映画

Movie@nifty通信

「Movie@nifty」が発行するフリ-メ-ルマガジンです。映画に関する最新ニュ-スや各種ランキング、インタビューなどの特集、プレゼント情報など、読みごたえのあるメ-ルマガジンを提供いたします。

全て表示する >

Movie@nifty通信

2006/02/02


========================= Movie@nifty通信 =========================

         --- 2006年02月02日号(毎週木曜配信)---

       ●Movie@nifty → http://movie.nifty.com/

======================================================================


┌─────────────────────────────────┐
  ★Movie@nifty最新情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

■THIS WEEK CONTENTS ==================================================

 ★Movie@nifty最新情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★Movie@nifty TOPICS
 ◆近日公開作品情報
  ・小さな恋のステップ
  ・チェーン 連鎖呪殺
 ◆現在公開中作品情報
  ・白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々
  ・ピーナッツ
 ◆ランキング情報
 ◆Movie@nifty プレゼント情報


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★近日公開作品情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ◎毎週、近日公開作品情報を2本ご紹介します◎◎◎


 ★小さな恋のステップ★

   39歩の遠距離恋愛! オフビートなラブストーリー      
  
  『英語完全征服』でのコメディエンヌぶりが記憶に新しいイ・ナヨンが、
  キュートな魅力を振りまいて再び和ませてくれる。今度の役は一途に恋す
  る女の子。好きな人に近づくためなら大胆なこともストーカーまがいのこ
  ともする。それなのに彼は少しも気づかない。39歩隔てたご近所さんに片
 思いするちょっと変わった女の子のラブストーリーだ。

  韓国の恋愛ドラマというと情熱的という印象が強いが、本作はちょっと
 違う。韓国のクドカンと言われるチャン・ジン監督が、ひねりを利かせた
 作戦で、直球を外しフォークやカーブ球を投げ込んでくる。恋は語りたい
 けど、照れ屋。監督のそんな気質がうかがえる。熱いメロドラマにじつは
 赤面、なんて方にはおすすめだ。悪ふざけを軽く受け流せるとなおいい。 

  冒頭に登場するのはプロ野球2軍選手のチソン。彼女から別れを告げら
 れ、鼻から血が流れている。この時点で彼がいい男として描かれないこと
 を悟り、さらに、近所に住む女の子、イヨンの恋心に気づかない彼の鈍感
 さに呆れ、物語の行く末を案じずにはいられなくなる。しかし、後半から
 ふたりの関係は前進し、恋愛ものらしく甘さを増してゆく。

  チソンを演じるのは『シルミド』など男気のある演技で定評のあるチョ
 ン・ジェヨン。さえないけど憎めないというビミョーな役に挑み、これま
 でのイメージを覆した。05年8月に韓国で空前のヒットを記録した『ウェ
 ルカム・トゥ・トンマッコル』には北朝鮮軍大尉役で出演。今後の活躍が
 期待される俳優の一人である。
 
 
 <公 開 日>
 2006年2月4日(土)より、
 新宿ジョイシネマ3ほか、全国順次ロードショー   
     
  <キャスト>
 チョン・ジェヨン
 イ・ナヨン


   __________________________________


 ★チェーン 連鎖呪殺★

  実際に国内で起こったチェーンメール「橘あゆみ」を映画化! 
 
  2000年頃に国内で実際に流行ったチェーンメール「橘あゆみ」がついに映
 画化されてスクリーンに登場する。本作『チェーン 連鎖呪殺』は、チェー
 ンメールを受け取った少女たちがメールで予告された通りに惨殺されていく
 有様を描いたホラー映画。携帯メールという身近な題材を取り扱っているこ
 ともあり、リアルな恐怖を味わえるのが最大の特徴だ。

  監督は、『プッシーキャット大作戦』などの本田隆一。脚本は、『東京ゾ
 ンビ』などの監督作品もある佐藤佐吉が手がけている。いずれも、シュール
 さが持ち味の作家であるだけに、本作も一般的なホラー作品とはひと味違う
 作品世界になっているのが魅力。

  出演は、主人公のサキ役にTV「美少女戦士セーラームーン」などの沢井美
 優、その友人亜佐美役に『ナイスの森』やTV「野ブタ。をプロデュース」な
 どの三浦葵が扮している。このほか、『トニー滝谷』や『どんてん生活』な
 どの山本浩司、「星の金貨」や『野獣死すべし』などの中島宏海らが出演し、
 脇を固めている。
  
  
 <公 開 日>
  2006年2月下旬より、アップリンクにてロードショー      
 
 <キャスト>
 沢井美優
 三浦葵


 ★近日公開作品一覧はこちら★
 http://movie.nifty.com/cs/catalog/movie_677/cal/soon_0/srt_n2/1.htm



 ┌─────────────────────────────────┐
  ★現在公開中作品情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 □毎週、現在公開中の映画作品情報を2本ご紹介します□□□


 ★白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々★

  ヒトラー政権に立ち向かった20世紀のジャンヌ・ダルク  
 
  第二次世界大戦下のドイツでヒトラー政権を非難し、戦争終結を訴え、自
 らの信念を貫き通した21歳の女性、ゾフィー・ショル。彼女が「反逆罪」で
 拘束され、「司法テロ」と呼ばれる不当な裁判を経て処刑されるまでの6日
 間を描いた真実の物語である。

  80年代まで闇に葬られており、90年になってようやく公開されたというゲ
 シュタポ(秘密国家警察)尋問の原文記録や、遺族の証言などを集め、史実
 に沿って練り上げられた脚本は、戦後生まれのマルク・ローテムント監督の
 客観的な視点が生きているといえる。しかし、そうした冷静さを保ちながら
 も、胸に迫る心理描写を欠かすことはない。それは、主演のユリア・イェン
 チと尋問官役のアレクサンダー・ヘルトによる素晴らしい演技で成就される。
 ふたりの緊迫感あふれる駆け引きは観る者を捉えて離さない。

  冒頭でビリー・ホリデイの歌に合わせてメロディーを口ずさむゾフィーは、
 青春を謳歌する若者そのものだ。厭世的だったり、孤独だったりする様子な
 ど全く見られない。この短いシーンは彼女が自ら死を選ぶような人間でない
 ことを物語っており、のちに尋問官の情けを断り、死を決意する彼女の崇高
 さを浮かび上がらせる。

  後半の裁判シーンでは、「流血の裁判官」と呼ばれたローラント・フライ
 スラー裁判官の横暴で偏狭的な発言の数々がゾフィーを攻撃する。弁護人は
 形式だけの存在。傍聴席を埋めるのはすべてナチ組織のメンバーという四面
 楚歌の状況だ。だが、ゾフィーは決して屈しない。「言葉で闘う」。この言
 葉が心に響く。彼女の信念は、史実映画の枠を超え、今を生きる者たちに語
 りかけ、考える時間を与えてくれる。

 <キャスト>
 ユリア・イェンチ
 アレクサンダー・ヘルト


   __________________________________


 ★ピーナッツ★

  内村光良監督デビュー作は、草野球チームの熱い物語
 
  ウッチャンこと内村光良が自身の夢であった映画製作を実現させた。きっ
 かけはTVのバラエティー番組の仕事で親交を深めた仲間と映画を撮ったら面
 白いのではないかという内村の思いつき。メンバーの野球好きに乗じて、草
 野球チームの熱い物語へと具体化していった。『がんばれ!ベアーズ』への
 オマージュをこめて2週間でいっきに書き上げたという脚本には、栄光と挫
 折を味わった男たちの情熱と、寂れつつも古き良き時代の風情を残す街並へ
 の愛情があふれている。

  そうした内村の想いを体現したメインキャストは、さまぁ〜ずの三村マサ
 カズをはじめとするTVで活躍するお笑い芸人たちだ。誰もが楽しんで感動で
 きるエンターテインメントとして、笑いはもちろん、ほろりとさせるシーン
 もきっちりと用意された本作において、彼らは俳優としての仕事を見事に成
 し遂げている。

  クライマックスとなる試合のシーンもなかなかのものだ。とくに内村の守
 備力、ゴルゴ松本の速球には驚かされる。また、佐藤めぐみの紅一点の存在
 も清々しく、カメオ出演の俳優や芸人たちのさり気ない熱演ぶりも微笑まし
 い。『ピーナッツ』に集結したこれらのメンバーは、内村の人徳に引き寄せら
 れたのかもしれない。
  
 <キャスト>
 内村光良
 三村マサカズ

  
 ★現在公開中作品一覧はこちら★
 http://movie.nifty.com/cs/catalog/movie_677/cal/index_0/1.htm


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★ランキング情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ランキング情報では、毎週映画に関する各種ランキングデータを掲載して
 います。ここでは、各ランキングの1位を紹介致します。

 ◇◇今週の各ジャンル別1位◇◇

  ●国内興行ランキング
   1位(初)フライトプラン       
   ※ランキング詳細はこちら↓
   http://movie.nifty.com/as/column/movie_685/1.htm

  ●DVD販売ランキング
   1位(初)ステルス デラックス・コレクターズ・エディション        
   ※ランキング詳細はこちら↓
   http://movie.nifty.com/as/column/movie_765/1.htm

  ●作品クチコミランキング
   1位 ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム
   ※ランキング詳細はこちら↓
   http://movie.nifty.com/cs/catalog/movie_677/kkr/srt_rnk/1.htm



┌─────────────────────────────────┐
 ★Movie@nifty プレゼント情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

【試写会プレゼント】
 ★『ヒストリー・オブ・バイオレンス』試写会プレゼント 20組40名様
 ★『ステップ! ステップ! ステップ』試写会プレゼント 20組40名様
 ★『子ぎつねへレン』試写会プレゼント 5組10名様
 ★『エミリー・ローズ』特別試写会プレゼント 10組20名様
 ★『マインドハンター』試写会プレゼント 20組40名様

 <詳しくは>
 http://movie.nifty.com/shishakai/index.jsp


======================================================================
●アット・ニフティのCD/DVD STORE発行のメールマガジンにて、CD/DVDの
最新情報をお届けしております。先行予約情報やオススメ・お得情報満載!
是非ご登録ください。
 ★登録はこちら→http://cd-dvd.nifty.com/free/ml/

●新作リリース情報・CD/DVD購入・予約は、
 http://cd-dvd.nifty.com/
======================================================================

----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『melma!』のシステムを利用して発行しています。
 (http://www.melma.com/ ID:m00040919)

 ※登録解除は、ご登録いただいた上記サイトにてお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご意見・ご要望・お問合わせ先 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<

    ★theater@mbi.nifty.com(Movie@nifty編集部)まで

======================================================================
発行:Movie@nifty通信編集部
Copyright(C) 2005 NIFTY Corporation
「Movie@nifty通信」に掲載された記事・内容を許可なく転載する
ことを禁じます。
「Movie@nifty」
http://movie.nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。