映画

Movie@nifty通信

「Movie@nifty」が発行するフリ-メ-ルマガジンです。映画に関する最新ニュ-スや各種ランキング、インタビューなどの特集、プレゼント情報など、読みごたえのあるメ-ルマガジンを提供いたします。

全て表示する >

Theater@nifty通信

2002/09/26


========================= Theater@nifty通信 ========================

         --- 2002年9月26日号(毎週木曜配信)---

       ●Theater@nifty → http://theater.nifty.com

======================================================================

   ☆★☆★☆★☆★一足早い来週のシネマ占い☆★☆★☆★☆★☆

     恋愛運や相性の良い星座、金運、仕事運などが分かるよ!

             ラッキー星座 蟹座
                オススメ映画『甘い嘘』

            アンラッキー星座 魚座
         オススメ映画『アバウト・ア・ボーイ』

          その他の星座はサイトをチェック
       http://theater.nifty.com/uranai/index.htm
   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

┌─────────────────────────────────┐
  ★Theater@nifty最新情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ●話題の映画「命」の公式サイトがオープン中!

 好評公開間中の江角マキコ、豊川悦司主演の映画「命」の公式サイトが
 オープン中。主演の2人のサイン入りグッズなども当たる感想文コンテス
 トの締切がいよいよ間近となりました!応募は9月30日(月)まで。映画
 を観たらさっそくコチラもぜひ参加しよう!

 「命」公式サイトはこちら!
 http://theater.nifty.com/inochi/


 ●ランキングに参加しよう!

 Theater@niftyの人気コーナー"みんなで決めるランキング"では、『公開
 中のおすすめ作品』と『近日公開作品の期待度』を投票してもらいます。
 ここをチェックして、映画を見る前の参考にしてみたらいかが?
 投票は常時大募集しています!ぜひ参加してみてね!!

 ☆投票はこちら!!
 http://theater.nifty.com/ranking/index.htm


■THIS WEEK CONTENTS ==================================================

 ★Theater@nifty最新情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★Theater@nifty TOPICS
 ◆最新シアターニュース
  ・深作監督骨がん、12月から“命がけ”撮影
  ・「さくら」の高野志穂が映画「福耳」主演
 ◆ランキング情報
 ◆最新記者会見
  『凶気の桜』 完成披露試写会舞台挨拶
  /『サイン』 ホアキン・フェニックス来日記者会見(9月27日更新)
 ◆勝手に映画評
  『プロフェシー』
 ◆Theater@nifty プレゼント情報

 ┌─────────────────────────────────┐
  ★最新CINEMA&STAGEニュース >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 <1>深作監督骨がん、12月から“命がけ”撮影
 __________________________________

 ●東映映画「仁義なき戦い」などで知られる深作欣二監督(72)が25日、東
 京・帝国ホテルで行われた新作映画「バトル・ロワイアル2」の企画発表の
 席で、自ら骨がんであることを告白した。96年に前立腺がん摘出手術を受
 けたが、2年前に全身の骨に転移していることが分かった。現在は放射線治
 療を受けながら、全身の痛みをモルヒネなどでやわらげている。映画撮影
 はドクターストップを受けたが「精いっぱいやるつもり」と12月の撮影開
 始に向けて準備を進めている。
  深作監督は満身創痍(そうい)の体について自ら語りだした。「健康上の
 理由で、持って生まれた寿命がどこまで持ちきれるかと思うと、やはりこ
 れはどうしようもないわけで。(説明が)どうもうまくいかないな」と言葉
 を詰まらせた。1人息子で同映画のプロデューサー深作健太氏(29)が「6年
 前に発見した前立腺がんが全身の骨に転移してしまいました。骨がんです」
 と説明する姿をサングラスを外して見つめた。いつもは多弁な同監督が
 「かっこいいことしゃべろうと思ったんですが」と、何度も言葉を詰まら
 せた。
  96年に見つかった前立腺がんは「人間この年になると、どこか悪いとこ
 ろは出るもんだ」と冷静に受け止め、すぐに摘出手術を受けた。定期検査
 と投薬治療を行いながら、映画「おもちゃ」を撮影。00年には観客動員215
 万人、興収約31億円の大ヒットを記録した「バトル・ロワイアル」を完成
 させた。
  ところが撮影終了直後の00年9月、背中に強い痛みを感じ、検査の結果、
 がんが全身の骨に転移していたことが分かった。数本の映画の企画を進め
 ていたが、担当医から「命に別条はないが、映画撮影は無理」とドクター
 ストップをかけられた。全身の骨がもろくなっており、時折激痛が走った。
 足腰を骨折した場合、寝たきりになる可能性もある。それでも「ご迷惑を
 かけることが少ないうちに何とか1本撮りたい」と“命がけの闘い”を決断。
 作品は「自分の青春時代をもう1度だけ、あえて語りたい」として、戦争を
 テーマに据えた同映画の続編製作を決めた。
  現在は入院せず、定期的な放射線治療、モルヒネなどの薬で痛みを抑え
 て生活している。
  健太氏と脚本作業を進めているが、医師によると冬の厳しい寒さは痛み
 を増幅させるという。それでも「不安はあまりございません。精いっぱい
 できることをやっていけばいい」と言いきった。「引退」は口にしなかっ
 た。「はなはだ情けない結末で申し訳ない」とこぼしたが、言葉と裏腹に
 命を削って壮絶な撮影現場を乗りきるつもりだ。映画は来夏公開予定。
  ◆深作欣二(ふかさく・きんじ)本名同じ。1930年(昭和5年)7月30日、茨
 城県生まれ。日大芸術学部卒。53年東映入社。61年「風来坊探偵 赤い谷
 の惨劇」で監督デビュー。73年「仁義なき戦い」が大ヒットして以後シリ
 ーズ化。76年「仁義の墓場」でブルーリボン監督賞。82年「蒲田行進曲」
 83年「里見八犬伝」などヒット作を連発。94年「忠臣蔵外伝四谷怪談」で
 日刊スポーツ映画大賞作品賞と監督賞、99年「おもちゃ」で同監督賞を受
 賞。「バトル・ロワイアル2」は61本目の作品。

                      日刊スポーツ新聞社 提供


 <2>「さくら」の高野志穂が映画「福耳」主演
 __________________________________

 ●NHK朝の連続テレビ小説「さくら」でヒロインを演じた女優高野志穂(22)
 が主演する映画「福耳」が25日、千葉県市川市でクランクインした。高野
 は「さくら」の後、女優としての初仕事。映画「GO」の脚本家としても知
 られる宮藤官九郎(32)が恋人役でW主演する。老人の恋を描くファンタジー
 コメディーで、俳優田中邦衛(69)が宮藤に取り付く幽霊役で出演する。
  高野が演じるのは、シニア向けマンションで暮らし、ヘルパーとして働
 く23歳の独身女性。以前、看護士として勤務していた総合病院に入院した
 独身男性の宮藤が一目ぼれし、ストーカーのように高野を追ってきたとい
 う設定。
  「福耳」はこの日、クランクインした。高野は「28日で放送終了となる
 『さくら』のイメージを持っている人に、女優としての私の違う面を見て
 もらいたい。肩の力を抜いて、平常心で演じたい」と意気込む。「さくら」
 の鮮やかな黒髪はやや茶色に染められ、まゆ毛も茶色で大人のムードが漂
 っている。宮藤は高野の第一印象を「テレビでは少年っぽいイメージがあ
 ったが、とてもおしゃれで女性らしい人」と話し、ストーカー的に恋心を
 抱く役に「“す”でできそうです」とおどけてみせた。
  W主演のフレッシュコンビと共演するのは田中邦衛。あこがれの女性に恋
 心を抱きながら死んでしまった田中は、福耳を持つ宮藤に幽霊となって取
 り付き、思いを伝えようとする。
  宮藤は「お年寄りの方に持っているイメージと実際はとても違うんです
 ね。自分も年を取っても、恋する気持ちを持ち続けたい」と言えば、高野
 も「お年寄りで街中を手を握りながら歩いているカップルって素晴らしい」
 と声を合わせた。
  老人の「生きてきた意味」と若者の「生きていく意味」を問う「福耳」
 は来春公開予定。深刻になりがちなテーマを、コンピューターグラフィッ
 クスを駆使しながら、ファンタジーあふれるコメディーに仕立て上げる。

                      日刊スポーツ新聞社 提供

 より詳しいシアターニュースを知りたい方は・・・
 http://theater.nifty.com/news/index.htm


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★ランキング情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ランキング情報では、毎週映画に関する各種ランキングデータを掲載して
 います。ここでは、各ランキングの1位を紹介致します。

 ◇◇今週の各ジャンル別1位◇◇

  ●国内興業ランキング
   1位:サイン

  ●レンタルビデオランキング
   1位:千と千尋の神隠し

  ●DVD販売ランキング
   1位:千と千尋の神隠し

  ●みんなが決めるランキング(9月25日現在)
   近日公開作品の期待度   :ジャスティス
   公開中のおすすめ作品   :Returner ―リターナー―

  ※みんなが決めるランキングランキングでは24時間365日いつでも
   アナタの投票をお待ちしています!

  ●勝手に映画評
   1位:プロフェシー

  ※「勝手に映画評」詳細は下記にあるので、そちらも見てね。

 各ランキング詳しいデータは、「ランキング」でチェックしてください。
 http://theater.nifty.com/ranking/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★最新記者会見 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ★今週の最新記者会見はコレ!★★★
  ・『凶気の桜』 完成披露試写会舞台挨拶
  ・『サイン』 ホアキン・フェニックス来日記者会見(9月27日更新)

【ピックアップインタビュー】〜インタビューの一部をご紹介します〜

>>>>>>>「凶気の桜」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■窪塚洋介が企画段階から参加した話題作『凶気の桜』。同作の完成披露
 試写会には窪塚洋介、RIKIYA、須藤元気、高橋マリ子、原田芳雄、江口洋
 介、そして『凶気の桜』が初監督作となった薗田賢次監督が登場し、舞台
 挨拶を行った。
 映画に込められた熱いメッセージを語る窪塚に観客は真剣な眼差し。また
 ヒップホップファッションに身を包んだ薗田賢次監督のコメントなど、
 キャスト&スタッフのメッセージをぜひ注目して欲しい。

 <気持ちの良い日本晴れが見たかった!>
 窪塚:“アメポン”と聞いたら何を思いますか? これはアメリカ・日本の
 ことを言います。これは原田さんが現場で考えてくれた言葉で、ここは
 “アメポン”です。2002年の“アメポン”が生んだネオ・トージョーとい
 う奴らが出てきます。そんな奴らが出てきても何もおかしくない時代とい
 うか…国だと思う。みんな解っていることだと思うけど、エグイっすよ
 ね、何か。みんながネオ・トージョーみたいになっちゃったら困るんです
 けど(笑)。俺らの世代だから出来ることもあると思う。すごい気持ちの良
 い日本晴れが見たいという想いで、東映の方に種をまかせてもらいまし
 た。みんなで気持ちの良い日本晴れを見ましょう。
 須藤:この映画は映像もすごいですし、メッセージ性が強い映画だと思い
 ます。僕はこの映画から、暴力の空しさ、暴力からは何も生まれない、暴
 力は正当化されないということを感じました。そういうメッセージが伝わ
 れば良いと思います。
 --須藤さんは映画初出演でしたよね?
 須藤:楽しんで出来ました。
 --本業は格闘家ですが、違いと共通点はありますか?
 須藤:個人競技と団体でやることが違いますね。共通点はゴングの鳴る瞬
 間とカチンコの鳴る瞬間が同じでした。
 --監督の指導は厳しくなかったですか?
 須藤:ものすごく厳しかったですね…冗談です(笑)。
 薗田:何もしてません。“素”です(笑)。
 --RIKIYAさん、お願いします。
 RIKIYA:皆さんようこそ凶気の世界へ…ネオ・トージョー・市川勝也を演
 じましたRIKIYAです。今回の映画は一言で言ってジェットコースターのよ
 うな映画です。一度座ってしまったら幕が閉じるまで戻ることは出来ませ
 ん。凶気の世界へとことん引きずりこまれて下さい。でもご安心下さい。
 幕が閉じると日常の世界が待っています(笑)。それではジェットコース
 ター『凶気の桜』を心ゆくまでお楽しみ下さい。
 --役作りで苦労した点はどこでしょうか?
 RIKIYA:若かりし頃のやんちゃな自分を思い出すのが大変でしたね…いま
 だにやんちゃだという話もありますけど(笑)。でも僕はもう大人です。
 --過酷な運命を受け入れざるを得ない悲しみが印象的でした。あの辺りは
 難しくなかったですか?
 RIKIYA:結構人生の中で何度か悲惨な目は遭っているので、問題なく演じ
 ることが出来ました。

 ★Theater@nifty「最新記者会見」より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/presss/index.htm


>>>>>>>「サイン」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■M.ナイト・シャマラン監督最新作『サイン』の日本公開を前に、同作で
 メル・ギブソンの弟役を演じたホアキン・フェニックスが来日し、都内で
 記者会見を行った。
 何故だか終始落ち着きのないフェニックス。質問にも“I Don't Know”
 や、今日本で最も有名なアザラシの話をしたりと、その言動に会場は爆
 笑。会見終了後には通訳の方が「彼はとても恥ずかしがり屋。決して性格
 が悪いわけではありません(笑)」とフォローを入れる一幕もあった。

 <メル・ギブソンから受けたイタズラ>
 フェニックス:こんなに歓迎してくれてありがとう。東京は素晴らしく楽
 しんでいます。
 --共演したメル・ギブソンさんはイタズラ好きだと聞いています。彼にイ
 タズラされたりしましたか?
 フェニックス:僕が使っているトレーラーのドアノブがガソリンでベタベ
 タにさせられたことがあります(笑)。1回だけじゃなく何回もね(笑)。
 --この映画の見所を教えて下さい。またイタズラだけでなく、メル・ギブ
 ソンさんとの面白いエピソードを聞かせて下さい。
 フェニックス:解りません(笑)。“I Don't Know”が僕の口癖なので、今
 日はこの答えをたくさん聞くことになるでしょう(笑)。
 この映画は色々と盛り沢山です。恐いシーンもあれば、ユーモラスなシー
 ンもある。それがうまく盛り込まれているところが、この映画の見所だと
 思います。(通訳さんに向かって)もうちょっと賢い答えに聞こえるよう訳
 してくれ(笑)。
 メル・ギブソンは何度も日本に来ているので、皆さんも良くご存じでしょ
 う? 彼はとても気さくでスター気取りしたところもありません。もちろん
 経験豊かな方ですし、俳優仲間を心から愛してくれます。彼と仕事が出来
 て、ともて良い勉強になりました。

 ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「最新記者会見」より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/presss/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★勝手に映画評 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 「Theater@nifty」編集部が独自に映画評論し、ランキングをつけちゃい
 ましょうというのがこの「勝手に映画評」。スタッフもいずれも個性的な
 メンバーで毎週4作品をピックアップします。

 □プロフェシー(アメリカ マーク・ペリントン監督)□

 リチャード・ギア主演、『隣人は静かに笑う』で手腕を高く評価された
 マーク・ペリントン監督が全米を震撼させた大型ミステリアス・サスペン
 ス。 

  [CAST]
 ジョン・クライン:リチャード・ギア


 [映画ライター 評]
 『シックス・センス』以降、めっきり多くなったモダンホラーのひとつ。
 とにかく謎が謎を呼ぶ展開に、オカルト的な要素も絡まって好きな人はも
 のすごくハマりそうだけど、そうでない人には「分からん」で済ませてし
 まいそうな微妙な作品。だけにカップルで行くと危険かも。ちなみに僕は
 後者。ごめんなさい。
                         (評価点数 17点)

 [女優 評]
 とにかく狙ってる撮影手段が実に効果的で、役者の表現よりも実景が勝っ
 てる印象があります。(決してR・ギアが悪いとは言いません)建物、街並
 み、特に空を翔んでいるものの視点で捉えた街の映像は、上から見下ろさ
 れることで既に支配や敗北を感じさせ、手法がスマート。まあ実話ベース
 という時点で不気味だけど。
                         (評価点数 19点)

 [ドラゴン 評]
 こんなに好奇心をそそられた映画は最近無いと思う。不気味な予言、謎の
 散りばめ方、効果的な音楽、どれをとっても素晴らしい。監督の前作『隣
 人は静かに笑う』も恐ろしかったが、今回の作品は怖いと言うより“寒々
 しさ”を感じるほど。適度に超自然的な好奇心を刺激してグイグイ引っ張
 り込み、言いようの無い恐怖を与え、最後は少しの希望が。言うこと無し
 です。
                         (評価点数 25点)

 [編集長 評]
 謎だらけのストーリー、あらゆるところに配置された暗示、素晴らしい脚
 本です。主演のリチャード・ギアもなかなかのもの。彼のイメージはなん
 となく“物事に動じない男”という感じがあるのですが、今回は最愛の妻
 を亡くして悲しみに暮れ、破滅に近づくとわかっていながら妻の影を追う
 という人間らしい役所を見事に演じています。
                         (評価点数 22点)

  ★Theater@nifty「勝手に映画評」より
   そのほかの作品についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/katteni/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★Theater@nifty プレゼント情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 【試写会プレゼント】
  ★『容疑者』公開記念イベント試写会ご招待 50組100名様
                                                     ※締切迫る!
  ★『ショウタイム』試写会ご招待 5組10名様
  ★『マーサの幸せレシピ』試写会ご招待 10組20名様 ※締切迫る!

 【劇場招待券プレゼント】
  ★『ロックンロールミシン』劇場招待券 5組10名様 ※締切迫る!

 【映画の感想を投稿して1万円の商品券を当てよう!】
 「コレお薦め!私の映画評」では映画の感想を投稿していただいた方から
 抽選で毎月5名様に1万円の「JTBナイスショップ」をプレゼント!応募方
 法は簡単、鑑賞した映画作品情報ページの一番下に「この作品の感想を書
 く」ボタンがあるのでこれをクリック。その後投稿フォームが出てきます
 ので感想を書き入れて送信するだけ。Theater@niftyに作品情報があるも
 のについてすべて応募できるので、試写会での感想もOK!皆様の厳しく
 も?暖かい愛のある感想をお待ちしております!

 <詳しくは>
 http://theater.nifty.com/present/index.htm


----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『melma!』のシステムを利用して発行しています。
 (http://www.melma.com/ ID:m00040919)

 ※登録解除は、ご登録いただいた上記サイトにてお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご意見・ご要望・お問合わせ先 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<

    ★theater@mbi.nifty.com(Theater@nifty編集部)まで

======================================================================
発行:Theater@nifty通信編集部
Copyright(C), 2002 NIFTY Corporation.
「Theater@nifty通信」に掲載された記事・内容を許可なく転載する
ことを禁じます
「Theater@nifty」
http://theater.nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「DISCOVER@nifty〜スポーツの秋」9/2〜9/30 http://www.nifty.com/sp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。