映画

Movie@nifty通信

「Movie@nifty」が発行するフリ-メ-ルマガジンです。映画に関する最新ニュ-スや各種ランキング、インタビューなどの特集、プレゼント情報など、読みごたえのあるメ-ルマガジンを提供いたします。

全て表示する >

Theater@nifty通信

2003/12/25


========================= Theater@nifty通信 =======================

         --- 2003年12月25日号(毎週木曜配信)---

       ●Theater@nifty → http://theater.nifty.com

======================================================================

┌─────────────────────────────────┐
  ★Theater@nifty最新情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ●Theater@nifty『年末年始特集』!

 Theater@nifty『年末年始特集』では、この冬話題の映画を出演者のイン
 タビュー、貴重なメイキングなどスペシャル映像をまじえてじっくりとご
 紹介しています!
 ただ今、「すべては愛のために」スペシャルでは、あなたが選ぶ恋愛映画
 投票を実施中!コレこそは!という作品にぜひ投票してください。投票と
 合わせて、あなたの思い出の恋愛映画の投稿も募集しています。すばらし
 い投稿をしていただいた方にはプレゼントも当ります!
 その他にも、せっかくの年末年始、家でゆっくりDVDを見たいあなたには、
 話題の「TAKEN」スペシャルサイトもある「家でゆっくりDVD特集」コーナ
 ーがおすすめ!さぁ、Theater@niftyで年末年始の映画をとことん楽しも
 う!

 ☆今すぐチェック!
 http://theater.nifty.com/fuyu2003/index.htm


 ●『ドッグヴィル』BBスペシャル!

 2004年正月第2弾、シネマライズ、シャンテシネ他全国順次ロードショーさ
 れる『ドッグヴィル』。2003年カンヌ映画祭を震撼させた無冠にして最大
 の話題作。Theater@niftyでは予告編とフィルムクリップ、そして「ダンサ
 ー・イン・ザ・ダーク」でパルムドールを受賞したラース・フォン・トリ
 アー監督の貴重なインタビューをお届けします。

 詳細は下記で!(12/26公開予定)
 http://theater.nifty.com/interview/


■THIS WEEK CONTENTS ==================================================

 ★Theater@nifty最新情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★Theater@nifty TOPICS
 ◆最新映画作品情報
  ・解夏(げげ)
  ・ニューオリンズ・トライアル
 ◆上映中作品情報
  ・味 Dream Cuisine
  ・フル・フロンタル
 ◆ランキング情報
 ◆最新インタビュー
  ・『ラスト・サムライ』渡辺謙インタビュー
 ◆勝手に映画評
  『解夏』
 ◆Theater@nifty プレゼント情報

 ┌─────────────────────────────────┐
  ★最新映画作品情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ◎毎週最新映画作品情報を2本ご紹介します◎◎◎

 ★解夏(げげ)★

 田中光敏監督による「精霊流し」映画化が記憶に新しいさだまさし。その
 彼の著作「解夏」は、視力を徐々に失っていく病におかされた青年を主
 人公に、生きることの大切さを描いた感動作だ。昨年12月に発売されて以
 来、7万部以上を売り上げたこのベストセラーを、『群青の夜の羽毛布』の
 磯村一路監督がメガフォンをとり、大沢たかお主演で映画化したのが本作
 である。禅寺の修行僧の生活と自らの失明までの日々を重ねあわせ、生き
 ることの意味、人とのつながりの大切さが見事に描かれている。そのしん
 みりと心に染み入る感動は、ハンカチがいくつあっても足りないはずだ。

 <公 開 日>
 2004年1月17日(土)より、全国東宝洋画系にてロードショー

 <キャスト>
 大沢たかお
 石田ゆり子

 __________________________________

 ★ニューオリンズ・トライアル★

  ベテラン俳優たちの華麗なる競演。緊迫とスピードのリーガル・エンタ
 テインメント。
  原作者はリーガル・サスペンスの旗手であるジョン・グリシャム。1996
 年のベストセラー「陪審評決」を元に、オリジナルのタバコ訴訟を銃に置
 き換え、真に迫るエンタテインメント法廷劇として映像化。陪審員の評決
 を勝ち取るために、盗撮、収賄、恐喝などを繰り返す陪審コンサルタント
 の内幕を描いた社会派ドラマでもある。
  被告側の銃器メーカーに勝利させるべく奔走する陪審コンサルタントの
 プロをジーン・ハックマンが、対決する弁護士をダスティン・ホフマン、
 そして、ある目的を持って陪審に臨む主人公ニックをジョン・キューザッ
 クがそれぞれの個性で演じ、始終緊迫感を倍増させる。また、物語の鍵を
 握る第三の女、マーリー役のレイチェル・ワイズの気丈ながら今にも崩れ
 そうな微妙な存在感も鮮烈な印象を残す。
  こうしたベテラン俳優たちの競演はもちろんのこと、銃が深刻な社会問
 題となっている現在のアメリカを反映したタイムリーな題材と、陪審制度
 の弱点をついた鋭い視点は、凄みを帯びて観る者に迫ってくるだろう。

 <公 開 日>
 2004年1月31日(土)より、日比谷映画他全国東宝洋画系にてロードショー

 <キャスト>
 ニック・イースター:ジョン・キューザック

  より詳しい映画作品情報はこちら★
  http://theater.nifty.com/data/index.htm


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★上映中作品情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 □毎週現在上映中の映画作品情報を2本ご紹介します□□□

 ★味 Dream Cuisine★

  この味を、本場山東省で復活させたい。78歳・孟江さんの熱い想い。
 <この映画は“変化”と“不変”についての「ラブストーリー」である>
 という解説がある通り、この作品では、中国という国がかつてない速度で
 成長する中、伝統的な味に“変化”=現代のニーズにあわせ、味を進化さ
 せるか、“不変”=古来からの製法と手法を守るかという狭間にたった78
 歳・孟江さんの味への熱い想いを描いた映画である。欧米化された食生活
 で、すっかり胃腸も進化した日本を考えると、この中国の伝統料理が現在
 立たされた状況、そして今後の展開というのは実に興味深い。しかしなに
 よりもスクリーンに登場する二人の年齢を合わせて150歳という佐藤さん夫
 妻に人柄がにじみ出た、まさに味わい深い作品だ。
  --二人の年齢を合わせると150歳という佐藤さん夫妻。東京で隠れ家の
 ような中国料理店「済南賓館」を夫婦で切盛りしている。妻の孟江さんが
 青春時代に習い覚えた伝統的な山東料理は、本場では中国文化大革命によ
 って廃れていた。 1990年中国政府に「正宗魯菜(山東料理)伝人」と認定
 された佐藤さん夫妻は、 中国に招待され毎年料理人達に指導を行う事に。
 夫妻の料理人生に、新たなドラマが始まった。しかし2002年、孟江さんは
 本物の山東料理復活に人生の最後を賭け、中国済南に移住しようとする
 が・・・。

 <声の出演>
 佐藤孟江
 佐藤浩六

 __________________________________

 ★フル・フロンタル★

  『オーシャンズ11』の続編『オーシャンズ12』は、12人目がフランス人
 俳優のヴァンサン・カッセルに決まり、更なるスケールアップをして世界
 を股にかけたドリーム犯罪映画になるようだが、予算は前作と同じ。とい
 うことは出演者は前回以上のギャラの削減が余儀なくされるだろうに、出
 演者は皆そのことを快諾しているという。きっと仲間として強い絆で結ば
 れているのだろう。それはスティーヴン・ソダーバーグが製作総指揮、ジ
 ョージ・クルーニー初監督、ジュリア・ロバーツ、ブラット・ピット、マ
 ット・ディモンの豪華共演が実現した『コンフェッション』からも明らか
 だろう。そして今回もソダーバーグの才能に魅せられた俳優達が集結し、
 見事な競演が実現した。今回この作品を作るにあたり監督が提示した10の
 ルール<1.全篇ロケ 2.現場には自分で運転してくること 3.茶菓子の接
 待係はいない 4.衣装は自前で 5.ヘアとメイクも自己管理 6.トレーラ
 ーはなし 7.即興は奨励 8.自分の役柄についてインタビューがある 9.
 他の役柄についてインタビューがある 10.望むと望まざるに関わらず、楽
 しめます>に同意し、出演を快諾したのは、ジュリア・ロバーツ、ブラッ
 ト・ピット。加えて念願のソダーバーグ作品初出演となるデヴィッド・ド
 ゥカヴニー、ソダーバーグとは『アウト・オブ・サイト』に次いで2度目の
 出演となるキャサリン・キーナーなどが参加。夢のようなインディベンデ
 ント映画が誕生した。あのデビッド・フィンチャーもカメオ出演している
 本作。お見逃しなく!

 <キャスト>
 フランチェスカ/キャサリン:ジュリア・ロバーツ

  より詳しい映画作品情報はこちら★
  http://theater.nifty.com/data/index.htm


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★ランキング情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ランキング情報では、毎週映画に関する各種ランキングデータを掲載して
 います。ここでは、各ランキングの1位を紹介致します。

 ◇◇今週の各ジャンル別1位◇◇

  ●国内興業ランキング
   1位:ファインディング・ニモ

  ●全米興業ランキング
   1位:Return of the King (New Line)

  ●レンタルDVDランキング
   1位:パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

  ●DVD販売ランキング
   1位:ターミネーター 3 プレミアム・エディション

  ●感想投稿ランキング
   1位:ラスト・サムライ

  ●勝手に映画評
   1位:解夏

  ※「勝手に映画評」詳細は下記にあるので、そちらも見てね。

 各ランキングの詳しいデータは、「ランキング」でチェックしてください。
 http://theater.nifty.com/ranking/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★最新インタビュー >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ★今週の最新インタビューはコレ!★★★
  ・『ラスト・サムライ』渡辺謙インタビュー

>>>>>>>渡辺謙インタビュー<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 英語も方言の一種と考えて取り組んだんだ

 ──ハリウッド初出演の感想を教えてください。

 渡辺 謙(以下W) 撮影中に何度も「さすがハリウッドだなぁ」と思った
 瞬間があったよ。お寺の中庭の雪のシーンのセットなんか、ものすごい時
 間とお金と労力をかけたのに、撮影ではほんの少ししか使わない。日本で
 は考えられないよ。でもね、それ以上に「ハリウッドだなぁ」と感じたの
 は、ここ数日のプロモーション取材だよ。日本でもプロモーションで数日
 間インタビューを受けまくるけど、今回のロスでの取材はその比じゃない。
 世界各国から、ものすごい数のジャーナリストが集まり、次から次ぎへと
 取材を受けた。しかも、それをすべて英語でこなさなきゃいけない。さす
 がにめまいがしたよ(笑)。おまけにぼくは、スタッフが退屈するだろう
 って思って、なるべくいろんな話をしようとするあまり、自分でも混乱し
 てしまったことも何度もあった。余計なサービス精神に自分でハマってし
 まって……(笑)。本当に疲れたよ。

 ──各国のジャーナリストから、「ケンはなぜあんなに英語の発音が上手
 いんだ」って聞かれましたが、その秘訣は私も知りたいです。

 W あ、あれは、吹き替えでやってもらったんだよ……って言うのはウソ
 (笑)。ぼくが演じた勝元という男は、アドリブを飛ばすようなキャラク
 ターじゃないから、セリフの英語をひたすら練習したんだ。発音コーチに
 ついて2カ月ほどかな。そもそも、どこまで自分の言葉としてしゃべれる
 か挑戦してみたいというのがあったから、英語も方言の一種と考えて取り
 組んだんだ。これまで大阪弁や南部弁をやったことあったから、自分の言
 葉でない言葉でしゃべって感情を表現するというのを経験していた。それ
 を英語でも試してみたら、上手くいったようだね。提供:FLiX

 ★Theater@nifty「最新インタビュー」より
  http://theater.nifty.com/interview/index.htm

 ★インタビューの全文は「Theater@nifty Mobile」で見られます!
  Theater@nifty Mobileについてはコチラ
  http://theater.nifty.com/mobile/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★勝手に映画評 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 「Theater@nifty」編集部が独自に映画評論し、ランキングをつけちゃい
 ましょうというのがこの「勝手に映画評」。スタッフはいずれも個性的な
 メンバーで毎週4作品をピックアップします。

 □解夏(日本 磯村一路 脚本・監督)□

 半年前のこと。東京で教師をしていた隆之(大沢たかお)は、悪夢にうな
 されるようになる。それは重い病の暗示だった。体の異常も感じるように
 なった隆之は、幼なじみの医師博信(古田新太)の診断を受ける。結果は
 ベーチェット病。隆之の場合は、視力を徐々に失っていくケースだという。
 隆之の恋人は大学の恩師、朝村の娘陽子(石田ゆり子)。モンゴルで心理
 学研究中の陽子に黙って朝村のもとに訪れた隆之は、陽子と別れの決意を
 告げる。職を辞した隆之は、故郷長崎へ戻る。懐かしい街を目に焼き付け
 ようと。そんなとき、父から隆之の病のことを聞いた陽子が長崎に訪れる。
 陽子はここに留まると言ってきかない。
 2004年1月17日(土)、全国東宝洋画系にてロードショー。

  [CAST]
 大沢たかお

 [映画ライター 評]
 病に侵された主人公の葛藤や恋人同士のふたりのやりとりのなかに、もっ
 と、ものすごいドロドロした感情が見えたら、と想像してしまったにして
 も、かっちりと長崎のロケーションの素晴らしさが合っていて感動に尽き
 た。個人的には「解夏」という言葉にまつわるエピソードに掴まれた!
  そして、とにかく夏が恋しくて恋しくて。
                         (評価点数 23点)

 [女優 評]
 人を思いやる心に溢れてる作品。だから観ててどうにも切ない。段々目が
 見えなくなる恐怖に怯え、怒り、受け入れる、主人公や恋人や母を、何度
 と無く登場する長崎の石段が見守ってる様で、故郷を愛する原作者、さだ
 さんの思いが伝わります。げげ、という妙な題名が持つ意味が本当に素敵。
 忘れられない言葉になりました。
                         (評価点数 19点)

 [FLIX編集長]
 題名ほどに深くない内容。起承転結があいまいで、失明の恐怖からの解放
 という主題も中途半端に終わっている。恋人の存在だけでなく、もっと主
 人公の内面に踏み込んだ、普遍的な意味での救いを描くこともできたので
 はないか。ただ、長崎の風景は美しく、まさに目に焼きつけたくなった。
                         (評価点数 18点)

 [編集長 評]
 セリフのなかにはどことなく着想から開けっ放した感じを受けざるを得な
 かった部分もあったけれど、舞台の長崎の景色のあまりのよさに飲まれて
 しまい、さださんの故郷愛を確認しました。注目してしまったのは、富士
 純子さん。方言も、坂を背負った姿にも深い年輪を感じました。
                         (評価点数 22点)

  ★Theater@nifty「勝手に映画評」より
   そのほかの作品についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/katteni/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★Theater@nifty プレゼント情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 【試写会プレゼント】
  ★『タイムライン』試写会ご招待 50組100名様
  ★『シービスケット』試写会ご招待 200組400様 ※26日締め切り!

 【劇場招待券プレゼント】
  ★『伝説のワニ ジェイク』劇場招待券 5組10名様

 【ギフト券プレゼント】
  ★「クリスマス&お年玉プレゼント」音楽ギフト券2000円分 30名様
  ★『すべては愛のために』〜恋愛映画投稿プレゼント〜
   JTBナイスショプ2000円分 10名様

 【PREMIUM GOODSプレゼント】
  ★『ゼブラーマン』公開記念PREMIUM GOODS&前売券プレゼント 5名様

 【映画の感想を投稿して2000円の商品券を当てよう!】
 「コレお薦め!私の映画評」では映画の感想を投稿していただいた方から
 抽選で毎月10名様に2000円の「JTBナイスショップ」をプレゼント!応募
 方法は簡単、鑑賞した映画作品情報ページの一番下に「投稿する」ボタン
 があるのでこれをクリック。その後投稿フォームが出てきますので感想を
 書き入れて送信するだけ。Theater@niftyに作品情報があるものについて
 すべて応募できるので、試写会での感想もOK!皆様の厳しくも?暖かい愛
 のある感想をお待ちしております!

 <詳しくは>
 http://theater.nifty.com/present/index.htm


----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『melma!』のシステムを利用して発行しています。
 (http://www.melma.com/ ID:m00040919)

 ※登録解除は、ご登録いただいた上記サイトにてお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご意見・ご要望・お問合わせ先 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<

    ★theater@mbi.nifty.com(Theater@nifty編集部)まで

======================================================================
発行:Theater@nifty通信編集部
Copyright(C), 2003 NIFTY Corporation.
「Theater@nifty通信」に掲載された記事・内容を許可なく転載する
ことを禁じます
「Theater@nifty」
http://theater.nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-------------------------------------------------------------------
【ADSL】最大600円値下げ!月額2,880円のIP電話付き新コース登場!
 ◆◆ 今ならキャンペーン実施中で月額最大3ヵ月無料&特典選べる ◆◆
    >> http://www.nifty.com/bb/newprice.htm <<
-------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。