rejected the initiative. The theme has difficult aspects,
which can easily create unjust accusations. Recently, distressing sexual
crimes against small children had happened in many cases in Japan too.
In order not to neglect the problem, help desks for children should be
strengthened within the scope of education.

The second initiative with the theme of AHV (National Pension Plan)
seems to draw the highest interest among all the bills. When the
initiative committee launched it, old Federal Councilor Ruth Dreifuss
(SP) joined and got into the news. Their affirmation is, that presently
early retirement is a privilege only for people receiving a high company
pension plan, and that is asocial. I don't think that is ignorable,
because people after the age of 50 years tend to suffer from health
problems. The initial cost for the system, estimated by the government
of SFr. 1.4 billions and the initiative committee estimates it to SFr.
0.8 billions. The difference between both figures is nearly double.
<Ex-Saving-Minister> Otto Stich (SP) also supports the initiative by
saying "We can afford flexible AHV-age without cutting pension." Another
aim seems to promote early retirement of elderly workers, which could
create jobs for younger people, especially at the present economic
crisis. The judgment is left up to people, however, unless implemented
in the system, nobody can judge, which figures are correct, I think.
against the bill is the younger generation who support the AHV, and
business fields, which are concerned about the demographic structure
that can destroy the AHV system. I must admit that's a persuasive
reason that even topping up a little more money, to afford one's life
after retirement isn't enough.

Third initiative bill is about environment. Conservative party FDP
(Liberal Democratic Party) launched the bill, supported business
circles, hotel industry, and SVP (Swiss Volks Party). They claim that
for the sake of environment protection, the collective remonstrance
rights by organizations can stop or inhibit big development plans or
projects that spoils development of Switzerland. But, reportedly the
federal government amended the law later, so that even within FDP, some
members started to doubt of the validity of the initiative. Actually,
more than 60% of the appealed cases were successful. Opposition groups
are the government and parliament, environmental organizations, middle
and left wing parties. Both sides created a very active campaign. The
area where I live has gradually less green. A life surrounded by only
concrete cannot be relaxing. Developments should be reasonable, in
accordance with our environment.

Motivation of the fourth initiative bill is to protect younger people
from drugs。A small portion of drugs (cannabis) consumption or
possession should be legalized. Only dealers authorized by the
government should be permitted to do drugs deals. Minors should be
prohibited from consumption as before. Around half a million of cannabis
consumers would no longer be criminals, and arbitrary judgment by the
judiciary concerning cannabis handling would be excluded. Mainly among
left wing political parties, the initiative is supported. On the other
hand, conservative parties and centrist parties, as well as <parents
against drugs>, farmers, and political organizations are against the
bill. They hang out that if cannabis were legalized, cannabis smokers
would increase, and damage their health and our society. At present, the
cannabis market is experimentally liberated in both Basle's and the
Ticino prefecture, and cannabis consumers have increased among young
people. Recently, many cases had happened of Japanese students, who were
arrested due to possession of cannabis. If it's not accused as a crime,
young people tend to be attracted by forbidden fruits. Legal
measurements should be settled in order not to produce lost sheep.

The fifth bill is a referendum to a law amendment passed by the federal
government and parliament. The drugs measurements (policy) are based on
"prevention, therapy, mitigation of damages, and deterrence" at
prefecture level so far. The central government intends to introduce it
on national level too, and strengthen the cannabis restriction. The four
agenda policy has produced a steady flow of successful results, and we
cannot see addicts of drugs in public any more. The main points of the
amendment are: the heroin supply for severe heroin addicts is so far
legalized only up to the end of 2009. By approval of the amendment that
program could be extended. Furthermore, medical doctors should be able
to prescribe cannabis-based medicine case by case, but the patients must
be registered at Swissmedic. *2) Present law doesn't allow consumption
of cannabis, therefore the amendment was introduced. The aim of that
bill is, that drugs addicts avoid getting drugs on the street,
therefore, they are prevented from crime organizations, and they can
even come back to the society. Young anti-drugs, parents, and
ex-drugs-addicts organizations are against the bill. They think, the
drugs politics will fail and pointed out to flaws of the law, that has
no description about drugs granted from the government. Swiss
legislative assembly has a tradition to amend constitution and laws
frequently, and further amendments will be made in order to respond to
the demands of the times.

【Reference】

*1) Federal Government: National Voting on November 30, 2008
http://www.bk.admin.ch/aktuell/abstimmung/va/002/index.html?lang=de
*2) Swissmedic: http://www.swissmedic.ch/

【Editor's comment】

The bills of this time are not so difficult, affecting the fate of the
nation like joining EU or UN, however, the themes have deeply concerned
the Swiss society. The themes need to be carefully considered for a
healthy development of our society. Fortunately, we don't need to be
desperate about the Swiss constituency, about their interest and balance
sense regarding to politics. Let's wait the results of the polling. I
expect the result shouldn't be a surprise.


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

We are intending to offer you  current topics, based on Switzerland and
Japan with global view as a multi lingual magazine. Irregular release:
Weekly Swiss News Headlines will inform Issuing schedule.
Please subscribe both mail magazines. Some amendment can be made
later.

スイスと日本を基点にグローバルな視点で、ニュース性に重点を置きながら、
適宜日英独仏語の多言語でお届けします。不定期発行: 発行案内はWeekly
Swiss News Headlines からも随時お知らせしますので、両誌共にご愛読お願
い致します。 後日修正が加えられる場合があります。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【 jp-Swiss-journal 】  Number of readers: 616
★ Melonpan:
┃ http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=002537
★ Melma:      http://www.melma.com/ ID m00041022
★ Kapuraito:  http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/7541.html
★ Mag2:       http://www.mag2.com/m/0000044048.htm
★ Yahoo:      http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/6415/
★ E-Magazine: http://www.emaga.com/info/jpchjrnl.html (J) & etc.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
☆ If you wish to refer our text, please send your mail to the issuer
  for permission.

無断転載・転送は固くご遠慮下さい。掲載のお問い合わせは発行元までメール
でお願いします。 jp-swiss-journal@bluewin.ch

☆ Issuer / 発行元: the editors' Group of jp-Swiss-journal
Editor & web-master: Akiko Huerlimann
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ Sister Mail Magazine:
┃ 【Weekly Swiss News Headlines】    Number of readers: 2,268
┃ Subscribe & Unsubscribe / 登録・解除・アドレス変更
★ Melma:      http://www.melma.com/ (J) ID 00040438
★ Melonpan:
┃ http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=002526 (J)
★ Kapuraito:  http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/7539.html (J)
★ Mag2:       http://w.mag2.com/m/0000025024.htm (J)
★ Yahoo:      http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/5783/
★ E-Magazine: http://www.emaga.com/info/chnews.html (J) & etc.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━End━━■

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。