映画

Movie@nifty通信

「Movie@nifty」が発行するフリ-メ-ルマガジンです。映画に関する最新ニュ-スや各種ランキング、インタビューなどの特集、プレゼント情報など、読みごたえのあるメ-ルマガジンを提供いたします。

全て表示する >

Theater@nifty通信

2003/01/02


========================= Theater@nifty通信 ========================

         --- 2003年1月2日号(毎週木曜配信)---

       ●Theater@nifty → http://theater.nifty.com

======================================================================
 明けましておめでとうございます。本年もTheater@nifty通信をどうぞよ
 ろしくお願い申し上げます。
----------------------------------------------------------------------
   ☆★☆★☆★☆★一足早い来週のシネマ占い☆★☆★☆★☆★☆

     恋愛運や相性の良い星座、金運、仕事運などが分かるよ!

             ラッキー星座 水瓶座
             オススメ映画『ゴーストシップ』

            アンラッキー星座 蠍座
              オススメ映画『T.R.Y.』

          その他の星座はサイトをチェック
       http://theater.nifty.com/uranai/index.htm
   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

┌─────────────────────────────────┐
  ★Theater@nifty最新情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ●この冬、話題の映画はココでチェック!

 年末からお正月にかけて公開の映画を一挙大特集!『マイノリティ・リ
 ポート』『ハリー・ポッターと秘密の部屋』『Jam Films』、そして巨匠
 マーティン・スコセッシ監督、L・ディカプリオ主演の話題作『ギャン
 グ・オブ・ニューヨーク』と、各作品ごとのコーナーで監督や出演者のイ
 ンタビュー等がチェックできます。『ハリー・ポッター〜』のキャラク
 ター人気投票も盛り上がってます。冬休みに観に行く映画を決めたい人も
 参考にどうぞ!

 ☆特集ページ
 http://theater.nifty.com/winter/index.htm


 ●ランキングに参加しよう!

 Theater@niftyの人気コーナー"みんなで決めるランキング"では、『公開
 中のおすすめ作品』と『近日公開作品の期待度』を投票してもらいます。
 ここをチェックして、映画を見る前の参考にしてみたらいかが?
 投票は常時大募集しています!ぜひ参加してみてね!!

 ☆投票はこちら!!
 http://theater.nifty.com/ranking/index.htm


■THIS WEEK CONTENTS ==================================================

 ★Theater@nifty最新情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★Theater@nifty TOPICS
 ◆最新映画作品情報
  ・ボーン・アイデンティティー
  ・イナフ
 ◆上映中作品情報
  ・SWEET SIXTEEN
  ・わすれな歌
 ◆最新記者会見
  『T.R.Y.』 完成披露舞台挨拶(1月3日公開)
 ◆勝手に映画評
  『ストーカー』
 ◆Theater@nifty プレゼント情報

 ┌─────────────────────────────────┐
  ★最新映画作品情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ◎毎週最新映画作品情報を2本ご紹介します◎◎◎

 ★ボーン・アイデンティティー★
 <ストーリー>
  1980年に出版された同名スパイ小説を、『スウィンガーズ』で知られる
 ダグ・リーマン監督が映画化。
  記憶喪失のジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、海でイタリア
 漁船の乗組員たちに救われた。彼は数発の銃弾を受け、腰に銀行の口座番
 号を刻まれていた。身元も経歴もなにもわからないジェイソンだが、戦う
 術/語学/自己防衛能力に優れていた。これらの事柄は、彼の危険に満ちた
 過去を語る十分なものである。ある日、自分の身元を突き止めた彼は、な
 ぜ命を狙われたのかを懸命に探したしたのだが…。
  『リプリー』でゴールデン・グローブ賞の主演男優賞にノミネートされ
 るなど、高い評価を得ているマット・デイモンが謎の多い主人公、ジェイ
 ソン・ボーンを演じる。そして彼を支える女性、マリー・クルーツには、
 『ラン・ローラ・ラン』 で強烈な印象を残したフランカ・ボテンテ。この
 二人を中心にミステリアスな物語が展開される。

 <公 開 日>
 2003年1月25日(土)より、日劇3ほかにて全国ロードショー

 <キャスト>
 ボーン:マット・デイモン 他
 __________________________________

 ★イナフ★
 <ストーリー>
  『アウト・オブ・サイト』や『ザ・セル』で女優としても高い評価を得
 ている、R&Bシンガー、ジェニファー・ロペスの主演作。
  建設会社を経営する裕福な男ミッチ(ビリー・キャンベル)と結婚したス
 リム(ジェニファー・ロペス)は、何不自由ない結婚生活を送っていた。や
 がてふたりの間に愛娘・グレイシー(テッサ・アレン)が生まれる。しかし
 、グレイシーが5歳になった頃から、理想的な夫だったミッチが変貌しはじ
 める。
 "愛"と称する支配欲で、妻をアクセサリーのように扱いだした。我慢の限
 界を感じたスリムは、グレイシーを連れて脱出。その後、ミシガン州に落
 ち着いたスリムとグレイシーは、名前を変えて新しい生活を始めた。だが
 、ミッチに居場所を突き止められ、彼にグレイシーの親権裁判を起こされ
 てしまう。追い込まれた彼女はある決断を下す。果たしてスリムのとった
 行動とは…。
  監督は『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』のマイケル・アプテッ
 ド。キャスト陣にはジュリエット・ルイス、ダン・フッターマン、ノア・
 ワイリーなど豪華な役者たちが揃った。

 <公 開 日>
 2003年1月25日(土)より、日比谷みゆき座ほか全国東宝洋画系にてロー
 ドショー

 <キャスト>
 スリム:ジェニファー・ロペス 他

  より詳しい映画作品情報はこちら★
  http://theater.nifty.com/data/index.htm


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★上映中作品情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 □毎週現在上映中の映画作品情報を2本ご紹介します□□□

 ★SWEET SIXTEEN★
 <ストーリー>
  イギリスが生んだ世界的な映画監督ケン・ローチが放つ、未来への希望/
 知恵/勇気を描いた青春物語。
  天体観測とサッカーが大好きな15歳の少年リアム。彼は学校をサボり、
 大親友のピンボールと一緒に望遠鏡で星を見せたり、タバコを売るなどし
 て生活している。リアムは母親ジーンと祖父ラブ、ドラッグの売人をやっ
 ているスタンと共同住宅に住んでいるが、母親ジーンは服役中。姉のシャ
 ンテルは、息子のカルムを抱え離れて暮らしている。ある日、リアムはピ
 ンボールと共にシャンテルの家を訪ねた。姉の優しさに触れた彼は、今の
 生活を抜け出し、母と姉と幸せな生活を送ることを夢見る。リアムはお金
 を貯めるため、ピンボールと共にスタンのヤクを一緒に売りさばくこうと
 するが…。
  社会に対する批評と人間を見つめた本作は、ケン・ローチ監督最高の傑
 作と言われ、第55回カンヌ国際映画祭では脚本賞を受賞している。

 <キャスト>
 リアム:マーティン・コムストン 他
 __________________________________

 ★わすれな歌★
 <ストーリー>
  “タイのタランティーノ”“ヒッチコックの再来”と賞賛される、ペン
 エーグ・ラッタナルアーン監督の最新作。
  天真爛漫な青年ペン(スパコン・ギッスワーン)は、歌を歌うこと、そし
 て村一番の美しい娘サダウ(リヤゴーン・プッカウェート)に夢中。めでた
 く結ばれた二人は、美しい自然にかこまれたゆるやかな川のほとりで、田
 を耕し、ゴザを編み、慎ましくも幸せな生活を送っていた。しかし、そん
 なある日ペンが兵役にかり出されてしまう。望郷の思いを<わすれな歌>
 に込めて歌い、毎日のようにサダウに手紙を送るペン。だが歌謡コンテス
 トに合格し、軍隊を脱走してしまったことから、ペンはつらく長い、故郷
 への道をたどることになる…。
  『快盗ブラック・タイガー』にも出演している期待の若手俳優スパコン
 ・ギッスワーンが、一途に恋する青年ペンを好演。ヒロイン役にはタイの
 国民的女優シリヤゴーン・ブッカウェートがキャスティングされている。

  <キャスト>
 ペン:スパコン・ギッスワーン
 サダウ:リヤゴーン・プッカウェート 他

  より詳しい映画作品情報はこちら★
  http://theater.nifty.com/data/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★最新記者会見 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ★今週の最新記者会見はコレ!★★★
  ・『T.R.Y.』 完成披露舞台挨拶(1月3日公開)

>>>>>>>「T.R.Y.」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■舞台に劇中の時代設定を意識したクラシックカーが置かれる中、主演の
 織田裕二を始め、大森一樹監督、原作者の井上尚登、主演の織田裕二、邵
 兵、孫 暢敏、松岡俊介、市原隼人が姿を見せた。
 『踊る大捜査線 THE MOVIE』『ホワイトアウト』など日本における超大
 作と言われる映画に出演してきた織田は「何年も前からこういった映画を
 作ろうと思っていた」と挨拶。本作で“三流ペテン師”伊沢 修役を演じ
 る彼は、撮影前に色々な不安もあったという。「日・中・韓の合作という
 ことで沢山不安があった。言葉の問題、習慣の違い…それらを抱えながら
 撮影に臨みました」。しかしいざ撮影が始まると「“一緒に同じ映画を作
 るんだ!”という思いが伝わってきたので、何の苦労もなかった。たとえ
 国同士が歪みあってたとしても、“一人の人間として”どう付き合える
 か? というのを考えさせられましたね」とキャスト・スタッフとの強い
 連帯を感じさせるコメントを残した。そして上海の広大なオープンセット
 を使い大ロケーションを敢行した本作に「これだけ大きなスケールの日本
 映画は記憶にない。予算と時間をかけ、1カット1カットにスタッフの思い
 入れがある。こういう映画に出会ったことを大事にしたいし、これ1作で
 終わるのではなく、何作も何作もこういったエンターテインメントに日本
 映画が挑戦していって欲しい」と日本映画界についても言及した。
 続いて、清朝打倒を目指す組織の幹部で、伊沢に無理難題を押しつける関
  飛虎役の邵兵が挨拶。『チベットの紅い谷』や『スパイシー・ラブスー
 プ』などに出演した中国を代表する俳優の一人で、日本国内にもファンが
 多い。「舞台に登場した時の歓声を聞いて、本当に皆さんが織田さんのこ
 とを愛しているんだなと思いました」と語り、「それと同じくらい、この
 映画を愛して欲しい。必ずや皆さんに“好きだ!”と言ってもらえる作品
 です」と自信を伺わせた。さらに「続編が出来ることを、僕自身楽しみに
 しています」と話し、会場から大きな拍手が起こった。...more

 ★Theater@nifty「最新記者会見」より
  全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/presss/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★勝手に映画評 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 「Theater@nifty」編集部が独自に映画評論し、ランキングをつけちゃい
 ましょうというのがこの「勝手に映画評」。スタッフはいずれも個性的な
 メンバーで毎週4作品をピックアップします。

 □ストーカー(アメリカ マーク・ロマネク監督)□

 DPEショップに勤める孤独な男・サイが、常連客の幸せな家族・ヨーキン
 一家の写真に思い入れを持ち、その家族の完璧な一員になりたいと願う。
 その妄執は次第にエスカレートし、一家を恐怖に陥れる。ロビン・ウィリ
 アムズがストーカー役に挑んだ、戦慄のスタイリッシュ・サイコ・スリ
 ラー。

  [CAST]
 サイ・パリッシュ:ロビン・ウィリアムズ


 [映画ライター 評]
 社交性の乏しい独身男の寂しさを、空想と現実が入り交じる中、静かで凛
 とした映像で描いためっけもんの一本。個人的に大のロビン・ウィリアム
 ズファンで、しかしながら最近の出演作には期待外れのものが多かっただ
 けに、うれしい驚き。特に後半は、観る者を思わずヒヤッとさせられる
 シーンも多々あり。
                         (評価点数 23点)

 [女優 評]
 悪気のない犯罪の恐ろしさを納得のいく過程で丁寧に表現しています。よ
 くよく見ると不気味な顔のR・ウィリアムズ。悪役へのイメチェンに大成
 功! 今まで役で多かった「夢を忘れない大人」の悪いバージョン? の様。
 それ故演技も特に奇をてらってないのに十分怖く、なおかつ同情してしま
 う。さすがだ・・・。
                         (評価点数 21点)

 [ドラゴン 評]
 ボク的には怖さよりも、寒くなるような寂しさを感じて、なんだか泣ける
 気持ちになりました。とにかく、ストーカー・サイの孤独と彩りの無い生
 活を見ていると痛いほど寂しくなります。悪い人では無いが気持ち悪い、
 そんな言葉がピッタリの人物。この微妙な役柄を演じきったロビン・ウィ
 リアムズの演技力はさすが。
                         (評価点数 23点)

 [編集長 評]
 孤独なストーカー・サイの生活と、彼が特別の思いを寄せるヨーキン一家
 との対比をうまく描いています。それはもう、部屋の中の彩りや、車、服
 装から食事まで徹底的に違います。また、その描き方がすごくスタイリッ
 シュ。寂しさを強調させる音楽と共に、無機質なサイの生活や環境が痛々
 しいまでに表現されていますよ。
                         (評価点数 22点)

  ★Theater@nifty「勝手に映画評」より
   そのほかの作品についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/katteni/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★Theater@nifty プレゼント情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 【試写会プレゼント】
  ★『戦場のピアニスト』試写会ご招待 75組150名様

 【劇場招待券プレゼント】
  ★『T.R.Y.』全国共通ペアご招待券 10名様 ※締切迫る!
  ★『バティニョールおじさん』劇場招待券 5組10名様 ※締切迫る!
  ★『ハードキャッシュ』劇場招待券 5組10名様 ※締切迫る!

 【その他のプレゼント】
  ★写真集『織田裕二 in 「T.R.Y.」』 2名様

  【映画の感想を投稿して2000円の商品券を当てよう!】「コレお薦め!
  私の映画評」では映画の感想を投稿していただいた方から抽選で毎月10
  名様に2000円の「JTBナイスショップ」をプレゼント!応募方法は簡
  単、鑑賞した映画作品情報ページの一番下に「投稿する」ボタンがある
  のでこれをクリック。その後投稿フォームが出てきますので感想を書き
  入れて送信するだけ。Theater@niftyに作品情報があるものについてす
  べて応募できるので、試写会での感想もOK!皆様の厳しくも?暖かい愛
  のある感想をお待ちしております!

 <詳しくは>
 http://theater.nifty.com/present/index.htm


----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『melma!』のシステムを利用して発行しています。
 (http://www.melma.com/ ID:m00040919)

 ※登録解除は、ご登録いただいた上記サイトにてお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご意見・ご要望・お問合わせ先 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<

    ★theater@mbi.nifty.com(Theater@nifty編集部)まで

======================================================================
発行:Theater@nifty通信編集部
Copyright(C), 2003 NIFTY Corporation.
「Theater@nifty通信」に掲載された記事・内容を許可なく転載する
ことを禁じます
「Theater@nifty」
http://theater.nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。